データのマーケティング活用と聞くと、さまざまなツールやテクノロジーを駆使した取り組みを思い浮かべがちです。しかしあくまでデータ活用は手段で、活用の方法もその実現の難易度も、企業によって大きく違います。ともすると言葉や概念だけが先行して目的を見失ったり、現実と理想に乖離が起きたりしがちな「データ活用」。このセッションでは、悪戦苦闘の中で見えてきたうまくいく/うまくいかないポイントから、具体的な施策の前に考えておきたいいくつかのことをお伝えします。
個人情報の取り扱いにご同意の上、送信ボタンを押して下さい。