先がまったく読めない時代に必要な「社会を生き抜くための武器」とは何か。日本を救う「尖った人」を増やすには、どうしたらいいか。「教える」「教育」を切り口にして、「教える」ということの本質と課題を多角的にご紹介いただきます。
個人情報の取り扱いにご同意の上、送信ボタンを押して下さい。