著者プロフィール
日報ステーション 日報コンサルタント 栗山 寛史

大学卒業後、溶接工を経て家業を継ぐために豆腐職人になる。
父親の急逝により突然の事業継承。
20代で年商6億 従業員60名の社長となり奔走。
2年後には年商8億従業員80名まで成長させる。
しかし、資金繰り悪化のため4年後に会社を清算。
その際に、個人負債5億円を背負うが完済。
その後、会計事務所を母体とする全国規模のコンサルタント会社に入社し、受注実績全国トップとなる。
年間300社の経営分析をする中、中小・零細企業こそ少しの工夫で飛躍的成長をすることに気づく。
その後、独立。
経営者に最小限の時間で成果を最大限に引き出す「成果の出る日報」を導入することで、売上を倍増させ、経営者たちからは絶大な支持を得ている。

3日目 日報でPDCAサイクルを高速化させる方法【日報ステーション】

《昨日のおさらい》

おはようございます。日報コンサルタントの栗山です。
2日目の昨日は
「社員が自ら変わる日報の書かせ方」でした。

「社員が自ら変わる日報」とは、一言で言えば、日報を使って自分の教科書がつくれることで社員が自ら成長する日報です。
自分だけの教科書をつくるためには、日報に行動と感情を書き込むことで自分の成功パターンを客観的に知ることができるのです。

是非、みなさんの会社でも導入してみて下さい。

《昨日の課題》

自分が変わるためにやるべきことで、逆にいくらやっても効果が無いことは何だと思いますか?でした。

回答は
「決意を新たにすること」です。

意外でしたか?しかし、冷静に考えると思い当たるところはありませんか?
事あるごとに、いつも決意は固めるが何も変わらない人。あなたの周りにもいますよね。

《1週間周期でも1年間でたった52回転…》

さて、本題です。
本日のテーマは「日報でPDCAサイクルを高速化させる方法」です。

PDCAサイクルは、あなたはご存知だと思います。
では、あなたのサイクル期間はどのくらいでしょうか?1年間?3ヵ月?1ヶ月?
1週間でサイクルを回したとしても1年間でたった52回転しかしていません。
例えば、あなたの会社の営業会議を思い出してください。
週何回開催されますか?大抵は週1回です。
つまり、あなたは営業のPDCAサイクルを1年間でたったの52回転しか回すことができないわけです。

少ないと思いませんか?

もし、PDCAサイクルが1年間で365回も回せたらどうでしょう?
52対365
どちらが成果を出せる可能性が高くなると思いますか?

《仮説思考を鍛える日報》

あなたがPDCAサイクルを365回も回すためには日報を活用するしかありません。
ここで重要なことは
「仮説⇒実行⇒検証⇒仕組化」の仮説思考サイクルを回すことです。

仮説思考サイクルの回し方は、一日が終わった時に「今日、何が思い通りに行ったのか?」「何が思い通りに行かなかったのか?」「何が成果に繋がって、何が成果に関係ない行動だったのか?」と検証する作業を日報で行います。

そして、成果に直結する行動に関しては仕組化(ルール化)するわけです。
それによって、成果の再現性が格段に高くなります。

一方で、成果の出なかった行動や改善の余地のある行動については、翌日に向けての改善策を立ててみて下さい。これが明日の仮説になります。

日報に仮説思考サイクルで書き込むことで、自然とPDCAサイクルが高速化し、一日ごと劇的に成長していることを感じられるはずです。

本日は以上です。

明日は、「日報で企業風土を変える方法」です。
風土とは、チーム特有の思考の癖を指します。
思考の癖を変えるためには意識改革が必要なのです。
そのコツと必要なエッセンスを伝えしようと思います。

《本日の課題》
あなたは、日報をいつ書き込みますか?一日の業務が終わってからですか?
私は、常に日報を持ち歩き、アイディアが湧き出た時や気づいた時にその場で書き込んでいます。
では、人間の記憶はどのくらいのスピードで忘れられていくと思いますか?

① 20分で42%
② 12時間で42%
③ 24時間で42%

それでは、また明日!
講師紹介メニュー