著者プロフィール
日報ステーション 日報コンサルタント 栗山 寛史

大学卒業後、溶接工を経て家業を継ぐために豆腐職人になる。
父親の急逝により突然の事業継承。
20代で年商6億 従業員60名の社長となり奔走。
2年後には年商8億従業員80名まで成長させる。
しかし、資金繰り悪化のため4年後に会社を清算。
その際に、個人負債5億円を背負うが完済。
その後、会計事務所を母体とする全国規模のコンサルタント会社に入社し、受注実績全国トップとなる。
年間300社の経営分析をする中、中小・零細企業こそ少しの工夫で飛躍的成長をすることに気づく。
その後、独立。
経営者に最小限の時間で成果を最大限に引き出す「成果の出る日報」を導入することで、売上を倍増させ、経営者たちからは絶大な支持を得ている。

6日目 3日坊主にならない日報のつくり方【日報ステーション】

《昨日のおさらい》

おはようございます。日報コンサルタントの栗山です。
5日目の昨日は
「日報で未来予測能力を高める方法」でした。

「未来予測能力を高める日報」とは、一言で言えば、日報を外部記憶装置として活用して、思いつきやひらめき・アイディアを成果に直結する行動に反映させる日報です。問題対処ではなく、すべてを先回りでするのです。

是非、みなさんの会社でも導入してみて下さい。

《昨日の課題》

三日坊主にならないために効果的なフィードバックが3種類あります。
どんなフィードバックでしょうか?でした。

① 自分の内側に生まれる手応え
② 期待した結果と実際の結果とのギャップ
③ 第三者からの評価

今日は、この3つにも触れながら話しを進めていくことにします。

《性善説・性悪説ではなく性弱説》

さて、では本題です。
本日のテーマは「三日坊主にならない日報のつくり方」です。

私が、周囲の経営者たちからよく言われることがあります。
「成果の出る日報って大事だよね。でも、うちでは継続することが難しいな…」
「成果の出る日報をやってみたいけど、続けられる自信がないよ…」などです。

では、なぜ続かないのでしょうか?
それは感情が先行しているからです。
人の感情は受動的です。つまり、湧き出る感情は押さえることができません。
反対に「今、こういう感情を感じたい」と思っても、その様なことが起きない限り感情が湧き出ることはありません。
そして、「感情は放っておくと消えてなくなってしまう」のです。

つまり、その時にはヤル気でも数日も経つと、その時の情熱は消え失せ跡形もなくなっているわけです。

人間の本質を正しく表現すると、性善説でも性悪説でもなく「性弱説」なのです。

《3つのフィードバックで継続率アップ》

では、どのように対応するのでしょうか。
前述の通り3つのフィードバックを効果的に活用していきます。

日報の中で記載して頂く、第一のフィードバックは「手応え」です。
それは良い手応えなのかもしれませんし、悪い手応えなのかもしれません。
しかし、それを受け入れることからしか成長はありません。

第二のフィードバックは「期待と現実のギャップ」です。
なぜ、ギャップが生まれてしまったのか?その要因は何なのか?
この思考プロセスが次につながる大きな資産となります。

第三のフィードバックは「第三者評価」です。
上記2点を記載した日報に指導者が添削してコメントをつけて返信してあげることです。
ダメ出しではありません。記載者が成長するためのアドバイスを送ってあげるのです。

いかがでしょうか?徹底的に成長するためのヒントが溢れた日報になりませんか?
おそらく、あなたは今まで味わったことのない高揚感に包まれるはずです。

書けば書くほど、あなたにとって重要なフィードバックを得られるために、途中で止めることができなくなって劇的に変化を起こすはずです。
本日は以上です。

明日は、「日報で成功の根拠を作れる理由」です。
なぜ日報で成功するのか?
その理由と成功するために必要なエッセンスを伝えしようと思います。

《本日の課題》
あなたは、厳しいビジネス世界の中で、いつも戦い続けているかと思います。
例えば、成功率1%の厳しいビジネスチャンスがあったとしましょう。
チャレンジ回数に制限はありません。
果たして何回チャレンジすると成功率99%になると思いますか?

①  458回
② 1458回
③ 5458回

それでは、また明日!

講師紹介メニュー