著者プロフィール
プルータス・コンサルティング代表取締役社長/企業価値評価のスペシャリスト 野口 真人

1984年、京都大学経済学部卒業後、富士銀行(現みずほ銀行)に入行。1989年、JPモルガン・チェース銀行を経て、ゴールドマン・サックス証券の外国為替部部長に就任。「ユーロマネー」誌の顧客投票において3年連続「最優秀デリバティブセールス」に選ばれる。
2004年、企業価値評価の専門機関であるプルータス・コンサルティングを設立。年間450件以上の評価を手がける日本最大の企業価値評価に育てる。これまでの評価実績件数は2000件以上にものぼる。トムソンロイターによる2014年・2015年M&Aアドバイザリーランキングでは、独立系機関として最高位を獲得するなど、業界からの評価も高い。
また、グロービス経営大学院で10年以上にわたり「ファイナンス基礎」講座で教鞭をとるほか、ソフトバンクユニバーシティでも講義を担当。目からウロコの事例を交えたわかりやすい語り口に定評がある。
著書に『あれか、これか「本当の値打ち」を見抜くファイナンス理論入門』(ダイヤモンド社)、『私はいくら?』(サンマーク出版)、『お金はサルを進化させたか』『パンダをいくらで買いますか?』(日経BP社)、『ストック・オプション会計と評価の実務』(共著、税務研究会出版局)、『企業価値評価の実務Q&A』(共著、中央経済社)など

第一話 価値と価格はどこがちがうのか? PART1

初めてお小遣いをもらって、ずっと欲しかったおもちゃを買った日を覚えているだろうか。それ以来、私たちは毎日お金を使っている。それは当たり前のこと過ぎて、普段は意識することもないだろう。電気代や水道代は勝手に口座から引き落とされるし、クレジットカードを使えばキャッシュなしで好きなものを買うことができる。

お金を使うことはそれ自体が快感であり、時には苦痛でもあり、私たちに様々な感情をもたらす。しかし、これほど身近なお金の使い方について、学校できちんと学ぶ機会がなかったことも不思議だ。義務教育の必須科目には入っていないし、大学の経済学部でも「お金の使い方」という科目は聞いたことがない。
実は「お金の使い方」とは言い換えれば「正しい価値判断」のことなのだ

お金に関する選択とは価値判断だ。僕たちはいつも「最も価値がある≒最も得する」と思ったものを(少なくとも理論的には)選んでいるはず。 本コラムで僕がお伝えしたいのは、本当の価値を見抜き、正しい選択をするために人類が生み出した究極の実学「ファイナンス理論」の考え方である。
ただ、学術的にファイナンスを開設するのではなく、ファイナンス理論の根底に流れる考え方、要するに、人生に役立つエッセンスをお伝えしていくことにしたい。多くの人が苦手とする数字の解説は最低限にとどめているので、初めてファイナンスに触れる人にも最適な入門書になると思う。

さて、次の問題を考えてほしい

Q1:同じ銘柄のビールが近くのコンビニAでは300円、少し離れたスーパーマーケットBでは200円で売られていたとしよう。この場合、お得な買い物は?

答えは人によって異なるかもしれない、ものぐさな人はコンビニを選ぶし、節約上手な人は少々歩いてもスーパーマーケットを選ぶだろう。 しかし、よく考えてほしい。たとえば、ビールを飲まない人にとっては、「どちらも買わない」が正解になる。どうせ飲まないビールなら、買わないほうがマシだからだ。
これは半分冗談だが、半分は真理だ。僕たちは買い物や取引をするときに、価格を比べて損得を判断しようとする。「こちらのほうが価格が安いからお得だ」とか「あっちのほうが値段が高いから、価値も高いに違いない」というように、「価格同士の比較」を価値判断の基準にしているのである。 しかし、価格だけをいくら見比べても、正しい判断はできない。ビールを株式に置き換えて例を考えてみると、よりわかりやすいだろう。

Q2:昨日1000円で取引されていたC社の株が、今日は700円で取引されている。今日、この株は買うべきか?

株価だけを見れば、1000円だったものが700円で買えるのだから、C社の株はまさに買い時ということになる。
しかし、株式投資の経験がまったくない人でも、ここで「買い」の判断をするほどの無邪気さは持ち合わせていないだろう。C社の株価はひょっとしたら、700円よりももっと下がる可能性があるからだ。
それでは、いくらまでこの株が下がるのを待てばいいか?
たとえば、当初の値段の半分である500円になったら? まだ心配だという人は、10分の1の株価、つまり100円になったらどうだろうか? それでもやっぱり怖い……と、二の足を踏んでいるうちに、株価が元の1000円に戻ったり、倍の2000円をつけたりして、手にできたはずの利益をみすみす逃すこともあるかもしれない。
ここで僕が言いたいのは、ただ1つ。価格と価格を見比べている限り、真っ当な意思決定はできないということである。700円、500円、100円のどの時点で買うにしても、あるいは、まったく買わないにしろ、目に見えている株価だけを根拠にして判断する人は、単なるヤマ勘を頼りにしている点では「同じ穴の狢」なのだ。
我々の思考プロセスは「価格」と「価格」の比較に支配されている。
その限りでは正しいお金に関する選択はできない。ファイナンス理論は「価格と価格の比較」ではなく、「価格と価値の比較」をその根源においている。
価値とは何か、価格とはどう違うのか、次回コラムで説明したい。

講師紹介メニュー