著者プロフィール
プルータス・コンサルティング代表取締役社長/企業価値評価のスペシャリスト 野口 真人

1984年、京都大学経済学部卒業後、富士銀行(現みずほ銀行)に入行。1989年、JPモルガン・チェース銀行を経て、ゴールドマン・サックス証券の外国為替部部長に就任。「ユーロマネー」誌の顧客投票において3年連続「最優秀デリバティブセールス」に選ばれる。
2004年、企業価値評価の専門機関であるプルータス・コンサルティングを設立。年間450件以上の評価を手がける日本最大の企業価値評価に育てる。これまでの評価実績件数は2000件以上にものぼる。トムソンロイターによる2014年・2015年M&Aアドバイザリーランキングでは、独立系機関として最高位を獲得するなど、業界からの評価も高い。
また、グロービス経営大学院で10年以上にわたり「ファイナンス基礎」講座で教鞭をとるほか、ソフトバンクユニバーシティでも講義を担当。目からウロコの事例を交えたわかりやすい語り口に定評がある。
著書に『あれか、これか「本当の値打ち」を見抜くファイナンス理論入門』(ダイヤモンド社)、『私はいくら?』(サンマーク出版)、『お金はサルを進化させたか』『パンダをいくらで買いますか?』(日経BP社)、『ストック・オプション会計と評価の実務』(共著、税務研究会出版局)、『企業価値評価の実務Q&A』(共著、中央経済社)など

第六話 投資に関する錯覚についてーどのように人は騙されるか?PART2

前回に続き投資に関する錯覚を二つ紹介しよう。

コイン当てクイズ

次のゲームではどのように意思決定するだろう
白と黒の碁石が同じ個数入っている箱があり、あなたはその箱から目をつぶって無作為に一つずつ二回、碁石をつかんで用意した小箱に入れた。これは中に入っている二つの碁石の色を当てるゲームだ。

ゲーム1 あなたはゲーム主催者に質問が許されている、そこで「小箱の中には白い碁石が入っているか」と聞いたところ、答えは「イエス」であった。
もう一つの碁石も白であることにあなたは10,000円を賭ける。

ゲーム2 今度はゲーム主催者に小箱の中の碁石を一つ見せてほしいと頼み、彼が取り出した碁石の色は白であった
もう一つの碁石も白であることにあなたは10,000円を賭ける。
双方とも当たった場合は20,000円受け取り、はずれた場合は何も返ってこない。
はたしていかほどの勝算があるのだろうか。

正解は、ゲーム2についてはあなたの勝率は50:50だが、ゲーム1においては33%しか勝つことはできない。
その理由を説明してみよう、これらのゲームにおいて、初めに小箱に入れられた碁石の組み合わせは以下のとおりである。

A  1回目 白  2回目 白
B  1回目 白  2回目 黒
C  1回目 黒  2回目 白
D  1回目 黒  2回目 黒

ゲーム1においては主催者が「白い碁石が入っている」ことを認めているので、組み合わせはA,B,Cに限られてくる。その中でもう一つの碁石も白である確率は3分の1になってしまう。一方ゲーム2においては、色の組みあわせは白黒か黒黒、白白の三種類しかないことから一つが白であった場合、もう一つが白である確率は50%となり、ゲームは公平なものになる。
この二つのゲームも一見全く同じものに言えるのだが、実は異なったものなのだ。


アメリカン・ドリーム

あなたは映画俳優を目指して10年たつが、なかなか日の目を見ない。
ある映画の出演キャストを決めるためのオークションが行われることを知って、これが最後のチャンスと思い応募した。ダメだった場合には、故郷にもどりある会社の会社員となることを決め、内定はもらっている。その会社には明日までに返事をすればよいことになっている 主役、準主役を含めて選ばれる確率は1,000分の1ということは事前に知らされている、蜘蛛の糸にすがるような確率だ。しかし今日来た電報で、試験結果は幸運にも合格との通知を受ける。次の日、盛大なお祝いパーティーを開こうと思っていた矢先に、映画会社から1%の人に結果の通知間違いがあったとの通知を受ける。正式な結果は明後日通知するとのことである
新しい会社への返事は明日に迫っているが、オーディションの合格通知は99%の確率で正しいことはわかっているので、会社への返事は内定辞退とした。この判断は賢明だろうか

実はかなり悲観的にならなければいけない。なぜならばもし母数が1,000人ならば10人に間違った合格通知が行くことになる。したがって合格通知をもらっても本当に合格している確率は10%しかない。
これはベイズ確率といって、事前確率(このケースでは1000人に一人しか合格しない)があるときに、新しい情報(1%の人に誤った結果が通知されたこと)が事態を発生させる確率をどのように修正すべきかを考慮する必要がある。
しかし人はしばしば、事前確率を無視して新しく入った情報によってのみ確率を判断してしまう傾向があるのだ。

講師紹介メニュー