LifeScienceForum2023

革新的モダリティを軸とした創薬戦略最前線 リモート治験拡大、デジタルセラピューティクス承認、次世代医療基盤法改正など製薬業界を取り巻く環境が大きく変わってきております。 日本はがん治療における先進的技術特許で世界を席巻するなか、革新的なモダリティ創出、精緻な開発戦略が求められております。 多様化するビジネス戦略をテーマに、創薬サクセスを実現する臨床現場のダイナミックな変化や、次世代医療基盤法改正による創薬活用期待、新モダリティであるデジタルセラピューティクスの展望など製薬企業の皆様方に関わるビジネス戦略をテーマにお送りいたします。

LifeScienceForum2023

2023/07/10 〜 2023/07/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

上野太郎

サスメド株式会社 代表取締役社⻑

製薬新産業 デジタル医療の夜明け

デジタルセラピューティクス(以下、DTx)の規制対応の議論が進み、2023年5月29日に「プログラム医療機器の特性を踏まえた適切かつ迅速な承認及び開発のためのガイダン ス」が公開されました。これにより医療行為として介入するデジタル治療の薬事等基本線が示され、DTxのビジネス予見性についての解像度をあげる議論が益々活発になりました。本テーマでは「DTxビジネスの予見性」にスポットをあて、海外のDTxビジネスの前例の課題や、製薬企業とベンチャー企業の協業連携によるイノベーション創出の座組を解説します。

LifeScienceForum2023

2023/07/10 〜 2023/07/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

葉山真人

株式会社NTTデータ インダストリ統括事業本部 製薬・化学事業部​​ 部長

製薬新産業 デジタル医療の夜明け

デジタルセラピューティクス(以下、DTx)の規制対応の議論が進み、2023年5月29日に「プログラム医療機器の特性を踏まえた適切かつ迅速な承認及び開発のためのガイダン ス」が公開されました。これにより医療行為として介入するデジタル治療の薬事等基本線が示され、DTxのビジネス予見性についての解像度をあげる議論が益々活発になりました。本テーマでは「DTxビジネスの予見性」にスポットをあて、海外のDTxビジネスの前例の課題や、製薬企業とベンチャー企業の協業連携によるイノベーション創出の座組を解説します。

LifeScienceForum2023

2023/07/10 〜 2023/07/10
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • 教授
  • 理事

樽野弘之

日本臨床試験学会 理事 東京理科大学薬学部 客員教授 公益財団法人がん研究会有明病院 株式会社CTA

持続的RWDイノベーション実現をテーマに ​― 改正次世代医療基盤法、日本版EHDS ―

新たな治療法の確立や医薬品開発の医療データの活用を進める「改正次世代医療基盤法」が今年度の国会を通過しました。新たな RWD利活用への期待が膨らむ中、内閣府、製薬協、臨床試験学会の有識者が、「改正法における製薬企業の展望と課題」を解説します。製薬企業でのRWD活用シーンを軸に、倫理指針等関連法規と照らし合わせた上での解釈の在り方など、実務へ落とし込んだ内容もパネルディスカッションで取り上げます。

LifeScienceForum2023

2023/07/10 〜 2023/07/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

南雲俊一郎

日本デジタルヘルス・アライアンス事務局 株式会社日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門 ​部長/プリンシパル

製薬新産業 デジタル医療の夜明け

デジタルセラピューティクス(以下、DTx)の規制対応の議論が進み、2023年5月29日に「プログラム医療機器の特性を踏まえた適切かつ迅速な承認及び開発のためのガイダン ス」が公開されました。これにより医療行為として介入するデジタル治療の薬事等基本線が示され、DTxのビジネス予見性についての解像度をあげる議論が益々活発になりました。本テーマでは「DTxビジネスの予見性」にスポットをあて、海外のDTxビジネスの前例の課題や、製薬企業とベンチャー企業の協業連携によるイノベーション創出の座組を解説します。

LifeScienceForum2023

2023/07/10 〜 2023/07/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

中島伸

第一三共株式会社 グローバルDX HaaS企画部長

LifeScienceForum2023

革新的モダリティを軸とした創薬戦略最前線 リモート治験拡大、デジタルセラピューティクス承認、次世代医療基盤法改正など製薬業界を取り巻く環境が大きく変わってきております。 日本はがん治療における先進的技術特許で世界を席巻するなか、革新的なモダリティ創出、精緻な開発戦略が求められております。 多様化するビジネス戦略をテーマに、創薬サクセスを実現する臨床現場のダイナミックな変化や、次世代医療基盤法改正による創薬活用期待、新モダリティであるデジタルセラピューティクスの展望など製薬企業の皆様方に関わるビジネス戦略をテーマにお送りいたします。

LifeScienceForum2023

2023/07/10 〜 2023/07/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

安中良輔

日本製薬工業協会 産業政策委員会

持続的RWDイノベーション実現をテーマに ​― 改正次世代医療基盤法、日本版EHDS ―

新たな治療法の確立や医薬品開発の医療データの活用を進める「改正次世代医療基盤法」が今年度の国会を通過しました。新たな RWD利活用への期待が膨らむ中、内閣府、製薬協、臨床試験学会の有識者が、「改正法における製薬企業の展望と課題」を解説します。製薬企業でのRWD活用シーンを軸に、倫理指針等関連法規と照らし合わせた上での解釈の在り方など、実務へ落とし込んだ内容もパネルディスカッションで取り上げます。

LifeScienceForum2023

2023/07/10 〜 2023/07/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

浅井洋

アステラス製薬株式会社 メディカルアフェアーズ本部 メディカル推進部

持続的RWDイノベーション実現をテーマに ​― 改正次世代医療基盤法、日本版EHDS ―

新たな治療法の確立や医薬品開発の医療データの活用を進める「改正次世代医療基盤法」が今年度の国会を通過しました。新たな RWD利活用への期待が膨らむ中、内閣府、製薬協、臨床試験学会の有識者が、「改正法における製薬企業の展望と課題」を解説します。製薬企業でのRWD活用シーンを軸に、倫理指針等関連法規と照らし合わせた上での解釈の在り方など、実務へ落とし込んだ内容もパネルディスカッションで取り上げます。

LifeScienceForum2023

2023/07/10 〜 2023/07/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

西田陽介

株式会社NTTデータ インダストリ統括事業本部 製薬・化学事業部​​ テクニカル・グレード

持続的RWDイノベーション実現をテーマに ​― 改正次世代医療基盤法、日本版EHDS ―

新たな治療法の確立や医薬品開発の医療データの活用を進める「改正次世代医療基盤法」が今年度の国会を通過しました。新たな RWD利活用への期待が膨らむ中、内閣府、製薬協、臨床試験学会の有識者が、「改正法における製薬企業の展望と課題」を解説します。製薬企業でのRWD活用シーンを軸に、倫理指針等関連法規と照らし合わせた上での解釈の在り方など、実務へ落とし込んだ内容もパネルディスカッションで取り上げます。

LifeScienceForum2023

2023/07/10 〜 2023/07/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

鈴木蘭美

モデルナ・ジャパン株式会社 代表取締役社長 医学博士

​Modalityドリブン時代のR&D最前線

世界で2020年代後半に普及する見込みの革新的ながん治療技術における特許競争力は、2021年に日本が米国を抜き世界首位になったと報道されました。日本の特許競争力を活かし、がん治療における先進的技術で世界をリードする中で、有望なモダリティ創出から開発成功までの確実な創薬戦略実行が求められています。ⅿRNAを通じた創薬戦略で世界を席巻した象徴であるモデルナ社を代表し、鈴木蘭美先生に「新規モダリティのR&D戦略」を解説いただきます。また、日本からアジアを巻き込む臨床研究の仕組みを推進するがんセンター中央病院の中村健一先生より「今後の研究戦略の展望」をそれぞれの立場で語っていただきます。

LifeScienceForum2023

2023/07/10 〜 2023/07/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

関根志光

株式会社NTTデータ インダストリ統括事業本部 製薬・化学事業部​ 部長

​Modalityドリブン時代のR&D最前線

世界で2020年代後半に普及する見込みの革新的ながん治療技術における特許競争力は、2021年に日本が米国を抜き世界首位になったと報道されました。日本の特許競争力を活かし、がん治療における先進的技術で世界をリードする中で、有望なモダリティ創出から開発成功までの確実な創薬戦略実行が求められています。ⅿRNAを通じた創薬戦略で世界を席巻した象徴であるモデルナ社を代表し、鈴木蘭美先生に「新規モダリティのR&D戦略」を解説いただきます。また、日本からアジアを巻き込む臨床研究の仕組みを推進するがんセンター中央病院の中村健一先生より「今後の研究戦略の展望」をそれぞれの立場で語っていただきます。

LifeScienceForum2023

2023/07/10 〜 2023/07/10
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • ディスカッション
  • 管理職

吉原博紀

内閣府 健康・医療戦略推進事務局 ​参事官補佐

持続的RWDイノベーション実現をテーマに ​― 改正次世代医療基盤法、日本版EHDS ―

新たな治療法の確立や医薬品開発の医療データの活用を進める「改正次世代医療基盤法」が今年度の国会を通過しました。新たな RWD利活用への期待が膨らむ中、内閣府、製薬協、臨床試験学会の有識者が、「改正法における製薬企業の展望と課題」を解説します。製薬企業でのRWD活用シーンを軸に、倫理指針等関連法規と照らし合わせた上での解釈の在り方など、実務へ落とし込んだ内容もパネルディスカッションで取り上げます。

LifeScienceForum2023

2023/07/10 〜 2023/07/10
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 管理職

中村健一

国立がん研究センター 中央病院 国際開発部門 部門長

​Modalityドリブン時代のR&D最前線

世界で2020年代後半に普及する見込みの革新的ながん治療技術における特許競争力は、2021年に日本が米国を抜き世界首位になったと報道されました。日本の特許競争力を活かし、がん治療における先進的技術で世界をリードする中で、有望なモダリティ創出から開発成功までの確実な創薬戦略実行が求められています。ⅿRNAを通じた創薬戦略で世界を席巻した象徴であるモデルナ社を代表し、鈴木蘭美先生に「新規モダリティのR&D戦略」を解説いただきます。また、日本からアジアを巻き込む臨床研究の仕組みを推進するがんセンター中央病院の中村健一先生より「今後の研究戦略の展望」をそれぞれの立場で語っていただきます。