【キャッシュレス推進会議】
デジタルペイメント最前線
~デジタルペイメントの現状と将来の可能性~   
Omise Japan 宇野 雅晴 氏

こんな方におすすめ

セミナー内容

第一部 | 講演セッション

日本以外のアジア諸国ではキャッシュレス化がすでに浸透しています。日本においては、経済産業省は4月11日、クレジットカードや電子マネーなどで支払う「キャッシュレス決済」の比率を2025年に40%に高める目標を決めました。これまでは27年の達成を目指していましたが、2年前倒ししました。2018年はQRコード決済元年と言われるほど、デジタルペイメント活況を呈しています。

本講演では、Omise Japan County manager 宇野 雅晴氏が、日本と東南アジアにおいてオンライン決済サービスを展開しているフィンテック企業の視点でデジタルペイメントの現状と将来の可能性についてお話します。



第二部 | スペシャルセッション

直接、貴方のアイデアや疑問、反対意見など、積極的に情報を交換してください。
(ドリンクやおつまみを片手に、カジュアルな雰囲気でお楽しみいただく質疑応答形式のセッションになります)




会社紹介|Omise Japan株式会社

オンライン決済は、インターネットでの事業成功には必要不可欠な存在です。Omiseはこれからも事業者を無数の潜在顧客と結びつける決済プラットフォームを開発・提供していきます。Omise Paymentは、いかなるデバイスにも柔軟かつ簡単に組み込むことができます。事業者が優れた製品やサービスの開発に専念できるよう、Omiseはシステムと決済手段の充実に取り組んでいきます。

Omise Japan株式会社
https://www.omise.co/ja

講師紹介

Omise Japan株式会社<br>County manager 宇野 雅晴 氏
Omise Japan株式会社
County manager 宇野 雅晴 氏
神戸大学卒業。博報堂プロダクツにてダイレクトマーケティング領域で、大手クライアント担当として営業職やプランナー職などに従事。特にデジタル領域におけるアカウント開拓を行なった。2015年10月にOmiseに参画し、日本市場の責任者として事業拡大を進めている。
CDO Club Japan 事務局マネージャー/<br>Sansan株式会社 デジタル戦略統括室 室長 柿崎 充(ファシリテーター)
CDO Club Japan 事務局マネージャー/
Sansan株式会社 デジタル戦略統括室 室長 柿崎 充(ファシリテーター)
慶應義塾大学在学中の2000年に共同創業メンバーとして起業に参画、その後2003年に自ら経営者として企業し中国瀋陽にも進出。2006年外資系コンサルティングファームのプライスウォーターハウスクーパース(旧ベリングポイント)入社。グローバル経営戦略やグループ経営管理態勢の調査・立案、金融機関のシステム・セキュリティ監査、内部統制強化支援、IR・統合報告支援などに幅広く従事。2013年よりSansanに入社し、2016年6月より現職。2018年より一般社団法人CDO Club Japanにも参画し、日本およびグルーバルでデジタルトランスフォーメーションに関する調査・支援に取り組んでいる。

開催日時・場所

開催場所 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1丁目9番8号
朝日生命宮益坂ビル 渋谷サンスカイルーム 5A
開催日 2018年11月22日(木)
時間帯 受   付|15:40-15:55
ご挨拶|15:55-16:00
第一部|16:00-16:30 講演セッション
第二部|16:30-17:30 スペシャルセッション
定員 30名(抽選形式)
参加費 無料
対象 中堅・大手企業の各事業部門の管理職の方向けになります。
注意事項 ※応募多数の場合、予告なしでフォームを閉鎖させていただく場合がございます。
※座席は、先着順を予定しております。
※プログラムの内容・講演者等は、都合により予告なく変更する場合がございます。
※同業社のお申込み等、主催社様の判断によりお断りする場合がございます。
※不参加の場合、当日お渡しする配布資料をお送りすることは致しません。
お問い合わせ先 ビズスタイベント企画事務局
info@biz-study.com
東京都渋谷区渋谷1丁目9番8号
大きな地図で見る
※当イベントの応募は締め切りました。ご応募ありがとうございました。
個人情報の取り扱いにご同意の上、送信ボタンを押して下さい。