【CDO会議】
CDOための必須知識 ~デジタルテクノロジーの動向と事例~
立教大学大学院 ビジネスデザイン研究科 講師 青木 明彦 氏

こんな方におすすめ

セミナー内容

第一部 | 講演セッション

デジタルトランスフォーメーションは、アナログ・ビジネスをデジタル・ビジネスに転換することです。そして、これがCDOの役割です。CDOに必要な知識・スキルは何でしょうか。
その一つとしてデジタルテクノロジーに関する知識があげられます。デジタルテクノロジーは、AI、IoT、量子コンピュータ、ドローン、ビッグデータなど幅広く、またこの瞬間に新しいものが生み出されています。
今回は、CDOに必要な最新のテクノロジーの動向と事例について、立教大学大学院ビジネスデザイン研究科講師 青木明彦氏がお話します。

第二部 | 懇親会セッション

「受ける」のではなく、「寄与し、貢献する」「互いに意見を交換する」。
受け身でなく、積極的に参加し、発言できる場をご用意しております。 直接、貴方のアイデアや疑問、反対意見など、積極的に情報を交換してください。


組織紹介|一般社団法人CDO Club Japan

一般社団法人CDO Club Japan

CDO Clubは、2011年11月に設立されたデジタル分野における世界初の経営陣コミュニティです。2017年10月時点の会員数は全世界で5000人を超えています。ミッションとしては 「企業、政府、自治体、非営利団体のデジタル改革促進を目指し、そのリーダーたるCDOの普及啓蒙、活性化、教育、交流、人材育成、人材提供、アドバイス(コンサルティング)」を掲げています。グローバルに活動する「CDO Club」の日本窓口で、2017年5月1日に活動をスタートしました。

講師紹介

立教大学大学院 ビジネスデザイン研究科 講師 青木 明彦 氏
立教大学大学院 ビジネスデザイン研究科 講師 青木 明彦 氏
1977年立教大学理学部物理学科卒業後、株式会社シーイーシーに入社。株式会社ベルシステム24入社を経て株式会社算法代表取締役に就任。立教大学大学院ビジネスデザイン研究科修了(MBA)。現在同研究科兼任講師。
一般社団法人データビジネス協会/理事、経営情報学会正会員/一般社団法人ビジネスプロセスアーキテクト協会認定プロフェッショナル。研究・実践テーマ:データサイエンティスト育成/AI活用/データ活用ビジネスリスクマネジメント/物理学。
一般社団法人CDO Club Japan 理事 海外事業局長 鍋島 勢理
一般社団法人CDO Club Japan 理事 海外事業局長 鍋島 勢理
青山学院大学法学部卒業後、ロンドン大学University College London大学院にて地政学、エネルギー政策を学び、東京電力ホールディングス株式会社入社。国際室にて都市計画、欧州の電力事情等の分析調査を担当後、外資コンサルティングファーム勤務。株式会社鍋島戦略研究所を設立。国内外のデジタルをリードする人やデジタルテクノロジーを取材。ビジネススクールと連携してデジタル人材教育プログラムを開発中。オスカープロモーション所属。

開催日時・場所

開催場所 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル 13F
Sansan株式会社 セミナールーム
開催日 2018年07月13日
時間帯 受   付:15:15-15:30
ご挨拶:15:30-15:35
第一部:15:35-16:35 講演セッション
第二部:16:35-17:00 懇親会セッション
定員 20名(抽選形式)
参加費 無料
対象 中堅・大手企業の各事業部門の管理職の方向けになります。
注意事項 ※座席は、先着順を予定しております。
※応募多数の場合、予告なしでフォームを閉鎖させていただく場合がございます。
※プログラムの内容・講演者等は、都合により予告なく変更する場合がございます。
※同業社のお申込み等、主催社様の判断によりお断りする場合がございます。
※不参加の場合、当日お渡しする配布資料をお送りすることは致しません。
お問い合わせ先 ビズスタイベント企画事務局
info@biz-study.com
東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル 13F
大きな地図で見る
※当イベントの応募は締め切りました。ご応募ありがとうございました。
個人情報の取り扱いにご同意の上、送信ボタンを押して下さい。