北川悦吏子

脚本家 映画監督

1992年「素顔のままで」で連続ドラマの脚本家デビュー。その後「あすなろ白書」「愛していると言ってくれ」「ロングバケーション」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々のヒット作を手がけ、”ラブストーリーの神様”と呼ばれる。 「ビューティフルライフ」では向田邦子賞、橋田壽賀子賞を受賞。 2018年放映のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」は平均視聴率21%を超えた。

Climbers 2020(クライマーズ2020)ブレイクスルーを実現した10人による人生の特別講義

2020/11/23 〜 2020/11/23
  • 国内講演者
  • 他所属
  • 制作者

北川悦吏子

脚本家 映画監督

前に進む力があれば 自分で運命を変えられる

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。