大内伸幸

株式会社 三井住友銀行 リテールIT戦略部 上席部長代理

大学卒業後、2004年に三井住友銀行へ入行。企業オーナーや地権者等、主に富裕層向けのリテールビジネスを担当。2010年より現業務に従事。SFAの導入やCRMの企画・開発、デジタルマーケティング基盤の構築、データ利活用等、幅広くデジタル変革(DX)に関する業務を担っている。

「最高の顧客体験」をつくるヒント PLAZMA 15 –&CDP–

2021/02/15 〜 2021/02/28
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

大内伸幸

株式会社 三井住友銀行 リテールIT戦略部 上席部長代理

SMBCが進めるパーソナライズドマーケティングとCDPの活用

デジタルシフトしている顧客行動の変化に合わせ、三井住友銀行では、これまでface to face中心だったビジネスモデルからデジタル起点の顧客コミュニケーションへと転換すべく、「パーソナライズドマーケティング」を進めています。本セッションでは、CDP導入前に抱えていた課題や、導入による効果、TreasureDataを採用した理由、活用事例、そして今後の展望についてご紹介いたします。