YaffaBen-Ari

駐日イスラエル大使

2017年11月駐日イスラエル大使に就任。着任前は2014年3月より外務省次官補 経済局局長を務める。 36年の外交官職で、駐セルビア・モンテネグロ大使、およびマケドニア共和国大使を兼務。また在オランダ・ハーグ イスラエル大使館次席、西アフリカ在リベリア・モンロビア大使館次席、在サンフランシスコ領事館副総領事など指導的役割を歴任。さらに、 Expo 2012 麗水国際博覧会はイスラエル委員長、Expo 2010上海国際博覧会ではイスラエル副委員長、また外務報道官及び報道部メディア広報課長を務める。その功績により2度に渡りイスラエル外務省から優秀賞を受賞。

The Nippon Foundation STARTLINE Beyoud the Distance 超えていけ。

2020/12/01 〜 2021/01/19
  • 海外講演者
  • 政府・地方公共団体
  • ディスカッション
  • その他職名

YaffaBen-Ari

駐日イスラエル大使

果てなきPCR論争 PCR論争から医療と経済を両立させる政策を模索する

「PCR検査を増やすべきか否か」。我が国で延々に続くこの議論の行方は未だ定まっていない中、諸外国では日本より圧倒的に多い検査を実施し、日本のような対立は起きていません。 未知の課題に対して国民的なコンセンサスを得る施策とは?対立を乗り越えるコミュニケーションとは?経済・社会の正常化に向けた一歩を探ります。