ピーテルフランケン

フィンテックのパイオニアであり、多くの業界初のディープテックイノベーター。 金融サービス業界で30年間活動し管理、フィンテック、イノベーション、大規模なDXを専門。 シティグループ、新生銀行、アプラス、マネックス証券、マネックスグループなどの業界のリーダー、経営幹部および役員を歴任し現在はマネックスグループ(日本)、ModuleQ.AI(米国)、EmeradaCo(日本)、AFIN / APIX(シンガポール)、市民が調達した環境に関するオープンデータで絶賛されているグローバルNPO、SAFECAST.ORGにおいて活動中。 シンガポール金融庁(MAS)のInternational Technology Advisory Panel(ITAP)のメンバーでもあり、MAS(シンガポール金融庁)、IFC /世界銀行、およびABA(ASEAN Banking Association)は、アジアおよびその他の発展途上地域全体でDXを加速し、金融包摂を促進し、FinTechsと金融機関およびAPIXプラットフォームの運営者間で発生するギャップを埋めることに注力しています。 デルフト大学(オランダ)でコンピューターサイエンスの修士号を取得し、現在は慶應義塾大学(日本)の客員教授、MITメディアラボ(米国)の研究者であり、市民科学、IoT、ブロックチェーンテクノロジーの研究に貢献しています。

updataNOW 20

2020/10/12 〜 2020/10/16
  • 海外講演者
  • 他所属
  • その他職名

日本のデジタル化とイノベーションを加速するための7つのガイドライン

クラウドの活用や銀行基幹システムの内製化など、国内外の銀行や金融機関の重要業務において常に最先端の取り組みを実践してきたピーテル フランケン氏が、自身の経験や最新の海外事例を参考に、日本の金融機関のデジタル化・イノベーションのためのガイドラインを解説します。金融機関だけでなく、どの企業でもデジタル時代を生き抜くためのガイドラインとして活用できる内容となっています。