松本健治

クラウドエース株式会社 事業推進本部 本部長

呉服屋店長から一転して国産ソフトウェアメーカーの営業・営業企画に従事し、クラウドエースへ参画。2019年4月からD.Table株式会社の取締役副社長に就任。

OPEN DX 2020 自らの手で革命を起こす SI2.0

2020/09/24 〜 2020/09/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

松本健治

クラウドエース株式会社 事業推進本部 本部長

Google で1からはじめるマーケターのデータ活用

データドリブンマーケティングをインハウスで取り組む為に踏み出す一歩目は何か? データドリブンという言葉が浸透しマーケターの皆さんにもテクノロジーやシステムといった新たな領域への深い理解と活用が求められる場が増えてきていると思います。 しかし、これまで馴染みの薄かった領域であるがゆえに、これから取り組もうとされている方にとっては何から初めて良いかわかりづらく、実際に触れ初めていらっしゃる方の中でもデータ活用を行うにあたり、色々と頭を悩ませている方々も多いのではないでしょうか。 実際のある調査では69%の企業様がデータドリブンマーケティングを実行できる組織を構築できていないという結果があり、<基礎知識に不安がある>、<自社事業へのデータ活用のイメージが湧かない>、<実行するための組織間の連携に不安がある>など、悩みどころは様々です。 今回の本セミナーではそういった悩みを抱えていらっしゃる皆さまへ、データドリブンマーケティングを始めるにあたって最低限知っておくべき基礎的な知識のご紹介から、実際にデータを利活用されている企業様がどのような課題の解決に向けてどのようなことを行っているのかをご紹介させて頂くことにより、少しでも皆さまのお悩み解決のヒントになればと思っています。