松本賢治

ダイキンHVACソリューション東京株式会社 販売推進部長

1991年 ダイキン工業入社。空調機の販売推進活動に従事。 東京都設備設計事務所協会運営委員、JIA日本建築家協会の賛助委員等経験し、大型再開発案件等で街づくりに適した設備システムの構築を支援。東京オリンピック2020を機にスポーツイベントでの空間ソリューション事業に携わり、近年、脱炭素に取組む自治体のパートナー企業として環境ソリューションを展開中。 茨城県環境管理協会員、山梨県環境に関する企業連絡協議会員。2017年より現職。 (大阪府出身 フルマラソン3回完走)

SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2022

2022/11/08 〜 2022/11/13
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

松本賢治

ダイキンHVACソリューション東京株式会社 販売推進部長

DAIKIN presents さぁ、空気で答えを出そうじゃないか 〜切り開こう、脱炭素社会の未来へ〜

渋谷区内で排出されるCO2総量の約60%が事業活動から排出されています。渋谷ブランドが持続可能であるためには、渋谷が経済や社会の側面だけでなく、環境に配慮した地球との共生を実現していくことが急務です。 渋谷で行われる脱炭素社会構築に向けた環境アクションと連携しながら、ダイキンと若者の対話の中から生まれた未来環境都市のデザインの社会実装を目指します。 「安心安全な脱炭素まちづくり」に貢献するため、企業と若者たちの未来への発想を取り入れながら、脱炭素社会構築に向けた新しいアイデアを共有します。

SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2022

2022/11/08 〜 2022/11/13
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

松本賢治

ダイキンHVACソリューション東京株式会社 販売推進部長

Salesforce presents -SHIBUYA Net Zero MEETING-

渋谷区内で排出されるCO2総量の約60%が事業活動から排出されています。渋谷ブランドが持続可能であるためには、渋谷が経済や社会の側面だけでなく、環境に配慮した地球との共生を実現していくことが急務です。 渋谷の新しい価値を創造するFDS会員企業を中心に、持続可能な未来に向けた環境技術や制度に関する知見等を集め共有し、商業集積度の高い渋谷で実現する脱炭素推進モデルを官民連携して構築していきます。 高密度に商業が集積したまちSHIBUYAが、環境都市を実現するために必須な「Net Zero」という考え方を、 SHIBUYAにかかわる事業者の実例や、Z世代のアクションなど、SHIBUYAの環境コンテンツを俯瞰しながら、具体的な未来像をイメージして共有します。
バナー