米津雅史

東京都 戦略政策情報推進本部 特区推進担当部長

東京大学卒、旧建設省入省。外務省在ニュー・ヨーク総領事館領事、国土交通省大臣官房人事課長補佐、国土交通大臣秘書官、内閣官房内閣総務官室企画官、内閣府政策統括官(防災)付参事官を歴任し、2018年から現職。「スタートアップ・エコシステム東京コンソーシアム」の設立等に尽力。

成長産業カンファレンス FUSE

2021/01/20 〜 2021/01/20
  • 国内講演者
  • 政府・地方公共団体
  • ディスカッション
  • 管理職

米津雅史

東京都 戦略政策情報推進本部 特区推進担当部長

Luupの事例からみる、スタートアップのパブリックアフェアーズの新常識

ビジネスも社会もこれまでにないスピードで変化している中、スタートアップが新たな市場を作っていくためには新しい規制改革やルール整備が必要となるケースも多い。これからのビジネスを社会実装するスタートアップに必要な「パブリック・アフェアーズ」。 経産省と東京都という立場から、Luupの事例が今後同様のプロセスを踏むであろう方々にとってどういった学びになるのか、業界団体のあり方や新たな市場を作る事業者にどういった動き方を求めているのかなど、発展的な関係構築の新常識をお話頂きます。