中川拓也

NTTデータ 社会基盤ソリューション事業本部 ソーシャルイノベーション事業部 部長

(プロフィールは、各イベントサイトをご確認ください)

NTT DATA Innovation Conference 2021 デジタルで創る新しい社会

2021/01/28 〜 2021/01/29
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

中川拓也

NTTデータ 社会基盤ソリューション事業本部 ソーシャルイノベーション事業部 部長

【デンソー社事例に学ぶ】RPAからDXへの発展 ― 生産性をアップしデジタルで変革を起こす、日本企業の切り札「KAIZEN2.0」

「DX(デジタルトランスフォーメーション)ってなに?」、「RPA(ソフトウエアのロボット)の導入がうまくいかない」、「働き方改革等の社内変革が進まない」…。 大多数の日本の企業が直面する課題です。 このような課題の本質的な解決に最適な方法論こそ、「KAIZEN2.0」 カイゼンと聞くと、昔のモノとか製造業のコトと感じるかもしれませんが、大間違い、なんとグローバルでこそ、KAIZENが再びクローズアップされているのです。 使い方次第で、ホワイトカラーのデスクワークの生産性アップもできれば、新規事業の立ち上げもできるKAIZEN2.0を、グローバルでのトレンドやテクノロジーの最新トレンド、デンソー社事例なども交えご紹介します。 RPAツール「WinActor」の全社展開を進めているデンソーでは、現場主導での業務改善を推進すべく、部門横断のRPAサークルが立ち上がり、1,000人近くも勉強会に参加する空前のスケール・浸透度となっています。 現場を巻き込み、WinActorの展開を推進されているITデジタル本部の伊藤様より、デンソーの構築した仕組みや取り組み、工夫、苦労などをお話しいただきます。