吉上亮

SF作家

1989年埼玉県生まれ。早稲田大学文化構想学部卒。2013年『パンツァークラウン フェイセズ』でデビュー。 主な著書に『泥の銃弾』『PSYCHO-PASS GENESIS』『生存賭博』『RE:BEL ROBOTICA 0』など。脚本担当作に映画『PSYCHO-PASS サイコパス│ SS Case.1 罪と罰』TVアニメ『ブラック★★ロックシューター DAWNFALL』など、漫画原作に『ドープマン』がある。 WIRED Sci-Fiプロトタイピング研究所の複数案件に関わっている。

SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2022

2022/11/08 〜 2022/11/13
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • その他職名

吉上亮

SF作家

Sci-Fiプロトタイピングが描き出す〈ヒト〉のデジタルツインコンピューティングの未来

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。
バナー