和田幸子

株式会社タスカジ 代表取締役

1975年生まれ。 1999年 横浜国立大学経営学部を卒業後、富士通に入社。エンジニアとしてERP製品の開発に携わった。 2005年 富士通の企業派遣制度で慶應義塾大学大学院 経営管理研究科へ留学し、MBAを取得。 2008年 第一子出産 2009年 富士通製ERP製品のウェブマーケティングを担当。 2010年 中堅中小企業向け、会計・人事給与クラウドサービスの事業立ち上げプロジェクトリーダーを務め、クラウドサービスの革新的な販売モデルの構築に取り組む。 2013年11月 自身の課題である共働き家庭における新しいライフスタイルの実現に必要な社会インフラをITで作るため、起業(ブランニュウスタイル株式会社)。 2014年7月 ITを軸とした新サービス「タスカジ」をローンチ。 2017年2月 社名を「株式会社タスカジ」に変更。 2017年11月 日経BP社 日経DUAL「家事代行サービス企業ランキング」1位を獲得 2017年12月 日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018「働き方改革サポート賞」受賞 2018年2月 一般社団法人シェアリングエコノミー協会幹事就任

SHARE SUMMIT 2020 ~Co-Society~

2020/11/16 〜 2020/11/16
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

和田幸子

株式会社タスカジ 代表取締役

ポストコロナの出会いとつながり 〜コミュニティの処方箋〜

人は人とのつながり無しに生きていくことはできない。人との接触が制限される中、社会の分断、孤独を生まないための、新たな出会いとつながり、コミュニティの未来を提示する。