福田晃仁

株式会社JTB Web販売部 データサイエンスセントラル 統括

博報堂グループのインターネット広告会社、スパイスボックスでデータサイエンティスト兼DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)コンサルタントとして顧客分析サービスを構築。 日本オラクルでDMP分野のコンサルティングなどを担当した後、2018年4月から現職。旅行に関するデータマーケティングを統括する。

updataNOW 20

2020/10/12 〜 2020/10/16
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

福田晃仁

株式会社JTB Web販売部 データサイエンスセントラル 統括

データの向こうにあるストーリー コンテクストベースの顧客セグメンテーション300cardsの意義

データベース基盤、顧客分析、エグゼキューションサイクルを回す三つ巴の組織データサイエンスセントラルという組織を2018年に発足させ、事業をデータドリブンに変革させたJTB。本セッションではその組織は如何にして造られたのか、またその強みは何なのかを紹介するとともに、同チームが取り組む量的データ分析に加えて、データを数学的に読み解くだけではなく顧客の“コンテクスト”に着目する質的データ分析を行う同社の取り組みを具体例を挙げながらご紹介し、新時代においてマーケッターが持つべき視座をお伝えします。