TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

ビジネスの在り方、世の中とのかかわり方を再考する 不確実の時代に次なる一歩を踏み出すためのデータ戦略とは テクノロジーを活用した技術革新の加速や産業構造の変化、破壊的イノベーションを起こすディスラプターの登場などにより、現在のビジネスに於いては、意思決定のスピードと質を向上させることが求められています。 経験や勘に基づく経営判断を脱却し、社内外にあるデータの価値を創出できる環境を整備すること、すなわちデータを活用したデータ駆動型経営へのトランスフォーメーションが、今後の企業競争力を左右するのではないでしょうか。 今回で12回目を迎える本フォーラムでは、編集部セッションとして「データ × ビジネス」で先を行く企業を2日間で12社招聘。データ活用に不可欠なソリューションを解説するスポンサーセッションと合わせ、計40セッションを ご用意しました。視聴いただく皆様にはその先進事例を通じて、経営戦略を考察するヒントを提供いたします。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/22 〜 2022/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

伊藤孝司

コニカミノルタ株式会社 上席 執行役員 生産・調達本部 本部長 兼 SCM 担当

起点は”現場の困りごと” コニカミノルタの製造現場のデジタル変革 ~現場力とデジタル化の融合~

コニカミノルタは、ビジネス現場で働くお客様の課題を共に解決し、新たな価値を創出し続ける企業を目指している。これからも多くの外部環境変化は必然であり、モノづくり現場としてその変化に対応しつづけなければならない。その為に、デジタル化とモノづくり変革のベースにある現場力との融合がいかに重要かについて、当社の考えや取組みについて語る。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/22 〜 2022/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

瀧俊雄

株式会社マネーフォワード 執行役員 サステナビリティ担当 CoPA (Chief of Public Affairs) Fintech研究所長

金融データが行動を変える

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/22 〜 2022/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

宮本雅己

株式会社セールスフォース・ジャパン エンタープライズ営業第二本部 第二営業部 シニア アカウントエグゼクティブ

ものづくりを支える左脳システムと右脳システムのデータ統合

不確実な時代を生き抜く手段として、企業のデジタル変革が加速しています。しかし、トライアンドエラーを繰り返しながら敏捷性を持って経営判断を行うには、データの分断と欠如の問題を解決しなくてはなりません。 本セッションではこれからの時代に必要なデータと情報基盤を、人間の「脳」になぞらえて易しくご説明します。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/22 〜 2022/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

松下壮一

株式会社セールスフォース・ジャパン ソリューション・エンジニアリング統括本部 シニア・マネージャー

ものづくりを支える左脳システムと右脳システムのデータ統合

不確実な時代を生き抜く手段として、企業のデジタル変革が加速しています。しかし、トライアンドエラーを繰り返しながら敏捷性を持って経営判断を行うには、データの分断と欠如の問題を解決しなくてはなりません。 本セッションではこれからの時代に必要なデータと情報基盤を、人間の「脳」になぞらえて易しくご説明します。
ピープルビジネスの変革組織戦略の最前線

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/22 〜 2022/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

山川聡

株式会社ゼンリンデータコム IoT第二事業部 マネージャー

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

ビジネスの在り方、世の中とのかかわり方を再考する 不確実の時代に次なる一歩を踏み出すためのデータ戦略とは テクノロジーを活用した技術革新の加速や産業構造の変化、破壊的イノベーションを起こすディスラプターの登場などにより、現在のビジネスに於いては、意思決定のスピードと質を向上させることが求められています。 経験や勘に基づく経営判断を脱却し、社内外にあるデータの価値を創出できる環境を整備すること、すなわちデータを活用したデータ駆動型経営へのトランスフォーメーションが、今後の企業競争力を左右するのではないでしょうか。 今回で12回目を迎える本フォーラムでは、編集部セッションとして「データ × ビジネス」で先を行く企業を2日間で12社招聘。データ活用に不可欠なソリューションを解説するスポンサーセッションと合わせ、計40セッションを ご用意しました。視聴いただく皆様にはその先進事例を通じて、経営戦略を考察するヒントを提供いたします。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/22 〜 2022/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

打田卓未

株式会社ゼンリンデータコム IoT第二事業部 リーダー

ロケーションデータ活用による顧客管理の効率化とCX向上施策

前半はゼンリンが整備する高精度な住所情報を活用した顧客管理効率化ソリューションについて、後半はGoogle Maps Platformの膨大なPlacesデータを活用したデジタルバンク等のアプリ向けCX向上施策について、二部構成にてロケーションデータの活用ノウハウをご紹介いたします。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/22 〜 2022/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

堀康佑

SATORI株式会社 営業部 部長

営業DXは「デジタル新規開拓」から! ~製造業におけるMA活用実践例~

昨今、より一層注目が集まるデジタルトランスフォーメーション(DX)。 各業界において、ものづくりのデジタル化から営業プロセスのデジタル化まで、幅広い変革が求められています。本セッションでは、営業プロセスにおける課題解決をMA活用でどのように実現するか、製造業事例を中心にご紹介いたします。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/22 〜 2022/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

岡本智史

データブリックス・ジャパン株式会社 マーケティング本部 本部長

データ&AIを活用した「真のDX」実現のためのレイクハウス・プラットフォーム

データ&AIをフル活用した競争力の強化やイノベーションの実現には、データ基盤の次世代化とドメイン知識と技術知識の双方を兼ね備えた、データ&AI人材の育成が急務となっております。これらの課題を解決するために、スターバックス、アウディ、アスラゼネカ、シェル、HSBCなど、業界のリーディング企業が、なぜレイクハウス・プラットフォームを採用したのかを説明いたします。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/22 〜 2022/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

油野達也

株式会社データビークル 代表取締役 CEO

「偽データドリブン経営とは?」~貴社のソレは本物ですか?~

データで意思決定をするのがDXだと言われている昨今、勘と経験をグラフで裏付けることをデータ分析だと勘違いする企業が増えています。前年同月対比表が3Dグラフになったところで売上は増えないし製品の歩留まりも変わりません。本講では真のデータドリブン経営と実現方法について事例を交えてお話します。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/22 〜 2022/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

今林広樹

EAGLYS株式会社 代表取締役社長 / CEO

秘密計算によるAI強化とデータコラボレーション〜業界別データ活用事例紹介〜

昨今、各企業では様々なデータ利活用やAI活用が進んでいますが、1社だけのデータでは思ったような分析精度がでず、費用対効果が伴わないといった声も多く聞くようになりました。その様ななかアメリカやイスラエルといったIT先進国で注目されているのが”秘密計算”です。本セッションでは、秘密計算について解説するとともに、この技術を利用したAI強化とデータコラボレーション事例についてご紹介いたします。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/22 〜 2022/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

臺卓治

株式会社SUBARU 専務執行役員 CIO (最高情報責任者) IT戦略本部長 兼 経営企画本部副本部長

SUBARU×デジタル「大きな変化の中でSUBARUが目指すDX」

現在自動車業界はカーボンニュートラルに向けての取り組み、車両の外部接続とサービスの多様化等過去にない変化の時代を迎えています。このような大きな変化のうねりの中で、SUBARUがどのように乗り越えようとしているのか、またIT部門としてデジタルやデータをどのように活用していこうとしているのか、試行錯誤も含めてリアルな取り組みについて紹介をしたいと思います。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/22 〜 2022/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

谷崎勝教

株式会社三井住友フィナンシャルグループ 執行役専務 グループCDIO

SMBCグループのデータ戦略とイノベーションが生まれやすい仕組みづくり

新型コロナによる社会全体の急激なデジタル化、様々な規制見直し、顧客の行動パターンの変化など、金融機関を取り巻く環境は大きく変わりました。SMBCグループでは、デジタルを積極的に活用してサービスを向上させることによって顧客との接点を増加し、そこから得られたデータを活用してより良いサービスにつなげるデータ戦略を進めています。データ戦略を活用したSMBCグループのデジタライゼーションの取り組みに加え、新サービスやイノベーションが生まれやすい仕組みづくりについてご紹介します。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/22 〜 2022/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

ウィリアム・ホン

Dataiku 日本・韓国地域営業統括

皆をAI活用人材へ!これを実現するためのステップとは

AI人材の採用や育成は多くの企業にとって課題です。しかしまず必要なのは、高度な機械学習の教育よりも、多くの社員がデータを探索し洞察を得られることで、これにより製造業のさまざまな業務で効率性や生産性を向上できます。 貴社の人材を、自分自身でAIを活用できる人材へと育成するためのステップをご紹介します。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/22 〜 2022/06/23
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

AbhinandanKumar

H2O.ai inc. Senior Vice President アジアパシフィック統括

全世界で2万以上の企業・組織での導入実績をもつ H2O.aiが描くAutoMLの未来

DX改革のコアとなるAIモデルの作成をエキスパートがいなくても実施できるAutoML(自動機械学習)への期待は高まるばかりです。AIモデル作成の先駆者として全世界で2万以上の企業・組織で導入実績のあるH2O.aiがAutoMLの現在と未来について解説します。パートナーであるSCSK株式会社との取り組みについてもご紹介いたします。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/22 〜 2022/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

柿崎修

H2O.ai inc 日本法人営業統括部長

全世界で2万以上の企業・組織での導入実績をもつ H2O.aiが描くAutoMLの未来

DX改革のコアとなるAIモデルの作成をエキスパートがいなくても実施できるAutoML(自動機械学習)への期待は高まるばかりです。AIモデル作成の先駆者として全世界で2万以上の企業・組織で導入実績のあるH2O.aiがAutoMLの現在と未来について解説します。パートナーであるSCSK株式会社との取り組みについてもご紹介いたします。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/22 〜 2022/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

飯塚力哉

デル・テクノロジーズ株式会社 CTO/最高技術責任者

DX時代に求められるデータマネジメント

DX実現のキーとなるデータマネジメント(真のデータ利活用)、その実現を阻む様々な課題を解決するためにもデータ基盤の整理&再構築が必要です。デル・テクノロジーズでは、多岐にわたるプロセスやテクノロジーを統合するエコシステムの重要性を社内を含む実例を交えご紹介し、次世代のデータドリブン経営をご提案します。
ピープルビジネスの変革組織戦略の最前線

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/22 〜 2022/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

秋光茂行

マイクロストラテジー・ジャパン株式会社 シニア アカウントエグゼクティブ

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

ビジネスの在り方、世の中とのかかわり方を再考する 不確実の時代に次なる一歩を踏み出すためのデータ戦略とは テクノロジーを活用した技術革新の加速や産業構造の変化、破壊的イノベーションを起こすディスラプターの登場などにより、現在のビジネスに於いては、意思決定のスピードと質を向上させることが求められています。 経験や勘に基づく経営判断を脱却し、社内外にあるデータの価値を創出できる環境を整備すること、すなわちデータを活用したデータ駆動型経営へのトランスフォーメーションが、今後の企業競争力を左右するのではないでしょうか。 今回で12回目を迎える本フォーラムでは、編集部セッションとして「データ × ビジネス」で先を行く企業を2日間で12社招聘。データ活用に不可欠なソリューションを解説するスポンサーセッションと合わせ、計40セッションを ご用意しました。視聴いただく皆様にはその先進事例を通じて、経営戦略を考察するヒントを提供いたします。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/22 〜 2022/06/23
  • 国内講演者
  • 他所属
  • 基調講演
  • その他職名

茂木健一郎

脳科学者

脳から考える偶有性を活かす経営戦略

データというのは一種の飛躍台であり、それが高くなればなるほど、遠くを見渡した飛躍も可能となる。しかし、世の実態は偶有性に満ちている。予測できることとできないことを認識してマネージすることに経営の本質がある。全てを引き受けかつ統合することが脳の命題であり、今後の経営戦略を考察するヒントになるはずである。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/22 〜 2022/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

山本光穂

DataRobot, Inc. データサイエンティスト

製造業におけるAIプロジェクトの持続的運用・活用を支えるMLOpsについて

昨今、製造業分野ではR&Dから設計開発、製造等様々な領域でAIモデルが活用されています。一方で開発されたAIモデルが持続的運用・活用を前提としてないため、予想外の問題が発生するケースが多発しています。 本講演ではAIモデルの管理手法であるMLOpsの重要性についてご説明します。