松尾豊

東京大学大学院工学系研究科 人工物工学研究センター/ 技術経営戦略学専攻 教授

1997年 東京大学工学部電子情報工学科卒業。2002年 同大学院博士課程修了。博士(工学)。同年より、産業技術総合研究所研究員。2005年8月よりスタンフォード大学客員研究員を経て、2007年より、東京大学大学院工学系研究科総合研究機構/知の構造化センター/技術経営戦略学専攻准教授。2014年より、東京大学大学院工学系研究科 技術経営戦略学専攻 グローバル消費インテリジェンス寄付講座 共同代表・特任准教授。2019年より、東京大学大学院工学系研究科 人工物工学研究センター/技術経営戦略学専攻 教授。専門分野は、人工知能、深層学習、ウェブマイニング。人工知能学会からは論文賞(2002年)、創立20周年記念事業賞(2006年)、現場イノベーション賞(2011年)、功労賞(2013年)の各賞を受賞。人工知能学会では学生編集委員、編集委員を経て、2010年から副編集委員長、2012年から編集委員長・理事。2014年から2018年まで倫理委員長。2017年より日本ディープラーニング協会理事長。2019年よりソフトバンクグループ社外取締役。

「最高の顧客体験」をつくるヒント PLAZMA 15 –&CDP–

2021/02/15 〜 2021/02/28
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

松尾豊

東京大学大学院工学系研究科 人工物工学研究センター/ 技術経営戦略学専攻 教授

顧客データとAIを使った商品マスタによるDX

DXにおいて、CDPにより顧客の属性情報や行動データの活用は進んできた一方で、商品の属性情報、特に特徴を表す商品情報の整備や活用はなかなか進んでいません。しかし昨今のAI技術を用いた特徴量生成により、消費者マーケティングを大きく変化する可能性があります。 AI商品マスタを提供するLazuli 代表 萩原静厳氏と、AIの第一人者である東大松尾教授が、その兆しと今後の展望を語ります。