藤原慎之輔

神戸市 西区役所総務部総務課(西区選挙管理委員会事務局)

(プロフィールは、各イベントサイトをご確認ください)

CYBOZU DAYS 2020 エゴ & ピース 東京

2020/11/11 〜 2020/11/13
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • その他職名

藤原慎之輔

神戸市 西区役所総務部総務課(西区選挙管理委員会事務局)

改革は建設事務所のイチ職員から始まった! GovTechのトップランナーが語る自治体の未来

いまや世界的なトレンドとなっているGovernment(行政)×Technology(技術)=「GovTech(ガブテック)」。 日本においても行政のデジタル化推進の必要性が、コロナ禍を通じてさらに広く認知されるようになりました。その中でも神戸市は自治体における「GovTech」の最先端を走る存在。 kintone をはじめとする様々なテクノロジーの活用や、スタートアップを含めた民間企業との連携を通じて現場を変革し続けています。 株式会社グラファーは「テクノロジーの力で民主主義を拡張する」をビジョンに掲げ、行政手続きのデジタル化に特化した「GovTech ベンチャー」として急成長しています。 優れた製品を提供するだけではなく、神戸市を含む多くの自治体で業務のあるべき姿を職員と共に考え、変革をサポートしています。 本セッションでは、神戸市職員であり kintone AWARD ファイナリストとして複数部門で現場発の業務改革をリードする藤原氏と、 株式会社グラファーでkintoneも活用しながら、自治体のデジタル化を支援する藤本氏によるパネルディスカッションを開催。 自治体特有の制約や旧弊を乗り越えて業務のデジタル化を進める方法、これからの自治体とベンダーのあるべき関係性を考えます。