角南拓哉

オプテックス株式会社 ​戦略本部 開発センター VDS事業開発部 部長

1997年オプテックス入社。セキュリティ事業、照明事業などを担当する中で販売、マーケティング、商品企画、アプリケーション開拓まで幅広い経験を積む。 2016年からは車両センシング分野の責任者として、新規事業の立ち上げに従事し国内外での事業拡大に貢献している。 現在 他社との協業によるビジネススキーム構築や新規プロジェクトを推進している

オルタナティブ データ マーケEXPO2022

2022/06/15 〜 2022/06/17
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

角南拓哉

オプテックス株式会社 ​戦略本部 開発センター VDS事業開発部 部長

店舗DXにおけるセンシングデータの活用価値とは?

自動ドアセンサー国内シェア55%・コインパーキング向けロックレス式駐車場センサー国内シェア40%を有するトップメーカーであるオプテックス株式会社が、オルタナティブデータの一つであるセンシングデータと位置情報をマーケティング活用。店舗に向けた新しい販促施策と業務効率改善について事例を交えてご紹介。新たな付加価値提供や課題解決の可能性について考察を述べます。
バナー