オードリー・タン

台湾デジタル担当大臣

シビックハッカーであり、ソーシャルイノベーションを担当する台湾のデジタル大臣オードリーは、コンピュータ言語PerlとHaskellの再活性化や、Dan Bricklinと共同でオンライン表計算システムEtherCalcを構築したことで知られている。 台湾国家発展評議会のオープンデータ委員会とK-12カリキュラム委員会の委員を務め、国内初のe-Rulemakingプロジェクトを主導。Apple社で計算言語学のコンサルタント、Oxford University Press社で群集辞書学のコンサルタント、Socialtext社でソーシャルインタラクションデザインのコンサルタントを務める。また、台湾のシビックコミュニティである、「ゼロから政府の役割を再考する」g0v("Gov Zero")の中心的人物であり政府とのパイプ役を務める。

PLAZMA 13 ~Everybody DX now!~

2020/10/12 〜 2020/10/30
  • 海外講演者
  • 国・地方公共団体
  • 基調講演
  • 政治家

オードリー・タン

台湾デジタル担当大臣

VUCA時代の新たな教育 – Learning Transformation in a VUCA World –

PLAZMAは2018年のスタート以来、デジタルトランスフォーメーションを探求してきました。その中で「人」が組織変革を成功させる最大のカギを握っていることにも気付きました。急速に変化する世界に適応して、いかに自分たちを変革していくかが最重要課題となっています。先進的な思想を持つリーダーであるオードリー・タン氏と入山教授のお二人をお招きして、「学び」への想いを語っていただきます。

「最高の顧客体験」をつくるヒント PLAZMA 15 –&CDP–

2021/02/15 〜 2021/02/28
  • 海外講演者
  • 政府・地方公共団体
  • ディスカッション
  • 政治家

オードリー・タン

台湾デジタル担当大臣

VUCA時代の新たな教育 – Learning Transformation in a VUCA World –

PLAZMAは2018年のスタート以来、デジタルトランスフォーメーションを探求してきました。その中で「人」が組織変革を成功させる最大のカギを握っていることにも気付きました。急速に変化する世界に適応して、いかに自分たちを変革していくかが最重要課題となっています。先進的な思想を持つリーダーであるオードリー・タン氏と入山教授のお二人をお招きして、「学び」への想いを語っていただきます。 ※ 2020年10月開催のPLAZMA13で大好評だった講演の再放送です。