國廣正

国広総合法律事務所パートナー 弁護士

1955年大分県生まれ。東京大学法学部卒業。 ■専門分野 訴訟(会社法・金融商品取引法などの領域)、危機管理、企業のリスク管理体制構築(コンプライアンス・コーポレートガバナンス・内部統制)。多くの大型企業不祥事の危機管理、第三者委員会調査などを手がける。日本経済新聞の「2018年活躍した弁護士ランキング」で「危機管理部門」の「企業が選ぶ弁護士(企業票)」及び「総合(企業票+弁護士票)」の双方で1位となった。 ■役職など 東京海上日動火災保険㈱社外取締役、LINE㈱社外取締役、オムロン㈱社外監査役。 内閣府顧問(法令遵守対応室法令顧問)、消費者庁顧問(法令遵守調査室法令顧問)。 ■著書 『企業不祥事を防ぐ』(日本経済新聞出版社) 『コンプライアンス・内部統制ハンドブック』(商事法務・共著) 『本林塾講演録 新時代を切り拓く弁護士』(商事法務) 『海外贈収賄防止コンプライアンスプログラムの作り方』(レクシスネクシス・ジャパン) 『修羅場の経営責任 今、明かされる「山一・長銀破綻」の真実』(文春新書) 『それでも企業不祥事が起こる理由』(日本経済新聞出版社) 『内部統制とは、こういうことだったのか』(日本経済新聞出版社)など。

BOXIL EXPO 2021 オンライン展示会 第1回 財務・経理・総務展

2021/02/24 〜 2021/02/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 専門職

國廣正

国広総合法律事務所パートナー 弁護士

危機管理の実際 – 経営者はどう危機に立ち向かうか –

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。