荻上チキ

評論家 ラジオパーソナリティ

1981年生まれ、兵庫県出身。メディア論を中心に、政治経済、社会問題、文化現象まで幅広く論じる。これまで、複数のウェブメディアの運営に携わり、現在、NPO「ストップいじめ!ナビ」理事長。これまでに毎日新聞・開かれた新聞委員会・委員も担当。著書に『ウェブ炎上』『ネットいじめ』『僕らはいつまで「ダメ出し社会」を続けるのか』など。TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」にて、ギャラクシー賞大賞、ギャラクシー賞DJパーソナリティ賞の2冠を受賞するなど、ラジオパーソナリティでも活躍中。

The Nippon Foundation STARTLINE Beyoud the Distance 超えていけ。

2020/12/01 〜 2021/01/19
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • その他職名

荻上チキ

評論家 ラジオパーソナリティ

それって「自己責任」? 予測不可能な複雑社会を彷徨う自己責任論

「自己責任」。何かと都合良く使われる言葉ですが、コロナ禍では感染者を責め立て、切り捨てる言葉として社会にあふれかえりました。一方で、コロナ禍で感染者に向けられた「自己責任」の矛先は、実は、以前から貧困問題や生活保護受給問題、依存症に苦しむ人に対して、躊躇なく向けられていました。 「たとえ命の危険があったとしても、あなたが選択したことは全てあなたの自己責任」と、片付けることは果たして正しいのでしょうか?ウイルスや災害など、個人の選択の結果を越えた予測不可能な脅威に翻弄される社会で生きる私たちの、「自己責任」の本質を問い直します。