鳥川行雄

ユニリーバ・ジャパン・サービス 株式会社 シニア R&Dマネジャー

2006年ユニリーバ・ジャパンに入社。入社後シャンプーやボディソープなどの、粧業品の開発に従事。その後、バンコクオフィス、上海オフィスにてリージョナル・グローバルプロジェクトに関わり、2018年より現職。2019年からは、ユニリーバ・ジャパン初のパーソナライズシャンプーブランド「ラボリカ」の責任者を兼任。

PLAZMA D2C D2Cをビジネスモデルとして理解する!

2020/12/09 〜 2020/12/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

鳥川行雄

ユニリーバ・ジャパン・サービス 株式会社 シニア R&Dマネジャー

ユニリーバの日本発&日本初 D2Cブランド Laboricaに迫る

グローバル企業であるユニリーバが日本発かつ日本初の自社ECで販売するD2Cブランド「Laborica (ラボリカ)」を立ち上げた背景と理由、事業の現状について迫るセッションです。コミュニケーション領域に留まらず、製品開発や組織構築も含めた幅広い領域で、既存事業とD2C事業の違いや、ユニリーバとしてD2C事業を行う上で変えること、変えないことについて、Laboricaの事業責任者であるユニリーバの鳥川さまに語って頂きます。