袖山喜久造

SKJ総合税理士事務所 所長・税理士

中央大学商学部会計学科卒業。東京国税局に国税専門官として採用。東京国税局調査部、国税庁調査課を含め、大企業の法人税調査を15年間担当。2009年から情報技術専門官として電子帳簿保存法を担当し、申請書審査、研修、企業の指導相談に携わる。2012年の退職後、同年SKJ総合税理士事務所を開業、所長に就任。 企業の税務コンサルティングなど幅広く対応する。

freee online conference 中堅・中小企業におけるDXのあるべき姿

2020/12/22 〜 2020/12/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 専門職

袖山喜久造

SKJ総合税理士事務所 所長・税理士

経理/財務部門のニュースタンダード -デジタル化に伴う法令対応-

経理業務の効率化にはデジタル化が必須となりますが、システム導入にあたり電子帳簿保存法などの法令対応についても検討する必要があります。本セッションでは、元国税庁の袖山税理士をお招きし、システム導入時に知っておきたい法令とその対応方法について解説していただきます。