Ignite 22 Japan

2022/10/03 〜 2022/12/25
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • 基調講演
  • 管理職

𠮷川徹志

内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンター 副センター長 内閣審議官

最近の情勢を踏まえた我が国のサイバーセキュリティ政策について

昨年9月に「誰も取り残さないサイバーセキュリティ Cybersecurity for All」を掲げた新しいサイバーセキュリティ戦略が閣議決定されました。その後の国際動向やエモテット、ランサムウェア等のサイバー攻撃等、最近の情勢も踏まえて、企業の組織統治、サプライチェーンリスクの観点も含め、我が国のサイバーセキュリティ政策について包括的に解説いたします。

Ignite 22 Japan

2022/10/03 〜 2022/12/25
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 専門職

北條孝佳

西村あさひ法律事務所 弁護士

Ignite 22 Japan【Special Executive Track】デジタル時代に考えるサイバーセキュリティマネジメント~攻めのセキュリティ変革で創る、DXへの視座~

デジタルトランスフォーメーション(DX)による新たな競争優位性の獲得― 昨今のビジネス環境においてDXによる変革はとどまることを知らず、生産から販売までのバリューチェーン上のすべての工程や、コーポレート機能のデジタル化も加速度的に進められおります。言わずもがな、デジタル化はビジネスのスピードを向上し競争優位性に大きく貢献する一方で、セキュリティの脆弱性を狙ったサイバー攻撃ポイントを増やしていることを忘れてはいけません。 事業継続性の観点から変化に強い需給網を再構築しながらも、攻撃対象企業の取引先の弱点を狙ったランサムウエア攻撃やネットワーク上で動作するプログラムの脆弱性を狙った不正アクセスなど、サイバー攻撃が企業へ与えるダメージは計り知れません。サイバー攻撃が高度化・複雑化していくなかで、デジタル化によるビジネス変革にセキュリティガバナンスが対応し切れていない可能性があげられているのではないでしょうか? DXを加速していくなかで、同時にサイバー攻撃に対して攻めのセキュリティ対策が求められていることは言うまでもありません。サイバー攻撃の対象は特定業界への攻撃に留まらないなかで、すべて企業において経営レベルでの対応が求められております。 ネットワークに繋がる以上、地理的な制約を受けることなく容易に国境を越えた攻撃も可能となりサイバー空間におけるセキュリティ領域でのガバナンス力向上・強化を進めていく必要があるのではないでしょうか? 当セッションでは、“攻めのセキュリティ変革”をキーワードに、複雑・巧妙化するサイバー攻撃を予知し保全していくための、ITセキュリティガバナンスをグローバル・子会社間を巻き込んだ攻めのセキュリティ実装を実現された事例やセキュリティ人材の育成や組織体制に至るまで、プロフェッショナルな立場の方々をお招きし、ベストプラクティスを紐解きます。 皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げております。

Ignite 22 Japan

2022/10/03 〜 2022/12/25
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 役員

福本伸昭

株式会社 JTB 常務執行役員 デジタルトランスフォーメーション推進担当 CIO CISO

Ignite 22 Japan【Special Executive Track】デジタル時代に考えるサイバーセキュリティマネジメント~攻めのセキュリティ変革で創る、DXへの視座~

デジタルトランスフォーメーション(DX)による新たな競争優位性の獲得― 昨今のビジネス環境においてDXによる変革はとどまることを知らず、生産から販売までのバリューチェーン上のすべての工程や、コーポレート機能のデジタル化も加速度的に進められおります。言わずもがな、デジタル化はビジネスのスピードを向上し競争優位性に大きく貢献する一方で、セキュリティの脆弱性を狙ったサイバー攻撃ポイントを増やしていることを忘れてはいけません。 事業継続性の観点から変化に強い需給網を再構築しながらも、攻撃対象企業の取引先の弱点を狙ったランサムウエア攻撃やネットワーク上で動作するプログラムの脆弱性を狙った不正アクセスなど、サイバー攻撃が企業へ与えるダメージは計り知れません。サイバー攻撃が高度化・複雑化していくなかで、デジタル化によるビジネス変革にセキュリティガバナンスが対応し切れていない可能性があげられているのではないでしょうか? DXを加速していくなかで、同時にサイバー攻撃に対して攻めのセキュリティ対策が求められていることは言うまでもありません。サイバー攻撃の対象は特定業界への攻撃に留まらないなかで、すべて企業において経営レベルでの対応が求められております。 ネットワークに繋がる以上、地理的な制約を受けることなく容易に国境を越えた攻撃も可能となりサイバー空間におけるセキュリティ領域でのガバナンス力向上・強化を進めていく必要があるのではないでしょうか? 当セッションでは、“攻めのセキュリティ変革”をキーワードに、複雑・巧妙化するサイバー攻撃を予知し保全していくための、ITセキュリティガバナンスをグローバル・子会社間を巻き込んだ攻めのセキュリティ実装を実現された事例やセキュリティ人材の育成や組織体制に至るまで、プロフェッショナルな立場の方々をお招きし、ベストプラクティスを紐解きます。 皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げております。

Ignite 22 Japan

2022/10/03 〜 2022/12/25
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • 基調講演
  • 教授
  • 社長

成田悠輔

米イェール大学助教授 半熟仮想株式会社代表

DXを超えて ~すべてがデータになる世界~

デジタル化の進んだ社会では、データに基づく意思決定・実行の循環が自動で行われるようになります。この未来を見据え、企業は「DX」の中で何に取り組み、何を排除すべきなのか。本セッションでは、経済学とデータ科学の専門家である成田 悠輔 氏を招き、データに基づいて事業を変革、創造する術を語っていただきます。
バナー

Ignite 22 Japan

2022/10/03 〜 2022/12/25
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 会長

アリイ・ヒロシ

パロアルトネットワークス株式会社 代表取締役会長兼社長

【オープニングセッション】Never. Stop. Evolving.

人々の働き方や生活様式が変わり、また世界情勢が刻々と変化する中で、私たちは今まさに不透明かつ不確実な時代に突入したと言えるでしょう。その中で、多くの組織はサイバー脅威によるリスクに晒され、サイバーセキュリティの重要性はますます大きくなる一方です。当セッションでは、パロアルトネットワークスが、そのような中でも進化を止めず、皆様に対してどのようにデジタル企業として競争力を高めていく支援を継続的に行なっていくか、ご説明いたします。

CloudNative Security Conference 2022 by CloudNative Days

2022/08/05 〜 2022/08/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

TakashiYoneuchi

株式会社Flatt Security CTO

実践 SpiceDB – クラウドネイティブ時代をサバイブできるパーミッション管理の実装を目指して

権限体系の設計や、認可処理の実装は往々にして複雑であり、とりわけ疎結合なアーキテクチャにおける複雑性はひとしおです。この課題を乗り越え、クライドネイティブ時代に耐える認可システムを実現するための手法としてOSS「SpiceDB」を詳解します。とりわけ、(1)SpiceDBスキーマ設計のベストプラクティスや、(2)Goコード生成器の実装等を通した実装上のベストプラクティス、(3)実運用により見えてきた採用時の注意点など、未だ世界的に報告例の少ない情報もシェアできればと思います。

CloudNative Security Conference 2022 by CloudNative Days

2022/08/05 〜 2022/08/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

YukiyaHayashi

Oisix ra daichi Inc. SREセクション マネージャ

AWS Security Hubの警告数”34,326”から始めたクラウドセキュリティ対策

2021年の夏に完了したメインサービスのオンプレ環境からAWSへのリフトシフト案件に一息ついたあと、私たちは次のステップとしてクラウドセキュリティの改善を進めることにしました。 AWSエンタープライズサポートの力も借りつつ、第一歩として現状の可視化を行うためにAWSの各種セキュリティサービスを有効化してAWS Security Hubに集約して可視化したところ、検出されたのはなんと 34,326 もの数。本セッションでは私たちが検出した膨大な警告をどのように対策したのか、よくありそうな事例にパターン化してお伝えしたいと考えています。

CloudNative Security Conference 2022 by CloudNative Days

2022/08/05 〜 2022/08/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

ShinichiOkamoto

Oisix ra daichi Inc. SRE & セキュリティ担当

AWS Security Hubの警告数”34,326”から始めたクラウドセキュリティ対策

2021年の夏に完了したメインサービスのオンプレ環境からAWSへのリフトシフト案件に一息ついたあと、私たちは次のステップとしてクラウドセキュリティの改善を進めることにしました。 AWSエンタープライズサポートの力も借りつつ、第一歩として現状の可視化を行うためにAWSの各種セキュリティサービスを有効化してAWS Security Hubに集約して可視化したところ、検出されたのはなんと 34,326 もの数。本セッションでは私たちが検出した膨大な警告をどのように対策したのか、よくありそうな事例にパターン化してお伝えしたいと考えています。

CloudNative Security Conference 2022 by CloudNative Days

2022/08/05 〜 2022/08/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

長谷川千広

株式会社インターネットイニシアティブ セキュリティアナリスト/リードエンジニア

Sysdig Secure/Falcoの活用術!〜Kubernetes基盤の脅威モデリングとランタイムセキュリティの強化〜

本講演では、IIJのマルチテナントなKubernetes基盤であるIKE(IIJ Kubernetes Engine)上の実運用システムやフローに対して脅威モデリングを行い、Sysdig Secure/Falcoを用いてIKEのランタイムセキュリティを強化するために実施したPoCについて紹介します。どのようにしてKubernetesを基盤とした実運用システムやフローの潜在的な脅威を見つけるのか。また、見つかった脅威についてどのような対策をしていくのか。Sysdig Secure/Falcoを活用しながら試行錯誤したプロセスを解説していきます。

CloudNative Security Conference 2022 by CloudNative Days

2022/08/05 〜 2022/08/05
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

李瀚

株式会社インターネットイニシアティブ セキュリティアナリスト/リードエンジニア

Sysdig Secure/Falcoの活用術!〜Kubernetes基盤の脅威モデリングとランタイムセキュリティの強化〜

本講演では、IIJのマルチテナントなKubernetes基盤であるIKE(IIJ Kubernetes Engine)上の実運用システムやフローに対して脅威モデリングを行い、Sysdig Secure/Falcoを用いてIKEのランタイムセキュリティを強化するために実施したPoCについて紹介します。どのようにしてKubernetesを基盤とした実運用システムやフローの潜在的な脅威を見つけるのか。また、見つかった脅威についてどのような対策をしていくのか。Sysdig Secure/Falcoを活用しながら試行錯誤したプロセスを解説していきます。

CloudNative Security Conference 2022 by CloudNative Days

2022/08/05 〜 2022/08/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

HarukaSakihara

アクセンチュア株式会社 クラウドエンジニア

セキュアなTerraformの使い方 ~ 機密情報をコードに含めず環境構築するにはどうしたらいいの?

IaCの便利さ・メリットがよく知られるようになった昨今、Terraformでクラウド環境を構築するという選択肢はとても一般的です。 しかし「構築内容をコード・文書として残す」というIaCの特性上、機密情報がコードやツールによる生成物に含まれないよう注意を払いながら開発していくことが求められます。 本セッションではそのリスクを避けるためにはどのようにコードを記述すればいいのか、そもそもどのリソースをTerraformで扱っていくべきなのか、またどのようにチームでセキュアなTerraform運用をしていけばいいのかについて論じます。

CloudNative Security Conference 2022 by CloudNative Days

2022/08/05 〜 2022/08/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

佐古伸晃

株式会社野村総合研究所 マネジメント

サイバー攻撃を想定したクラウドネイティブセキュリティガイドラインとCNAPP及びSecurity Observabilityの未来

クラウドネイティブのセキュリティはレイヤーごとに考え、規定・実行・維持する必要があります。ワークロードがガイドラインどおりに継続実行されているか確認する必要がありますが、現状は脅威まで検討された可視化とはなっていません。 本セッションでは、デファクトスタンダードなセキュリティの枠組みと脅威情報でガイドラインを作成した取り組みを紹介し、従来のCSPM/CWPPを越えたCNAPPとは何か、Security Observabilityをどうすべきかの一考察をご説明します。

CloudNative Security Conference 2022 by CloudNative Days

2022/08/05 〜 2022/08/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

吉江瞬

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 セキュリティコンサルタント

サイバー攻撃を想定したクラウドネイティブセキュリティガイドラインとCNAPP及びSecurity Observabilityの未来

クラウドネイティブのセキュリティはレイヤーごとに考え、規定・実行・維持する必要があります。ワークロードがガイドラインどおりに継続実行されているか確認する必要がありますが、現状は脅威まで検討された可視化とはなっていません。 本セッションでは、デファクトスタンダードなセキュリティの枠組みと脅威情報でガイドラインを作成した取り組みを紹介し、従来のCSPM/CWPPを越えたCNAPPとは何か、Security Observabilityをどうすべきかの一考察をご説明します。

CloudNative Security Conference 2022 by CloudNative Days

2022/08/05 〜 2022/08/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

KatsuyaYamaguchi

ヤフー株式会社 ソフトウェアエンジニア

CSI Driverを開発し自社プライベートクラウドにより適した安全なKubernetes Secrets管理を実現した話

弊社ではシークレットの管理を自社のSecrets Managerによって管理しており、ほとんどの社内プロダクトはこれと連携しています。Secrets Managerと自社Kubernetes基盤との連携は最適とはいえず、Kubernetes上のアプリケーションからシークレットを利用する際の、利便性の悪さや、シークレット取得のための認証情報の管理にリスクがあるなどの問題がありました。 従来の解決策として、External Secrets OperatorやSecrets Store CSI Driverなどがありますが、エコシステムに組み込むにあたってSecrets Store CSI Driverに強みがあり採用しました。そしてKubernetes環境により適した安全なシークレット管理を実現するため、自社のセキュリティ基盤と連携しプラットフォームレベルでシークレットの提供がサポートができるよう設計・実装を行いました。 本セッションではSecrets Store CSI Driverの仕組みや背景、全体的なアーキテクチャ、具体的にどういった取り組みを行ったか、現状での問題点などを共有することでアプリケーションに対して安全にシークレットを配布するための技術を紹介します。

CloudNative Security Conference 2022 by CloudNative Days

2022/08/05 〜 2022/08/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

TERAOKAKeisuke

クラスメソッド株式会社 ソリューションアーキテクト

eBPFで実現するコンテナランタイムセキュリティ

eBPFはLinuxカーネルが提供する機能の一つで、近年、ネットワークやObservabilityといった文脈で注目を集めています。本セッションでは、セキュリティの観点から、eBPFを利用することで実現できることについて整理した上で、コンテナランタイムセキュリティを実現する具体的なeBPFツールとしてFalco、Tracee、Tetragonを紹介します。

CloudNative Security Conference 2022 by CloudNative Days

2022/08/05 〜 2022/08/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

MasayaTahara

アクセンチュア株式会社 セキュリティエンジニア

なぜあなたのプロジェクトのDevSecOpsは形骸化するのか

昨今、DevSecOpsを導入する企業が非常に増えています。しかし「実はツールの導入をしただけで、セキュリティを改善するまで至っていない」というお声を聞くことが多いことも事実です。DevSecOpsにはツールによって使いやすい・使いにくいの差はありますが、銀の弾丸は存在しません。本当に意味のあるDevSecOpsを実現するには、現状の自組織の課題と、DevSecOpsによってどのようなセキュアな開発体験を目指すのかを、明確に意識する必要があります。このアプローチのヒントになるお話を、複数のクライアントへのDevSecOps導入経験を元にして紹介していきます。
バナー

CloudNative Security Conference 2022 by CloudNative Days

2022/08/05 〜 2022/08/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

KazukiUchima

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 アプリケーション モダナイゼーション スペシャリスト

Google Cloud で安心安全な Kubernetes 環境を作り上げる

Kubernetes クラスタやその上で動くワークロードに対する脅威は多様化しており、クラスタ コンポーネントだけではなくコンテナ アプリケーションやソフトウェア サプライチェーンも含めた多層的な防御が求められます。Google Cloud では Google Kubernetes Engine (GKE) やその周辺エコシステムにおけるセキュリティ機能が活発に開発されており、これらの機能を上手く活用することで安心安全な Kubernetes 環境を作り上げることも可能です。本セッションでは、既に GKE をご利用のユーザーや GKE はまだ使っていないけど興味はあるという方々に向けて、GKE を安全に運用するために有用なサービス/機能をご紹介します。基本的なものからあまり知られていないマイナーなものまで幅広く取り扱います。

CloudNative Security Conference 2022 by CloudNative Days

2022/08/05 〜 2022/08/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

ToshiAizawa

Snyk株式会社 シニアソリューションエンジニア

Kubernetes ワークロードのセキュアな実行と開発者向けセキュリティツール Snyk の活用

リリースの効率化やオートスケールによる安定運用を可能にする Kubernetes は、クラウドネイティブアプリケーションの運用環境として普及を続けています。一方でそのメリットの裏側には、アプリケーションの脆弱性も効率よくスケールしてしまうリスクが伴います。K8S 設定ミスや、コンテナのビルドを通じて混入する脆弱性の対策について、特に開発者用ツール Snyk によるシフトレフト実現と自動化に焦点を当てて説明します。

CloudNative Security Conference 2022 by CloudNative Days

2022/08/05 〜 2022/08/05
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • その他職名

EugeneChoe

mabl株式会社 シニア ソリューションエンジニア

セキュアにE2Eテストを実行するmablとCI/CD

mablはE2Eテストを開発ライフサイクルのあらゆるステージで実行できるようにするローコードテスト自動化プラットフォームを提供しています。セキュアな環境と豊富なインテグレーション機能でCI/CDパイプラインにE2Eテストを組み込み、より頻繁に、チーム全体でエンドユーザーの体験を向上させるmablの機能についてご紹介いたします。

CloudNative Security Conference 2022 by CloudNative Days

2022/08/05 〜 2022/08/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

KazumiHirose

日本マイクロソフト株式会社 Senior Product Marketing Manager

GitHub、Azure、Defenderで実現するDevSecOpsワークフロー

マイクロサービスアーキティクチャの採用、コンテナでの開発、運用が盛り上がる中で、セキュリティという側面も当然の事ながら考える必要があります。 このセッションでは、Azure ADを中心としたゼロトラスト環境を軸に、GitHub、Microsoft Defender、Azure Kubernetes Serviceなどを組み合わせ、セキュアなコードの維持、コンテナ環境の維持、稼働環境、開発環境の維持、アクセルコントロールを、どのように構成して、DevSecOpsを進めるのか?について、開発のワークフローに沿って、ご紹介します。

CloudNative Security Conference 2022 by CloudNative Days

2022/08/05 〜 2022/08/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

KazutoKusama

HashiCorp Japan株式会社 Senior Solutions Engineer

HashiCorp道で考える、クラウドネイティブの本質を捉えたセキュリティとは?

セキュリティって、難しいですよね。ましてやクラウドネイティブなセキュリティって一体何だろうって、悩んでしまうことも多いんじゃないかと思います。色々なセキュリティプロダクトを導入するも「本当にこれでいいんだろうか?」という不安が拭えない人もいるでしょう。それは、クラウドネイティブの本質に迫れていないからかもしれません。 そんな人たちにご紹介したいのが、HashiCorp道(The Tao of HashiCorp)です。TerraformやVaultといった人気のOSSを開発しているHashiCorpですが、プロダクトデザインの基礎として用いている考え方です。 本セッションでは、クラウド時代に合わせて誕生したHashiCorpの哲学を理解し、本質を捉えたセキュリティ対策を行えるよう解説していきます。

CloudNative Security Conference 2022 by CloudNative Days

2022/08/05 〜 2022/08/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

鈴木孝彰

F5ネットワークス合同会社 NGINXグループ シニアソリューションエンジニア

クラウドネイティブアプリケーション保護プラットフォームによる 脅威検知とコンテナWAFによるセキュリティ対策

DXを支えるアプリケーション開発と配信は、より一層クラウドネイティブインフラ上で実行されています。 クラウドネイティブ環境の複数ポイントを狙った洗練された攻撃を想定した場合、 インフラレイヤーからアプリケーションまでのセキュリティ保護が重要となります。 クラウドネイティブ環境の各レイヤーの脅威をプロアクティブに検出し、 より高度なセキュリティ対策を実現する仕組みとして、F5 が提供する Threat Stack Cloud Security PlatformとNGINX App Protectをご紹介します。

CloudNative Security Conference 2022 by CloudNative Days

2022/08/05 〜 2022/08/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

高田知典

F5ネットワークス合同会社 NGINXグループ ソリューションエンジニア

クラウドネイティブアプリケーション保護プラットフォームによる 脅威検知とコンテナWAFによるセキュリティ対策

DXを支えるアプリケーション開発と配信は、より一層クラウドネイティブインフラ上で実行されています。 クラウドネイティブ環境の複数ポイントを狙った洗練された攻撃を想定した場合、 インフラレイヤーからアプリケーションまでのセキュリティ保護が重要となります。 クラウドネイティブ環境の各レイヤーの脅威をプロアクティブに検出し、 より高度なセキュリティ対策を実現する仕組みとして、F5 が提供する Threat Stack Cloud Security PlatformとNGINX App Protectをご紹介します。

CloudNative Security Conference 2022 by CloudNative Days

2022/08/05 〜 2022/08/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

ShingoOmura

Preferred Networks, Inc. エンジニア

Kubernetes Service Account As Multi-Cloud Identity

多くのクラウドプロバイダの提供するManaged Kubernetesサービスでは、Kubernetes Service Accountから、クラウドAPIを自動的に認証する機能を提供しています。EKSであればIAM Roles for Service Account(IRSA), GKEであればWorkload Ideneity等です。これらの機能を使えば、アプリケーションはクラウドSDKを呼び出すだけで、適切な権限をもつ、自動的に払い出された一時的なクレデンシャルを使って、シームレスかつ安全にクラウドAPIにアクセスすることが可能です。 しかし、これがオンプレミスで稼働しているようなUnmanagedなKubernetesであればどうでしょうか。永続的なAPI キーをクラウドプロバイダで発行し、それらを各アプリケーションPodにマウントすることでクラウドAPIの認証を実現していることが多いのではないでしょうか。永続的なAPIキーはそれ自体がセキュリティリスクとなりますし、リスク低減のためにはローテーションの運用負荷も存在します。アプリケーションが利用するAPIキーが複数存在したり、複数のクラウドプロバイダとやり取りする環境だと、これらのリスク・運用負荷はより大きくなります。 本セッションでは、KubernetesのServiceAccountIssuerDiscoveryの機能と、各種クラウドプロバイダが提供しているIdentity Federationの機能を活用して、永続的なAPI Keyを利用せず、KubernetesのService Accountを複数クラウド共通のIdentityとして利用可能にする方法について共有します。これによって、クラウドプロバイダ側でKubernetes Service Accountへの権限を付与するだけで、シームレスかつ安全に、複数クラウドAPIにアクセスできる環境を実現できます。

CloudNative Security Conference 2022 by CloudNative Days

2022/08/05 〜 2022/08/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

TeppeiFukuda

Aqua Security Software Ltd. Open Source Engineer

Simplify Cloud Native Security with Trivy

クラウド環境への移行に伴い必要なセキュリティ対策も大きく変化しました。しかしこれらの対策には多くのツールを組み合わせて使う必要があり、導入・学習コストが高くなっています。そこで本発表では、OSSであるTrivyを用いて特に攻撃へと繋がりやすい依存ライブラリの脆弱性や脆弱なインフラ設定、誤ってコミットされたパスワード等の検知を一括で行う方法について説明します。また、実際にCloudFormationやHelmチャートをスキャンすることでデプロイ前に危険な設定を検知するデモを行います。

CloudNative Security Conference 2022 by CloudNative Days

2022/08/05 〜 2022/08/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

TakayaIde

Hitachi, Ltd. Researcher

Istioを活用したセキュアなマイクロサービスの実現: アプリ透過型のユーザ及びサービス間の認証認可

マイクロサービス型システムのセキュリティを高める上で、サービスやそれを構成するインスタンスの粒度での細かな認証認可は重要です。しかし、それには実装や管理に多くの手間がかかります。そこで、本講演ではOSSのサービスメッシュ実装であるIstioを用いて、アプリから透過的に認証認可を行う方法を紹介します。具体的にはmTLSを用いたサービス間認証、外部認証基盤を用いたユーザ認証、IstioとOpen Policy Agent(OPA)との連携方法、Keycloak連携によるWeb GUIのユーザ認証等を解説します。

CloudNative Security Conference 2022 by CloudNative Days

2022/08/05 〜 2022/08/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

MasahiroFujimura

OWASP Security Engineer (Volunteer)

SBOMを利用したソフトウェアサプライチェーンの保護

近年、サプライチェーンセキュリティが大きな話題となっており、著名なnpm, rust, pythonパッケージに対する攻撃も観測されています。これらの対策には自社で開発したソフトウェアだけではなく、依存するOSSを含めた可視化と脆弱性検知が必要になります。 本講演では、プロダクトを安全に開発/運用するための方法として、SBOMと呼ばれるソフトウェアの可視化方法についてご紹介します。SBOMとは何か、どのような課題を解決するのかを紹介した上で、SBOMを生成し脆弱性検知する方法をデモを交えて説明します。

Cybereason Security Leaders Conference 2022 春 トップランナーと考えるこれからのサイバーセキュリティ

2022/05/25 〜 2022/05/27
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • 理事

田井昭

NPO法人CIOLounge 理事

経営課題としてのサイバーセキュリティ

事業停止など甚大な影響を及ぼすランサムウェア攻撃、生き残りをかけたDX(デジタル・トランスフォーメーション)の推進などに伴うサイバーセキュリティへの対応など、企業・組織におけるサイバーセキュリティへの取り組みは、もはやIT/セキュリティ担当者だけの課題ではなく、企業・組織の事業の継続性を担保する上で組織全体で取り組むべき最重要の課題となりました。 このような課題を解決するヒントを見つけるため、本セッションでは、大手企業において、数々のIT/セキュリティ施策にリーダーとして携わった経験を持つ方々に登壇いただき、「経営課題としてのサイバーセキュリティ」についてディスカッションし、日本企業は今後どういったサイバーセキュリティのアプローチをしていくべきなのかを考察します。
バナー

Cybereason Security Leaders Conference 2022 春 トップランナーと考えるこれからのサイバーセキュリティ

2022/05/25 〜 2022/05/27
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • その他職名

満塩尚史

デジタル庁 戦略・組織グループ セキュリティ危機管理チーム セキュリティアーキテクト 公認情報システム監査人(CISA)、理学博士

デジタル庁におけるサイバーセキュリティの取組 〜クラウド・バイ・デフォルト推進のためセキュリティ評価制度とゼロトラストアーキテクチャへの取組〜

デジタル庁が令和3年9月にスタートした。本講演では、サイバーセキュリティ戦略、デジタル社会の実現に向けた重点計画、情報システムの整備及び管理の基本的な方針に記載されているデジタル庁のサイバーセキュリティの取組を紹介する。また、その中でも、クラウド・バイ・デフォルトの推進のためにつくられた「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP)」とゼロトラストアーキテクチャへの取組について、具体的に紹介する。

Cybereason Security Leaders Conference 2022 春 トップランナーと考えるこれからのサイバーセキュリティ

2022/05/25 〜 2022/05/27
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

中村玲於奈

サイバーリーズン・ジャパン株式会社 セキュリティアドバイザー

サイバー分野における経済安全保障の取り組み

昨今、経済安全保障という言葉が注目度を増しています。我が国においても経済安全保障担当大臣の新設、経済安全保障推進法の検討といった直接的な取り組みが進んでおり、その基本的な考え方として、戦略的自律性の維持・強化と戦略的不可欠性の獲得が謳われています。 将来的な戦略的自律性、不可欠性の確保のためにも技術流出の防止は必須であり、現代は、"リアル空間"の対策だけでは、技術窃取活動を防ぎきれない点に加え、その対策が強化されるほど、抜け穴を作らないための"サイバー空間"の保護が重要になると考えられます。 また、ロシアのウクライナ侵攻によって安全保障環境は劇的に変化し、サイバー空間での自律性、つまり社会インフラとしてのIT環境の信頼性の重要度も再認識されたことと思います。本セッションでは、企業統治の枠を超え、将来の安全保障リスクにおいても、我々各自のミッションと看做すべきサイバー分野における経済安全保障ついてお話します。

Cybereason Security Leaders Conference 2022 春 トップランナーと考えるこれからのサイバーセキュリティ

2022/05/25 〜 2022/05/27
  • 国内講演者
  • 他所属
  • 理事

矢島孝應

NPO法人 CIO Lounge 理事長(元ヤンマー株式会社 取締役 CIO)

DX時代に打ち勝つ為の経営とITの連携

コロナ禍の今、日本全体がようやくIT化やデジタル化を加速し始めている。  しかし、「経営とIT」さらには「企業とベンダー」がお互いに相互に連携し改革に向け本当に進められているだろうか。さらに企業において攻めと守りのDXを両立し、日本の企業が真にデジタル化を進めるために何が課題であり、どのように進めていけば日本の産業の未来があるのか。急速に広がるデジタル化に経営視点で考えなければならないポイントを伝える。

Cybereason Security Leaders Conference 2022 春 トップランナーと考えるこれからのサイバーセキュリティ

2022/05/25 〜 2022/05/27
  • 国内講演者
  • 他所属
  • 理事

金森喜久男

一般社団法人 情報セキュリティ関西研究所 (日本政府認証 技術情報漏えい防止措置認証機関) 代表理事

頻発するサイバーインシデント 〜経営者に理解させたい情報セキュリティの進め方〜

サイバーセキュリティ事故・事件ニュースが流れる中、経営者は企業規模の大きさに関わらず「情報セキュリティ事故・事件を起こさない企業体質構築」に目覚めだした。 この機会に実行することは、サイバーセキュリティ対策の為に「対策機器・ソフトを配備」すればよいというものではなく「真の情報セキュリティ対策は企業体質の転換を図る」事だという事です。必ず起こるインシデントに対し、いかに早く察知し対策を実行し未然に防ぐ、そして発生してしまった時の対応準備し被害を最小限にすることが肝要です。 その為に企業が持つ情報資産整理から始め、人的・電子的・物理的・技術的に対策を打つという情報セキュリティの基本を多くの企業と実際に取り組んで得た知見を解説する講座です。

Cybereason Security Leaders Conference 2022 春 トップランナーと考えるこれからのサイバーセキュリティ

2022/05/25 〜 2022/05/27
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • 理事

矢島孝應

NPO法人 CIO Lounge 理事長(元ヤンマー株式会社 取締役 CIO)

経営課題としてのサイバーセキュリティ

事業停止など甚大な影響を及ぼすランサムウェア攻撃、生き残りをかけたDX(デジタル・トランスフォーメーション)の推進などに伴うサイバーセキュリティへの対応など、企業・組織におけるサイバーセキュリティへの取り組みは、もはやIT/セキュリティ担当者だけの課題ではなく、企業・組織の事業の継続性を担保する上で組織全体で取り組むべき最重要の課題となりました。 このような課題を解決するヒントを見つけるため、本セッションでは、大手企業において、数々のIT/セキュリティ施策にリーダーとして携わった経験を持つ方々に登壇いただき、「経営課題としてのサイバーセキュリティ」についてディスカッションし、日本企業は今後どういったサイバーセキュリティのアプローチをしていくべきなのかを考察します。

Cybereason Security Leaders Conference 2022 春 トップランナーと考えるこれからのサイバーセキュリティ

2022/05/25 〜 2022/05/27
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • 理事

金森喜久男

一般社団法人 情報セキュリティ関西研究所 代表理事

経営課題としてのサイバーセキュリティ

事業停止など甚大な影響を及ぼすランサムウェア攻撃、生き残りをかけたDX(デジタル・トランスフォーメーション)の推進などに伴うサイバーセキュリティへの対応など、企業・組織におけるサイバーセキュリティへの取り組みは、もはやIT/セキュリティ担当者だけの課題ではなく、企業・組織の事業の継続性を担保する上で組織全体で取り組むべき最重要の課題となりました。 このような課題を解決するヒントを見つけるため、本セッションでは、大手企業において、数々のIT/セキュリティ施策にリーダーとして携わった経験を持つ方々に登壇いただき、「経営課題としてのサイバーセキュリティ」についてディスカッションし、日本企業は今後どういったサイバーセキュリティのアプローチをしていくべきなのかを考察します。

Cybereason Security Leaders Conference 2022 春 トップランナーと考えるこれからのサイバーセキュリティ

2022/05/25 〜 2022/05/27
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

本城信輔

サイバーリーズン・ジャパン株式会社 CISO

私たちが警戒すべきサイバー脅威と対策 〜ランサムウェア、Emotet、サプライチェーン攻撃など、実際の攻撃事例とその対策について〜

緊迫する世界情勢とともに日本においても増加するサイバー攻撃。DXの推進に伴い、サイバー攻撃の脅威に晒されている端末が増えたことで、その被害は甚大化している傾向にあります。攻撃者は常に侵入経路や攻撃手段を模索しており、どの規模、どの業界の企業も標的となる可能性があり、国内においても自動車部品メーカーがサイバー攻撃被害に遭い、関連企業にも影響が出るなど、Emotetやランサムウェアなどの被害が多発しています。 それらの脅威に対抗するためには、攻撃の傾向を知り、その攻撃に合わせた対策を行なっていくことが重要です。本セッションでは、最新のサイバー攻撃に対するリサーチ、国内外で検出されたサイバー攻撃に対する分析を基にした最近のサイバー攻撃の傾向、実際の攻撃事例とその対策について解説します。

Cybereason Security Leaders Conference 2022 春 トップランナーと考えるこれからのサイバーセキュリティ

2022/05/25 〜 2022/05/27
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 理事

名和利男

株式会社サイバーディフェンス研究所 専務理事/上級分析官

ウクライナ情勢と連動した「多種多様なサイバー攻撃」から日本企業が得るべき教訓

ウクライナへのロシア侵攻前後に、データ破壊マルウェア、サイト改ざん、DDoS攻撃、SNSやSMS(ショートメッセージサービス)を利用した影響工作、衛星デバイスへの信号妨害や機能破壊など、非常に多くのサイバー攻撃や情報戦が観測されました。いずれも、ここ数年間、ロシアが仕掛けたサイバー攻撃や情報戦のTTP(戦術、技術、手順)から大きく外れるものではありませんが、幾つかの「進展」が見られます。この「進展」を見逃してしまうと、既存のセキュリティ対策の有効性が低下する可能性があります。本講演では、このような観察から得られた教訓を、近い将来における「日本周辺の有事」に備えた対策として考えたいと思います。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • その他職名

河原淳平

警察庁サイバーセキュリティ・情報化審議官

みんなのために、みんなで作るセキュア社会 政府・企業・個人それぞれの役割と責任

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 海外講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 管理職

アレクサンダー・クリムバーグ(AlexanderKlimburg)

ハーグ戦略研究センター サイバー政策・レジリエンスプログラムディレクター 米戦略国際問題研究所(CSIS)シニアアソシエイト

みんなのために、みんなで作るセキュア社会 政府・企業・個人それぞれの役割と責任

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • その他職名

若宮正子

プログラマー/アプリ開発者

みんなのために、みんなで作るセキュア社会 政府・企業・個人それぞれの役割と責任

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

中谷昇

Zホールディングス常務執行役員、Group Chief Trust & Safety Officer 初代インターポールIGCI 総局長

みんなのために、みんなで作るセキュア社会 政府・企業・個人それぞれの役割と責任

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。
バナー

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

神薗雅紀

デロイト トーマツ サイバー 執行役員 CTO 兼 サイバーセキュリティ先端研究所 所長

先端技術のデジタル変革とサイバー脅威 宇宙、量子、6G・・・

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

北原秀文

ソフトバンク株式会社 テクノロジーユニット サービス企画技術本部 本部長

先端技術のデジタル変革とサイバー脅威 宇宙、量子、6G・・・

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

村井純

慶応大学教授

先端技術のデジタル変革とサイバー脅威 宇宙、量子、6G・・・

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

村井純

慶応大学教授

みんなのために、みんなで作るセキュア社会 政府・企業・個人それぞれの役割と責任

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

浅利浩一

アイ・ティ・アール プリンシパル・アナリスト

SailPoint x ITR、企業のアイデンティティ管理取り組み状況最新調査を徹底解説

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • 管理職

イアン・レヴィ(IanLevy)

英国家サイバーセキュリティセンター テクニカルディレクター

Special Speech

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

巻口英司

総務省 サイバーセキュリティ統括官

先端技術のデジタル変革とサイバー脅威 宇宙、量子、6G・・・

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • ディスカッション
  • 役員

佐田豊

東芝 執行役員 研究開発センター 所長

先端技術のデジタル変革とサイバー脅威 宇宙、量子、6G・・・

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

漢那憲昭

東京エレクトロンデバイス CNビジネス開発室/室長

不足するセキュリティ人材で複雑化するITシステムをどう守る? ~XDRという新しいアプローチ~

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

古川勝也

クラウドストライク セキュリティアドバイザー・マーケティングディレクター

Adversary universe: サイバー攻撃者の世界

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

藤本寛

SailPointテクノロジーズジャパン 社長兼本社バイスプレジデント

SailPoint x ITR、企業のアイデンティティ管理取り組み状況最新調査を徹底解説

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

井上高範

BlackBerry Japan SPARK事業本部 セールスエンジニア本部 ディレクター

あなたのセキュリティ対策で最新ランサムウェア攻撃を防げない理由~AIを使った予想防御とは

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。
バナー

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

芳澤邦彦

デル・テクノロジーズ DPS事業本部 本部長

グローバル1,000以上の企業・組織が投資している最新のレジリエンス対策~その背景と現状

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • ディスカッション
  • その他職名

山内智生

総務省 大臣官房審議官(国際技術・サイバーセキュリティ担当)

東京オリンピック/パラリンピックの成果と教訓

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 海外講演者
  • 国・地方公共団体
  • 政治家

オードリー・タン(AudreyTang)

台湾ソーシャル・イノベーション担当デジタル大臣

Special Speech

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • 政治家

岸信夫

防衛大臣

Special Speech

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • 政治家

牧島かれん

デジタル大臣

Special Speech

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

高山勇喜

ServiceNow Japan 執行役員 ソリューションセールス統括本部 統括本部長

テレワーク時代に必須の、セキュリティ運用業務とリスク管理業務の「サポート自動化」とは?

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 海外講演者
  • 国・地方公共団体
  • ディスカッション
  • 社長

リチャード・フォンテーヌ(RichardFontaine)

新アメリカ安全保障センター(CNAS) 最高経営責任者

新たな国際秩序の形成 利害を越えて

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

デビッド・コー(DavidKoh)

シンガポール・サイバーセキュリティー・コミッショナー シンガポール・サイバーセキュリティー庁長官

新たな国際秩序の形成 利害を越えて

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • ディスカッション
  • その他職名

有馬裕

外務省総合外交政策局参事官兼サイバー政策担当大使

新たな国際秩序の形成 利害を越えて

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • ディスカッション
  • 役員

坂明

デジタル庁 CISO

東京オリンピック/パラリンピックの成果と教訓

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

横浜信一

NTT 執行役員 CISO

東京オリンピック/パラリンピックの成果と教訓

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • ディスカッション
  • 管理職

結城則尚

内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンター 重要インフラグループ 内閣参事官

インフラ防衛の担い手

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。
バナー

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • 役員
  • 理事

鎌田敬介

一般社団法人金融ISAC 専務理事/CTO

インフラ防衛の担い手

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

ダニエル・ルイス(DanielLewis)

techUK(英国テクノロジー産業団体)スマートシティ&コミュニティ委員会メンバー サイバー・ウェールズOTサイバークラスター共同主催者

インフラ防衛の担い手

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

三角育生

国立情報学研究所客員教授 東海大学情報通信学部客員教授

インフラ防衛の担い手

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 専門職
  • 理事

梶浦敏範

日本サイバーセキュリティ・イノベーション委員会 代表理事 日立製作所上席研究員 (ICT政策) 日本経済団体連合会サイバーセキュリティ委員会サイバーセキュリティ強化ワーキンググループ主査

サプライチェーンを守る思想と実践

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • 役員

デイブ・パーマー(DavePalmer)

ダークトレース 最高製品責任者

サプライチェーン攻撃によるサイバー破壊を最小化する「自己学習型AI」の真髄

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

登坂恒夫

フォーティネットジャパン マーケティング本部 フィールドCISO – エンタープライズ

DXを支援するセキュリティ戦略 ~サイロから統合へ、信頼の再構築~

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • ディスカッション
  • その他職名

江口純一

経済産業省サイバーセキュリティ・情報化審議官 内閣官房サイバーセキュリティセンター内閣審議官

サプライチェーンを守る思想と実践

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

高橋宏之

デロイト トーマツ グループ マネージングディレクター

サプライチェーンを守る思想と実践

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 会長

土佐泰夫

産業横断サイバーセキュリティ検討会 会長 住友化学株式会社 ITスペシャルアドバイザー

サプライチェーンを守る思想と実践

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

阿部慎司

NTTセキュリティ・ジャパン オペレーションサービス部長

ディジタル大変革をサポートする技術・組織両論のサイバーセキュリティ

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

九嶋俊一

日本HP 専務執行役員 パーソナルシステムズ事業統括

HP Wolf Security~エンドポイントセキュリティの新アプローチ~

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

イアン・プラット(IanPratt)

HP Global Head of Security

HP Wolf Security~エンドポイントセキュリティの新アプローチ~

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。
バナー

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

廣川裕司

セキュアワークス 代表取締役社長

世界で拡大するRaaS・ランサムウェア – 年間1,300件のインシデント対応実績から得られたセキュリティ対策最前線

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

乙部幸一朗

ディープインスティンクト 米国Deep Instinct バイスプレジデント アジア太平洋地区セールスエンジニアリング担当

DX時代に必要なセキュリティの考え方とは? – 企業が直面するサイバー脅威の現状と課題

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員
  • 理事

清水智

トレンドマイクロ 執行役員 日本地域CISO サイバー犯罪捜査・調査ナレッジフォーラム 代表理事 日本サイバー犯罪対策センター(JC3) 理事

グローバルサプライチェーンを脅かすソフトウェア由来のセキュリティ・リスクへの対処法とは

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

グローバルサプライチェーンを脅かすソフトウェア由来のセキュリティ・リスクへの対処法とは

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

与沢和紀

NTTセキュリティ 代表取締役社長

ディジタル大変革をサポートする技術・組織両論のサイバーセキュリティ

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • 政治家

金子恭之

総務大臣

Special Speech

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • 政治家

萩生田光一

経済産業大臣

Special Speech

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

土屋大洋

慶応大学教授

世界覆うサイバー攻撃 急増する社会経済基盤への脅威にどう対抗するか

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

伊藤益光

デロイト トーマツ サイバー 執行役員 パートナー

サイバーにおける政府の広範な役割 ~政府がサイバーエコシステムの安全性確保に向けてどのように調整しているか?~

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • 政治家

小田原潔

外務副大臣

Special Speech

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Cyber Initiative Tokyo 2021

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 会長

マイケル・チャートフ(MichaelChertoff)

元米国土安全保障長官 チャートフ・グループ共同創設者・会長

世界覆うサイバー攻撃 急増する社会経済基盤への脅威にどう対抗するか

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Sky Technology Fair Virtual 2021

2021/07/12 〜 2021/09/10
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

中川一史

放送大学 教授

GIGAスクール構想による子どもの学び

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。
バナー

Sky Technology Fair Virtual 2021

2021/07/12 〜 2021/09/10
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

村井万寿夫

北陸学院大学 教授

GIGAスクール 1人1台端末の日常的な活用と今後の課題

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Sky Technology Fair Virtual 2021

2021/07/12 〜 2021/09/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 専門職

平井聡一郎

株式会社 情報通信総合研究所 特別研究員 群馬県南牧村 教育CIO

GIGAスクール 1人1台端末の日常的な活用と今後の課題

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Sky Technology Fair Virtual 2021

2021/07/12 〜 2021/09/10
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

小林祐紀

茨城大学 准教授

GIGAスクール 1人1台端末の日常的な活用と今後の課題

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Sky Technology Fair Virtual 2021

2021/07/12 〜 2021/09/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

金井孝三

Sky株式会社 ICTソリューション事業部

GIGAスクール 1人1台端末の日常的な活用と今後の課題

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Sky Technology Fair Virtual 2021

2021/07/12 〜 2021/09/10
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • その他職名
  • 教授

清水和夫

国際自動車ジャーナリスト 神奈川工科大学 特別客員教授 SIP-adus 構成委員

実現せよ!完全自動運転 ~なぜできない?完全自動運転のシステム課題 必要な技術の全体像~

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Sky Technology Fair Virtual 2021

2021/07/12 〜 2021/09/10
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

藤吉弘亘

中部大学 工学部 教授

実現せよ!完全自動運転 ~なぜできない?完全自動運転のシステム課題 必要な技術の全体像~

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Sky Technology Fair Virtual 2021

2021/07/12 〜 2021/09/10
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

菅沼直樹

金沢大学 高度モビリティ研究所 教授

実現せよ!完全自動運転 ~なぜできない?完全自動運転のシステム課題 必要な技術の全体像~

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Sky Technology Fair Virtual 2021

2021/07/12 〜 2021/09/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

伊神正峰

Sky株式会社 クライアント・システム開発事業部

実現せよ!完全自動運転 ~なぜできない?完全自動運転のシステム課題 必要な技術の全体像~

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Sky Technology Fair Virtual 2021

2021/07/12 〜 2021/09/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

神山竜二

株式会社セキュアソフト 副社長

セキュリティ、本当のところ ~なぜ「EDR」なのか~

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Sky Technology Fair Virtual 2021

2021/07/12 〜 2021/09/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

金井孝三

Sky株式会社 ICTソリューション事業部

セキュリティ、本当のところ ~なぜ「EDR」なのか~

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Sky Technology Fair Virtual 2021

2021/07/12 〜 2021/09/10
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • 教授

菅沼直樹

金沢大学 高度モビリティ研究所 教授

自動運転技術の確立に向けて ~自動運転に必要な技術と金沢大学の取り組みについて~

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Sky Technology Fair Virtual 2021

2021/07/12 〜 2021/09/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

鵜飼裕司

株式会社FFRIセキュリティ 代表取締役社長

セキュリティ、本当のところ ~なぜ「EDR」なのか~

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。