矢嶋正明

株式会社ビームス 執行役員 DX推進室 室長

1998年、ビームス柏のアルバイトを経て、入社。店舗販売から内勤カスタマー業務の後、2005年にEC部門を立ち上げ、責任者に就任。EC事業の拡大に取り組むと共に、店舗とのサービス連携を推進。2016年、自社ECサイトとビームス公式サイトを統合し、ECと店舗のオム二チャネルサービスを構築。2020年、執行役員就任。2021年より現職、全社のDXを推進中。

「オンライン」と「オフライン」が融合したお買い物の新定義(OMO Conference)

2021/11/09 〜 2021/11/09
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

矢嶋正明

株式会社ビームス 執行役員 DX推進室 室長

オンラインとオフラインの融合ではじまる未来の買い物DX、かわる価値提案、感動体験の新定義

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

NEXT STAGE of EC 国内屈指のトップマーケターたちが見据える、ECの未来

2021/05/25 〜 2021/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

矢嶋正明

株式会社ビームス 執行役員 コミュニティデザイン部 部長

ECもStaffの魅力で売る時代。BEAMSが取り組む、Fashion×Digitalのいま。

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

ダイレクトアジェンダ 2021

2021/07/01 〜 2021/07/02
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

矢嶋正明

株式会社ビームス 執行役員 コミュニティデザイン部 部長

売りにつながる動画の作り方と伸ばし方

コロナ禍、外出自粛により在宅時間が増え、動画に対する需要が高まったことは明らかです。 また、多くの人がスマートフォン上で、多様な動画を楽しんでいます。 トラディショナルなテレビ、伸び続けているYouTubeやSNS、Netflixはじめ動画配信サービスなど、いまや動画に触れない日はないでしょう。 その中で、「人が動き・商品が売れる」動画とは、どのような動画でしょうか。 今回は、BtoBかつスタートアップでありながら、テレビCMに舵を切り、売上を約25倍へと飛躍させた立役者、ラクスルCMO 田部氏と、公式サイトに動画コンテンツを追加し「オウンドメディア化」を進める、ビームス 執行役員 矢嶋氏が、「売りに繋がる『動画の作り方と伸ばし方』について語ります。

NEXT ACTION of Marketers. 脳科学者 茂木健一郎 × リテールトップマーケタートークライブ

2021/08/10 〜 2021/08/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

矢嶋正明

執行役員 コミュニティデザイン部 部長 @株式会社ビームス

awoo Japan presents 「NEXT ACTION of Marketers. 脳科学者・茂木健一郎と考える"顧客理解の本質"」

記念すべき第一回のテーマは「衝動買いの正体に迫る」です。お店で買い物すると、よく「ついつい可愛くて買ってしまった」とか「急に欲しくなって手が出てしまった」という衝動買いの体験(セレンディピティ)ってありませんか?このとき、消費者の頭の中では何が起きているのでしょうか? このように、人は何かを買う時、あるいは決断するとき、意外と非合理的な判断をする時がありますが、それは、店舗側の仕掛け(マーケティング)によるものなのか、はたまた人間の脳のドーパミン(脳科学)のせいなのか。衝動買いが起こる原理について、脳科学者である茂木健一郎氏と、リテールトップマーケター4名がディスカッションを行い、「衝動買いの正体」について迫るウェビナー番組です。

EC JAPAN SUMMIT 2021 間違いだらけのD2C

2021/09/28 〜 2021/09/29
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

矢嶋正明

株式会社ビームス 執行役員 DX推進室 室長

D2Cと顧客時間

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

アプリの学校 〜マーケターのためのアプリの教科書出版記念セミナー〜

2021/09/07 〜 2021/09/28
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

矢嶋正明

株式会社ビームス 執行役員 DX推進室 室長

アパレルブランドにおけるアプリの役割とは?

アパレルブランドにとってアプリは、ブランドとお客様を繋げる重要な接点となっています。アプリをDLしブランドを"所持"してくださるお客様がいかに大切かは説明するまでもありません。それでは、所持されるブランドアプリに必要なこととは何でしょう?企業にとって、お客様にとって、双方に必要となるアプリの枠割りについてお話を伺います。