矢野和男

株式会社日立製作所 フェロー 兼 未来投資本部 ハピネスプロジェクトリーダー 理事/博士(工学) IEEE Fellow 東京工業大学 情報理工学院 特定教授

1984年 早稲田大学物理修士卒。日立製作所入社。1993年単一電子メモリの室温動作世界で初めて成功し、ナノデバイスの室温動作に道を拓く。さらに2004年から先行してビッグデータ収集・活用で世界を牽引。ハピネスの定量化や多目的人工知能の開発で先導的な役割を果たす。論文被引用件数は2500件、特許出願350件を越える。企業経営、心理学、人工知能からナノテクまでの専門性の広さと深さで知られる。2014年7月に上梓した著書『データの見えざる手』が、Book Vinegar社の2014年ビジネス書ベスト10に選ばれる。

Sansan Innovation Project 2020

2020/03/12 〜 2020/03/13
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 教授
  • 理事

矢野和男

株式会社日立製作所 フェロー 兼 未来投資本部 ハピネスプロジェクトリーダー 理事/博士(工学) IEEE Fellow 東京工業大学 情報理工学院 特定教授

AI時代を勝ち抜く ビジネスモデル 「AI」×「行動経済学」

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。