Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

長澤宣和

Moxa Japan(同) IIoT 事業開発マネージャ

産業ネットワーク専業メーカー Moxaが伝える IT部門/ IT 企業が取り組むべき OT ネットワーク/セキュリティ

IoT/DX が具体的になるにつれて、検討が必要になってきている具体的な IT/OT の統合。 今、OT ネットワーク/セキュリティを考えなければいけない時期が来ています。 「IT ネットワークと何が違うのか?どのようなことを考える必要があるのか?」 産業ネットワークにおけるグローバルリーディングカンパニーがお伝えします。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

高木健樹

NEC デジタルサービスソリューション事業部 事業部長代理

データ活用で変わる!「つなぐ」が実現する、 人・くらし・まちの価値創造

あらゆるものがつながることでイノベーションを起こしていく。それは、ネットワークに加えて、データをつなぎ、活用することが欠かせません。NECは時代に先駆けて、データの力で、世の中を豊かにする取り組みを続けています。それらの事例から見えてきた、社会課題解決の実際や人々のくらしの変化とは?をご紹介します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

サイズモア春美

Bitglass Marketing

サイバーセキュリティのNew Normal、SASE

エッジコンピューティングやクラウドサービス、そして最近ではCOVID-19により、近年の労働力や働き方など、かつてないほど多様化しています。複数のパブリッククラウド、コンテナー、SaaSアプリケーション、データセンターなど、高度に分散されたリソースに接続するなどは日常的に行われている今、従来の集中型エンタープライズITアーキテクチャのセキュリティは時代遅れになります。このセッションでは、Bitglassのセキュアアクセスサービスエッジ(SASE)が2021年のエンタープライズサイバー戦略の基盤である理由を概説します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

佐崎健太郎

エンカレッジ・テクノロジ(株) マーケティング部

DX時代における特権ID管理のあるべき姿とは?

DX時代に突入し企業を取り巻くシステム環境は大きく変化しており、それに応じてシステムセキュリティの考え方を変える必要があります。特権IDは一般IDとは異なり、特別な権限を有するために誤用・悪用によりシステムダウン、そして事業の停止を招きかねません。 従前より特権ID管理は法規制やガイドラインへの対応、内部不正対策として重要でしたが、昨今はゼロトラストに基づくサイバー攻撃対策としても重要性が増しており、企業はリスクに応じた適切な対策をしなければなりません。 システム環境がどのように変化し、なぜ特権ID管理が重要なのかを解説するとともに、弊社の次世代型特権ID管理ソリューションの貢献ポイントを解説いたします。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

上田直由

(株)東陽テクニカ 情報通信システムソリューション部 担当課長

コロナ禍でのVDI利用拡大でパフォーマンス悪化!? 仮想環境が遅い原因の切り分けを強力に支援する監視ツール【Uila:ウィラ】のご紹介

コロナ禍の環境で組織内のVDI利用が急増することも多い昨今。遅い、つながらないといった問題の原因切り分けに苦しんでいませんか? VMwareなどオンプレミスの仮想環境と、AWS、Azure、GCPなども含めたハイブリッド環境を一括で監視し、アプリケーションレスポンスタイム、 CPUやメモリのリソース、ネットワークのトラブル、サーバやストレージの応答遅延などを大量に記録、わかりやすく可視化することで 問題の切り分けを強力に支援するツール【Uila:ウィラ】をご紹介します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

尾方一成

シスコシステムズ(同) サウザンドアイズ事業 カントリーマネージャー

【障害発生 やはり、必要だったサウザンドアイズの可視化】 〜クラウドとリモート環境の監視が急務になった今、まず始めるべきことは

「クラウドだから、リモートだから、仕方ない」 そんな言い訳は通じない COVID-19 時代を闘うために。 アプリ、サーバ、ネットワークなど担当毎の個別監視による縦割運用に加え、 技術の多様化と外部リソースへの依存により、運用者への負荷は高まるばかり。 本セミナーでは、自社が保有しないインフラも含め、組織の垣根を超え、ユーザークレーム前の 検知・解析・復旧を目指し、損害を最小限に抑える世界随一の手法をご紹介します。 (内容) ・サウザンドアイズとは? ・選ばれる理由 ・クラウドサービスの可視化 ・ユーザー目線の監視 ・ライブデモ ・O365の監視 ・WebExの監視 ・リモート環境の監視 ・SD-WANの監視

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

小林司

PSI テクニカルセールス

検知より防御の姿勢 サイバー戦線を勝ち抜く

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

小林晋崇

Checkpoint セキュリティ・エキスパート

検知より防御の姿勢 サイバー戦線を勝ち抜く

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

友松桂吾

SB C&S(株) ICT事業本部 ICT事業戦略・技術本部 技術統括部 第1技術部 1課

DX を支える IT インフラの運用管理を統合・自動化するNutanix ソリューション

インフラの物理構成をシンプルにするハイパー・コンバージド・インフラストラクチャー(HCI)のパイオニアとして、Nutanixはこれまで市場をリードしてきました。現在、NutanixからはHCI製品のみにとどまらず、インフラの運用管理を統合する機能やプロダクト、また今後の発展や利活用が期待される運用の自動化機能なども提供されています。 本セッションでは、運用管理の統合や自動化をキーワードにして、Nutanixが提供するHCIの仕組みや独自のハイパーバイザー、データ保護やDRの管理の統合、X-Playという運用の自動化機能を解説します。また、当社SB C&Sの事業やNutanix製品に対する取り組みについても併せてご紹介いたします。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

高橋智春

SB C&S(株) ICT事業本部 システム基盤推進本部 プラットフォーム推進統括部 マーケティング部 1課

DX を支える IT インフラの運用管理を統合・自動化するNutanix ソリューション

インフラの物理構成をシンプルにするハイパー・コンバージド・インフラストラクチャー(HCI)のパイオニアとして、Nutanixはこれまで市場をリードしてきました。現在、NutanixからはHCI製品のみにとどまらず、インフラの運用管理を統合する機能やプロダクト、また今後の発展や利活用が期待される運用の自動化機能なども提供されています。 本セッションでは、運用管理の統合や自動化をキーワードにして、Nutanixが提供するHCIの仕組みや独自のハイパーバイザー、データ保護やDRの管理の統合、X-Playという運用の自動化機能を解説します。また、当社SB C&Sの事業やNutanix製品に対する取り組みについても併せてご紹介いたします。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 役員

濱田義之

シスコシステムズ(同) 専務執行役員 情報通信産業事業統括

シスコによる5G活用への提言と取り組み

5Gサービスの本格的な展開に伴い、サービス網を擁するサービスプロバイダーや、AIやIoTを活用しデジタルイノベーションを実現しようとする産業界の企業では、より柔軟かつ強固で、効率的なネットワークの早急な構築が求められています。本セッションでは、ゼロトラストによる漏れのないセキュアなネットワークの実現やソフトウェアによるエンドツーエンドの運用・管理など、サービスプロバイダーの5Gネットワークに求められるアーキテクチャ変革についてユースケースを交えて解説します。企業が5Gを導入する際のサービスやテクノロジの選択についても昨年11月に開設したシスコの5Gショーケースを用いながら提言します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 管理職

林超逸

ヴイエムウェア(株) マーケティング本部 ソリューションプロダクト マーケティングマネージャー

クラウド時代に最適なゼロトラスト ネットワークを実現するVMware SASEとは

様々な企業でテレワークの導入が進み、クラウドを活用することが増えた今、いつでも、どこからでも、アプリケーションやサービスにアクセスできるようになった一方で、情報の管理やセキュリティ面での課題も顕在化しています。 クラウドでは多様なネットワークやセキュリティのサービスが提供されているものの、包括的な機能の提供はされていないのが実情です。 これらに対する解決策として、VMwareが提供を予定している SASEプラットフォームについて、戦略やアーキテクチャ、そして、いかにネットワークやセキュリティの管理負荷を低減し、エンドユーザーの利便性の向上を実現できるかを解説します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 管理職

大平伸一

ヴイエムウェア(株) ネットワーク&セキュリティ事業部 ネットワーク&セキュリティ技術統括部 統括部長

クラウド時代に最適なゼロトラスト ネットワークを実現するVMware SASEとは

様々な企業でテレワークの導入が進み、クラウドを活用することが増えた今、いつでも、どこからでも、アプリケーションやサービスにアクセスできるようになった一方で、情報の管理やセキュリティ面での課題も顕在化しています。 クラウドでは多様なネットワークやセキュリティのサービスが提供されているものの、包括的な機能の提供はされていないのが実情です。 これらに対する解決策として、VMwareが提供を予定している SASEプラットフォームについて、戦略やアーキテクチャ、そして、いかにネットワークやセキュリティの管理負荷を低減し、エンドユーザーの利便性の向上を実現できるかを解説します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 社長

舟越靖

(株)HIKKY 代表取締役社長

VR業界の現状とこれからの発展について

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 政府・地方公共団体
  • 管理職

平井則輔

東京都 デジタルサービス局 戦略部 デジタルシフト推進担当課長

東京都のデジタル戦略 〜街のDX、都庁DX〜

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

服部拓

ジュニパーネットワークス(株) 128テクノロジー APAC事業統括本部 シニアシステムエンジニア

「Session Smart®」ルータのトンネルフリー技術で実現する、DXに不可欠な次世代SD-WAN

ジュニパーネットワークスの新たなSD-WANソリューション「Session Smart?」ルータの革新的なルーティング技術であるセキュアベクタルーティングは、IPアドレスベースのルーティングを拡張したセッションベースのルーティング技術とトンネルフリーの暗号化技術を組み合わせることにより、インターネットを介してセキュアなルーティング基盤を実現します。またコンダクタで管理するグローバルポリシーにより設定の煩雑さを排除し、運用コストの削減を可能とします。Mist AIエンジンとの連携によりさらなる進化を遂げようとしている唯一無二のSD-WANを是非ご体験ください。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 役員

別所貴英

(株)サテライトオフィス 執行役員

アドオンで進化するTeams活用術

働き方改革を旗印に普及してきたテレワーク業務。さらにはコロナ禍における業務継続も背景にOffice365/Teamsの利用者数は飛躍的に増加しています。一方で標準機能だけでは満たせないユーザーニーズも顕在化してきました。本セッションではTeamsの基本機能およびアドオンを利用した活用術をご紹介します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 社長

大野欽司

エクストリーム ネットワークス(株) 執行役員社長

ニューノーマル2.0におけるネットワークインフラの新しいカタチとは

なぜネットワークベンダーが今「クラウド型」ネットワーク管理ソリューションをお届けするのか。お客様の販売・導入成功事例など具体例を交えながら、ニューノーマル2.0時代に欠かせないクラウド型ネットワークソリューションについてご紹介して参ります。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 管理職

宮脇崇

SBエンジニアリング(株) ソリューション事業本部 本部長

ニューノーマル2.0におけるネットワークインフラの新しいカタチとは

なぜネットワークベンダーが今「クラウド型」ネットワーク管理ソリューションをお届けするのか。お客様の販売・導入成功事例など具体例を交えながら、ニューノーマル2.0時代に欠かせないクラウド型ネットワークソリューションについてご紹介して参ります。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • 基調講演
  • 教授
  • 管理職

暦本純一

東京大学大学院 情報学環 教授 / (株)ソニーコンピュータサイエンス研究所 副所長

Augmented Society: 人間拡張がつくりだす未来

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 社長

関治之

Georepublic Japan 代表社員 / CEO 内閣官房 情報通信技術(IT)総合戦略室 政府CIO補佐官

位置情報技術の発展と社会の変化について

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 理事
  • 管理職

森信拓

NTTコミュニケーションズ(株) 理事 プラットフォームサービス本部 データプラットフォームサービス部 開発オペレーション部門 担当部長

キーワードはオープンとハイブリッド 〜ニューノーマルな社会で新たな価値をRe-ConnectするSmartDataPlatform

DXを実現するためのIT環境は、IoT・5G・データプラットフォームなどと幅広く、実装・運用・セキュリティ面等で複雑さが増す中、コロナ禍によるニューノーマルな社会において、更なるトランスフォーメーションが求められています。 NTTコミュニケーションズでは、この悩みを乗り越える為のアーキテクチャとして、「オープン化」と「ハイブリッド」をベースとしたSmartDataPlatformを、端末?ネットワーク?クラウドまでエンドエンドで提供しております。Smart Data Platformでは、お客様のDXを牽引する業界別ソリューションに加え、データを収集するネットワーク、蓄積するクラウドやストレージ、管理分析する各種機能を一括でご利用頂けます。 本講演では、ニューノーマルな社会で新たな価値をRe-Connectするための戦略をはじめとして、ソフトウェア化された新サービスや、お客様との共創事例をご紹介します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 役員

楢原盛史

タニウム(同) Chief IT Architect CISSP、CISA

先進的グローバル組織が取り組むセキュリティ・トランスフォーメーション(SX)

加速化するデジタル・トランスフォーメーション(DX)への取り組み。コロナ対応によって急拡大した在宅勤務の実現を目的としたITインフラの強化。そしてそれらの「隙間」を狙った高度化し続けるサイバー攻撃。これらに対応するために都度導入され続ける様々なツールやサービスの乱立。M&AによるITやセキュリティ・オペレーション組織の乱立、そしてサイバー攻撃の根本原因となる管理出来ていない脆弱な端末の乱立。これらの乱立が「サイロ化」をもたらし、経営側の責務となる可用性/安全宣言/説明責任を果たせないといった深刻な問題に発展しています。タニウムがこれらの「サイロ化」解決に向け、技術/運用/組織の観点で先進的グローバル組織と共に取り組むセキュリティ・トランスフォーメーション(SX)の最前線を解説します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 政府・地方公共団体
  • その他職名

杉村徹

内閣府 宇宙開発戦略推進事務局 準天頂衛星システム戦略室

準天頂衛星システム「みちびき」の最新利活用事例と今後の取り組み

準天頂衛星システム「みちびき」とは、準天頂軌道の衛星が主体となって構成されている日本の衛星測位システムのことです。 2018年11 月から4機体制で運用を開始しており、このうち3機はアジア・オセアニア地域の各地点で常時見ることができます。 加えて、独自の高精度測位補強サービス等も具備しており、高精度な位置情報が取得できるため、地理空間情報を高度に活用した新たな位置情報ビジネスの創出が期待できます。 サービスイン以降、2年半が経過し、多くの実証が行われ、みちびきの特徴を活かした様々な製品やサービスが登場しております。 本セッションでは、最新の利活用事例と今後の取り組み(高精度測位補強サービスの海外におけるサービス拡張等)について、ご紹介します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 専門職

境治

メディアコンサルタント / (株)エム・データ 顧問研究員

すべてはオンラインへ 〜新型コロナが与えたTV・ネット動画視聴へのインパクト

コロナ禍はメディアの世界に大きな変化をもたらした。テレビ受像機は結線率が50%ほどになったと言われ、ステイホーム生活で動画配信サービスの利用が急激に増えた。放送を視聴するデバイスからオンライン端末の一つに変化しつつある。オンライン化で人びとのコンテンツとの関わり方がどうなっているのかをデータをもとに議論する。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 専門職

森永真弓

(株)博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所 上席研究員

すべてはオンラインへ 〜新型コロナが与えたTV・ネット動画視聴へのインパクト

コロナ禍はメディアの世界に大きな変化をもたらした。テレビ受像機は結線率が50%ほどになったと言われ、ステイホーム生活で動画配信サービスの利用が急激に増えた。放送を視聴するデバイスからオンライン端末の一つに変化しつつある。オンライン化で人びとのコンテンツとの関わり方がどうなっているのかをデータをもとに議論する。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 専門職

遠藤諭

(株)角川アスキー総合研究所 主席研究員

すべてはオンラインへ 〜新型コロナが与えたTV・ネット動画視聴へのインパクト

コロナ禍はメディアの世界に大きな変化をもたらした。テレビ受像機は結線率が50%ほどになったと言われ、ステイホーム生活で動画配信サービスの利用が急激に増えた。放送を視聴するデバイスからオンライン端末の一つに変化しつつある。オンライン化で人びとのコンテンツとの関わり方がどうなっているのかをデータをもとに議論する。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 管理職

川添雄彦

日本電信電話(株) 常務執行役員 研究企画部門長

限界打破のイノベーション IOWN構想について

現在、我々人類が保有しているICT技術は未曽有の危機を予測し人類の明るい未来を実現するためには明らかに不十分であり未熟である。また、インターネットのトラヒックやIoTデバイスで扱われる通信量は増加の一途をたどっており、今回のCovid-19で、さらに加速している。そのため持続可能な技術革新に向けてICT基盤全体の革新を目指すIOWN構想を発表した。 本講演では、革新的なフォトニクス技術を基盤としたNTTグループのネットワーク構想「IOWN」、その価値・魅力、ならびに取り組みの進捗状況について、ご紹介する。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 社長

ラミ・ラヒム

ジュニパーネットワークス 最高経営責任者

ユーザー体感を最優先した「Experience First」 ネットワーキング

未曾有のパンデミックに見舞われ、いま世界は前例のない課題に直面しています。このような時代だからこそ、ネットワークはこれまで以上に人々の生活に欠かせない重要なものとなっています。ビジネス、教育、娯楽といった生活のあらゆる場面でデジタル化が加速するなか、それらを支えるネットワークは、増大するトラフィックやビジネススピードへの迅速な対応、複雑化するシステムの運用の効率化などの課題解決に加え、新たな顧客価値やユーザー体感(エクスペリエンス)を可能にする「Experience First」のネットワーキングが求められています。 本講演では、ジュニパーのAI (人工知能) および自動化テクノロジーにより通信事業者のエクスペリエンス、ネットワークユーザーのエクスペリエンスを最優先に考慮したExperience First ネットワーキングについて、米国 Juniper Networks, Inc. CEO ラミ・ラヒムよりご紹介します。(進行:ジュニパーネットワークス株式会社 常務執行役員 加藤 浩明)

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 顧問

林憲一

華為技術日本(株) Cloud&AI事業本部 顧問

イノベーション、未来を照らす

イノベーションは現在直面している課題を解決するだけではありません。明日を照らすことでもあります。パンデミックを抑えた後は、生活の質を向上させ、ビジネスをよりスマートにし、よりインクルーシブな世界を作るために、どのようにイノベーションを起こせるかを真剣に考える必要があります。デジタル技術やデジタルスキルへのアクセスの不平等がデジタルデバイドを拡大させてきましたが、パンデミックによって状況は著しく悪化しています。私たちは、持てる者と持たざる者の間の格差を解消し、デジタルインクルージョンを推進するために、イノベーションに注力しなければなりません。より良い生活、よりスマートなビジネス、そしてよりインクルーシブな世界の創出のためのファーウェイの取り組みについてご紹介します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 専門職

土橋由実

(株)三菱総合研究所 デジタル・イノベーション本部 主任研究員

デジタルサイネージと防災・減災

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • 理事

中村秀治

(一社)デジタルサイネージコンソーシアム 理事

デジタルサイネージと防災・減災

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

西山勇毅

東京大学 生産技術研究所 助教

MOCHA:東京大学における安心できるキャンパスライフ実現に向けたBluetoothビーコンを用いた学内の混雑状況把握・接触確認・滞在記録システムの開発と運用

MOCHA(Mobile Check-in Application)は、withコロナ環境における安心できるキャンパスライフ実現に向けて、東京大学構内の公共スペースの滞在予約と記録がとれる学生・教職員向けの混雑情報提供サービスです。教室等に設置したBluetoothビーコンをユーザのスマートフォンで自動記録し、あらかじめユーザが同意した条件により位置情報を記録します。プライバシーに配慮しながら、政府の接触確認アプリCOCOAの機能を補うような機能が実装されています。2020年8月より有志の教員・学生で設計・開発・運用を始め、現在1000個以上のビーコンが学内に設置され、3000人以上の構成員が本システムを利用しています。本講演では、MOCHAの開発経緯とシステム設計・実装・運用の現状についてご紹介いたします。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

西尾信彦

立命館大学 情報理工学部 教授

MOCHA:東京大学における安心できるキャンパスライフ実現に向けたBluetoothビーコンを用いた学内の混雑状況把握・接触確認・滞在記録システムの開発と運用

MOCHA(Mobile Check-in Application)は、withコロナ環境における安心できるキャンパスライフ実現に向けて、東京大学構内の公共スペースの滞在予約と記録がとれる学生・教職員向けの混雑情報提供サービスです。教室等に設置したBluetoothビーコンをユーザのスマートフォンで自動記録し、あらかじめユーザが同意した条件により位置情報を記録します。プライバシーに配慮しながら、政府の接触確認アプリCOCOAの機能を補うような機能が実装されています。2020年8月より有志の教員・学生で設計・開発・運用を始め、現在1000個以上のビーコンが学内に設置され、3000人以上の構成員が本システムを利用しています。本講演では、MOCHAの開発経緯とシステム設計・実装・運用の現状についてご紹介いたします。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

秋山剛

(株)プレイド VP of R&D

データで繋がるビデオ接客「KARTE GATHER」の思想と実例

おもちゃ型デバイスを使用し、ビデオチャットでのオンライン接客を行う「KARTE GATHER」の特徴紹介や、導入企業の事例紹介、および実施の際の注意事項などをご紹介。 CXプラットフォーム「KARTE」との連携によるメリットや、導入検討企業に必要な準備なども。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

三島康弘

(株)ビズライト・テクノロジー DOOHメディア部

OOHメジャメントデータの実例とカレンシー施策

デジタルOOHのメディア価値や費用対効果を示すにあたり、メジャメント手法やデータ仕様の標準化のニーズが高まっています。ビズライト・テクノロジーが媒体社として運営している地下鉄車両内ビジョンでのカメラを使ったインプレッション計測の手法やデータをご紹介するとともに、エリアやサーキュレーションデータだけではなく、インプレッションをカレンシーとする意義についてお話します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • 理事

江口靖二

デジタルメディアコンサルタント / (一社)デジタルサイネージコンソーシアム 常務理事

OOHメジャメントデータの実例とカレンシー施策

デジタルOOHのメディア価値や費用対効果を示すにあたり、メジャメント手法やデータ仕様の標準化のニーズが高まっています。ビズライト・テクノロジーが媒体社として運営している地下鉄車両内ビジョンでのカメラを使ったインプレッション計測の手法やデータをご紹介するとともに、エリアやサーキュレーションデータだけではなく、インプレッションをカレンシーとする意義についてお話します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

大崎雅典

(株)テレビ東京 技術局 技術推進部

テレビ局におけるリモートプロダクション取り組み事例

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

飯田智之

(株)フジテレビジョン 技術局 技術開発部 副部長

テレビ局におけるリモートプロダクション取り組み事例

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

高橋琢磨

SCALA(株) カントリーセールスマネージャー

スタイリッシュなサイネージを目指してSCALAの現在と未来

長らくデジタルサイネージ業界をリードし続けて来たSCALAがSTRATACACHEグループの一員として大きく生まれ変わりました。従来のサイネージコンテンツ配信プラットフォームに加えて、様々な付加価値ソリューションを提供させて頂く準備を整えております。本セッションでは、SCALAの洗練された最新ソリューションをお伝えし、デジタルサイネージの未来にどういった形で貢献できるのかについてお話しいたします。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

石毛聡

SCALA(株) セールスダイレクター

スタイリッシュなサイネージを目指してSCALAの現在と未来

長らくデジタルサイネージ業界をリードし続けて来たSCALAがSTRATACACHEグループの一員として大きく生まれ変わりました。従来のサイネージコンテンツ配信プラットフォームに加えて、様々な付加価値ソリューションを提供させて頂く準備を整えております。本セッションでは、SCALAの洗練された最新ソリューションをお伝えし、デジタルサイネージの未来にどういった形で貢献できるのかについてお話しいたします。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

新村拓也

シーエイトラボ(株) 代表取締役

TensorFlow Overview "TensorFlow のこれまでとこれから"

2019年9月にTensorFlow 2.0 がリリースされてから1年以上経ちました。当時はサポートされていなかったりExperimentalサポートだったりした機能も開発が進み、現在バージョン2.4がリリースされています。毎回のアップデートで、各種機能の安定化だけではなく、1.xにはなかった機能なども多く開発されており、TensorFlowを取り巻くエコシステムも続々とアップデートされていますので、初心者にもわかりやすいようにTensorFlowのこれまでを振り返り、TensorFlowの現状を解説します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 政府・地方公共団体
  • ディスカッション
  • その他職名

堀島佑月

総務省 情報流通行政局 地域通信振興課

デジタルサイネージと防災・減災

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

森口翔太

ヤマハ(株) クラウドビジネス推進部 SoundUDグループ

AI字幕 x ハイコネ

AIによるリアルタイム自動字幕の表示とハイコネを利用したローカル局への展開について。 総務省は字幕放送等の普及目標を定めた「放送分野における情報アクセシビリティに関する指針」を策定し、放送事業者による取り組みを促しています。その中の取組の一つになる音声認識技術を活用し自動で生成した字幕を表示する実証実験については、平成30年度、令和元年度ともにヤマハ株式会社が受託しマルチスクリーン研究会を通して弊社もセカンドスクリーンでの実証実験に参加してきました。本年度は ・セカンドスクリーンでの実証実験で課題となった目線移動による視認性の改善 ・ローカル局の字幕率の課題における改善 を目的とし、ヤマハ株式会社が開発している、AIによるリアルタイム自動字幕システムを利用したハイブリッドキャストでのテレビ画面への字幕表示を行いました。 このセクションでは今回の取り組みについてご説明致します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

服部弘之

マルチスクリーン型放送研究会 AI字幕WGメンバー・ハイコネWGメンバー / IPTVフォーラム 広報普及委員会副主査 / 東京メトロポリタンテレビジョン(株) 技術局局次長技術開発部長

AI字幕 x ハイコネ

AIによるリアルタイム自動字幕の表示とハイコネを利用したローカル局への展開について。 総務省は字幕放送等の普及目標を定めた「放送分野における情報アクセシビリティに関する指針」を策定し、放送事業者による取り組みを促しています。その中の取組の一つになる音声認識技術を活用し自動で生成した字幕を表示する実証実験については、平成30年度、令和元年度ともにヤマハ株式会社が受託しマルチスクリーン研究会を通して弊社もセカンドスクリーンでの実証実験に参加してきました。本年度は ・セカンドスクリーンでの実証実験で課題となった目線移動による視認性の改善 ・ローカル局の字幕率の課題における改善 を目的とし、ヤマハ株式会社が開発している、AIによるリアルタイム自動字幕システムを利用したハイブリッドキャストでのテレビ画面への字幕表示を行いました。 このセクションでは今回の取り組みについてご説明致します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

中嶋洋巳

(株)空色 代表取締役CEO

長く顧客と繋がりつづけ、LTVをあげるチャット接客戦略 〜リアルな事例から学ぶデジタルでの顧客接点〜

コロナ禍で一気に進んだ小売業界におけるデジタルシフト。これまでの店舗でのあたたかみのあるインタラクティブな顧客体験を、これからはデジタル上でも同様に実現していくことが課題となっています。また、国内における人口減少の問題もあり、企業と顧客が一度きりのつながりではなく、直接かつ継続的なつながりをつくりLTV(顧客生涯価値)を向上させていくことが重要となってきます。 デジタル上で店舗のような顧客体験を提供するために、「何をしたらよいかのか?」というお声をたくさんいただきます。 そこで今回は、顧客接点のDX化を推進するチャット接客サービス「WhatYa」(ワチャ)を実際の事例も交えてご紹介させていただきます。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

北島正司

日本放送協会 放送総局 メディア開発企画センター

テレビ局におけるリモートプロダクション取り組み事例

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

田中彰一

(株)テレビ朝日 技術局技術運用センター

テレビ局におけるリモートプロダクション取り組み事例

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

石村信太郎

(株)WOWOW 技術局技術企画部

テレビ局におけるリモートプロダクション取り組み事例

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

藤本剛

(株)TBSテレビ メディアテクノロジー局 未来技術設計部

テレビ局におけるリモートプロダクション取り組み事例

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

佐藤太一

(株)クラウドポイント DS総研グループ チーフプランナー

AIを活用した「デジタルサイネージ広告事業」最前線2021 〜インストア編〜

デジタルサイネージによる広告事業化で収益を上げているモデルをご紹介します。ネット広告業界大手サイバーエージェント社、AI(人口知能)システム・テクノロジーで知的資産を創造するAWL、デジタルサイネージ事業を行うクラウドポイントによる、「店舗」×「人」×「テクノロジー」の組み合わせによって生み出されるデジタルサイネージ広告事業の最新事例とノウハウポイントをお話します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

渡辺剛仁

(株)クラウドポイント ビジネス開発Div Div長

AIを活用した「デジタルサイネージ広告事業」最前線2021 〜インストア編〜

デジタルサイネージによる広告事業化で収益を上げているモデルをご紹介します。ネット広告業界大手サイバーエージェント社、AI(人口知能)システム・テクノロジーで知的資産を創造するAWL、デジタルサイネージ事業を行うクラウドポイントによる、「店舗」×「人」×「テクノロジー」の組み合わせによって生み出されるデジタルサイネージ広告事業の最新事例とノウハウポイントをお話します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

荒木健吉

MetCom(株) 取締役

MBS: 広域・屋内外・3D測位の本命現る!

米国ではこの4月からFCC命令によりe911緊急通報の発信者位置情報に高さ情報が義務付けられ、昨年2月の大統領令ではGPSを代替できるインフラ構築が要請されています。MBSは最近公表された米国運輸局の評価でも広域・屋内外・3D測位において抜群の性能が明らかになっています。本セッションではMBSについて、日本での導入も含めての最新情報をお話しします。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

小神野和貴

POC-DC(株)

MBS: 広域・屋内外・3D測位の本命現る!

米国ではこの4月からFCC命令によりe911緊急通報の発信者位置情報に高さ情報が義務付けられ、昨年2月の大統領令ではGPSを代替できるインフラ構築が要請されています。MBSは最近公表された米国運輸局の評価でも広域・屋内外・3D測位において抜群の性能が明らかになっています。本セッションではMBSについて、日本での導入も含めての最新情報をお話しします。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

西尾信彦

立命館大学 情報理工学部 教授

MBS: 広域・屋内外・3D測位の本命現る!

米国ではこの4月からFCC命令によりe911緊急通報の発信者位置情報に高さ情報が義務付けられ、昨年2月の大統領令ではGPSを代替できるインフラ構築が要請されています。MBSは最近公表された米国運輸局の評価でも広域・屋内外・3D測位において抜群の性能が明らかになっています。本セッションではMBSについて、日本での導入も含めての最新情報をお話しします。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

大槻貴志

東京メトロポリタンテレビジョン(株) 編成局 総合戦略部

AI字幕 x ハイコネ

AIによるリアルタイム自動字幕の表示とハイコネを利用したローカル局への展開について。 総務省は字幕放送等の普及目標を定めた「放送分野における情報アクセシビリティに関する指針」を策定し、放送事業者による取り組みを促しています。その中の取組の一つになる音声認識技術を活用し自動で生成した字幕を表示する実証実験については、平成30年度、令和元年度ともにヤマハ株式会社が受託しマルチスクリーン研究会を通して弊社もセカンドスクリーンでの実証実験に参加してきました。本年度は ・セカンドスクリーンでの実証実験で課題となった目線移動による視認性の改善 ・ローカル局の字幕率の課題における改善 を目的とし、ヤマハ株式会社が開発している、AIによるリアルタイム自動字幕システムを利用したハイブリッドキャストでのテレビ画面への字幕表示を行いました。 このセクションでは今回の取り組みについてご説明致します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

角谷友行

Origin Wireless Japan (株) 執行役員 COO

WiFiを使った空間検知技術「WirelessAI」について

人々の生活は80%以上を屋内で活動すると言われていることから屋内環境の理解に関するニーズは、日々増大しています。 屋内に飛び交うWi-Fiなどの電波は、通信手段としてこれまで利用されてきましたが、WirelessAI??技術は、Time Reversal原理に注目し、屋内環境を記述する資源としてWi-Fi電波のマルチパスを利用するコンセプトに基づき、屋内環境を可視化します。 本講演では、WirelessAI技術によるリアルタイムかつcmオーダーでの位置推定、屋内環境のセンシングの仕組み、その活用ついて紹介します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

冨士川祐輔

(株)フジテレビジョン デジタルデザイン部・企画担当部長

【リアルタイム体験デモ実施】テレビとスマホをリアルタイムに繋ぐ新しい視聴者コミュニケーション「CxM(シーバイエム)」の取組み

CxM(シーバイエム)とはテレビ番組やCMを視聴者のスマホとリアルタイムに連動できるシステムです。アプリダウロードもアカウント登録も不要、視聴者がテレビコンテンツに接触した最も関心が高い瞬間を逃さず直接コンバージョンを可能にします。セミナーでは今年元日に放送した「日産スカイライン」CMで実施したCxM(スマホVR乗車体験)デモを実際に体験いただくとともに実施事例の紹介を通し、マーケティングファネルのトップであるテレビ放送とボトムのデジタルコミュニケーションを直結させることで生まれる新しいメディアコミュニケーションの可能性についてお話します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

牛嶋裕之

楽天グループ(株) ドローン・UGV事業部

自動配送ロボットによる商品配送サービスの実現に向けて

楽天では、自動配送ロボットを活用した商品配送サービスを実現させるプロジェクトに取り組んでいます。このプロジェクトは2018年にスタートし、2019年5月に大学構内での配送実験、同年9〜10月に横須賀市内の西友店舗から近隣の公園への日本初の一般利用者向け配送サービス、2020年8〜9月に東急リゾートタウン蓼科のグランピング施設における配送サービスの提供などを行ってきました。2020年12月には横須賀市内の住宅地における自動配送ロボットの公道走行実証実験を行い、2021年3月からは西友の店舗から近隣の住宅地への自動配送ロボットを活用した商品配送サービスを期間限定で提供しています。講演では、自動配送ロボットに関するこれまでの取組と、今後の制度整備の動向などについて紹介します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

近澤良

米国発スタートアップ「Autify」 CEO & Co-Founder

【シリコンバレー流】顧客のバーニングニーズを解決し、新規事業を成功させる

Autifyは、米国トップアクセラレーター「Alchemist Accelerator」を日本人チームとして初めて卒業した、「テスト自動化プラットフォーム」を提供するサンフランシスコ創業のスタートアップです。 周知の通り、WEBアプリケーションの数は年々増加し、サービスの競争は激化しています。この背景には、効率的なアプリケーション開発を支える技術的背景、スマートフォンの普及やニーズの多様化といった社会的背景などがあります。 このセッションでは、このような競争が激化する中で如何に素早く、かつ継続的にサービスをアップデートし、提供し続ける「攻めのIT」。これを支える1つの解である「アジャイル開発」が注目される理由とその重要性について、事例を交えながら3つのポイントでお伝えします。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

北出宗治

AWL(株) 代表取締役社長 兼 CEO

AIを活用した「デジタルサイネージ広告事業」最前線2021 〜インストア編〜

デジタルサイネージによる広告事業化で収益を上げているモデルをご紹介します。ネット広告業界大手サイバーエージェント社、AI(人口知能)システム・テクノロジーで知的資産を創造するAWL、デジタルサイネージ事業を行うクラウドポイントによる、「店舗」×「人」×「テクノロジー」の組み合わせによって生み出されるデジタルサイネージ広告事業の最新事例とノウハウポイントをお話します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

藤田和司

(株)サイバーエージェント AI事業本部 小売DXディビジョン 統括

AIを活用した「デジタルサイネージ広告事業」最前線2021 〜インストア編〜

デジタルサイネージによる広告事業化で収益を上げているモデルをご紹介します。ネット広告業界大手サイバーエージェント社、AI(人口知能)システム・テクノロジーで知的資産を創造するAWL、デジタルサイネージ事業を行うクラウドポイントによる、「店舗」×「人」×「テクノロジー」の組み合わせによって生み出されるデジタルサイネージ広告事業の最新事例とノウハウポイントをお話します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • 管理職

VLADANJEVREMOVIC

iBwave Solutions, Inc Sr. Research Director

ローカル5GなどプライベートNW構築時における無線設計シミュレーション、サイトサーベイ、運用管理を支援する【iBwave】ソリューションの紹介

昨今、ローカル5G技術は大きく注目、期待をされています。しかし、ローカル5Gはまだ始まったばかりであり、その技術や活用方法にはまだまだ課題があります。我々はそれらを正しく認識し、解決していかなければなりません。 RAN設計におけるシミュレーションの計算精度と計算にかかる時間の短縮という相反する要素のバランスをとって両立させ、今やIn Building Wirelessシステム設計ツールの業界標準となったiBwave。 本セミナーでは、ローカル5G設計、導入、運用においてiBwave製品の活用方法をご紹介いたします。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • その他職名

JasonYou

エントラストジャパン(株) DPS事業本部 シニアセールスエンジニア

クラウド環境での暗号鍵、どう管理してますか? 〜クラウドでもHSMを利用して暗号鍵を保護し、コンプライアンス遵守や安全な資産管理を実現するために〜

クラウド環境でのシステムの構築が増えている昨今、気を付けなくてはならないのは、データ管理はユーザの責任であるということです。各社暗号化ソリューションや VPN使用などの対策を行っているとはいえ、データ漏洩が無くならないのも事実です。クラウドの簡便性を利用しつつ、安全にデータ管理を行い、コンプライアンス遵守を実行するにはどのようにすべきか。ハードウェア・セキュリティ・モジュールを利用した暗号処理と鍵の管理方法を中心に、新たなクラウドでのワークロード暗号化ソリューションもご紹介いたします。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

竹村太一

ダイワボウ情報システム(株) 戦略ビジネス推進部 戦略・高度化推進グループ

HCI初級編 HCIってなに?Nutanixってなにがすごいの?

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 専門職

本村陽一

(国研)産業技術総合研究所 人工知能研究センター 首席研究員

価値を共創するデジタル変革(DX)のための人工知能技術とコミュニティ 〜 AI for Society 5.0 〜

デジタル変革(DX)により価値を創出するために実社会ビッグデータを活用できるAI技術について、予測・制御モデルを構築する確率モデリング技術を中心に解説する。また単なるIT導入に終始するのではなく、機械学習と組織学習を相互に繰り返すことでデータと実践知をスパイラルアップしていく方法論や、共創的取り組みのための実践コミュニティ、産総研人工知能技術コンソーシアムも紹介する。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 他所属
  • 管理職

明尾洋一

(一社)コンピュータソフトウェア協会 Software ISAC PSIRT推進WG 主査 / サイボウズ(株) セキュリティ室 室長

OWASP ASVS を利用した安全なソフトウェアの発注、要件定義について

Software ISAC は OWASP が公開している「アプリケーションセキュリティ検証標準 ver. 4.0」の日本語訳を実施しました。この資料を参考にソフトウエアの発注、要件定義を実施することで安全なソフトウェアを開発するための手法をお伝えします。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 他所属
  • 管理職

三宅優

(一社)情報通信技術委員会 セキュリティ専門委員会 委員長 / (株)KDDI総合研究所 サイバーセキュリティグループ

5Gネットワークに関わるセキュリティの最新動向

5Gネットワークは、4Gまでのネットワークに比べて大幅に新しい機能を利用可能になったこと、ネットワーク構成が複雑化したこと、ネットワーク機能を外部事業者に開放することが可能になったことから、セキュリティ対策の必要性が高まっている。そのため、セキュリティ対策の検討は様々な視点で行われており、5Gサービスが開始された現時点でも活発な活動が行われている。本発表では、各種標準化団体、通信関係のフォーラム等、各国政府系機関の5Gセキュリティに関する取り組みを紹介し、問題点や課題を明確化する。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 他所属
  • 理事

神内一郎

(一社)デジタルサイネージコンソーシアム 理事

OOHオーディエンスメジャメントガイドラインについて

3月1日に一般社団法人デジタルサイネージコンソーシアムからリリースされたOOH (Out Of Home)メディアにおける「オーディエンスメジャメントガイドライン」の概要について解説する。本ガイドラインは、グローバル標準に基づくOOHメディアの取引指標(メディアカレンシー)策定の手順を規定したもので、OOH媒体間はもちろんのこと他の媒体との比較も可能な指標を実現するためのフレームワークを提供する。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

中嶋大輔

Volterra ソリューションアーキテクト

エッジコンピューティングインフラの運用と課題 /エッジアプリケーションの運用と可観測性

クラウドへのアプリケーションシフトがすすみ、クラウドファーストが鮮明です。ただし、IoTデバイスやネットワークカメラの高度化に従い、低遅延や広帯域を要求するアプリケーションが出てきています。 エッジコンピューティングにより低遅延、広帯域を解消できると考えられていますが、エッジサイトにおけるアプリケーションの配信、セキュリティや、基盤となるインフラの構築など新しい課題があります。本セッションではVolterraを利用したエッジコンピューティングインフラソリューションとアプリケーションデザインと可観測性について紹介します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

樋口智幸

ジュニパーネットワークス(株) アプストラ製品事業担当 コンサルティングエンジニア

データセンターネットワークの自動化とベンダーロックインの課題を解決 〜Apstra Intent-Based System〜

ネットワーク自動化とは、コンフィグを作成し機器へ投入、監視するだけではありません。ネットワーク全体を把握し、不整合なコンフィグを投入前に検知、監視すべき項目を自動で作成。リアルタイムにネットワークの状態を追跡し、障害を検知するアーキテクチャこそ真のネットワーク自動化と言えます。ジュニパーネットワークスの Apstra Intent-Based System は強力なグラフデータベースを実装し、これらを実現します。さらに、ネットワーク機器の設定を抽象化し、ジュニパーのみならず他ベンダーの機器にも対応。ベンダーロックインを排除しコスト削減やリスク低減を実現します。本セッションではデモを交えながらこれらの実現方法を解説します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

小倉直人

NEC 第一ネットワークソリューション事業部・マネージャー

DXを加速!デジタルツインを支えるNECのセンサーソリューション

NECは新しい社会価値創造に取り組み、安心・安全に生活できる社会を実現するため様々なソリューションを提供しています。実世界の動きや情報をデジタル化しサイバー空間に集約し新たな価値を創造します。本セッションでは、デジタルツインを支え、様々な情報の入り口となるNECのセンサーソリューションとしてヒアラブル、ファイバーセンシング、コヒーレント光センサを活用したNECのソリューションを解説します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

信田拓哉

NEC 第一ネットワークソリューション事業部・主任

DXを加速!デジタルツインを支えるNECのセンサーソリューション

NECは新しい社会価値創造に取り組み、安心・安全に生活できる社会を実現するため様々なソリューションを提供しています。実世界の動きや情報をデジタル化しサイバー空間に集約し新たな価値を創造します。本セッションでは、デジタルツインを支え、様々な情報の入り口となるNECのセンサーソリューションとしてヒアラブル、ファイバーセンシング、コヒーレント光センサを活用したNECのソリューションを解説します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

福士里子

NEC 第一ネットワークソリューション事業部・マネージャー

DXを加速!デジタルツインを支えるNECのセンサーソリューション

NECは新しい社会価値創造に取り組み、安心・安全に生活できる社会を実現するため様々なソリューションを提供しています。実世界の動きや情報をデジタル化しサイバー空間に集約し新たな価値を創造します。本セッションでは、デジタルツインを支え、様々な情報の入り口となるNECのセンサーソリューションとしてヒアラブル、ファイバーセンシング、コヒーレント光センサを活用したNECのソリューションを解説します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

油谷勝広

NEC 第一ネットワークソリューション事業部・マネージャー

DXを加速!デジタルツインを支えるNECのセンサーソリューション

NECは新しい社会価値創造に取り組み、安心・安全に生活できる社会を実現するため様々なソリューションを提供しています。実世界の動きや情報をデジタル化しサイバー空間に集約し新たな価値を創造します。本セッションでは、デジタルツインを支え、様々な情報の入り口となるNECのセンサーソリューションとしてヒアラブル、ファイバーセンシング、コヒーレント光センサを活用したNECのソリューションを解説します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

藤田達也

ExtraHop Networks シニアセールスエンジニア

最新のセキュリテイ事例から学ぶ『機械学習によるネットワークの可視化』が実現する攻撃者の一歩先を行くセキュリティ対策とは!

最近のサプライチェーン攻撃の事例をみても、「侵害は100%防げない」という前提に立ったセキュリティ対策が必要となっています。侵害後のセキュリティ事故発生を未然に防ぐには、企業内のブラインドスポットに潜みステルス活動を繰り返す攻撃者に対する可視化の仕組みです。クラウド移行やIoTデバイスの利用拡大にともない、ブラインドスポットがますます拡大する中、今注目を集めているのがネットワークを流れるリアルタイム・トラフィックを解析しブラインドスポットを排除するソリューションです。 本セッションでは、ExtraHopの可視化プラットフォームがSOC、NOCの観点からどのように役立つのかをデモを交えながらご紹介させて頂きます。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

牧嶋幸一郎

日商エレクトロニクス 第2プラットフォーム部 ビジネス推進課

ハイブリッドクラウドへの移行前に知っておきたいこと

クラウドへの移行を成功させ、会社全体のIT環境を最適化するためには、社内で結成された移行チームによる事前の準備をはじめとした十分な調査と、「どのアプリケーションを、どのような場所(クラウド、オンプレミス)に最適に配置するのか、それとも置き換えるのか」といった事前の計画がが最も重要になります。本セッションでは棚卸の方法やクラウド活用に当たってのリスク・セキュリティの新しい考え方、コストを削減するアプローチについてご紹介いたします。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

北川裕介

日商エレクトロニクス 第2プラットフォーム部 ビジネス推進課

ハイブリッドクラウドへの移行前に知っておきたいこと

クラウドへの移行を成功させ、会社全体のIT環境を最適化するためには、社内で結成された移行チームによる事前の準備をはじめとした十分な調査と、「どのアプリケーションを、どのような場所(クラウド、オンプレミス)に最適に配置するのか、それとも置き換えるのか」といった事前の計画がが最も重要になります。本セッションでは棚卸の方法やクラウド活用に当たってのリスク・セキュリティの新しい考え方、コストを削減するアプローチについてご紹介いたします。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

二宮瑞樹

シスコシステムズ(同) セキュリティ事業 Technical Solutions Architect

クラウドシフトで必要なセキュリティ対策

クラウドファーストにより業務システムのクラウドシフトが加速する昨今におきまして、クラウドリソースを安全に保護するためにゼロトラストの考え方は必須となっております。アプリアクセス時におけるユーザ・デバイスの信頼性の確立はもちろんのこと、ネットワーク分析と可視性ツールによって接続後のデバイスのアクティビティについても継続的に監視しインシデント発生時の対応力を高める仕組みが求められます。 Cisco Cloud SolutionであるDuo Security、およびSecure Cloud Analytics(Stealthwatch Cloud)を使用してそれらをどのように実現するかについて解説いたします。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

村上英樹

シスコシステムズ(同) セキュリティ事業 Technical Solutions Architect

クラウドシフトで必要なセキュリティ対策

クラウドファーストにより業務システムのクラウドシフトが加速する昨今におきまして、クラウドリソースを安全に保護するためにゼロトラストの考え方は必須となっております。アプリアクセス時におけるユーザ・デバイスの信頼性の確立はもちろんのこと、ネットワーク分析と可視性ツールによって接続後のデバイスのアクティビティについても継続的に監視しインシデント発生時の対応力を高める仕組みが求められます。 Cisco Cloud SolutionであるDuo Security、およびSecure Cloud Analytics(Stealthwatch Cloud)を使用してそれらをどのように実現するかについて解説いたします。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

松葉俊信

(株)東陽テクニカ 情報通信システムソリューション部 課長

Wi-Fi 6 / Wi-Fi 6E 機器の真の実力を知るための性能評価手法

現在の無線LANの主流となりつつあるWi-Fi 6テクノロジ 及び Wi-Fi 6機器の性能評価手法を、Spirent社テスタ "Spirent TestCenter"の情報を交えてご説明いたします。さらに、Wi-Fi 6E対応の最新テスタ情報もご紹介いたします。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 顧問

渡辺克也

(株)インターネット総合研究所 顧問 / 元総務審議官

Local 5G Summit

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

林宏修

ジュニパーネットワークス(株) Mist事業部 コンサルティングシステムズエンジニア

大規模で重要なNWだからオンプレで…はもう古い! モダンクラウド型Wi-Fiへの移行で経営課題も現場の課題も全て一気に解決

クラウドコントローラ型のWi-Fiシステムは主に中小規模のネットワークを中心に普及が進んでいます。メリットとしてお手軽さやシンプルさがクローズアップされがちですが、ジュニパーのクラウド型Wi-Fiは数十万台を超える大規模な導入実績を複数有しており、実は大規模ネットワークこそに適しているシステム設計が大きな特徴です。また、一見複雑で困難に思われるオンプレコントローラ型の現用ネットワークからクラウド型への移行作業を円滑に、かつ短期間で完了するための技術や機能が豊富に用意されています。 本セッションでは現用のネットワークにおける運用の課題や経営課題を一気に解決するモダンクラウドへのスムーズな移行についてご説明いたします。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

松田健

キーサイト・テクノロジー システムエンジニアリング部

クラウドネットワークの性能とセキュリティ有効性の検証

企業のクラウド利用が当たり前になった現在、アプリケーションやデータは企業のデータセンター内にとどまらず、パブリッククラウドを含むさまざまな場所・基盤に分散しています。こうした状況の中、データセンターの出入口でポリシーを適用するというレガシーなセキュリティアーキテクチャはもはやスケーラブルではなく、非効率的です。そこで、ユーザー・デバイス・クラウドに高品質なアクセスと一貫したセキュリティを提供するために、セキュリティ管理やアプリケーションポリシーも分散され、ユーザーやアプリケーションに近いところ(クラウド)に配置されるようになってきました。一般に、クラウドの基盤は高度なレジリエンシーと弾力性を備えており、旧来のオンプレミスの基盤よりもはるかに動的です。こうした環境におけるセキュリティの有効性やパフォーマンスのボトルネックを検証するためには、テストソリューションもクラウドの特性に対応している必要があります。本ウェビナーでは、クラウドを前提としたネットワークおよびネットワークセキュリティをテストする際の課題とソリューションについて説明します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

山本剛之

フォーティネットジャパン(株) パブリックソリューションビジネス本部 システムエンジニア

ShowNet 2021の目玉 5選 フォーティネット版 〜あなたの知らないフォーティネットを一挙紹介!〜

最新の次世代ファイアウォールFortiGate Fシリーズをはじめとし、高速に脅威を検知する自己学習型の人工知能アプライアンス FortiAI、エンドポイントの高度な脅威保護・侵入検知・レスポンスを自動化するFortiEDR、エージェントレスで有線・無線ネットワークの可視化・接続制御をするFortiNAC、SAML連携によりSSOを使用したVPNアクセスを可能とするFortiGate/FortiClient、をご紹介いたします。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

漆舘洋紀

フォーティネットジャパン(株) パブリックソリューションビジネス本部 システムエンジニア

ShowNet 2021の目玉 5選 フォーティネット版 〜あなたの知らないフォーティネットを一挙紹介!〜

最新の次世代ファイアウォールFortiGate Fシリーズをはじめとし、高速に脅威を検知する自己学習型の人工知能アプライアンス FortiAI、エンドポイントの高度な脅威保護・侵入検知・レスポンスを自動化するFortiEDR、エージェントレスで有線・無線ネットワークの可視化・接続制御をするFortiNAC、SAML連携によりSSOを使用したVPNアクセスを可能とするFortiGate/FortiClient、をご紹介いたします。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

田中梓

日本システムウエア(株) サービスソリューション事業本部

DXを成功に導くデータマネジメント 〜データ統合のための最先端ソリューション「データ仮想化」〜

企業がDXを進める上で重要なポイントは、経営層や現場を巻き込み「デジタル化施策、ビジネスプロセス施策、組織施策」を中長期ビジョンを具体化にすることが重要であり、その為にはデータ活用が重要です。 当社の考えるデータマネジメントの成功ポイントと鍵となるデータ統合プラットフォーム「Denodo」をご紹介をさせて頂きます。データの仮想化技術でリアルタイムなデータ統合を実現いたします。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

赤羽善浩

DenodoTechonologies(株) パートナービジネス戦略部長

DXを成功に導くデータマネジメント 〜データ統合のための最先端ソリューション「データ仮想化」〜

企業がDXを進める上で重要なポイントは、経営層や現場を巻き込み「デジタル化施策、ビジネスプロセス施策、組織施策」を中長期ビジョンを具体化にすることが重要であり、その為にはデータ活用が重要です。 当社の考えるデータマネジメントの成功ポイントと鍵となるデータ統合プラットフォーム「Denodo」をご紹介をさせて頂きます。データの仮想化技術でリアルタイムなデータ統合を実現いたします。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 管理職

瀬戸優樹

ヤマハ(株) クラウドビジネス推進部 サービスプロデュースグループ グループリーダー

無人の会場から拍手が鳴り響く!? スポーツ業界と創る”観戦のニューノーマル” 〜リモート応援システム「Remote Cheerer」の事例から〜

新型コロナウィルスの流行をきっかけにスポーツのリモート応援に注目が集まり、約100年の歴史があるスポーツ中継の観戦スタイルに変革が起こっています。 ヤマハとスポーツ業界が共に開発するスマホアプリ「Remote Cheerer」は自宅からでもスタジアムのスピーカーを通じて声援を送ったり音声SNS機能でユーザー同士が実況やトークをしながら応援を楽しむことができ今シーズン約500試合で延べ1億回以上の応援を会場に届けてきました。 https://remote-cheerer.com/ 本講演では、Remote CheererのアンバサダーのROLAND氏に実体験を交えてお話いただくと共に、スポーツ専門の動画配信サービスを展開するDAZNと、新プロジェクトを発表します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 他所属
  • 基調講演
  • その他職名

藤田咲

声優

無人の会場から拍手が鳴り響く!? スポーツ業界と創る”観戦のニューノーマル” 〜リモート応援システム「Remote Cheerer」の事例から〜

新型コロナウィルスの流行をきっかけにスポーツのリモート応援に注目が集まり、約100年の歴史があるスポーツ中継の観戦スタイルに変革が起こっています。 ヤマハとスポーツ業界が共に開発するスマホアプリ「Remote Cheerer」は自宅からでもスタジアムのスピーカーを通じて声援を送ったり音声SNS機能でユーザー同士が実況やトークをしながら応援を楽しむことができ今シーズン約500試合で延べ1億回以上の応援を会場に届けてきました。 https://remote-cheerer.com/ 本講演では、Remote CheererのアンバサダーのROLAND氏に実体験を交えてお話いただくと共に、スポーツ専門の動画配信サービスを展開するDAZNと、新プロジェクトを発表します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 政府・地方公共団体
  • 基調講演
  • 管理職

五十嵐大和

総務省 総合通信基盤局 電波部 移動通信課 新世代移動通信システム推進室長

Local 5G Summit

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 管理職

藤本幸一郎

NEC デジタルネットワーク事業部 上席事業主幹

Local 5G Summit

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 役員

吉田宏樹

シスコシステムズ(同) 執行役員 情報通信産業事業統括 システムズエンジニアリング本部

Local 5G Summit

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 管理職

後藤知範

富士通(株) 5G Vertical Service室 室長

Local 5G Summit

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 他所属
  • 基調講演
  • その他職名

ROLAND

ホスト / 実業家

無人の会場から拍手が鳴り響く!? スポーツ業界と創る”観戦のニューノーマル” 〜リモート応援システム「Remote Cheerer」の事例から〜

新型コロナウィルスの流行をきっかけにスポーツのリモート応援に注目が集まり、約100年の歴史があるスポーツ中継の観戦スタイルに変革が起こっています。 ヤマハとスポーツ業界が共に開発するスマホアプリ「Remote Cheerer」は自宅からでもスタジアムのスピーカーを通じて声援を送ったり音声SNS機能でユーザー同士が実況やトークをしながら応援を楽しむことができ今シーズン約500試合で延べ1億回以上の応援を会場に届けてきました。 https://remote-cheerer.com/ 本講演では、Remote CheererのアンバサダーのROLAND氏に実体験を交えてお話いただくと共に、スポーツ専門の動画配信サービスを展開するDAZNと、新プロジェクトを発表します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 管理職

大島久之介

DAZN Japan Investment(同) ストラテジー&クライアントサービス部長

無人の会場から拍手が鳴り響く!? スポーツ業界と創る”観戦のニューノーマル” 〜リモート応援システム「Remote Cheerer」の事例から〜

新型コロナウィルスの流行をきっかけにスポーツのリモート応援に注目が集まり、約100年の歴史があるスポーツ中継の観戦スタイルに変革が起こっています。 ヤマハとスポーツ業界が共に開発するスマホアプリ「Remote Cheerer」は自宅からでもスタジアムのスピーカーを通じて声援を送ったり音声SNS機能でユーザー同士が実況やトークをしながら応援を楽しむことができ今シーズン約500試合で延べ1億回以上の応援を会場に届けてきました。 https://remote-cheerer.com/ 本講演では、Remote CheererのアンバサダーのROLAND氏に実体験を交えてお話いただくと共に、スポーツ専門の動画配信サービスを展開するDAZNと、新プロジェクトを発表します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 管理職

笹田賢吾

(公社)日本プロサッカーリーグ(Jリーグ) コミュニケーション・マーケティング本部 本部長

無人の会場から拍手が鳴り響く!? スポーツ業界と創る”観戦のニューノーマル” 〜リモート応援システム「Remote Cheerer」の事例から〜

新型コロナウィルスの流行をきっかけにスポーツのリモート応援に注目が集まり、約100年の歴史があるスポーツ中継の観戦スタイルに変革が起こっています。 ヤマハとスポーツ業界が共に開発するスマホアプリ「Remote Cheerer」は自宅からでもスタジアムのスピーカーを通じて声援を送ったり音声SNS機能でユーザー同士が実況やトークをしながら応援を楽しむことができ今シーズン約500試合で延べ1億回以上の応援を会場に届けてきました。 https://remote-cheerer.com/ 本講演では、Remote CheererのアンバサダーのROLAND氏に実体験を交えてお話いただくと共に、スポーツ専門の動画配信サービスを展開するDAZNと、新プロジェクトを発表します。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 管理職

BartoszTarraro

Comarch Business Development Manager

充実した利点を手に入れるためのIoT環境の構築方法:SCSKとComarchの協力

IoT環境は、幅広く、高度で、非常に洗練された領域であり、様々なバーティカルおよび水平なIoTコンポーネントから構成されています。それらが連携して最適なビジネス価値をもたらすという目的で機能しています。このような複雑なエコシステムには、プラットフォームやパートナーシップの観点から、包括的なアプローチが必要とします。 今回のプレゼンテーションにおいて、共同のアイデア、チームおよびシステムにより開発されて充実した利点をもたらすソリューションを説明しながらSCSKとComarchの協力についてお話いたします。IoTの販売や接続性の管理から、バーティカル式のソリューション構築やイネーブルメントまで、様々なIoTプロセスの見解を提示します。特にヘルスケア分野では、ComarchがImed24、遠隔医療、現代的なパーソナル・ケア・サービスの中で高度なサービスを開発しており、ビジネス・ケースから手に入る洞察を紹介します。 今回のプレゼンテーションにおいて、配信されたサービスだけでなく、新しいIoT時代のサービスや生活の質の向上に具体的に焦点を当てていきます。 Comarchは、IoT接続性、IoTイネーブルメント、および特定の業種の使用事例に関する専門知識と、SCSKのIoT開発に関するビジョンを併せ持つことで、完璧なスキルの組み合わせではないかと考えています。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • その他職名

三村聡

SCSK SCSK DX Team 営業担当者

充実した利点を手に入れるためのIoT環境の構築方法:SCSKとComarchの協力

IoT環境は、幅広く、高度で、非常に洗練された領域であり、様々なバーティカルおよび水平なIoTコンポーネントから構成されています。それらが連携して最適なビジネス価値をもたらすという目的で機能しています。このような複雑なエコシステムには、プラットフォームやパートナーシップの観点から、包括的なアプローチが必要とします。 今回のプレゼンテーションにおいて、共同のアイデア、チームおよびシステムにより開発されて充実した利点をもたらすソリューションを説明しながらSCSKとComarchの協力についてお話いたします。IoTの販売や接続性の管理から、バーティカル式のソリューション構築やイネーブルメントまで、様々なIoTプロセスの見解を提示します。特にヘルスケア分野では、ComarchがImed24、遠隔医療、現代的なパーソナル・ケア・サービスの中で高度なサービスを開発しており、ビジネス・ケースから手に入る洞察を紹介します。 今回のプレゼンテーションにおいて、配信されたサービスだけでなく、新しいIoT時代のサービスや生活の質の向上に具体的に焦点を当てていきます。 Comarchは、IoT接続性、IoTイネーブルメント、および特定の業種の使用事例に関する専門知識と、SCSKのIoT開発に関するビジョンを併せ持つことで、完璧なスキルの組み合わせではないかと考えています。

Now or Never 〜 DX: 今・やる! 〜 Interop Tokyo 2021

2021/04/14 〜 2021/06/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 管理職

大西邦佳

(株)阪神タイガース 事業本部 営業部部長

無人の会場から拍手が鳴り響く!? スポーツ業界と創る”観戦のニューノーマル” 〜リモート応援システム「Remote Cheerer」の事例から〜

新型コロナウィルスの流行をきっかけにスポーツのリモート応援に注目が集まり、約100年の歴史があるスポーツ中継の観戦スタイルに変革が起こっています。 ヤマハとスポーツ業界が共に開発するスマホアプリ「Remote Cheerer」は自宅からでもスタジアムのスピーカーを通じて声援を送ったり音声SNS機能でユーザー同士が実況やトークをしながら応援を楽しむことができ今シーズン約500試合で延べ1億回以上の応援を会場に届けてきました。 https://remote-cheerer.com/ 本講演では、Remote CheererのアンバサダーのROLAND氏に実体験を交えてお話いただくと共に、スポーツ専門の動画配信サービスを展開するDAZNと、新プロジェクトを発表します。