鹿毛康司

株式会社かげこうじ事務所 兼 エステーCD

31歳の時に海外でMBAを取得した。全てのビジネスに対応できると自信満々の私だったが、その後企業の不祥事対応を経験し「世の中は理論だけでは動いていない」というあたり前のことを痛いほど思い知らされる。言葉尻でなく「お客様に喜んでもらってはじめて企業は存続できる」ということを、消費者というお客様自身から厳しく教えられた。以降、徹底的に「消費者に向き合う顧客視点のマーケティングとコミュニケーションを貫く」ことこそが「売上と利益につながる」と確信し企業活動を支援している。 雪印乳業を経て2003年にエステー株式会社に宣伝責任者として入社。2011年震災直後の「ミゲル少年と西川貴教の消臭力CM」で社会現象を巻き起こすなど、同社を日本有数のコミュニケーション力ある企業へと導いた。同時にYou-tubeがまだ生まれていない2003年に動画配信、2006年ツイッター黎明期に「中の人」を始めるなど、その時代の新しいツールをとりいれマーケティング手法の開発もおこなってきた。執行役を経て2020年6月事務所を設立。 現在は、エステー㈱C Dの他、グロービス経営大学院准教授、日経クロストレンド アドバイザリーメンバー、Ad-tech東京ボードメンバーなどを務める。第一線で活躍するトップマーケターと交流すると同時に、経済文化人トップにもインタビューをおこなうことで「今、通用する」マーケティングを探索し続けている。

Ne Plus U 2021 (ネプラス・ユー 2021)

2021/10/07 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

鹿毛康司

株式会社かげこうじ事務所 兼 エステーCD

人の心を動かすクリエイティブ

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

日本最大のコンテンツビジネス総合展 コンテンツ東京 2021

2021/04/14 〜 2021/04/16
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 教授
  • 社長
  • 管理職

鹿毛康司

(株)かげこうじ事務所 代表/マーケター/クリエイティブディレクター/ エステー(株) コミュニケーションアドヴァイザー/グロービス経営代学院 准教授ほか

マーケティング×クリエイティブ ~消費者の心を掴む「コンテンツ作り」とは~

商品・製品をより多くの消費者に届けるために最も重要なマーケティング。市場調査や分析はもちろん、商品そのものやCM・広告・SNSなどの「コンテンツ」も大切になってくる。「ヒットする商品」にするために必用なコンテンツとは何か?各社で活躍するトップマーケターたちが、消費者の心を掴む「コンテンツマーケティング」についてトークを交わす。

デジタル庁新設で変わる日本のIT環境! 2021年に企業が取り組むべきDXとは ~すぐに始められるデジタル変革への道~

2021/06/01 〜 2021/06/02
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 社長

鹿毛康司

かげこうじ事務所 代表 クリエイティブディレクター 経営マーケティングコンサルタント

心を知ればモノが売れる。

人は経済合理性だけでは行動していない。5%の顕在意識と95%の無意識で消費行動している。その95%にどうアプローチしていけば良いのか。それをご紹介いたします。