前野隆司

慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授

慶應義塾大学ウェルビーイングリサーチセンター長。ハーバード大学Visiting Professorなどを経て現職。博士(工学)。『幸福学×経営学』(2018年)、『幸せのメカニズム』(2014年)など多数。専門は、システムデザイン・マネジメント学、幸福学、イノベーション教育など。

日本の人事部 HRカンファレンス 2021 春 ~ Let's Grow up 史上最多のセッション数! HRの最高峰とつながろう ~

2021/05/18 〜 2021/05/26
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

前野隆司

慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授

ニューノーマルな時代に「生き残る組織」を創る「リーダーシップ」とは

ニューノーマルな時代に生き残る組織とはどんな特徴を備えているのか。組織のためにだけ存在する組織ではなく、働く人が「幸せに働くことが出来る組織」だと考えます。「幸せに働く」ことは、実際に生産性・創造性・欠勤率・離職率にどのように影響するのか、幸せの心的要因を分析した幸せの4つの因子とは何か、幸せな働き方/不幸せな働き方の14因子とは何かなどの点についてお話しします。

PERSOL CONFERENCE 2021 夏

2021/06/04 〜 2021/06/25
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

前野隆司

慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授

これからのwell-being経営とは ー企業価値を高め、一人ひとりが輝ける人材マネジメントとは

わが社は、「はたらく幸せを感じられる組織」と胸を張って言えますか?今、企業経営者が「Well-being経営」を掲げ、従業員や顧客の幸せに取り組んでいるのには理由があります。Well-being 研究が進むことにより、国内総生産(GDP)や収入との関係はもとより、幸福度と従業員の創造性、生産性の関係などが明らかになっています。本セミナーは、最新の調査結果や事例をお示ししながら、「Well-being経営」がもたらす価値についてお話いただきます。

NEC ONLINE SEMINAR 働き方DX Day “働きやすさ”から“働きがい”へ

2021/07/30 〜 2021/07/30
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • 教授

前野隆司

慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科教授

ウェルビーイングと働きがい&企業価値との幸せな関係

近年、ウェルビーイング(幸せ・健康)経営に注目が集まるようになってきました。本講演では、幸福経営学の研究を行ってきた講演者が、ウェルビーイング、働きがい、企業価値の関係について語ります。具体的には、幸せな社員は創造性や生産性が高いことや、幸せの4つの因子(やってみよう因子、ありがとう因子、なんとかなる因子、ありのままに因子)が幸せな働き方につながることについて、学術的な研究成果と企業での実践事例を交えながら詳らかにします。