DevelopersIO 2022 〜AWSからはじまるオンライン技術祭〜

2022/07/26 〜 2022/07/28
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

アシ

AWS事業本部 コンサルティング部

エンジニアリングとビジネスから考えるWeb3.0の現在と未来

NFTやブロックチェーン、暗号資産(仮想通貨)など昨今にわかにその動きが活発化している、いわゆる「Web3.0」。今回はこの壮大なテーマを部署の縛りを超えた「ONE CLASSMETHOD」で語り尽くします。 初心者の方にもわかりやすく基本テーマと現状をお話するセッション「Web3.0とは」、これから10年でのWeb3.0の広がり、テクニカルな進化とそれを使ったビジネスプラン、想定される課題とその解決方法を語り合う(妄想し合う)ディスカッション「これからのWeb3.0」の2本立てでお送りします。10年後に広がる世界を私たちと一緒に見てみましょう。

DevelopersIO 2022 〜AWSからはじまるオンライン技術祭〜

2022/07/26 〜 2022/07/28
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

玉井励

アライアンス統括部 アナリティクスコンサルタント

データ分析の世界で今後必要とされる役割「Purple People」とは

本格的なデータ分析に着手する企業が増えてきています。それに伴い、データ分析基盤を運用するデータエンジニアや、実際に分析を実施するデータアナリストの採用・育成も目立ってきています。しかし、分析対象のデータというのは、その企業のビジネスから生まれたものです。つまり、本来は、データ分析には、ビジネス側の知見も必要なのです。このセッションでは、最新のデータ分析基盤(Modern Data Stack)の運用スキルとビジネス側の知見、両方を同時に扱うことができる「Purple People」というロールについて説明します。

DevelopersIO 2022 〜AWSからはじまるオンライン技術祭〜

2022/07/26 〜 2022/07/28
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 社長

里見宗律

ネクストモード株式会社 代表取締役社長

ネクストモードがSaaSを使い倒して実現するカルチャーについて

本セミナーでは、NTT東日本とクラスメソッドという異なるカルチャーを持つメンバーが、どのように混ざり合って行ったのか。2年間の軌跡をカルチャー軸でお話しします。NTT東日本とクラスメソッドの共同出資で2020年に設立したネクストモード。「クラウドであたらしい働き方を」の世の中に広めていくために、会社設立当初から、オフィスを持たず全員がフルリモートで働いてきました。この働き方を支えている情報システムが、ネクストモードのメンバーが自ら選んだSaaSになります。なぜこれらのSaaSを選んだのか、選定基準の軸に目指すべきカルチャーがありました。

DevelopersIO 2022 〜AWSからはじまるオンライン技術祭〜

2022/07/26 〜 2022/07/28
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

田中孝明

CX事業本部 MAD事業部 エンジニア

エンジニアリングとビジネスから考えるWeb3.0の現在と未来

NFTやブロックチェーン、暗号資産(仮想通貨)など昨今にわかにその動きが活発化している、いわゆる「Web3.0」。今回はこの壮大なテーマを部署の縛りを超えた「ONE CLASSMETHOD」で語り尽くします。 初心者の方にもわかりやすく基本テーマと現状をお話するセッション「Web3.0とは」、これから10年でのWeb3.0の広がり、テクニカルな進化とそれを使ったビジネスプラン、想定される課題とその解決方法を語り合う(妄想し合う)ディスカッション「これからのWeb3.0」の2本立てでお送りします。10年後に広がる世界を私たちと一緒に見てみましょう。
ピープルビジネスの変革組織戦略の最前線

DevelopersIO 2022 〜AWSからはじまるオンライン技術祭〜

2022/07/26 〜 2022/07/28
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

畠山浩樹

アノテーション株式会社 インフラチームサブリーダー

クラスメソッドを支える情シスとPC管理基盤

2018年から整備してきたクラスメソッドのPC管理基盤が2021年12月にひとまずのゴールに達しました。このセッションでは海外も含めたクラスメソッドグループ全体の情報システムを紹介します。

DevelopersIO 2022 〜AWSからはじまるオンライン技術祭〜

2022/07/26 〜 2022/07/28
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

清野剛史

新規事業統括部 AIスペシャリスト

エンジニアリングとビジネスから考えるWeb3.0の現在と未来

NFTやブロックチェーン、暗号資産(仮想通貨)など昨今にわかにその動きが活発化している、いわゆる「Web3.0」。今回はこの壮大なテーマを部署の縛りを超えた「ONE CLASSMETHOD」で語り尽くします。 初心者の方にもわかりやすく基本テーマと現状をお話するセッション「Web3.0とは」、これから10年でのWeb3.0の広がり、テクニカルな進化とそれを使ったビジネスプラン、想定される課題とその解決方法を語り合う(妄想し合う)ディスカッション「これからのWeb3.0」の2本立てでお送りします。10年後に広がる世界を私たちと一緒に見てみましょう。

DevelopersIO 2022 〜AWSからはじまるオンライン技術祭〜

2022/07/26 〜 2022/07/28
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

宮島洋介

新規事業統括部 エンジニア

エンジニアリングとビジネスから考えるWeb3.0の現在と未来

NFTやブロックチェーン、暗号資産(仮想通貨)など昨今にわかにその動きが活発化している、いわゆる「Web3.0」。今回はこの壮大なテーマを部署の縛りを超えた「ONE CLASSMETHOD」で語り尽くします。 初心者の方にもわかりやすく基本テーマと現状をお話するセッション「Web3.0とは」、これから10年でのWeb3.0の広がり、テクニカルな進化とそれを使ったビジネスプラン、想定される課題とその解決方法を語り合う(妄想し合う)ディスカッション「これからのWeb3.0」の2本立てでお送りします。10年後に広がる世界を私たちと一緒に見てみましょう。

DevelopersIO 2022 〜AWSからはじまるオンライン技術祭〜

2022/07/26 〜 2022/07/28
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

吉崎陽介

CX事業本部 LINE事業部

エンジニアリングとビジネスから考えるWeb3.0の現在と未来

NFTやブロックチェーン、暗号資産(仮想通貨)など昨今にわかにその動きが活発化している、いわゆる「Web3.0」。今回はこの壮大なテーマを部署の縛りを超えた「ONE CLASSMETHOD」で語り尽くします。 初心者の方にもわかりやすく基本テーマと現状をお話するセッション「Web3.0とは」、これから10年でのWeb3.0の広がり、テクニカルな進化とそれを使ったビジネスプラン、想定される課題とその解決方法を語り合う(妄想し合う)ディスカッション「これからのWeb3.0」の2本立てでお送りします。10年後に広がる世界を私たちと一緒に見てみましょう。

DevelopersIO 2022 〜AWSからはじまるオンライン技術祭〜

2022/07/26 〜 2022/07/28
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 管理職

菊池修治

AWS事業本部 本部長

History of AWS 2022

Amazon Web Services(AWS)が登場した2004年から現在に至るまで、そのイノベーションの軌跡を振り返ります。なぜここまで多くのユーザーに受け入れられ、広がっていったのか、AWSの魅力をエンジニア視点で語ります

DevelopersIO 2022 〜AWSからはじまるオンライン技術祭〜

2022/07/26 〜 2022/07/28
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

植木和樹

CIO / アノテーション株式会社 取締役

クラスメソッドを支える情シスとPC管理基盤

2018年から整備してきたクラスメソッドのPC管理基盤が2021年12月にひとまずのゴールに達しました。このセッションでは海外も含めたクラスメソッドグループ全体の情報システムを紹介します。

DevelopersIO 2022 〜AWSからはじまるオンライン技術祭〜

2022/07/26 〜 2022/07/28
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

徳道圭一

アノテーション株式会社 インフラチームリーダー

クラスメソッドを支える情シスとPC管理基盤

2018年から整備してきたクラスメソッドのPC管理基盤が2021年12月にひとまずのゴールに達しました。このセッションでは海外も含めたクラスメソッドグループ全体の情報システムを紹介します。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

AkiyoshiTsuchida

Consultant - Accenture Japan Ltd

Microsoft の テクニカルサポートを効果的に利用するには? テクニカルサポートからほしい回答をもらうための問題の説明の仕方、質問の設定を考える。

Azureをはじめてとするテクニカルサポートをみなさんどのように活用されていますでしょうか。もしかしたら期待どおりの回答が来ないと悩んでいないでしょうか。 テクニカルサポートを効果的に利用するためには、まず自分自身が困っている問題をサポートに伝わるように説明する必要があります。 テクニカルサポートの中と外の両方の視点から、具体例を交えながらテクニカルサポートの効果的な利用の仕方をお話しします。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

NaohiroFujie

General Manager - ITOCHU Techno Solutions

Web3.0、NFTそして分散型ID

NFTや分散型ID、Verifiable Credentialsなどデータに関する主権をユーザ側に移行しつつ、データの真正性を担保する枠組みについて議論されています。本Talkではそれらのムーブメントに関する動向、技術の標準化の動向などについて解説します。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

YutoTakei

Head of Security - Mercoin - Mercari, Inc.

Web3.0、NFTそして分散型ID

NFTや分散型ID、Verifiable Credentialsなどデータに関する主権をユーザ側に移行しつつ、データの真正性を担保する枠組みについて議論されています。本Talkではそれらのムーブメントに関する動向、技術の標準化の動向などについて解説します。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

KentaIwasaki

XR Engineer - CyberAgent, Inc.

Mixed Reality 開発技術と現場活用の最新動向 – Developing, Deploying MR Applications

HoloLens 2 が市場投入されてから約2年半が経過し、さまざまな業界で Mixed Reality 技術が現場活用されるシーンが増えてきています。本セッションでは、日本国内の Mixed Reality 技術の現場活用事例を通して、HoloLens 2 アプリケーションの開発技術を中心に、Mixed Reality アプリケーション開発・現場導入を考える際に役立つ最新情報を Microsoft MVPs がお届けいたします。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

TakahiroMiyaura

Software Engineer - Microsoft MVP for Windows Development

Mixed Reality 開発技術と現場活用の最新動向 – Developing, Deploying MR Applications

HoloLens 2 が市場投入されてから約2年半が経過し、さまざまな業界で Mixed Reality 技術が現場活用されるシーンが増えてきています。本セッションでは、日本国内の Mixed Reality 技術の現場活用事例を通して、HoloLens 2 アプリケーションの開発技術を中心に、Mixed Reality アプリケーション開発・現場導入を考える際に役立つ最新情報を Microsoft MVPs がお届けいたします。
ピープルビジネスの変革組織戦略の最前線

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

KaoruNakamura

CEO - 株式会社ホロラボ / HoloLab Inc.

Mixed Reality 開発技術と現場活用の最新動向 – Developing, Deploying MR Applications

HoloLens 2 が市場投入されてから約2年半が経過し、さまざまな業界で Mixed Reality 技術が現場活用されるシーンが増えてきています。本セッションでは、日本国内の Mixed Reality 技術の現場活用事例を通して、HoloLens 2 アプリケーションの開発技術を中心に、Mixed Reality アプリケーション開発・現場導入を考える際に役立つ最新情報を Microsoft MVPs がお届けいたします。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

AkiraMurachi

Technical fellow - Exceedone Co., Ltd.

Microsoft の テクニカルサポートを効果的に利用するには? テクニカルサポートからほしい回答をもらうための問題の説明の仕方、質問の設定を考える。

Azureをはじめてとするテクニカルサポートをみなさんどのように活用されていますでしょうか。もしかしたら期待どおりの回答が来ないと悩んでいないでしょうか。 テクニカルサポートを効果的に利用するためには、まず自分自身が困っている問題をサポートに伝わるように説明する必要があります。 テクニカルサポートの中と外の両方の視点から、具体例を交えながらテクニカルサポートの効果的な利用の仕方をお話しします。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

TomohiroSuzuki

Architect - Microsoft MVP

Microsoft の テクニカルサポートを効果的に利用するには? テクニカルサポートからほしい回答をもらうための問題の説明の仕方、質問の設定を考える。

Azureをはじめてとするテクニカルサポートをみなさんどのように活用されていますでしょうか。もしかしたら期待どおりの回答が来ないと悩んでいないでしょうか。 テクニカルサポートを効果的に利用するためには、まず自分自身が困っている問題をサポートに伝わるように説明する必要があります。 テクニカルサポートの中と外の両方の視点から、具体例を交えながらテクニカルサポートの効果的な利用の仕方をお話しします。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

向井久美子

Technology Specialist - 日本マイクロソフト

進化が止まらないローコード開発最前線!日本市場 最新情報アップデート

Power Platform は、すべての開発者がより良いアプリをすばやく構築し、効果的に共同作業ができる、市場で最も完全なローコード開発プラットフォームです。 本セッションでは、 日本市場におけるPower Platformの最前線を、テクニカルスペシャリストが日本語でご紹介します。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

AkiraMurachi

Technical fellow - Exceedone Co., Ltd.

Microsoft の VDI ソリューション、何をどう使えばよいの? Azure VM, Azure Labo, Azure Virtual Desktop, Windows 365 の使い分け

Microsoft ではさまざまな種類の VDI ソリューションを提供しています。それぞれに特徴があり、適した用途やシナリオ、対象ユーザーが異なります。実際にこれらのソリューションを活用していたり、システム構築に携わっていたりする Microsoft MVP が、その使い分けについて話します。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

RyotaNakamura

CTO - S'ENTRÉSEAU, Inc.

Microsoft の VDI ソリューション、何をどう使えばよいの? Azure VM, Azure Labo, Azure Virtual Desktop, Windows 365 の使い分け

Microsoft ではさまざまな種類の VDI ソリューションを提供しています。それぞれに特徴があり、適した用途やシナリオ、対象ユーザーが異なります。実際にこれらのソリューションを活用していたり、システム構築に携わっていたりする Microsoft MVP が、その使い分けについて話します。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

MasayaSawada

SystemAdministrator - メディアフォース

Microsoft の VDI ソリューション、何をどう使えばよいの? Azure VM, Azure Labo, Azure Virtual Desktop, Windows 365 の使い分け

Microsoft ではさまざまな種類の VDI ソリューションを提供しています。それぞれに特徴があり、適した用途やシナリオ、対象ユーザーが異なります。実際にこれらのソリューションを活用していたり、システム構築に携わっていたりする Microsoft MVP が、その使い分けについて話します。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

FutoHorio

Engineer - Kobe Digital Labo Inc.

Mixed Reality 開発技術と現場活用の最新動向 – Developing, Deploying MR Applications

HoloLens 2 が市場投入されてから約2年半が経過し、さまざまな業界で Mixed Reality 技術が現場活用されるシーンが増えてきています。本セッションでは、日本国内の Mixed Reality 技術の現場活用事例を通して、HoloLens 2 アプリケーションの開発技術を中心に、Mixed Reality アプリケーション開発・現場導入を考える際に役立つ最新情報を Microsoft MVPs がお届けいたします。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

ShoheiOda

Developer Marketing Manager / Evangelist - Microsoft

発信活動を継続しながら楽しく成長する方法

スキルアップには発信活動が良いと言われていますが、3年前の私(38歳)は、技術記事を書いた事も社外発表した事もありませんでした。 そんな私が発信活動を始めたことで人生が劇的に変わりました。 その前の十年以上より、発信活動を始めてからの3年間の方が圧倒的に成長できました。 さらに発信活動を通して、様々なエンジニアと楽しく交流したり、多くの人から感謝されたりなど、人生が楽しくなりました。 このセッションでは、発信活動を継続しながら楽しく成長する方法を紹介します。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

小島優介

ヘッド - 株式会社デンソークリエイト

発信活動を継続しながら楽しく成長する方法

スキルアップには発信活動が良いと言われていますが、3年前の私(38歳)は、技術記事を書いた事も社外発表した事もありませんでした。 そんな私が発信活動を始めたことで人生が劇的に変わりました。 その前の十年以上より、発信活動を始めてからの3年間の方が圧倒的に成長できました。 さらに発信活動を通して、様々なエンジニアと楽しく交流したり、多くの人から感謝されたりなど、人生が楽しくなりました。 このセッションでは、発信活動を継続しながら楽しく成長する方法を紹介します。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

MasayukiMokudai

Microsoft Certified Trainer - トレノケート株式会社

私たちはこうして Microsoft Teams でプレゼンやってます

研修やセミナーで Teams 会議をプレゼンで使うことも多い 3 人が、プレゼンシーンに欠かせない機能やデバイス、実践しているテクニックなどを話しながら、今後の登場が楽しみな Mesh への期待も共有したいと思います。コミュニティ活動などでも活用する機会の多い Teams 会議、ぜひ皆さんの使い方も教えてください。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

TaichiNakamura

Product Marketing Manager - AvePoint

私たちはこうして Microsoft Teams でプレゼンやってます

研修やセミナーで Teams 会議をプレゼンで使うことも多い 3 人が、プレゼンシーンに欠かせない機能やデバイス、実践しているテクニックなどを話しながら、今後の登場が楽しみな Mesh への期待も共有したいと思います。コミュニティ活動などでも活用する機会の多い Teams 会議、ぜひ皆さんの使い方も教えてください。
ピープルビジネスの変革組織戦略の最前線

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

HirofumiOta

Solution Architect - UCHIDA YOKO CO., LTD.

私たちはこうして Microsoft Teams でプレゼンやってます

研修やセミナーで Teams 会議をプレゼンで使うことも多い 3 人が、プレゼンシーンに欠かせない機能やデバイス、実践しているテクニックなどを話しながら、今後の登場が楽しみな Mesh への期待も共有したいと思います。コミュニティ活動などでも活用する機会の多い Teams 会議、ぜひ皆さんの使い方も教えてください。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

足利惟

コンサルタント - 株式会社pnop

現場からみたAzureリファレンスアーキテクチャ答え合わせ

Azureでシステムを構築する場面において、Azure Architecture Centerで提供されているリファレンスアーキテクチャはとても参考になります。しかしプロジェクトにおける様々な都合により、リファレンス通りにはできないこともあります。 そこで本セッションでは、Webアプリケーションを対象としたリファレンスアーキテクチャを題材に、Azureスペシャリストが数多のプロジェクトで経験してきた考慮点とそれに対する解決案や、皆さんが遭遇した課題についてお話ししましょう。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

森島政人

Developer - 株式会社pnop

現場からみたAzureリファレンスアーキテクチャ答え合わせ

Azureでシステムを構築する場面において、Azure Architecture Centerで提供されているリファレンスアーキテクチャはとても参考になります。しかしプロジェクトにおける様々な都合により、リファレンス通りにはできないこともあります。 そこで本セッションでは、Webアプリケーションを対象としたリファレンスアーキテクチャを題材に、Azureスペシャリストが数多のプロジェクトで経験してきた考慮点とそれに対する解決案や、皆さんが遭遇した課題についてお話ししましょう。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

片倉義昌

senior consultant - 株式会社pnop

現場からみたAzureリファレンスアーキテクチャ答え合わせ

Azureでシステムを構築する場面において、Azure Architecture Centerで提供されているリファレンスアーキテクチャはとても参考になります。しかしプロジェクトにおける様々な都合により、リファレンス通りにはできないこともあります。 そこで本セッションでは、Webアプリケーションを対象としたリファレンスアーキテクチャを題材に、Azureスペシャリストが数多のプロジェクトで経験してきた考慮点とそれに対する解決案や、皆さんが遭遇した課題についてお話ししましょう。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

NaohiroFujie

General Manager - ITOCHU Techno Solutions

顧客向けID基盤/分散型ID基盤の導入を加速するサービス「SELMID」

顧客向けのID基盤を安全かつ迅速に導入するのは非常に困難です。CTCはAzure AD B2Cにカスタマイズ済みのテンプレートとコンサルティングサービスを組み合わせることにより短期間での導入を実現するサービス「SELMID」を提供しています。また、「SELMID」はAzure AD Verifiable Credentialsのグローバルパートナーとしての認定も受けており、最近話題の「分散型ID」を簡単に導入していただくことも可能となります。本セッションでは事例を交えながら「SELMID」を使った顧客向けID基盤や分散型ID基盤をどのように実現することが出来るのかご紹介いたします。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

TsuyoshiMatsuzaki

Cloud Solution Architect - Microsoft

顧客向けID基盤/分散型ID基盤の導入を加速するサービス「SELMID」

顧客向けのID基盤を安全かつ迅速に導入するのは非常に困難です。CTCはAzure AD B2Cにカスタマイズ済みのテンプレートとコンサルティングサービスを組み合わせることにより短期間での導入を実現するサービス「SELMID」を提供しています。また、「SELMID」はAzure AD Verifiable Credentialsのグローバルパートナーとしての認定も受けており、最近話題の「分散型ID」を簡単に導入していただくことも可能となります。本セッションでは事例を交えながら「SELMID」を使った顧客向けID基盤や分散型ID基盤をどのように実現することが出来るのかご紹介いたします。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

浅見城輝

代表取締役 - 株式会社pnop

現場からみたAzureリファレンスアーキテクチャ答え合わせ

Azureでシステムを構築する場面において、Azure Architecture Centerで提供されているリファレンスアーキテクチャはとても参考になります。しかしプロジェクトにおける様々な都合により、リファレンス通りにはできないこともあります。 そこで本セッションでは、Webアプリケーションを対象としたリファレンスアーキテクチャを題材に、Azureスペシャリストが数多のプロジェクトで経験してきた考慮点とそれに対する解決案や、皆さんが遭遇した課題についてお話ししましょう。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

NobuTanahashi

AI/ML Specialist - Microsoft

AIの未来と責任 -Microsoft AIが示すAI開発の可能性-

AIは我々のビジネスやライフスタイルにかつてない機会をもたらすと同時に、極めて大きな責任を伴います。AIの可能性を最大限に発揮するためには信頼という強固な基盤はもちろん、AI開発を支えるスケーラブルなAI/機械学習プラットフォームも欠かせません。マイクロソフトではすべての開発者の皆様に向けたAIの民主化を進めており、本KeynoteではマイクロソフトとAIテクノロジーの沿革、そして主要AI/機械学習プロダクト群であるAzure AIを中心にご紹介します。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

YoichiIshikawa

Microsoft MVP for Data Platform - Power BI - Individual

日本の Power BI MVPs が、いまディスカッションしておきたいこと

日本の Power BI MVP が、いま日本の Power BI ユーザーと考えてみたいことをトークテーマとして設定して、参加者と共にインタラクティブにディスカッションしていきます。 予定のトークテーマ(当日変更の可能性あり): 1.この1年の Power BI でお気に入りの機能 2.これから Power BI を始める人にどういう順序でレクチャーしますか? 3.今後の Power BI で注目しておくべきこと 4.データカルチャーの成熟度を高めるヒントは? 皆様からのご参加お待ちしております。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

TakeshiKagata

Independent consultant - Individual

日本の Power BI MVPs が、いまディスカッションしておきたいこと

日本の Power BI MVP が、いま日本の Power BI ユーザーと考えてみたいことをトークテーマとして設定して、参加者と共にインタラクティブにディスカッションしていきます。 予定のトークテーマ(当日変更の可能性あり): 1.この1年の Power BI でお気に入りの機能 2.これから Power BI を始める人にどういう順序でレクチャーしますか? 3.今後の Power BI で注目しておくべきこと 4.データカルチャーの成熟度を高めるヒントは? 皆様からのご参加お待ちしております。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

YugoShimizu

Technical Architect for BI & Data Platform - Individual

日本の Power BI MVPs が、いまディスカッションしておきたいこと

日本の Power BI MVP が、いま日本の Power BI ユーザーと考えてみたいことをトークテーマとして設定して、参加者と共にインタラクティブにディスカッションしていきます。 予定のトークテーマ(当日変更の可能性あり): 1.この1年の Power BI でお気に入りの機能 2.これから Power BI を始める人にどういう順序でレクチャーしますか? 3.今後の Power BI で注目しておくべきこと 4.データカルチャーの成熟度を高めるヒントは? 皆様からのご参加お待ちしております。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

FujioKojima

Expert - FUKUI COMPUTER HOLDINGS INC.

WebAssemblyのメカニズム

W3C Community GroupとW3C Working Groupが標準策定を推進しているWebAssemblyのコンパイラは、フロントエンドとバックエンドで構成されており、開発者は複数の言語でプログラムを記述、マルチプラットフォームで実行可能なアプリケーションを作成できます。このメカニズムは、コンテナ化のパラダイムシフトをRust、Go、Nodeなどにもたらします。 MicrosoftはBlazor WebAssemblyアーキテクチャを提供し、C#のRoslynコンパイラを提供して以来、Azure Functions、Dapr(Distributed Application Runtime)などの複数の言語対応とそのプラットフォーム機能を提供し続けています。最新のプラットフォームでは、2022年4月現在プレビューですが、WebAssemblyをAzure Kubernetes Serviceで相互運用させるWebAssembly System Interfaceノードプールを提供しています。 WebAssemblyのメカニズムについて、開発の視点からトークを展開いたします。
ピープルビジネスの変革組織戦略の最前線

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

ToshiyukiTAKAHAGI

Software Developer - Microsoft MVP

WebAssemblyのメカニズム

W3C Community GroupとW3C Working Groupが標準策定を推進しているWebAssemblyのコンパイラは、フロントエンドとバックエンドで構成されており、開発者は複数の言語でプログラムを記述、マルチプラットフォームで実行可能なアプリケーションを作成できます。このメカニズムは、コンテナ化のパラダイムシフトをRust、Go、Nodeなどにもたらします。 MicrosoftはBlazor WebAssemblyアーキテクチャを提供し、C#のRoslynコンパイラを提供して以来、Azure Functions、Dapr(Distributed Application Runtime)などの複数の言語対応とそのプラットフォーム機能を提供し続けています。最新のプラットフォームでは、2022年4月現在プレビューですが、WebAssemblyをAzure Kubernetes Serviceで相互運用させるWebAssembly System Interfaceノードプールを提供しています。 WebAssemblyのメカニズムについて、開発の視点からトークを展開いたします。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

TetsuroTakao

Solutions Architect - Microsoft MVP

WebAssemblyのメカニズム

W3C Community GroupとW3C Working Groupが標準策定を推進しているWebAssemblyのコンパイラは、フロントエンドとバックエンドで構成されており、開発者は複数の言語でプログラムを記述、マルチプラットフォームで実行可能なアプリケーションを作成できます。このメカニズムは、コンテナ化のパラダイムシフトをRust、Go、Nodeなどにもたらします。 MicrosoftはBlazor WebAssemblyアーキテクチャを提供し、C#のRoslynコンパイラを提供して以来、Azure Functions、Dapr(Distributed Application Runtime)などの複数の言語対応とそのプラットフォーム機能を提供し続けています。最新のプラットフォームでは、2022年4月現在プレビューですが、WebAssemblyをAzure Kubernetes Serviceで相互運用させるWebAssembly System Interfaceノードプールを提供しています。 WebAssemblyのメカニズムについて、開発の視点からトークを展開いたします。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • 役員

KevinScott

CTO and EVP, Technology & Research - Microsoft

AI 開発ツールの未来

CTO であるケビン・スコットが、AI やその他の技術やソフトウェアのイノベーションの新たな進歩によって、開発者やクリエイターがより多くのことを行い、生産性と創造性を発揮し、地球上のすべての人々の生活を豊かにする方法をお伝えします。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

HayatoHamada

GBB AI/ML Specialist - Microsoft

AIの未来と責任 -Microsoft AIが示すAI開発の可能性-

AIは我々のビジネスやライフスタイルにかつてない機会をもたらすと同時に、極めて大きな責任を伴います。AIの可能性を最大限に発揮するためには信頼という強固な基盤はもちろん、AI開発を支えるスケーラブルなAI/機械学習プラットフォームも欠かせません。マイクロソフトではすべての開発者の皆様に向けたAIの民主化を進めており、本KeynoteではマイクロソフトとAIテクノロジーの沿革、そして主要AI/機械学習プロダクト群であるAzure AIを中心にご紹介します。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

KentaroOda

Product Marketing Manager - Microsoft

AIの未来と責任 -Microsoft AIが示すAI開発の可能性-

AIは我々のビジネスやライフスタイルにかつてない機会をもたらすと同時に、極めて大きな責任を伴います。AIの可能性を最大限に発揮するためには信頼という強固な基盤はもちろん、AI開発を支えるスケーラブルなAI/機械学習プラットフォームも欠かせません。マイクロソフトではすべての開発者の皆様に向けたAIの民主化を進めており、本KeynoteではマイクロソフトとAIテクノロジーの沿革、そして主要AI/機械学習プロダクト群であるAzure AIを中心にご紹介します。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

MasakiYamamoto

Partner Technical Enablement Manager - サイトコア株式会社

世界一わかりみの深いAzureコンピューティングアーキテクチャの選定

Azureはアプリケーションを実行できる様々な基盤があります。仮想マシンはもちろん、PaaSであるAzure App Service、FaaSであるAzure Functions、コンテナ実行基盤に至っては、Azure Kubernetes Service、Azure Container Instances、そして昨年発表されたAzure Container Appsとよりどりみどりです。 そんな豊富なコンピューティングサービスを提供しているAzureですが、いざアプリケーションを動かそうとなると、どれを使っていのか迷ってしまうのではないでしょうか? そのような迷えるエンジニアの方々の羅針盤となるべく、本セッションでは、アプリケーションのニーズに合った最適なコンピューティングサービスをディスカッション形式で世界一わかりみ深くお伝えします。「こんなときにはAKSだよね」とか「やっぱり定番のApp Serviceでしょ」とか「最近Azure Container Appsもイイぞ」といった熱い議論を通じて、クラウドネイティブなアーキテクチャを構築する皆様の助けになれたらと思います。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

ShigeoMitsunari

Researcher - Cybozu Labs, Inc.

私とOSSと企業とのゆるやかな関係

私は長年、JITアセンブラXbyakや暗号ライブラリmcl/blsを開発し、派生プロジェクトXbyak_aarch64のコントリビュータでもあります。 これらのツールはIntelやスーパーコンピュータ富岳のoneAPI/oneDNNといったAIフレームワーク、またEthereumなどの多数のブロックチェーン系プロジェクトで利用されています。 個人プロダクトが企業や大きな団体に使われるときの楽しみや苦しみについて、私の経験を踏まえてざっくばらんに紹介します。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

TakashiKawamoto

Technical Evangelist - LINE Corp

Azure AI によって広がる開発者の可能性と最新動向

そのパフォーマンスの高さ、機能の網羅性の広さから業界を牽引するAzure AI。また、その進化はとどまることを知りません。 そんな優れたAzureのAIテクノロジーは必ずしも機械学習の専門家だけのものでは無いと思っています。 機械学習の専門家で無い開発者にもたらす恩恵も非常に大きいと感じています。 そして、次々と先進的かつ実用的な機能がリリースされ、それがMicrosoft Azureを通じて誰でも使うことができる。まさに機械学習の民主化。 Azure AIによりこれから本当の機械学習活用フェーズが始まると言えるかもしれません。 そんな、誰でも機械学習を使える未来にそなえ、本セッションでは現状のAzure AIをご紹介することで、開発者にとってどのような存在になりそうか感じていただければと思います。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

RyujiIwata

software developer - Ryobi Systems Co., Ltd.

Go on Microsoft/Azure

Microsoft/Azureの製品やサービスにおけるプログラミング言語Go(以降:Go)について意見交換しましょう。 昨今、Goは「クラウド言語」と言われるまでに成長し、Microsoft/Azureにおいてもその力を遺憾なく発揮しております。Goを用いたMicrosoft/Azureでのシステム/アプリケーションの開発、どのように活用するのか/できるのか、その使い処/使われ処など、Microsoft/Azure x Goの利点、課題、現状や未来について一緒に楽しく語り合いませんか?

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

YasuakiMatsuda

Developer - Microsoft MVP

世界一わかりみの深いAzureコンピューティングアーキテクチャの選定

Azureはアプリケーションを実行できる様々な基盤があります。仮想マシンはもちろん、PaaSであるAzure App Service、FaaSであるAzure Functions、コンテナ実行基盤に至っては、Azure Kubernetes Service、Azure Container Instances、そして昨年発表されたAzure Container Appsとよりどりみどりです。 そんな豊富なコンピューティングサービスを提供しているAzureですが、いざアプリケーションを動かそうとなると、どれを使っていのか迷ってしまうのではないでしょうか? そのような迷えるエンジニアの方々の羅針盤となるべく、本セッションでは、アプリケーションのニーズに合った最適なコンピューティングサービスをディスカッション形式で世界一わかりみ深くお伝えします。「こんなときにはAKSだよね」とか「やっぱり定番のApp Serviceでしょ」とか「最近Azure Container Appsもイイぞ」といった熱い議論を通じて、クラウドネイティブなアーキテクチャを構築する皆様の助けになれたらと思います。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

NoriyukiTakei

Application Architect - SIOS Technology, Inc.

世界一わかりみの深いAzureコンピューティングアーキテクチャの選定

Azureはアプリケーションを実行できる様々な基盤があります。仮想マシンはもちろん、PaaSであるAzure App Service、FaaSであるAzure Functions、コンテナ実行基盤に至っては、Azure Kubernetes Service、Azure Container Instances、そして昨年発表されたAzure Container Appsとよりどりみどりです。 そんな豊富なコンピューティングサービスを提供しているAzureですが、いざアプリケーションを動かそうとなると、どれを使っていのか迷ってしまうのではないでしょうか? そのような迷えるエンジニアの方々の羅針盤となるべく、本セッションでは、アプリケーションのニーズに合った最適なコンピューティングサービスをディスカッション形式で世界一わかりみ深くお伝えします。「こんなときにはAKSだよね」とか「やっぱり定番のApp Serviceでしょ」とか「最近Azure Container Appsもイイぞ」といった熱い議論を通じて、クラウドネイティブなアーキテクチャを構築する皆様の助けになれたらと思います。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

HiroyukiNakazato

Cloud Solution Architect - Microsoft

Azure データ & 分析サービス 最新アップデート

Microsoft Azure が提供する幅広いデータ & 分析サービスの全体像と、各サービスの最新アップデート情報について、Microsoft のクラウド ソリューション アーキテクトが日本語で解説します。
ピープルビジネスの変革組織戦略の最前線

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

林宜憲

代表 - 株式会社リンシステムズ

About Azure IoT Central, Azure IoT Edge 

Azure IoT CentralやAzure IoT Edgeを使ったデバイスの開発環境や採用事例などの話題をお話しするとともに、参加者の皆さんと .NET nanoFrameworkに関する情報交換を行うTable Talkをお届けいたします。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

TakayukiFuwa

President & Engineer - Shinonome Laboratory

世界一わかりみの深いAzureコンピューティングアーキテクチャの選定

Azureはアプリケーションを実行できる様々な基盤があります。仮想マシンはもちろん、PaaSであるAzure App Service、FaaSであるAzure Functions、コンテナ実行基盤に至っては、Azure Kubernetes Service、Azure Container Instances、そして昨年発表されたAzure Container Appsとよりどりみどりです。 そんな豊富なコンピューティングサービスを提供しているAzureですが、いざアプリケーションを動かそうとなると、どれを使っていのか迷ってしまうのではないでしょうか? そのような迷えるエンジニアの方々の羅針盤となるべく、本セッションでは、アプリケーションのニーズに合った最適なコンピューティングサービスをディスカッション形式で世界一わかりみ深くお伝えします。「こんなときにはAKSだよね」とか「やっぱり定番のApp Serviceでしょ」とか「最近Azure Container Appsもイイぞ」といった熱い議論を通じて、クラウドネイティブなアーキテクチャを構築する皆様の助けになれたらと思います。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

AtsushiKojima

CEO - Alterbooth Inc.

App Modernization for .NET

脱Windows!モダン.NETはクロスプラットフォームで利用できる全く新しいアーキテクチャーです。このセッションではWindows to Azureにおけるアプリケーション視点でのモダナイズを中心に、AzureのWell-Architected Frameworkを紐解きます。単なるサーバーマイグレーションではないクラウドネイティブ化された.NETクラウド導入戦略をお伝えします。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

YutaMatsumura

Chief Technical Architect - Alterbooth Inc.

App Modernization for .NET

脱Windows!モダン.NETはクロスプラットフォームで利用できる全く新しいアーキテクチャーです。このセッションではWindows to Azureにおけるアプリケーション視点でのモダナイズを中心に、AzureのWell-Architected Frameworkを紐解きます。単なるサーバーマイグレーションではないクラウドネイティブ化された.NETクラウド導入戦略をお伝えします。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

KoheiSaito

Cloud Solution Architect - Microsoft

Java EE (Jakarta EE) アプリケーションを Azure にデプロイする

Java EEアプリケーションは、購入管理、製造、および顧客関係管理など、多くの企業で使用されています。 このセッションでは、MySQL用のAzureデータベース上のデータベースを作成し、Azure App ServiceでJBoss EEPにJava EE(Jakarta EE)アプリケーションを作成および展開します。 最後に、アプリケーションのライフサイクルを管理する方法を学びます。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

YoshioTerada

Sr. Cloud Advocate - Microsoft Corporation

Java EE (Jakarta EE) アプリケーションを Azure にデプロイする

Java EEアプリケーションは、購入管理、製造、および顧客関係管理など、多くの企業で使用されています。 このセッションでは、MySQL用のAzureデータベース上のデータベースを作成し、Azure App ServiceでJBoss EEPにJava EE(Jakarta EE)アプリケーションを作成および展開します。 最後に、アプリケーションのライフサイクルを管理する方法を学びます。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

ShoheiOda

Developer Marketing Manager / Evangelist - Microsoft

開発者としてどう成長するか

Microsoft Build をお楽しみいただけていますか?皆様は、この世界的なカンファレンスを通じて、さまざまな最新技術をインプットできます。その後、インプットした知識や技術を何らかの方法でアウトプットし、定着を図ると思いますが、その方法は?このセッションではそんな皆様に向けて Microsoft Learn のご紹介と、定められたカリキュラムだけではない自由な学習の場へご招待し、開発者としての成長をご支援いたします。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

KaoruNakamura

CEO - 株式会社ホロラボ / HoloLab Inc.

GitHub や DevOps の現場事情トーク

今や GitHub や Azure DevOps をはじめとした DevOps による開発体制は、採用する現場も多く、開発対象やプロジェクトを越えて身近なテーマです。導入・運用のコツや、お困りごと、そもそも導入にこぎつけられないけどどうすれば…など、現場の実情を交えながら、知見共有しましょう!

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

KazumiOHIRA

Developer - フリーランス / ZEN ARCHITRCTS

GitHub や DevOps の現場事情トーク

今や GitHub や Azure DevOps をはじめとした DevOps による開発体制は、採用する現場も多く、開発対象やプロジェクトを越えて身近なテーマです。導入・運用のコツや、お困りごと、そもそも導入にこぎつけられないけどどうすれば…など、現場の実情を交えながら、知見共有しましょう!

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

AtsushiYokohama

Developer - ZEN ARCHITECTS

GitHub や DevOps の現場事情トーク

今や GitHub や Azure DevOps をはじめとした DevOps による開発体制は、採用する現場も多く、開発対象やプロジェクトを越えて身近なテーマです。導入・運用のコツや、お困りごと、そもそも導入にこぎつけられないけどどうすれば…など、現場の実情を交えながら、知見共有しましょう!

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

AtomuHidaka

President - Device Drivers Limited

Windows 11の使いこなし 「Insider Preview からFeedback Hubまで」

皆さんはWindows 11を使いこなしていますか? Windows 11はFeedback Hubのリクエストや障害レポートを元に、現在開発が進められている新しいOSです。 本セッションでは、Windows 11のインストール条件、Insider Preview からドライバーの変更点、Feedback Hubの使いこなしまでを、独自に入手した小技を交えて紹介しながら開発者視点で議論し、Windows 11の今後を占うユニークなセッションです。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

YukiHattori

Cloud Solution Architect - Microsoft

DevSecOps : 開発スピードとセキュリティの両立をめざして

近年 DX の推進に伴い、アジャイル開発を導入している企業も増えています。クラウドの普及や、リモート開発など多様化する組織においても変わらぬ開発スピード、品質管理が要求される一方で、セキュアな開発も求められています。しかし、これらの両立を属人的な運用で実現するには限界があります。本セッションでは、開発と運用だけでなく、セキュリティも連携させることでいかにしてセキュアかつ迅速な開発アプローチが取れるかについて Microsoft と、GitHub のエンジニアが日本語でお届けします。
ピープルビジネスの変革組織戦略の最前線

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

KazuyukiMiyake

CTO - ZEN Architects

Azure ハッカソンを運営してわかった「ゼロベース+数日間で何とかなる」クラウドネイティブ アーキテクチャで成功するための秘訣

クラウドネイティブという表現が使われるようになってはや数年、その解釈や設計のアプローチは多岐にわたります。Microsoft Azure を使ったクラウドネイティブアーキテクチャにおいても、PaaS や Serverless といった Azure が元来得意としていた領域に加え、コンテナ技術の普及や GitHub に代表される DevOps のテクノロジーも組み合わせてアーキテクチャを設計していくことが求められる時代になりました。このセッションでは、ここ数年で延べ30社以上の日本企業で Azure 導入ハッカソンワークショップを企画した日本マイクロソフトの横井と、ワークショップを運営してきたゼンアーキテクツの三宅が、Azure の クラウドネイティブテクノロジーを活用した設計パターンやアーキテクチャを実際のワークショップ事例をまじえて解説します。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

UikoYokoi

Product Marketing Manager - Microsoft

Azure ハッカソンを運営してわかった「ゼロベース+数日間で何とかなる」クラウドネイティブ アーキテクチャで成功するための秘訣

クラウドネイティブという表現が使われるようになってはや数年、その解釈や設計のアプローチは多岐にわたります。Microsoft Azure を使ったクラウドネイティブアーキテクチャにおいても、PaaS や Serverless といった Azure が元来得意としていた領域に加え、コンテナ技術の普及や GitHub に代表される DevOps のテクノロジーも組み合わせてアーキテクチャを設計していくことが求められる時代になりました。このセッションでは、ここ数年で延べ30社以上の日本企業で Azure 導入ハッカソンワークショップを企画した日本マイクロソフトの横井と、ワークショップを運営してきたゼンアーキテクツの三宅が、Azure の クラウドネイティブテクノロジーを活用した設計パターンやアーキテクチャを実際のワークショップ事例をまじえて解説します。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

KazushiKamegawa

Developer - Microsoft MVP

GitHub や DevOps の現場事情トーク

今や GitHub や Azure DevOps をはじめとした DevOps による開発体制は、採用する現場も多く、開発対象やプロジェクトを越えて身近なテーマです。導入・運用のコツや、お困りごと、そもそも導入にこぎつけられないけどどうすれば…など、現場の実情を交えながら、知見共有しましょう!

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

DanielCho

Field Solutions Engineer - GitHub Japan, GK

DevSecOps : 開発スピードとセキュリティの両立をめざして

近年 DX の推進に伴い、アジャイル開発を導入している企業も増えています。クラウドの普及や、リモート開発など多様化する組織においても変わらぬ開発スピード、品質管理が要求される一方で、セキュアな開発も求められています。しかし、これらの両立を属人的な運用で実現するには限界があります。本セッションでは、開発と運用だけでなく、セキュリティも連携させることでいかにしてセキュアかつ迅速な開発アプローチが取れるかについて Microsoft と、GitHub のエンジニアが日本語でお届けします。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

RyotaNakamura

CTO - S'ENTRÉSEAU, Inc.

Microsoft 365 x Power Platform 座談会

Microsoft 365 と Power Platform を組み合わせてチョッと便利にしてみませんか?Microsoft 365 カテゴリの MVP と、 Power Apps・Power Automate カテゴリの MVP と「Microsoft 365 と Power Platform のコラボレーション」について、ワイガヤしましょう。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

TeruchikaYamada

Senior Technical Manager - ICSOFT, Inc.

Microsoft 365 x Power Platform 座談会

Microsoft 365 と Power Platform を組み合わせてチョッと便利にしてみませんか?Microsoft 365 カテゴリの MVP と、 Power Apps・Power Automate カテゴリの MVP と「Microsoft 365 と Power Platform のコラボレーション」について、ワイガヤしましょう。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

ToshimiHatanaka

Training Program Manager, WWL - Microsoft

専門家に尋ねる:マイクロソフト認定

最新のアップデートを入手し、マイクロソフト認定および更新に関する質問に専門家のパネルが回答してもらいます。 認定資格の価値、利用可能なMicrosoft認定資格試験、無料で利用できる認定資格を更新するメリット、認定資格を最大限に活用し、専門家のネットワークで成果を祝うためのヒントとコツについて説明します。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

AkikoKawamura

Training Program Manager - Microsoft

専門家に尋ねる:マイクロソフト認定

最新のアップデートを入手し、マイクロソフト認定および更新に関する質問に専門家のパネルが回答してもらいます。 認定資格の価値、利用可能なMicrosoft認定資格試験、無料で利用できる認定資格を更新するメリット、認定資格を最大限に活用し、専門家のネットワークで成果を祝うためのヒントとコツについて説明します。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

KeijiKamebuchi

Senior Fellow - pnop Inc.

Geek of Azure Serverless (Build 2022 編) – 「マイクロサービス x ビッグデータ x イベントドリブン」も実現できる Modern Serverless Architecture の鉄板パターン

2022年に入り Azure の PaaS/Serverless ファミリーはますます進化しています。サーバーレスだからといって簡易なシステムに適用するだけの時代は去り、今やエンタープライズのコア業務やスタートアップのビジネスを支える主要なアーキテクチャでも採用されるようになっています。このセッションでは、日本を代表する 「Geek of Azure Serverless(自称)」 の MVP 達が Azure による Modern Serverless Architecture について最新情報を交えながら解説します。このセッションを聞くことで 「マイクロサービス x ビッグデータ x イベントドリブン」なアーキテクチャパターンがより身近になること間違いなしです。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

KazuyukiMiyake

CTO - ZEN Architects

Geek of Azure Serverless (Build 2022 編) – 「マイクロサービス x ビッグデータ x イベントドリブン」も実現できる Modern Serverless Architecture の鉄板パターン

2022年に入り Azure の PaaS/Serverless ファミリーはますます進化しています。サーバーレスだからといって簡易なシステムに適用するだけの時代は去り、今やエンタープライズのコア業務やスタートアップのビジネスを支える主要なアーキテクチャでも採用されるようになっています。このセッションでは、日本を代表する 「Geek of Azure Serverless(自称)」 の MVP 達が Azure による Modern Serverless Architecture について最新情報を交えながら解説します。このセッションを聞くことで 「マイクロサービス x ビッグデータ x イベントドリブン」なアーキテクチャパターンがより身近になること間違いなしです。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

TatsuroShibamura

Developer - Personal

Geek of Azure Serverless (Build 2022 編) – 「マイクロサービス x ビッグデータ x イベントドリブン」も実現できる Modern Serverless Architecture の鉄板パターン

2022年に入り Azure の PaaS/Serverless ファミリーはますます進化しています。サーバーレスだからといって簡易なシステムに適用するだけの時代は去り、今やエンタープライズのコア業務やスタートアップのビジネスを支える主要なアーキテクチャでも採用されるようになっています。このセッションでは、日本を代表する 「Geek of Azure Serverless(自称)」 の MVP 達が Azure による Modern Serverless Architecture について最新情報を交えながら解説します。このセッションを聞くことで 「マイクロサービス x ビッグデータ x イベントドリブン」なアーキテクチャパターンがより身近になること間違いなしです。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

AiHIRANO

オフィスアイ株式会社 代表取締役

Microsoft 365 x Power Platform 座談会

Microsoft 365 と Power Platform を組み合わせてチョッと便利にしてみませんか?Microsoft 365 カテゴリの MVP と、 Power Apps・Power Automate カテゴリの MVP と「Microsoft 365 と Power Platform のコラボレーション」について、ワイガヤしましょう。
ピープルビジネスの変革組織戦略の最前線

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

TaichiNakamura

Product Marketing Manager - AvePoint

Microsoft 365 x Power Platform 座談会

Microsoft 365 と Power Platform を組み合わせてチョッと便利にしてみませんか?Microsoft 365 カテゴリの MVP と、 Power Apps・Power Automate カテゴリの MVP と「Microsoft 365 と Power Platform のコラボレーション」について、ワイガヤしましょう。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

DonovanBrown

Partner Program Manager- Microsoft

2022 Imagine Cup 世界選手権

Imagine Cup では、情熱とイノベーションが融合します。世界中の同じ志を持つ学生たちが集まり、違いを生み出すことができます。20 周年を迎えたこの選手権で、学生たちは最先端のテクノロジを使用して感動的かつ包括的なプロジェクトを作成しました。すべては何千ものチームから受け継がれたものです。Imagine Cup 世界選手権でどの学生がトロフィー、マイクロソフト会長兼 CEO の Satya Nadella によるメンタリング、100,000 米ドルを獲得するのかを見届けましょう。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

TiernanMadorno

Joy Officer - Microsoft

2022 Imagine Cup 世界選手権

Imagine Cup では、情熱とイノベーションが融合します。世界中の同じ志を持つ学生たちが集まり、違いを生み出すことができます。20 周年を迎えたこの選手権で、学生たちは最先端のテクノロジを使用して感動的かつ包括的なプロジェクトを作成しました。すべては何千ものチームから受け継がれたものです。Imagine Cup 世界選手権でどの学生がトロフィー、マイクロソフト会長兼 CEO の Satya Nadella によるメンタリング、100,000 米ドルを獲得するのかを見届けましょう。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

HitoshiYoshida

CEO Microsoft Japan, CVP - Microsoft Japan Co., Ltd

Revitalize Japan – 技術革新とコラボレーションの未来を共に創り上げる為に

Microsoft Buildは、マイクロソフトがすべての開発者の皆様にお届けする世界最大級の開発者カンファレンスです。 今年からは、日本の皆様のために、日本独自のコンテンツを拡充してお届けすることとなりました。 日本マイクロソフトは、デジタルトランスフォーメーションを進めることが日本の変革につながり、社会全体を再活性化(Revitalize Japan)できると確信しています)。開発者の皆さんと共に、日本の変革とイノベーションを推進すべく、マイクロソフトが注力する取り組みとテクノロジ、将来のために必要な視座を共有します。

Microsoft Build

2022/05/25 〜 2022/05/26
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • 社長

SatyaNadella

Chairman and CEO- Microsoft

Microsoft Build オープニング

Satya Nadella が、マイクロソフトがどのように自社プラットフォーム全体で開発者に新しい機会を創出しているかをご紹介します。

Sansan Builders Stage 2021

2021/11/05 〜 2021/11/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

古川真次

Sansan株式会社 技術本部 Mobile Applicationグループ Androidエンジニア

Sansan Androidチームで取り組む技術研鑽タイムのご紹介

Sansan Androidチームでは、チームメンバーの技術力向上とモチベーション向上を目的として「技術研鑽タイム」を公式に設けています。業務の中だけだと実際に触る技術領域に関する知見や技術しか身につけることができません。技術研鑽タイムに「普段の業務では触らないけど最近話題となっているライブラリや周辺技術」に触れることで新たな知見を得、それらを業務に活かせられるような取り組みをしています。また、技術研鑽タイムで得られた知識を個人で閉じることなく、チーム内で共有する取り組みも用意しています。この中で得られた知見や進め方について共有します。

Sansan Builders Stage 2021

2021/11/05 〜 2021/11/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

藤倉成太

Sansan株式会社 執行役員/CTO/VPoE

Closing 〜未来の当たり前を創る〜

まだ誰も気づいていない課題を解決する新しいプロダクトを創る。Sansanは、この未知なる領域に踏み出すために技術を使い、未来の当たり前を創り出そうとしています。本セッションではCTOである藤倉より、こうした事業に向き合うエンジニアとして心がけるべき技術への向き合い方や、組織のあり方についてお話します。

Sansan Builders Stage 2021

2021/11/05 〜 2021/11/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

前田英司

Sansan株式会社 技術本部 Bill One Engineeringグループ Webエンジニア

Bill Oneで向き合う外部連携の仕組み

Bill Oneでは、請求書のデータを外部システムにAPI連携しています。プロダクトで外部連携をする場合は、いかに既存機能に影響を与えないか、素早くリリースしていくか、安定してサービスを稼働させるかについて考える必要があります。本LTでは、これらの課題にBIll Oneはどのように向き合っているのか、今後どうするか考えていることについてご紹介します。

Sansan Builders Stage 2021

2021/11/05 〜 2021/11/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

姜美善

Sansan株式会社 Contract One Unit UXデザイナー

Sansanで作る「Sansan」以外のマルチプロダクトのUX

Contract One、Bill One、Sansan Seminar Managerの初期設計からリリースまで、どのような過程でUXに向き合っているかをお話します。

Sansan Builders Stage 2021

2021/11/05 〜 2021/11/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 専門職

齋藤慎一朗

Sansan株式会社 技術本部 DSOC 研究開発部 Data Analysisグループ 研究員

Eightにおけるニュース配信の取り組み

Eightではニュース配信を行なっています。本ニュース配信では、Web上から取得したニュースに対して、様々な判定器、分類器を通し、ユーザーの皆様により適切なニュースを届けるため日々試行錯誤しています。本セッションでは、どのような判定器、分類器が存在するか、またその技術面を紹介し、ニュース配信の裏側を皆様にお見せしたいと思います。

Sansan Builders Stage 2021

2021/11/05 〜 2021/11/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

小清水健人

Sansan株式会社 技術本部 Mobile Applicationグループ iOSエンジニア

Eight iOSアプリの開発手法

Eight iOSアプリは歴史が長く、比較的規模の大きなアプリです。規模に比例した複雑さをもつ一方で、iOS チームでは開発スピードを落とさず継続的な開発・リリースを実現しています。チーム開発、アーキテクチャなどの観点から Eight iOSアプリの開発手法をご紹介します。

Sansan Builders Stage 2021

2021/11/05 〜 2021/11/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

林愛空

Sansan株式会社 UXリサーチセンター UXリサーチャー

ユーザー体験を調査し開発に繋げる「UXリサーチ組織」の立ち上げ方

UXリサーチセンターの組織デザインや、ステークホルダーとの関係性構築など、どのような意思と意図を持って選択し実行してきたか、その軌跡をご紹介します。
ピープルビジネスの変革組織戦略の最前線

Sansan Builders Stage 2021

2021/11/05 〜 2021/11/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

内田奏

Sansan株式会社 技術本部 DSOC 研究開発部 Automationグループ 研究員

DSOC OCR 全項目展開に向けた取り組み

名刺データは、ビジネスで活用するという目的上、限りなく100%に近い精度でデータ化する必要があります。DSOCでは、人と機械を組み合わせ上記精度を達成していますが、更なるコスト最適化・高速な納品に向けて、名刺に特化した「DSOC OCR」を独自に開発しています。本発表では、現行のEmail・氏名版DSOC OCRを全項目へ展開するための取り組みをご紹介します。

Sansan Builders Stage 2021

2021/11/05 〜 2021/11/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

吉山遼太

Sansan株式会社 技術本部 CSIRTグループ セキュリティエンジニア

CSIRTによるインシデント対応を支えるログ集約と分析の取り組みのご紹介

CSIRTでは日々、セキュリティに関するお問い合わせやインシデントの対応、導入しているセキュリティ製品の監視などを行っています。問い合わせやインシデント対応においてはログが非常に重要な要素となります。今回はCSIRTにおけるログの集約と分析を支えているログ分析基盤についてご紹介します。

Sansan Builders Stage 2021

2021/11/05 〜 2021/11/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

西場正浩

Sansan株式会社 技術本部 DSOC 研究開発部 部長

研究開発組織のマネジメント

研究開発組織は、技術的な側面でビジネスやプロダクトに貢献することと、技術を磨き続けることの両立が必要です。その両立を実現するための組織戦略や、組織全体の成果を最大化するためのOKRの運用の高度化・スモールチーム化・プロジェクト管理の標準化などの取り組みについてご紹介します。

Sansan Builders Stage 2021

2021/11/05 〜 2021/11/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

臼井翔平

Sansan株式会社 技術本部 DSOC 研究開発部 SocSciグループ シニアリサーチャー

名刺交換から構築する企業間の転職ネットワーク「Talent Flow Network」の活用

Eightに登録されている名刺を用いてTalent Flow Networkを構築することができます。Talent Flow Networkは職種から職種の異動や企業から企業への異動等の情報を含んでおり、様々な応用が考えられます。このネットワークのプロダクト(Eight Career Design)への適用についてご紹介します。

Sansan Builders Stage 2021

2021/11/05 〜 2021/11/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

辰濱健一

Sansan株式会社 技術本部 Bill One Engineeringグループ エンジニア

Lokalise を使った Bill One の多言語化フローのチューニング

社内の多くのプロダクトでも多言語化の対応が行われていますが、翻訳者と開発者の工数が掛かってしまっているのが現状です。Bill Oneの多言語化では、新たにLokaliseというサービスを使って多言語対応のワークフローを構築し、従来よりも効率的に多言語化対応が行えるようになりました。本セッションではこれらの取り組みについてご紹介します。

Sansan Builders Stage 2021

2021/11/05 〜 2021/11/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

荒川聖悟

Sansan株式会社 Sansan Unit Product Managementグループ アソシエイトプロダクトマネジャー

新米PdMが学んだBtoBにおけるプロダクトマネジメント

法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」のプロダクト開発規模は創業以来拡大を続けています。規模の大きいBtoBのプロダクトにおけるPdMの仕事について、エンジニアからPdMに転向した新米PdMになった自分の目線からその特徴をご紹介します。またこの環境下でプロダクトマネージャーとして学んだことについても共有します。

Sansan Builders Stage 2021

2021/11/05 〜 2021/11/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

大澤秀一

Sansan株式会社 技術本部 DSOC 研究開発部 Arcグループ R&Dエンジニア

R&DにおけるTerraformとAnsibleを活用したInfrastructure as Codeへの取り組み

研究開発部 Arcグループは、R&D提供の様々なサービスにおけるサービス品質・可用性・セキュリティ・オブザーバビリティの担保をミッションにしており、開発エンジニアとデータエンジニアが所属しています。限られた人的リソースで多種のサービスを開発・運用するため、Infrastructure as Code(IaC)を積極的に活用しています。本セッションでは、Terraformによるインフラストラクチャ管理とAnsibleによるクラウドオペレーションの自動化事例についてご紹介します。

Sansan Builders Stage 2021

2021/11/05 〜 2021/11/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

赤城史哉

Sansan株式会社 技術本部 Mobile Applicationグループ Androidエンジニア

Sansan Androidアプリの変遷とJetpack Composeの導入

Sansan Androidアプリは2014年から提供を開始して約7年が経っており、比較的規模の大きいアプリになっています。開発の規模やスピードが上昇していった中で、どのようにアーキテクチャやライブラリを採用していったかについてお話します。そしてそんな歴史のあるアプリに最新のUIツールキットであるJetpack Composeを導入しようと動いています。現状のアーキテクチャに合わせてどうJetpack Composeを適用していくかについて併せてご紹介します。

Sansan Builders Stage 2021

2021/11/05 〜 2021/11/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

山口佳祐

Sansan株式会社 技術本部 Mobile Applicationグループ アシスタントグループマネジャー

Sansan Androidアプリの変遷とJetpack Composeの導入

Sansan Androidアプリは2014年から提供を開始して約7年が経っており、比較的規模の大きいアプリになっています。開発の規模やスピードが上昇していった中で、どのようにアーキテクチャやライブラリを採用していったかについてお話します。そしてそんな歴史のあるアプリに最新のUIツールキットであるJetpack Composeを導入しようと動いています。現状のアーキテクチャに合わせてどうJetpack Composeを適用していくかについて併せてご紹介します。

Sansan Builders Stage 2021

2021/11/05 〜 2021/11/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

高橋寛治

Sansan株式会社 技術本部 DSOC 研究開発部 Data Analysisグループ シニアリサーチャー

継続して改善する固有表現抽出

ニュース配信のための企業名抽出をきっかけに、固有表現抽出に継続して取り組んでいます。ひとえに固有表現抽出といっても、タスク設計、データの作成、学習評価、実稼働と様々な工程が必要です。継続して改善に取り組む上では、わかりやすいコードであったり、アノテーションしやすいガイドラインといった枠組みが重要です。本発表では、前述の項目についてどのように取り組んで改善を重ねているかご紹介します。

Sansan Builders Stage 2021

2021/11/05 〜 2021/11/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

鳥山らいか

Sansan株式会社 技術本部 Eight Engineering Unit Eight Career Devグループ フロントエンドエンジニア

Eight Webフロントエンドの開発者体験(DX)向上のための取り組み

EightのWebフロントエンドには様々なドメインが存在し、複数のチームによって絶えず機能の追加や改善が行われています。そういった開発に比べて、開発者体験(DX)の向上はどうしても後回しにされがちです。本セッションでは、DX向上のための取り組みと、機能の追加・改善を止めずにそれらを徐々に進めていく方法についてご紹介します。

Sansan Builders Stage 2021

2021/11/05 〜 2021/11/05
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

塩見賢治

Sansan株式会社 取締役/執行役員/CTO

Opening 〜名刺管理からマルチプロダクトへ〜

Sansan株式会社は人と人、企業と企業の出会いから、あらゆるビジネスを後押しする存在として、名刺管理サービスに加え、請求書、契約書、イベントテックサービスといった分野に領域を広げています。こうしたマルチプロダクトに向き合い、事業の成長スピードを上げるべく、エンジニア組織、プロダクト組織が見据える今後の展望などをお話しします。