【関西】 ものづくり ワールド 2022セミナー

2022/10/05 〜 2022/10/07
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

岡田浩

オムロン(株) グローバル購買・品質本部 品質技術室 工程品質技術部 兼 技術本部 デジタルデザインセンタ 技術専門職 技術士(機械部門)

エンジニアリングチェーンにおける CAE活用事例とこれからのCAE×AI活用法

当社では、フロントローディング開発・製品の設計上流での品質作り込みに向けたCAE/最適化システムの活用法構築・人財育成を実践している。また将来に向け、AIとCAEを用いた技術向上を考えている。今回は、CAEの活用事例と新たな技術革新・設計上流でのDXの活用について、推進体制と取組み状況を紹介する。

【関西】 ものづくり ワールド 2022セミナー

2022/10/05 〜 2022/10/07
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

大嶋泰介

Nature Architects(株) 代表取締役 CEO

メタマテリアルを活用した製造業設計DX

当社はメタマテリアルと呼ばれる従来の物理機能を凌駕する構造(幾何構造)の自動設計技術:DFMを活用した設計支援を行っている。本講演では当社が展開する技術やビジネスを説明しその後、実践的な設計DX事例を紹介する。

【関西】 ものづくり ワールド 2022セミナー

2022/10/05 〜 2022/10/07
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

植田博昭

ダイキン工業(株) 執行役員 DX戦略推進 担当 経営企画室長

ダイキン工業のDXの取り組み ~モノからモノ+コトへの挑戦~

ダイキン工業は機器売り、つまり「モノ」事業が得意な企業である。「モノ」から「コト」の時代と言われて久しいが、当社は、デジタル人材を育成し、データを活用することで「コト」を提供し、更に「モノ」を進化させていく「モノ+コト」事業の進化を目指している。本講演ではその取り組みについて、事例を交えて紹介する。

【関西】 ものづくり ワールド 2022セミナー

2022/10/05 〜 2022/10/07
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

成迫剛志

(株)デンソー 執行幹部 研究開発センター クラウドサービス開発部長

デジタルを前提に現状を再構築する ~DXとソフトウェアファーストとアジャイルをまとめて考える~

近年、多くの企業がDX、ソフトウェアファースト、そしてアジャイルへ取り組んでいると思うが、この3つの単語が目的化してしまい、それぞれ個別の取り組みとなってしまっているケースがあるのではないだろうか?本講演ではこの3つをまとめて考える。
バナー

【関西】 ものづくり ワールド 2022セミナー

2022/10/05 〜 2022/10/07
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • その他職名

内野泰明

経済産業省 産業技術環境局 環境政策課 環境経済室 企画官

経済産業省が進めるカーボンニュートラル政策の取組みについて

2050年カーボンニュートラルの目標実現にあたって、官民が炭素中立型の経済社会に向けた変革の全体像を共有し、新しい時代の成長を生み出すエンジンとしていく必要がある。経済産業省による気候変動政策の最新動向や今後の方向性について、製造業界に向けたカーボンニュートラルへの取組方法や支援策も交えながら、紹介する。

【関西】 ものづくり ワールド 2022セミナー

2022/10/05 〜 2022/10/07
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

中井佑

テトラ・アビエーション(株) 代表取締役

「空飛ぶクルマ」(eVTOL)をめぐる世界の動向

米国で毎年開催されている世界最大級の航空機の見本市であるAirVentureOshkosh2021に出展し、eVTOLとしての予約販売を開始した同社。世界のeVTOL開発者との交流、顧客・メディアとの交流を通じた世界のeVTOLをめぐる動向について、最新事例を交えながら解説する。

【関西】 ものづくり ワールド 2022セミナー

2022/10/05 〜 2022/10/07
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

羽賀雄介

(株)SkyDrive アカウントプランナー

空の移動革命への挑戦 ~日本発 空飛ぶクルマと物流ドローンの開発~

モビリティ分野の新たな動きとして、世界各国で空飛ぶクルマの開発が進んでいる。有人飛行に成功した当社の空飛ぶクルマは、日本初・発の技術の結集で開発を進めてきた。空飛ぶクルマや取り巻く環境、2025年度の実用化に向けた機体の特徴、今後の課題や取組みについて紹介する。

【関西】 ものづくり ワールド 2022セミナー

2022/10/05 〜 2022/10/07
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

高野忍

(株)セールスフォース・ジャパン 常務執行役員 ソリューション・エンジニアリング統括本部 製造ソリューション本部 本部長 兼 関西・韓国リージョン担当

CASE² 製造業が顧客と繋がり続けるためのループ

DXに成功している製造企業の共通項。それは、製品中心のアプローチから、顧客を中心としたアプローチに切り替え、顧客エンゲージメント・ループを継続して回していることである。本セッションでは、このループを、4つのポイントから紹介する。製造業におけるDXプロジェクトの具体的な進め方と、デジタルテクノロジーが創る、新しい世界をご確認ください。

【関西】 ものづくり ワールド 2022セミナー

2022/10/05 〜 2022/10/07
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

濱口猛智

マイクロソフト コーポレーション 製造インダストリー ディレクター

マイクロソフトの製造業への取組み ~インダストリアル メタバースの例など~

製造業におけるデジタル革新はコロナ禍で加速しており、デジタルツイン技術の活用は様々な仕組みの変革を起しつつある。本セッションでは、デジタルツインとAIやコミュニケーション技術を組合わせることで実現するインダストリアル メタバースの例など、ものづくりの現場を変革する取組みを紹介する。

【関西】 ものづくり ワールド 2022セミナー

2022/10/05 〜 2022/10/07
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

向井武司

マツダ(株) 取締役専務執行役員 品質・購買・生産・物流・カーボンニュートラル統括

マツダのモノ造り ~フレキシブル生産の進化を可能とする生産ビルディングブロック構想~

CNやCASEへの対応という大変革期の中、マツダでは「既存の生産資産を大切にし、更に新しい資産をブロックとして積み上げること」で、クルマの変化に適応しながら、準備期間・投資等を極小化できるよう、生産のフレキシビリティを進化させている。その構想と事例を紹介する。

【関西】 ものづくり ワールド 2022セミナー

2022/10/05 〜 2022/10/07
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

江口和孝

オリンパス(株) 執行役員 製造担当役員 製造機能長

オリンパスのデジタルモノづくり ~「人のモノづくり」と「技術のモノづくり」の融合~

オリンパスでは「世界の人々の健康と安心、心の豊かさの実現」を経営理念とし、医療用内視鏡や処置具を世の中に提供している。現在、デジタルマニュファクチャリング戦略を掲げ、その中でIT領域とOT(オペレーションテクノロジー)領域両方のデジタル化の緊密な連携を進めている。個々の作業・個々の工程のデジタル化の事例紹介、また、IT領域へのデータ連携の事例を紹介する。

【関西】 ものづくり ワールド 2022セミナー

2022/10/05 〜 2022/10/07
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • 管理職

妙中義之

国立循環器病研究センター 名誉所員/(国研)日本医療研究開発機構 医療機器・ヘルスケアプロジェクト プログラムディレクター

我が国の医療機器・ヘルスケア分野の取組みと方向性 ~日本の技術を、いのちのために。~

健康・医療戦略に基づいた医療機器・ヘルスケアのイノベーションに対する我が国の支援は著しく強化されてきている。研究活動や技術、企業力を活かす観点から、本講演では、医工・産学官連携のポイントや、成功のための要点などについて述べる。

【関西】 ものづくり ワールド 2022セミナー

2022/10/05 〜 2022/10/07
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • 管理職

鶴田真也

厚生労働省 医政局 医薬産業振興・医療情報企画課 医療機器政策室 室長

厚生労働省における医療機器政策の動向

当省では、関係省庁と連携しながら、医療機器産業の振興策に取組んでいる。プログラム医療機器の研究開発の促進や安定供給等の近年の医療機器産業における論点を踏まえ改定した「国民が受ける医療の質の向上のための医療機器の研究開発及び普及の促進に関する基本計画」等、当省の取組みを紹介する。

【関西】 ものづくり ワールド 2022セミナー

2022/10/05 〜 2022/10/07
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

米光正典

(株)eve autonomy 代表取締役 CEO

eve autonomyの自動運転EVが実現する世界 ~自動運転レベル4による屋内外自動搬送~

当社は「今日から自動化。」を合言葉に、誰にでも簡単に使える自動搬送サービスを目指し、ヤマハ発動機とティアフォー2社の合弁会社として2年半前に設立された。新たに開発した自動運転EVは、既に複数の工場で完全無人運転にて実生産に使えるレベルに達している。本講演では車両や自動運転ソフト、車両管理システム、それらをサブスクで提供する“eve auto”サービスの内容や、具体的な適用事例についてお話しする。

【関西】 ものづくり ワールド 2022セミナー

2022/10/05 〜 2022/10/07
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • ディスカッション
  • 管理職

砂川由佳

経済産業省 近畿経済産業局 地域経済部 次世代産業・情報政策課 課長補佐

AMを活用したものづくり革新に向けて ~Kansai-3D実用化プロジュクトのこれまでと今後について~

海外で活用が進むAM(3Dプリンティング)を国内でも普及促進させるため、2019年経済産業省近畿経済産業局は「Kansai-3D実用化プロジェクト」を立ち上げ、ものづくり企業に対してAMプロセスの知見獲得や体験実証支援を行ってきた。本年3月に設立された(一社)日本AM協会に、本プロジェクトの主体を移行し、民間主導で活動の場を広げている。本講演では、国内でのAM普及に向けて、これまでの取組内容やその成果等について紹介する。

【関西】 ものづくり ワールド 2022セミナー

2022/10/05 〜 2022/10/07
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • 理事

澤越俊幸

(一社)日本AM協会 専務理事

AMを活用したものづくり革新に向けて ~Kansai-3D実用化プロジュクトのこれまでと今後について~

海外で活用が進むAM(3Dプリンティング)を国内でも普及促進させるため、2019年経済産業省近畿経済産業局は「Kansai-3D実用化プロジェクト」を立ち上げ、ものづくり企業に対してAMプロセスの知見獲得や体験実証支援を行ってきた。本年3月に設立された(一社)日本AM協会に、本プロジェクトの主体を移行し、民間主導で活動の場を広げている。本講演では、国内でのAM普及に向けて、これまでの取組内容やその成果等について紹介する。
バナー

【関西】 ものづくり ワールド 2022セミナー

2022/10/05 〜 2022/10/07
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

山本光世

JOHNAN(株) 代表取締役社長兼CEO

電子機器・機械製品のライフサイクル全体にわたる「ものづくり支援」の動向と事例

ODM/EMSは、今後も世界的に伸びて行く事が予想されている。“開発”ではオープンイノベーションや非コア領域のアウトソーシング化が進展し、“製造”では地政学的な変化伴う製造委託先の変化等が生じている。本講演では、“製品のライフサイクル(PoCからメンテナンスまで)の切り口”でODM/EMSを捉え、その動向と当社の取り組み及び目指す姿を紹介する。

【関西】 ものづくり ワールド 2022セミナー

2022/10/05 〜 2022/10/07
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

田中勝彦

(株)しなの富士通 代表取締役社長

しなの富士通のEMS事業への取り組み

近年の製造業は、新型コロナウイルスや米中貿易摩擦、英国のEU離脱、保護主義の高まり等による世界経済での不確実性を背景にサプライチェーンの再構築や強靱化が必要になっている。当社はお客様にEMSというサービスをご提供することで、お客様の「モノづくり」をサポートさせていただいている。本講演では、EMS業界のトレンドなどを紹介すると共に、当社のEMSの取り組みなどについて、事例を交え紹介する。

【関西】 ものづくり ワールド 2022セミナー

2022/10/05 〜 2022/10/07
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

吉田光伸

(株)ミスミグループ本社 常務執行役員 ID企業体社長

製造業×DX 新たな価値創造への挑戦

国の基幹産業である製造業は国際競争力も高く強靭な産業でありながら、一方で多くの課題を抱えている。本講演では新たな価値創造におけるプロセス、発想の転換やオープンイノベーションの手法等を紹介するとともに、目指す未来の製造業の姿について語る。

【関西】 ものづくり ワールド 2022セミナー

2022/10/05 〜 2022/10/07
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

石出孝

三菱重工業(株) 総合研究所 フェローアドバイザー

AMはDfAMと品質保証が全て

AMに関する興味は少しずつ増加しているものの、導入・実用化は欧米に比べ周遅れの状況。日本のモノヅクリがAM推進に舵を切らないと各事業分野で世界との競争に大きく遅れを取ってしまう。この状況を当社の例で説明するとともに、DfAMが如何に製品性能を向上するかを実例で示す。一方、AMは簡単に造形した製品が使える訳ではないことを原料の粉、造形プロセス、インプロセス検査等を含む品質保証の面から示し、この手間を乗り越えて初めて他社に勝る製品性能を得る事ができる事を示す。

【関西】 ものづくり ワールド 2022セミナー

2022/10/05 〜 2022/10/07
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 役員

小川厚

(株)本田技術研究所 常務執行役員 先進技術研究所 担当

Hondaのコア技術を生かした新領域へのチャレンジ

Hondaは、「カーボンニュートラル」と「事故ゼロ」を目標に掲げるとともに「新領域へのチャレンジ」に取り組んでいる。これらの実現に不可欠なのが、燃焼・電動・制御・ロボティクス技術といったHonda独自のコア技術である。その強みを活かし、新たなモビリティ領域である、再使用型の小型ロケットやeVTOL(電動垂直離着陸機)、アバターロボットにおいても、すべての人に“生活の可能性が拡がる喜び” を提供していく。

【関西】 ものづくり ワールド 2022セミナー

2022/10/05 〜 2022/10/07
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

古賀章浩

キヤノンメディカルシステムズ(株) 研究開発センター 所長

キヤノンメディカルシステムズにおける医療機器・医療情報ソリューションの研究開発

医療ニーズや社会課題・要請を踏まえて、画像診断機器メーカの役割と当社が課題解決に向けて取り組む現状と将来展望を、CTやMRIをはじめとする医用画像診断システム、医療・ヘルスケアIT、および体外診断システム等における事例をあげながら、昨今のAI技術進展も踏まえた各種法規対応など医療機器開発に求められる、R&D戦略を中心に紹介する。

【関西】 ものづくり ワールド 2022セミナー

2022/10/05 〜 2022/10/07
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

片桐拓朗

(一財)日本品質保証機構 常務理事 計量計測部門 部門長

品質維持・向上のための計測管理とその活用

社会におけるグローバルな取引が拡大する中で、製品の品質についての要求も高まっている。製品仕様・品質が実現されていることの確認には、製品の測定による評価・検証が必要不可欠である。本講演では、その測定結果の正しさを担保するために重要なことは何であるかを、測定器の校正を含めた精度確保の側面から紹介する。

【関西】 ものづくり ワールド 2022セミナー

2022/10/05 〜 2022/10/07
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

小橋昭文

キャディ(株) CTO

テクノロジーの観点で読み解く調達・購買の課題と未来

モノづくり産業のポテンシャルを解放するをミッションに掲げるスタートアップである当社。人工知能など最先端のIT技術を活用した自社内および顧客のQCD改善事例や、製造業の最重要データ「図面」活用を軸にした調達購買の未来像を語る。

GLOBALIZED 2022

2022/08/30 〜 2022/08/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

林鷹治

Wovn Technologies株式会社 代表取締役社長 CEO

クロージング

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

GLOBALIZED 2022

2022/08/30 〜 2022/08/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

森山真一

Wovn Technologies株式会社 Marketing Division

新時代のグローバル企業が直面する3つの壁  〜 日・米・ウクライナの経営現場から 〜

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

GLOBALIZED 2022

2022/08/30 〜 2022/08/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

ジュゼッペ小林

イマリパートナーズ エグゼクティブパートナー 元 Accenture Security CSO, 元 Symantec CSO

あなたの会社は大丈夫!?ここがヘンだよ日本の製造業セキュリティ

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

GLOBALIZED 2022

2022/08/30 〜 2022/08/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

土居義岳

AGC 株式会社 広報・IR部 社内ブランディングチームリーダー

【AGC×WOVN】 「つながる」会社(One Team)を実現するために 〜 グローバル社内コミュニケーションの追求 〜

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。
バナー

GLOBALIZED 2022

2022/08/30 〜 2022/08/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

松本知

Wovn Technologies株式会社 Product Owner

【AGC×WOVN】 「つながる」会社(One Team)を実現するために 〜 グローバル社内コミュニケーションの追求 〜

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

GLOBALIZED 2022

2022/08/30 〜 2022/08/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 社長

庭山一郎

シンフォニーマーケティング株式会社 代表取締役

激変する時代の BtoB マーケティング戦略概論

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

GLOBALIZED 2022

2022/08/30 〜 2022/08/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • その他職名

秋山咲恵

株式会社サキコーポレーション ファウンダー

激変する世界の製造業 今と未来

サプライチェーンの分断、円安、DXの要請… ビジネス環境が激変する中、日本の製造業がグローバルで更に輝くための一つのポイントは、間違いなく「多言語対応」です。製造業の現場、および、資金を動かす投資家の立場から日本市場の成長を促進してきた二人にお話を伺います。 ・日本の製造業がいま直面している課題は? ・製造業のビジネスで多言語対応なのは、販売フェーズだけでは無い!?

GLOBALIZED 2022

2022/08/30 〜 2022/08/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

山下まいか

川崎重工業株式会社 ロボットディビジョン グローバル戦略部 主事

【川崎重工×WOVN】 グローバルサイト現地語対応から始まる可能性 ~ Kawasaki ブランドを世界に届けるために ~

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

GLOBALIZED 2022

2022/08/30 〜 2022/08/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 専門職

大井哲也

TMI 総合法律事務所 パートナー 弁護士

グローバル製造業が押さえておくべき、各国法規制 ~世界各国の個人情報保護法・改正電気通信事業法~

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

GLOBALIZED 2022

2022/08/30 〜 2022/08/30
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • 理事

矢島孝應

CIO Lounge 理事長 元 ヤンマーホールディングス株式会社 CIO

新時代のグローバル企業が直面する3つの壁  〜 日・米・ウクライナの経営現場から 〜

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

GLOBALIZED 2022

2022/08/30 〜 2022/08/30
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • 理事

田井昭

CIO Lounge 理事 元 コニカミノルタ株式会社 CIO

新時代のグローバル企業が直面する3つの壁  〜 日・米・ウクライナの経営現場から 〜

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

GLOBALIZED 2022

2022/08/30 〜 2022/08/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

本田健司

株式会社 ESG シフト 代表取締役 元野村総合研究所 サステナビリティ推進室長

2022年、カーボンニュートラル待ったなし 〜専門家が語る、日本製造業はこうやって生き残れ〜

カーボンニュートラルの実現を始めとした ESG 対応は、日本製造業各社にとってビジネスの継続性を左右しかねない極めて重要な問題となりつつあります。本セッションでは、サステナビリティへの対処が企業に求められる背景、ビジネスに与えるインパクト、企業として行うべき取り組み、対外発信の指針を語ります。 登壇者は元 NRI サステナビリティ推進室長として、同社の ESG 対応を牽引してこられた本田健司氏。 ・いま、ESG 経営・カーボンニュートラルが求められる背景とは ・カーボンニュートラルに必要な取り組み、何から始めればいいのか。 ・「取り組み」と「発信」の両軸が重要

GLOBALIZED 2022

2022/08/30 〜 2022/08/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • その他職名

キャシー松井

MPower Partners ジェネラルパートナー

激変する世界の製造業 今と未来

サプライチェーンの分断、円安、DXの要請… ビジネス環境が激変する中、日本の製造業がグローバルで更に輝くための一つのポイントは、間違いなく「多言語対応」です。製造業の現場、および、資金を動かす投資家の立場から日本市場の成長を促進してきた二人にお話を伺います。 ・日本の製造業がいま直面している課題は? ・製造業のビジネスで多言語対応なのは、販売フェーズだけでは無い!?

自動車未来サミット2022 春 ~2030年に向けたデジタル化とカーボンニュートラルを探る~

2022/05/23 〜 2022/05/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

細井裕介

PwCコンサルティング 製造業・自動車事業部 シニアマネージャー

eモビリティエコシステムの将来像とLCA時代への対応

日本企業も待ったなしで取り組むEV化は、動力源の変化に留まらず、顧客体験の変革・新価値創出やエネルギー・蓄電池含む社会システムの再創造をもたらす。本講演では、まず、そのような変化の中、日本の自動車産業で想定されるシナリオと変革の方向性を提示する。続いて、EV拡大に伴うモビリティ新潮流として製品LCAの動向を読み解く。GHG削減ルールの変化だけでなく、排出量計算に不可欠なエコシステムが先行する欧州の事例から考える。

自動車未来サミット2022 春 ~2030年に向けたデジタル化とカーボンニュートラルを探る~

2022/05/23 〜 2022/05/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

川崎祐輔

ルネサス エレクトロニクス オートモーティブソリューション事業本部 車載デジタルマーケティング統括部 エコシステム・ビジネス推進部 部長

デジタルシフトでCASE革命に挑むルネサスの車載半導体戦略

車載半導体の重要性がかつてないほどに高まっている。コネクテッドサービスやADAS、自動運転を支える車載SoCに加え、電動化に欠かせない車載マイコンやパワー半導体にも技術革新が求められる。顧客のイノベーションを支援するために、デジタルシフトを推し進め、CASE革命に挑むルネサスの車載半導体戦略と具体的ソリューションを紹介する。

自動車未来サミット2022 春 ~2030年に向けたデジタル化とカーボンニュートラルを探る~

2022/05/23 〜 2022/05/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

水山正重

パナソニック オートモーティブシステムズ 取締役 副社長執行役員 チーフ・テクノロジー・オフィサー(CTO)、 新事業推進担当、車室空間ソリューション担当、サイバーセキュリティ担当、知的財産担当

Software Defined Vehicle(SDV)化の本質とは何か?

SDV化の潮流が顕在化してきたが、これは最も技術革新のスピードが速いIT業界のスピードで、自動車業界における競争が行われるようになることを意味する。 E-Eアーキテクチャは大転換期を迎え、ECUの統合化やソフトウエアプラットフォーム、クラウドとの連携等について自動車業界の中で様々な議論が行われている。これらの要素は全て「ソフトウェアを高速に進化させる能力を持つ者が大きな競争優位を獲得する」という視点で検討が行われるべきものであり、かつ、かつその「進化」の対象は新車のみならず既販車も含まれる。また、この方向性は必然的にオープンイノベーション戦略が成否を分ける重要要因となる状況をもたらすため、業界標準化やエコシステムへの関与を誤ると致命的な打撃を被ることになる。 この講演では、先行して「Software Define化」してきたコンピューターやエレクトロニクス製品等先行業界の歴史的事例考察も交えながら、上記のような課題認識に基づいて、SDV化の潮流が自動車開発に与える構造的影響や戦略上考慮すべき重要因子について考察する。
バナー

自動車未来サミット2022 春 ~2030年に向けたデジタル化とカーボンニュートラルを探る~

2022/05/23 〜 2022/05/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

井口衛

aPriori Technologies アジアパシフィック担当副社長

自動車の電動化がもたらす製造業への変化と新時代へ向けたaPrioriの構想

昨今の自動車業界は次世代自動車の開発が必要とされる大きな変革期を迎え、製造現場では、より柔軟に、敏速に、変化へ対応した開発を迫られている。本講演では、CO2 排出量削減の世界的な需要が自動車製造業界に与える影響、自動車メーカーによるデジタル工場の必要性を踏まえ、刻々と変化する環境下で競争力と革新性を維持するためにaPrioriのデジタルスレッドがもたらす革新的で貴重な知見、実用的な詳細分析と変革的なソリューションの全貌を紹介する。

自動車未来サミット2022 春 ~2030年に向けたデジタル化とカーボンニュートラルを探る~

2022/05/23 〜 2022/05/23
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • 管理職

AlejandroESPADA(アレハンドロ・エスパーダ)

フォルシア・ジャパン フォルシア インテリア ジェネラルマネージャ ジャパン

フォルヴィア・フォルシアのコックピット・オブ・ザ・フューチャー戦略

今、世界は変化にさらされています。気候、テクノロジー、社会、私たちの生き方、移動方法。変化は加速しており、私たちもそうあるべきです。 それはモビリティの未来を切り開く鍵になります。モビリティは自由であり、自由はすべてを変えるからです。 そして、パーソナライゼーションとエクスペリエンスがエンドユーザーにとって鍵となる明日の世界では、車のインテリアコックピットは単なる製品ではなく、エクスペリエンスとなります。B to B企業は直接の顧客だけでなく、UXアプローチによってエンドユーザーを理解する必要があります。没入型コックピットのような体系的なアプローチを通じて、ブレークスルーに到達することができます。業界全体がこの変化を受け入れてこそ、モビリティの未来を感じることができると考えます。 今回、私たちがどのようにして共にモビリティの未来を築いていくかについて、フォルヴィア・フォルシアのコックピット・ソリューションをご紹介します。

自動車未来サミット2022 春 ~2030年に向けたデジタル化とカーボンニュートラルを探る~

2022/05/23 〜 2022/05/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

門脇正史

デンソー AI研究部 基盤技術研究室 担当次長

The future style of product design

半世紀以上にわたりコンピュータは発展し、あたらしい価値を社会に与えてきた。量子コンピュータは従来のコンピュータとは異なる原理で動き、コンピューティングの可能性をさらに広げると期待されている。近年、自動車産業においても、活用方法を模索する動きが始まった。サービスなどのリアルタイム処理と、シミュレーションなどのバッチ処理があるが、本講演では、モノ作りの上流工程である製品の設計を例として、デンソーが考える量子コンピューティングによるイノベーションの加速について紹介する。

自動車未来サミット2022 春 ~2030年に向けたデジタル化とカーボンニュートラルを探る~

2022/05/23 〜 2022/05/23
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

阿部健太郎

PwCコンサルティング Strategy&ディレクター

eモビリティエコシステムの将来像とLCA時代への対応

日本企業も待ったなしで取り組むEV化は、動力源の変化に留まらず、顧客体験の変革・新価値創出やエネルギー・蓄電池含む社会システムの再創造をもたらす。本講演では、まず、そのような変化の中、日本の自動車産業で想定されるシナリオと変革の方向性を提示する。続いて、EV拡大に伴うモビリティ新潮流として製品LCAの動向を読み解く。GHG削減ルールの変化だけでなく、排出量計算に不可欠なエコシステムが先行する欧州の事例から考える。

Data Integrity Meeting 2022

2022/05/17 〜 2022/05/19
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

武内正隆

第一実業株式会社 ヘルスケア事業本部 営業第二部 部長

IoTプラットフォームzenonを活用した実践的DI対応

実際にzenonはどのようにしてDI対応を実現しているのかについて、具体的に解説します。 DI/DX対応に必要な機能が、zenonではどのように実現できるのかを実際の開発/実行環境をお見せしながらご紹介し、また、海外での適用事例を元に、いかにしてzenonがグローバルで活用いただいてるかをご紹介します。 国内ユーザー様のご講演では、装置メーカーの立場から見たDI対応に関するトレンドや既存システムにおける課題感、課題解決に向けた「zenon」を活用した取り組みについて解説いただきます。 また、システム全体でDI/DXを実現していくための具体的なソリューションとして、 「zenon」を中心とするトータルソリューションパッケージ「FIDIUS」や心電図と指紋認証による高度なセキュリティ性を担保した生体認証デバイス「Nymi」とzenonの連携ソリューションについて紹介いただきます。

Data Integrity Meeting 2022

2022/05/17 〜 2022/05/19
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

杉田竜哉

興和オプトロニクス株式会社 企画統括部 事業企画課

IoTプラットフォームzenonを活用した実践的DI対応

実際にzenonはどのようにしてDI対応を実現しているのかについて、具体的に解説します。 DI/DX対応に必要な機能が、zenonではどのように実現できるのかを実際の開発/実行環境をお見せしながらご紹介し、また、海外での適用事例を元に、いかにしてzenonがグローバルで活用いただいてるかをご紹介します。 国内ユーザー様のご講演では、装置メーカーの立場から見たDI対応に関するトレンドや既存システムにおける課題感、課題解決に向けた「zenon」を活用した取り組みについて解説いただきます。 また、システム全体でDI/DXを実現していくための具体的なソリューションとして、 「zenon」を中心とするトータルソリューションパッケージ「FIDIUS」や心電図と指紋認証による高度なセキュリティ性を担保した生体認証デバイス「Nymi」とzenonの連携ソリューションについて紹介いただきます。

Data Integrity Meeting 2022

2022/05/17 〜 2022/05/19
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

緒方亮汰

株式会社リンクス 制御システム事業部 事業責任者

DIツールのあるべき姿とDX実現への道のり

DIを実現する上で、手近にあるPLCやHMIで場当たり的にシステムを構築してしまうと、工数が膨大になってしまったり、正しくDIを実現できなくなったりしてしまいます。DI対応のためのシステムを正しく構築するには、DI対応に適したツールを導入することが必須です。 本セッションでは、このDI対応ツールに「zenon」を位置づけ、DI対応を進める上での課題と、それらを解決するためのDI対応ツールのあるべき姿、さらにはDI対応の先にあるDX実現への道のりについて、具体的な事例を交えながら解説します。

Data Integrity Meeting 2022

2022/05/17 〜 2022/05/19
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 役員

志済聡子

中外製薬株式会社 上席執行役員 デジタルトランスフォーメーションユニット長

中外製薬のDX戦略と、デジタルプラント実現への取組み

ヘルスケア産業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の動きが加速しています。そのような中、中外製薬では「CHUGAI DIGITAL VISION 2030」を掲げると共に、その実現に向けた3つの戦略「デジタルを活用した革新的な新薬創出」、「全てのバリューチェーン効率化」、「デジタル基盤強化」を策定してDXを推進しています。本講演では中外製薬の取り組みを具体的な事例を交えて紹介します。

Data Integrity Meeting 2022

2022/05/17 〜 2022/05/19
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

宮﨑尚貴

株式会社リンクス 制御システム事業部

IoTプラットフォームzenonを活用した実践的DI対応

実際にzenonはどのようにしてDI対応を実現しているのかについて、具体的に解説します。 DI/DX対応に必要な機能が、zenonではどのように実現できるのかを実際の開発/実行環境をお見せしながらご紹介し、また、海外での適用事例を元に、いかにしてzenonがグローバルで活用いただいてるかをご紹介します。 国内ユーザー様のご講演では、装置メーカーの立場から見たDI対応に関するトレンドや既存システムにおける課題感、課題解決に向けた「zenon」を活用した取り組みについて解説いただきます。 また、システム全体でDI/DXを実現していくための具体的なソリューションとして、 「zenon」を中心とするトータルソリューションパッケージ「FIDIUS」や心電図と指紋認証による高度なセキュリティ性を担保した生体認証デバイス「Nymi」とzenonの連携ソリューションについて紹介いただきます。

Data Integrity Meeting 2022

2022/05/17 〜 2022/05/19
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

岡田章裕

マルホ発條工業株式会社 取締役 機械事業部長

IoTプラットフォームzenonを活用した実践的DI対応

実際にzenonはどのようにしてDI対応を実現しているのかについて、具体的に解説します。 DI/DX対応に必要な機能が、zenonではどのように実現できるのかを実際の開発/実行環境をお見せしながらご紹介し、また、海外での適用事例を元に、いかにしてzenonがグローバルで活用いただいてるかをご紹介します。 国内ユーザー様のご講演では、装置メーカーの立場から見たDI対応に関するトレンドや既存システムにおける課題感、課題解決に向けた「zenon」を活用した取り組みについて解説いただきます。 また、システム全体でDI/DXを実現していくための具体的なソリューションとして、 「zenon」を中心とするトータルソリューションパッケージ「FIDIUS」や心電図と指紋認証による高度なセキュリティ性を担保した生体認証デバイス「Nymi」とzenonの連携ソリューションについて紹介いただきます。

Data Integrity Meeting 2022

2022/05/17 〜 2022/05/19
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 社長

村上慶

株式会社リンクス 代表取締役

基調講演

サプライチェーンのグローバル化に伴い、今後の製造業は、グローバルな規制やガイドラインに基づく品質管理を避けて通ることはできません。その最前線にいるのが製薬業界です。製造データや検査データの適格性を保証するデータインテグリティ(DI)対応は喫緊の課題であり、リンクスはこの解決すべき課題に対して、工場デジタル化を支援するIoTプラットフォームを提案し、DI対応、そして更なるDX化の実現を支援します。 本基調講演では、リンクス代表取締役の村上が、グローバルな観点で製薬業界が向かう未来と、日本の医薬品製造工程が抱える課題、そして、DIという喫緊の課題に対する現実解について詳細に解説します。

Data Integrity Meeting 2022

2022/05/17 〜 2022/05/19
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 管理職

JosefTrapl

Takeda Pharmaceuticals International AG Head of MSci Innovation

Josef Trapl氏 招待講演:Pharma 4.0 – データインテグリティを礎とした医薬品製造の未来

データドリブンな医薬品製造の実現に向けて、未来のあるべき姿として、ISPEは「Pharma 4.0」を提唱しています。本講演ではまず、製薬業界の現状と、製薬会社のデジタル化の最終目標について確認します。そして、「デジタル化」、「スマート工場」「プラグ&プロデュース」の実現という3つの大きな課題について具体的に検討し、製薬業界でプラグ&プロデュースを実現していく今後の展望と道筋を解説します。
バナー

日本の製造業の未来展’21秋

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 管理職

魚岸剛

株式会社ストラタシス・ジャパン 営業部サービスビューロアカウントマネージャー

製造業世界大戦最終章―10年後の未来に日本企業が勝利をつかむためにやるべきことー

3Dプリンターのトップメーカーとして知られるストラタシスの魚岸氏から、日本の製造業への忌憚なきアドバイスを届ける。

日本の製造業の未来展’21秋

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • 基調講演
  • 管理職

大澤正彦

日本大学文理学部 次世代社会研究センター長

「ドラえもんを本気でつくる。」20代教員の描くロボットとの共生未来

孫正義育英財団会員にも選ばれた才覚ある若者が、描く未来のビジョンとは。「ドラえもんをつくる」を本気で考えた大澤氏の選択の裏側に迫る。

日本の製造業の未来展’21秋

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 社長

井上真一

株式会社牧野フライス製作所 代表取締役社長

牧野フライスが考える、次世代のデジタル活用経営

工作機械業界大手として業界を牽引し続ける牧野フライス製作所。創業家から経営を引き継ぎ社長に就任した井上氏が、老舗企業の強みを生かしながら次の時代を創るための道筋を語る。

日本の製造業の未来展’21秋

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 役員

吉田光伸

株式会社ミスミグループ本社 常務執行役員 ID企業体社長

製造業のリーディングカンパニー、ミスミが仕掛ける製造業の未来

労働生産性が著しく低い日本が、クリエイティブなものづくりに時間かけ、高付加価値な製品を生み出すにはどうすれば良いのか。ミスミ常務吉田氏から「時間」を作り出すミスミの生産性改革について語る。

日本の製造業の未来展’21秋

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 管理職

九津見洋

パナソニック株式会社 コーポレート戦略・技術部門 テクノロジー本部 デジタル・AI技術センター 所長

AIエンジニアリング -ものづくりにおけるAIのつかいこなしと徹底活用

日本を代表する電機メーカーPanasonic。そのAI部門が取り組むものづくりへの活用について、デジタル・AI技術センター所長自らお話いただく。

日本の製造業の未来展’21秋

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 専門職
  • 社長

春日秀之

株式会社 hide kasuga 1896 代表 hide kasuga & PARTNERS 代表(クリエイティブファーム) 早稲田大学 理工学術院総合研究所 客員講師・客員研究員

令和モダニズムの幕開け -サーキュラーエコノミーの未来-

「自然との共存」を前提とした技術革新と企業者が求められる環境経営。人と自然とまちが調和する日本発の新たな生活様式「令和モダニズム」とは、江戸時代より日本人が潜在的に育んだ習慣や感性と科学技術立国として培った高度な技術力を融合した独自な生活様式であり、今後日本が環境先進国になるための日本のサーキュラーエコノミーの可能性について講演する。

日本の製造業の未来展’21秋

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

並木里也子

アダマンド並木精密宝石株式会社 代表取締役社長

経営のバトンを次世代に繋ぐ。女性社長が受け継ぐ伝統と新たな挑戦。

元プロスノーボーダーでありながら、家業である精密機器部品メーカーを継ぎ、次々と変革を生み出す女性経営者と、人材戦略のプロフェッショナル森本氏の対談。ファミリービジネスを継ぐための取り組みは経営者必見。

日本の製造業の未来展’21秋

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

森本千賀子

株式会社morich 代表取締役 All Rounder Agent

経営のバトンを次世代に繋ぐ。女性社長が受け継ぐ伝統と新たな挑戦。

元プロスノーボーダーでありながら、家業である精密機器部品メーカーを継ぎ、次々と変革を生み出す女性経営者と、人材戦略のプロフェッショナル森本氏の対談。ファミリービジネスを継ぐための取り組みは経営者必見。

日本の製造業の未来展’21秋

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 他所属
  • 基調講演
  • その他職名

ものづくり太郎

製造系Youtuber

製造業系YouTubeが鳴らす、日本の製造業への警鐘

今や製造業に関わる人にとっては馴染み深いものづくり太郎氏。わかりやすいスライドと語り口が人気を博する製造業系YouTuberは日本のものづくりにどのような課題を感じ、今後どうあるべきだと感じているのか。その思いに迫る。

日本の製造業の未来展’21秋

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • 基調講演
  • 教授

川原圭博

東京大学大学院工学系研究科教授 JST ERATO 川原万有情報網プロジェクト研究総括 兼アプリケーションデザイングループリーダー

学術研究のビジョンと事業

ワイヤレス給電技術の研究など、未来の生活を支える技術を研究し続けている川原教授。その取り組みはアカデミアにとどまらず、メルカリの研究開発組織と連携するなど多岐に渡る。アカデミアからの技術が社会実装されるために何が必要か、現場の取り組みをもとに語っていただく。

日本の製造業の未来展’21秋

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

清水大介

牧野フライス精機株式会社 取締役社長

高付加価値・高利益体質で戦うグローバルニッチトップ企業社長対談

経産省選定のグローバル・ニッチ・トップ企業。大企業とは違う戦い方をしているからこそ見える、これからの経営のあり方とその戦略に迫る。

日本の製造業の未来展’21秋

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

浜野慶一

株式会社浜野製作所 代表取締役CEO

「志」が未来をつくる。ものづくりの担い手と支える人のVision

「孤独の解消」を目指したロボット開発に勤しむ吉藤氏と、その会社黎明期を支えた浜野氏による対談。ものづくりの共創の場「Garage Sumida」に触れながら若者支援のあり方を探る。
バナー

日本の製造業の未来展’21秋

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • 基調講演
  • 政治家

平将明

衆議院議員(6期、東京4区)/ 元内閣府副大臣(IT政策、科学技術イノベーション政策、国家戦略特区等担当)/ 元経済産業大臣政務官

世界的なDXにおける日本の勝ち筋

世界は今、データ・ドリブン・エコノミー。GAFA等がサイバー空間からリアルな世界へ攻勢をかける中、日本はどう対抗するのか。新時代の先頭に立つ平氏が日本の勝ち筋を語る。

日本の製造業の未来展’21秋

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 社長

平野未来

シナモンAI(Cinnamon AI)代表取締役社長CEO

AI戦略化とパーパス

新しい資本主義実現会議有識者構成人に就任され、注目を集めるAI開発スタートアップシナモンAI代表平野氏に、起業家マインドと最新テクノロジーがもたらす変革について語っていただく。

日本の製造業の未来展’21秋

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • 基調講演
  • 専門職

佐久間洋司

大阪大学 グローバルイニシアティブ機構 招へい研究員/東京大学大学院総合文化研究科 修士課程

人類の調和という未来:2050年からのバックキャスティング

25歳の若さで大阪・関西万博のバーチャル大阪パビリオンを監修する佐久間氏。独自の視点で切り開く若者のビジョンを探る。

日本の製造業の未来展’21秋

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 他所属
  • 基調講演
  • 理事

矢島孝應

NPO法人CIO Lounge 理事長

元ヤンマーCIOが語る、経営・現場のDXのVision

DXの必要性が叫ばれて久しいが、実際の現場と経営には乖離があることも少なくない。ただのツール導入で終わることのない、真の意味でのDX推進について、多くの企業のデジタル化支援を行う矢島氏の目線から語る。

日本の製造業の未来展’21秋

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

海藤満

碌々産業株式会社 代表取締役社長

高付加価値・高利益体質で戦うグローバルニッチトップ企業社長対談

経産省選定のグローバル・ニッチ・トップ企業。大企業とは違う戦い方をしているからこそ見える、これからの経営のあり方とその戦略に迫る。

日本の製造業の未来展’21秋

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • 基調講演
  • 教授
  • 社長

石黒浩

大阪大学基礎工学研究科教授(大阪大学栄誉教授)/ 株式会社AVITA 代表取締役CEO

仮想化実世界

マツコロイドなどのアンドロイド開発で知られる石黒教授。アカデミアに身を置きながらも会社設立など産業界との連携にも精力的に取り組む。その視線の先には一体どんな世界があり、どの実現に向けた歩みを進めているのかを探る。

日本の製造業の未来展’21秋

2021/11/29 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

吉藤オリィ

株式会社オリィ研究所 代表取締役CEO

「志」が未来をつくる。ものづくりの担い手と支える人のVision

「孤独の解消」を目指したロボット開発に勤しむ吉藤氏と、その会社黎明期を支えた浜野氏による対談。ものづくりの共創の場「Garage Sumida」に触れながら若者支援のあり方を探る。

生産の中核データであるBOM(Bill of Materials)の課題と今後の方向性

2021/11/10 〜 2021/11/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

江口和孝

オリンパス株式会社  執行役員 製造・調達機能担当

生産の中核データであるBOM(Bill of Materials)の課題と今後の方向性

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

生産の中核データであるBOM(Bill of Materials)の課題と今後の方向性

2021/11/10 〜 2021/11/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

大崎篤

株式会社SUBARU  取締役専務執行役員 製造本部長

生産の中核データであるBOM(Bill of Materials)の課題と今後の方向性

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

生産の中核データであるBOM(Bill of Materials)の課題と今後の方向性

2021/11/10 〜 2021/11/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

和久伸一

住友理工株式会社  取締役常務執行役員 生産機能本部長

生産の中核データであるBOM(Bill of Materials)の課題と今後の方向性

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

生産の中核データであるBOM(Bill of Materials)の課題と今後の方向性

2021/11/10 〜 2021/11/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

杉野尚志

株式会社レイヤーズ・コンサルティング 代表取締役CEO 公認会計士

生産の中核データであるBOM(Bill of Materials)の課題と今後の方向性

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

生産の中核データであるBOM(Bill of Materials)の課題と今後の方向性

2021/11/10 〜 2021/11/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 顧問

野路國夫

株式会社小松製作所  特別顧問 元代表取締役会長・社長

生産の中核データであるBOM(Bill of Materials)の課題と今後の方向性

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。
バナー

ITmedia Virtual EXPO 2021 秋

2021/09/01 〜 2021/09/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

正木一規

エレコム株式会社 営業本部ISSチーム チームリーダー

スマート工場化で直面、製造現場での無線LAN構築における3つの課題とは?

製造現場のIoT化の実現にあたりネットワークの整備は必要不可欠です。しかし大型の製造機器が設置され、作業員の動線確保が必要な工場ではケーブルの引き回しには手間とコストがかかります。またタブレットPCやAGVのコントロールに利用する場合は無線のLAN構築が必須です。 無線LANとなると、電波干渉や電波強度など環境による影響を受けやすく、安定した通信ができないのではという不安、また、部外者による不正利用や盗聴などセキュリティの心配もあるかと思います。 そこで本セミナーでは、無線LANの特徴や課題を考慮した導入前の策定ポイントと、実際に工場の無線インフラ構築への一歩を進めて頂ける機器・サービスをご紹介します。 現地調査から機器選定、配線工事、導入後の保守・運用をトータルでご提案させていただきます。特に現地調査は、不安定通信の原因となる電波の干渉や強度を事前にお調べすることで安心して導入を進めていただけます。 無線LANの導入における3つの注意点を解説するとともに、同サービスによる解決方法のご紹介、併せて、建物の状況に応じた3種類の工事や、クラウド管理によって遠隔で機器の不通や干渉を検知の原因を特定、改善するバックオフィスサービス、現地調査の内容についても詳しく紹介します。

ITmedia Virtual EXPO 2021 秋

2021/09/01 〜 2021/09/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

鹿内健太郎

株式会社セールスフォース・ドットコム インダストリーズトランスフォーメーション事業本部 製造業担当マネージャ

国内外の先進事例に学ぶデジタルトランスフォーメーション成功の要諦

今こそ取り組みたいDX。あの企業は何してる? 世界に誇れる日本の製造業は、デジタルトランスフォーメーションでより競争力を強化できると考えます。事実、過去20年で国内の先進企業は製造工程におけるデジタル化を進めてきました。しかし、市場環境が激変する中で重要となる顧客との接点、つまり販売・サービスでは、欧米企業と比べて領域や深度で格差が出ているようです。 では、試行錯誤を繰り返しながら変革に挑んでいる先進企業の取り組みとはどういったものでしょうか。そこには、試行錯誤を繰り返しながら、業務・組織・デジタルの三位一体で、目的・ビジョン・ミッションを、将来の業務がどう変わるかを従業員とともに考え、企業文化の変革に向けたロードマップを作成、草の根的な実行施策を矢継ぎ早に実行・継続していく姿がありました。 当セッションでは、製造業の現在地を各種統計データや先進企業の事例から探り、未来に向けてすべきことを考察します。

ITmedia Virtual EXPO 2021 秋

2021/09/01 〜 2021/09/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

針田靖久

インフィニオン テクノロジーズ ジャパン株式会社 バイスプレジデント、コネクテッド セキュア システムズ事業本部長

デジタル トランスフォーメーション時代の今こそ求められるIoT技術 マイクロエレクトロニクスの役割とは

世界で起こっている最も重要なトレンドのひとつである「デジタル トランスフォーメーション」において、今こそ求められているのがIoTです。IoTは、産業分野から自動車、日用品まで私たちの生活・家庭レベル(スマートホーム、スマートビルディング、ウェアラブル機器)にまで影響を与えています。 本講演では、このIoTの必須エレメントともいえるマイクロエレクトロニクスの役割について解説しながら、半導体プロバイダーのリーディング カンパニーであるインフィニオンが世界的に展開している幅広いIoT向けソリューション・技術についてご紹介します。

ITmedia Virtual EXPO 2021 秋

2021/09/01 〜 2021/09/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

福島豪

フクシマガリレイ株式会社 専務取締役

メーカー企業からファシリティ企業へ リテールAIでスマートストア推進

少子高齢化による労働人口減少によって、人手不足や採用難がスーパーマーケットなどの小売業の現場でも大きな問題となっています。 こうした状況を変革すべく、冷凍冷蔵機器メーカーのフクシマガリレイはIoT/AI技術を小売業界に浸透させて変革を起こすリテールAIプラットフォームプロジェクト「リアイル」に参画しました。 既存の小売から脱却し、リテールAI技術を推進することで、世界に通用するスマートストア開発を目指します。 本講演では欠品検知や人流分析など最新の店舗DXを紹介すると共に、そのインフラ構築やメンテナンスなど普及に向けた当社の取り組みについてご紹介します。

ITmedia Virtual EXPO 2021 秋

2021/09/01 〜 2021/09/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

比戸将平

株式会社Preferred Networks  執行役員 インダストリーソリューション担当VP

Preferred Networksにおける物流ロボットとその事業展望

Preferred Networks(PFN)は深層学習を始めとする人工知能技術に強みを持つスタートアップであり、2021年5月14日に物流事業を立ち上げるプレスリリースを発表した。本講演では、人工知能時代におけるロボットビジネスの位置付けと、何故今から物流業界に参入するのか、さらにPFN社内での研究開発の開始から物流事業に至るまでの経緯について紹介する。加えて、現在注力している倉庫向けデパレタイズロボットの概要と、パートナーシッププログラムについても述べる。

ITmedia Virtual EXPO 2021 秋

2021/09/01 〜 2021/09/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

和田憲一郎

株式会社 日本電動化研究所 代表取締役

このままでは衰退!日本の自動車産業の生き残る道は?

米国の新ZEV規制、欧州のCO2規制、LCA規制、中国のNEV規制など海外にて次々と新たな環境規制が実施され、受け身であった日本の自動車産業は窮地に陥っています。それは取りも直さず、自動車産業一本足打法であった日本の産業にも大きな影響を及ぼそうとしています。このように環境が激変する中、日本の自動車産業はどのような生き残り策を図ることが望ましいのでしょうか。自動車メーカー、自動車部品メーカー、電気・電子メーカーなどの変革にご支援をさせていただいた筆者が、今後どのような生き残り策を考えなければならないのか等、考えをご紹介いたします。

ITmedia Virtual EXPO 2021 秋

2021/09/01 〜 2021/09/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

鈴木正敏

IDECファクトリーソリューションズ株式会社 取締役 ロボットシステム部 部長

協働ロボット導入のリアル、最新動向と安全への取り組み

労働人口減少に加えCOVID-19拡大などから、製造現場で注目を集めるのが、人と一緒に作業を行える協働ロボットだ。従来は使えなかった領域でもロボットを使用できる利点があるが、本格導入にはまだまだ壁も多いという。こうした協働ロボットの活用動向や導入の壁、課題点のリアルな状況について、協働ロボット専門のシステムインテグレーションを展開するIDECファクトリーソリューションズ 取締役でロボットシステム部 部長の鈴木正敏氏に話していただく。

ITmedia Virtual EXPO 2021 秋

2021/09/01 〜 2021/09/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

名木野俊文

パナソニック株式会社 マニュファクチャリングイノベーション本部 生産・環境技術研究所 第一研究部 主幹技師

サーキュラーエコノミーに対応するセルロースファイバー成形材料開発

植物由来、高強度の特徴を生かせるセルロースに着目し、環境負荷の小さい軽くて強いセルロースファイバー成形材料を開発、家電業界で初めて量産導入を実現した。汎用樹脂への適用にはコストダウンが大きな課題であったが、樹脂融液中での解繊・変性・分散一貫処理技術による水を使用しない全乾式プロセスを確立し低コスト化を実現。また、特性としても比剛性、着色自由性、面衝撃性、リサイクル性が高い材料となっている。2020年度にはセルロースファイバーを70%の高濃度で樹脂に混ぜ込む加工技術を開発した。

ITmedia Virtual EXPO 2021 秋

2021/09/01 〜 2021/09/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

伊藤孝司

コニカミノルタ株式会社 上席執行役員生産・調達本部長

「現場力とデジタル化の融合」による新たなモノづくりへの挑戦

コニカミノルタは、ビジネスの現場で働くお客様の課題を共に解決し、新たな価値を創出し続ける企業を目指している。 今後も多くの環境変化は必然であり、モノづくり現場としてその変化に対応する為には、デジタル化とモノづくり変革のベースにある現場力との融合がいかに重要かについて当社の考えや取組みについて語る。

ITmedia Virtual EXPO 2021 秋

2021/09/01 〜 2021/09/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

清水洋治

株式会社テカナリエ 技術コンサルタント 代表取締役 兼 上席アナリスト

最先端5nmプロセス採用プロセッサ解剖

2020年秋に発売されたAppleのスマートフォン「iPhone 12」に搭載されたプロセッサ「A14 BIONIC」を皮切りに、適用が始まった最先端半導体製造プロセス「5nmプロセス」。その後、Appleの「Apple Silicon M1」やHuawei/HiSiliconの「Kirin 9000」、Samsung Electronicsの「Exynos 2100」、Qualcommの「Snapdragon 888」と続々と5nmプロセスを採用したプロセッサが登場してきた。 本講演では、ほぼ出そろった上記主要ベンダーの5nmプロセスを採用した最新プロセッサをそれぞれ解剖し、チップの中身を分析。そこから見えてきた各プロセッサや採用プロセスの違いなどに触れながら、最新の半導体技術トレンドを紹介していく。

ITmedia Virtual EXPO 2021 秋

2021/09/01 〜 2021/09/30
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • ディスカッション
  • 管理職

稲舟基久

経済産業省 経済産業政策局  新規事業創造推進室 係長

「“日本発”のイノベーションを育てる」、官民で挑むスタートアップ支援

AIやIoTなどの市場が急速に成長する中、革新的な技術を持つスタートアップへの注目が高まっている。だが日本では、米国シリコンバレーなどに比べると、スタートアップを取り巻く環境がまだまだ整っていないのが現状だ。そこで、官民を挙げて新興企業の支援に取り組むべく誕生したのが、経済産業省が主導するプログラム「J-Startup」である。世界を舞台に戦えるスタートアップを国はどのように支援し、育てていくのか――。J-Startupの担当者が語る。

ITmedia Virtual EXPO 2021 秋

2021/09/01 〜 2021/09/30
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • ディスカッション
  • 管理職

村松佳幸

経済産業省 商務情報局  情報経済課 課長補佐

「“日本発”のイノベーションを育てる」、官民で挑むスタートアップ支援

AIやIoTなどの市場が急速に成長する中、革新的な技術を持つスタートアップへの注目が高まっている。だが日本では、米国シリコンバレーなどに比べると、スタートアップを取り巻く環境がまだまだ整っていないのが現状だ。そこで、官民を挙げて新興企業の支援に取り組むべく誕生したのが、経済産業省が主導するプログラム「J-Startup」である。世界を舞台に戦えるスタートアップを国はどのように支援し、育てていくのか――。J-Startupの担当者が語る。
バナー

ITmedia Virtual EXPO 2021 秋

2021/09/01 〜 2021/09/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

蓮井樹生

株式会社アラヤ エンジニアリング部 VPoE

エッジAI実装の現状と、実装時に考慮すべき点

リアルタイム性やセキュリティ、コストといった点から急激に注目度が高まっているエッジAI。ただし、エッジAIを実際に導入するには、そのメリットだけでなくデメリットもしっかりと理解して判断することが必要だ。本講演では、エッジAIの技術開発やコンサルティングサービスを手掛けるアラヤでVPoE(Vice President of Engineering)を務める蓮井樹生氏が、エッジAIを実装する際に考慮すべき「4つの観点」を解説。「本当にエッジAIが必要なのか?」という根本的なところまで掘り下げて語る。併せて、製造業などで実際に導入されているエッジAIの事例も紹介する。