谷本有香

フォーブス ジャパン Web編集部 編集長

証券会社、Bloomberg TVで金融経済アンカーを務めた後、2004年に米国でMBAを取得。その後、日経CNBCキャスター、同社初の女性コメンテーターとして従事。これまでに、トニー・ブレア元英首相、アップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアック、ハワード・シュルツ スターバックス創業者はじめ、3,000人を超える世界のVIPにインタビューした実績有。 また、現在、MX「モーニングCROSS」にコメンテーターとして出演する他、これまでレギュラーコメンテーターを務めたTBS「ビビット」、テレビ朝日「サンデースクランブル」、毎日放送「ミント!」他、フジテレビ「ユアタイム」、Abema TV「AbemaPrime」等、多数の報道番組に出演。現在、経済系シンポジウムのモデレーター、政府系スタートアップコンテストやオープンイノベーション大賞の審査員、企業役員・アドバイザーとしても活動。2016年2月より『フォーブス ジャパン』に参画。2020年6月1日より現職。 著書は「アクティブリスニング なぜかうまくいく人の「聞く」技術」(ダイヤモンド社)、「世界トップリーダー1000人が実践する時間術(KADOKAWA/中経出版)、「何もしなくても人がついてくるリーダーの習慣」(SBクリエイティブ)、「世界のトップリーダーに学ぶ一流の『偏愛』力」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。 ロイヤルハウジンググループ株式会社上席執行役員、株式会社ワープスペース 顧問、株式会社AllDeal顧問。

updataNOW 20

2020/10/12 〜 2020/10/16
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • 管理職

谷本有香

フォーブス ジャパン Web編集部 編集長

[Forbes JAPAN presents]仮想現実時代における日本的DX

昨日の「正解」は今日の「不正解」になってしまう今、この閉塞感をどう打破していくべきなのか。その打開策として期待されるDX。 一方でこのまま欧米型のコピーでは日本のDXはうまく行かないのは誰もが気づいているはず。 モデレーターをフォーブス ジャパン 谷本氏、パネリストにウィズグループ奥田氏、ヤフー宮内氏、ウイングアーク1st久我を迎えた本セッションでは、もっと「欲望」に生き、ありたい未来から考え、あるべき日本的DXについて、アート思考、ダイアログ(対話)、バックキャスティングなどのキーワードを軸に深掘りしながらディスカッションします。

The Nippon Foundation STARTLINE Beyoud the Distance 超えていけ。

2020/12/01 〜 2021/01/19
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

谷本有香

Forbes JAPAN Web編集長

「あきらめない」ライフデザイン これからの時代の「家族」とは、「家庭」とは

これまで私たちは、自分や家族の仕事に合わせて生活することで、色々なことをあきらめてきたのではないでしょうか。既定概念や周囲にとらわれず、もっと時間や空間を自由に使って「自分たちらしい暮らし」を自らデザインできるとしたらどんな変化が生まれるでしょうか。安心できる環境の最小単位として「家庭」が見直されている今、「家族とは何か」も問いながら、それぞれの家庭が描く多様なライフ・デザインの可能性を探ります。

Sansan Innovation Project 2020

2020/03/12 〜 2020/03/13
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

谷本有香

Forbes JAPAN 副編集長 兼 チーフコミュニケーション ディレクター

次世代、世界で勝てる リーダーシップ

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

働き方を考えるカンファレンス2021 「働くのこれから」 「働く」は変わったのか?働き方の未来をつくる

2021/02/24 〜 2021/02/24
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 管理職

谷本有香

Forbes JAPAN Web編集長

この5年間で働き方は変化したのか

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Japan Open Innovation Fes 2020→21 オンラインから始まる、大共創時代の幕開け

2021/02/26 〜 2021/02/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

谷本有香

リンクタイズ株式会社 フォーブス ジャパン Web編集部 編集長

世界水準のイノベーション・マネジメントシステム ISO56002 ーマネジメントシステムなき活動で起こる悲劇を避けるには?ー

ISO TC279(イノベーション・マネジメント)国内審議委員会委員長をも務め、日本のイノベーションを牽引する一般社団法人Japan Innovation Network(JIN)代表理事 西口 尚宏氏が語る、イノベーションを起こすためのOSであるマネジメントシステムなく行うイノベーション活動の悲劇を避けるには…?

Japan Open Innovation Fes 2020→21 オンラインから始まる、大共創時代の幕開け

2021/02/26 〜 2021/02/26
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

谷本有香

リンクタイズ株式会社 フォーブス ジャパン Web編集部 編集長

業界にみる、ニューノーマルを生み出すオープンイノベーション

日本の高度経済成長を支えてきた、業界の老舗が大集結。自動車業界・建設業界・通信キャリア・一次産業・・・。 カゴメ・鹿島建設・ KDDIが語る、業界の今とこれから。 あらゆる業界にニューノーマルは押し寄せている。 モデレーターはForbes JAPAN Web編集部 編集長 谷本 有香氏。日本のニューノーマルを目撃できるセッション。

2030年に向けたAI活用の最先端を発信する ExaForum2021

2021/05/18 〜 2021/05/19
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

谷本有香

フォーブス ジャパン Web編集部 編集長

日本のワクワクで世界に貢献する時代

ジャーナリストとしてこれまで多くの経営者や企業を取材してきた谷本有香氏は、ここにきて「明らかに時代の流れが変わった」と指摘します。新しい時代には、世界が日本の美意識を求めるようになると言うのです。われわれは今、どのような時代に向かっているのか、詳しくお聞きしたいと思います。

Reversible World 2021

2021/06/12 〜 2021/06/13
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

谷本有香

Forbes JAPAN Web編集長

GREAT PRODUCT 30 〜2020-2021ヒットの部屋〜

「今年の最も優れたプロダクト」を表彰するGreat Product 30 Award。 本セッションでは、アワードに携わった審査員をパネラーに、プロダクトの過去、現在、未来について考えていきます。日本を代表するエンジニア、研究者、編集者たちはそれぞれ、なにを見て、なにに触れ、そこからなにを感じたのか。 ノミネートされたプロダクトから読み解くトレンドや、審査員たちが考えるプロダクトのイノベーション、デザイン、クリエイティブについて紐解いていきます。

Reversible World 2021

2021/06/12 〜 2021/06/13
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

谷本有香

Forbes JAPAN Web編集部 編集長

PwCがデジタル製品開発に乗り出すワケ ~PwCが実践する新規事業育成術に迫る~

コンサルティングや監査など「人」によるサービスを展開してきたPwCがモノづくりに挑戦!?「人」によるサービスで年々売上を伸ばしているPwC Japanグループが、2018年から“新規事業”を本格始動させた。従来の「人員×時間」以外の新しいビジネスモデル開発のため、デジタル製品の企画~開発~販売を同グループ内で取り組んでいる。 なぜPwCがモノづくりに挑むのか?PwC Japanグループの新規事業をリードする、PwC コンサルティング合同会社の常務執行役員 パートナー野口功一氏を迎え、Forbes JAPAN Web編集部 編集長 谷本有香氏が真相に迫る。新規事業における失敗談/成功談、既存事業・新規事業を超えた組織論や人材論を交え、アフターDX(デジタルトランスフォーメーション)の世界観に言及。PwC Japanグループが実践する新規事業育成術を徹底解剖。

G-Summit Japan 2021

2021/07/15 〜 2021/07/16
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

谷本有香

Forbes JAPAN Web編集長

デジタルで変革するニューノーマルのCX

企業のデジタルトランスフォーメーションとともに、顧客接点のデジタルシフトが急速に進む中、顧客体験もデジタル・ファーストで再構築すべき時期に差し掛かっています。デジタルによってお客様の利便性を高めるとともに、信頼やロイヤルティを勝ち取るために、いかにパーソナライズされたお客様ごとに共感性のある顧客体験を、AIやクラウドをはじめとしたテクノロジーを活用しながら実現していくのか? 日本におけるDX、CXの現状とともにジェネシスのビジョンを、Forbes JAPAN Web編集長、谷本様ともにお届けします。

G-Summit Japan 2021

2021/07/15 〜 2021/07/16
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

谷本有香

Forbes JAPAN Web編集長

共感性のある顧客体験を生み出すための従業員体験

昨年の新型コロナウイルスの感染拡大を機に、CXやコンタクトセンターを取り巻く環境は大きく変わりつつあります。Happy Employee = Happy Customerをテーマに、コロナ以降の消費者マインドや従業員マインドの変化とともに、顧客体験を最終的に決定づけるコンタクトセンターをはじめとした顧客接点をハッピーな職場にするためのコンセプト、共感性の高い顧客体験を提供するためのジェネシスのソリューションをご紹介します。

NEC ONLINE SEMINAR 働き方DX Day “働きやすさ”から“働きがい”へ

2021/07/30 〜 2021/07/30
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

谷本有香

ForbesJAPAN Web編集長

NECが目指すSmart Work 2.0 ~「働きやすさ」から「働きがい」へ~

NECグループでは、全社を挙げたカルチャー変革のもと、制度・オフィス・ITなどの整備を中心に、働きやすい環境づくりを進めてきました。これを『Smart Work 1.0』とすれば、これから取り組むのは『Smart Work 2.0』。「働きやすさ」を継続しつつ、社員の「働きがい」を追求していきます。NECグループが進める働き方改革について、CHROとCIO兼CISOが、そのコンセプトや具体的取り組みについてお伝えします。