石山アンジュ

一般社団法人Public Meets Innovation 代表理事

1989年生まれ。「シェア(共有)」の概念に親しみながら育つ。 2012年国際基督教大学(ICU)卒。新卒で(株)リクルート入社、その後(株)クラウドワークス経営企画室を経て現職。シェアリングエコノミーを通じた新しいライフスタイルを提案する活動を行うほか、政府と民間のパイプ役として規制緩和や政策推進にも従事。総務省地域情報化アドバイザー、厚生労働省「シェアリングエコノミーが雇用・労働に与える影響に関する研究会」構成委員、経済産業省「シェアリングエコノミーにおける経済活動の統計調査による把握に関する研究会」委員なども務める。 2018年米国メディア「Shareable」にて世界のスーパーシェアラー日本代表に選出。ほか NewsPicks「WEEKLY OCHIAI」レギュラーMC、拡張家族Cift メンバーなど、幅広く活動。 著書「シェアライフ-新しい社会の新しい生き方(クロスメディア・パブリッシング)」がある。

updataNOW 20

2020/10/12 〜 2020/10/16
  • 国内講演者
  • 他所属
  • 理事

石山アンジュ

一般社団法人Public Meets Innovation 代表理事

ネクストノーマル時代の「消費」~コロナ時代における消費と信頼について考える~

経済や社会状況が目まぐるしく変化する現在、消費者も日々変化する不確定な情報の元、迷いながら消費活動を行っています。 今の時代に消費者が求める情報とは何か。企業はどう消費者と向き合うべきか。 ネクストノーマル時代の消費者行動の変化について、より注目が高まる「シェアリングエコノミー」という観点を軸に、様々な角度から探っていきます。

SHARE SUMMIT 2020 ~Co-Society~

2020/11/16 〜 2020/11/16
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • 管理職

石山アンジュ

一般社団法人シェアリングエコノミー協会 事務局長

シェアという思想 〜ポストコロナの豊かさを再定義する〜

当たり前とされてきた社会の前提を失いつつある今、本当の豊かさとは何かを再定義する時がきている。シェアが広がった世界の文化・思想、生き方を紐解いていく。

START Venture Festival 2020

2020/09/27 〜 2020/09/29
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • 管理職

石山アンジュ

一般社団法人シェアリングエコノミー協会 事務局長

これからの時代の歩き方 〜 将来の衣食住を作る〜

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

SHARE SUMMIT 2021

2021/10/05 〜 2021/10/05
  • 国内講演者
  • 他所属
  • 理事

石山アンジュ

一般社団法人シェアリングエコノミー協会 常任理事兼事務局長

シェアという思想 〜本質的な豊かさを実現する経済社会の行方〜

黎明期から成長期へ大きく拡大したシェアリングエコノミー。一方でプラットフォーム至上主義的な広がりに対しコモンズや協同組合主義的ムーブメントも起きている。本来シェアはどのような経済社会思想の上に立つべきなのか。本質的な豊かさとは何かを紐解きながらシェアの未来を描いていく。

SHARE SUMMIT 2021

2021/10/05 〜 2021/10/05
  • 国内講演者
  • 他所属
  • 理事

石山アンジュ

一般社団法人シェアリングエコノミー協会 常任理事兼事務局長

Closing Talk 〜Sustainable Actionをはじめよう〜

SHARE SUMMIT2021の1日を振り返るとともに、疲弊した社会をしなやかに回復させながら持続可能な共生社会を実現するために私たちはなにができるのか。ここからはじめる一人ひとりのサステナブルアクションを共有し、紡いでいく。

地方企業の経営2.0 〜THE OWNER Conference in 福岡・九州〜

2021/11/01 〜 2021/11/30
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • その他職名

石山アンジュ

社会活動家

New・地方創生のビジネスモデル

今、地方創生業界は若者の新たなビジネスの創出で湧いている。ウィズコロナ、アフターコロナの世界で進化する地方創生のビジネスモデルを、地方でポスト資本主義社会を作るNext Commons Labファウンダーの林氏、一般社団法人シェアリングエコノミー協会常任理事である石山氏に存分に語り尽くしていただく。

WestShip

2021/11/16 〜 2021/11/16
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • 社長

石山アンジュ

Public Meets Innovation代表

2025年の関西再構築戦略

2025年に開催が予定されている大阪万博はひとつのターニングポイントだが、その後の未来を我々は見通せているだろうか。 2025年の関西の行政と産業はどのような局面にあるのか。関西のキーパーソンが共有していくべきビジョンについて問う。

働き方を考えるカンファレンス2021 「働くのこれから」 「働く」は変わったのか?働き方の未来をつくる

2021/02/24 〜 2021/02/24
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

石山アンジュ

シェアリングエコノミー協会 事務局長

働く場所や環境は変化したのか

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

NewEra, NewCity 2021

2021/08/31 〜 2021/08/31
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

石山アンジュ

Public Meets Innovation代表

「地域から日本を変える」は実現可能か?

日本を最速で変える唯一の方法は、“地域”において「圧倒的な成功モデル」を創ることだ──。 従来の日本的成長戦略が通用しなくなり、国として目指す姿が見えなくなっている現在。社会の“現場”にもっとも近い“地域”にこそ、新たな国家ビジョンを提示できる土壌がある。 行政と民間が「ビジョン」と「データ」を共有し、爆速で新しい価値を共創していくことが、日本の新しい繁栄モデルを創ることにつながる。 スタートアップ先進都市・福岡の首長である高島市長と、“新しい公共”の視点を持つビジネスの有識者が、その理想とリアルを共に掘り下げることで、「地域から日本を変える方法」を導き出す。