石山アンジュ

一般社団法人Public Meets Innovation 代表理事

1989年生まれ。「シェア(共有)」の概念に親しみながら育つ。 2012年国際基督教大学(ICU)卒。新卒で(株)リクルート入社、その後(株)クラウドワークス経営企画室を経て現職。シェアリングエコノミーを通じた新しいライフスタイルを提案する活動を行うほか、政府と民間のパイプ役として規制緩和や政策推進にも従事。総務省地域情報化アドバイザー、厚生労働省「シェアリングエコノミーが雇用・労働に与える影響に関する研究会」構成委員、経済産業省「シェアリングエコノミーにおける経済活動の統計調査による把握に関する研究会」委員なども務める。 2018年米国メディア「Shareable」にて世界のスーパーシェアラー日本代表に選出。ほか NewsPicks「WEEKLY OCHIAI」レギュラーMC、拡張家族Cift メンバーなど、幅広く活動。 著書「シェアライフ-新しい社会の新しい生き方(クロスメディア・パブリッシング)」がある。

updataNOW 20

2020/10/12 〜 2020/10/16
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 理事

石山アンジュ

一般社団法人Public Meets Innovation 代表理事

ネクストノーマル時代の「消費」~コロナ時代における消費と信頼について考える~

経済や社会状況が目まぐるしく変化する現在、消費者も日々変化する不確定な情報の元、迷いながら消費活動を行っています。 今の時代に消費者が求める情報とは何か。企業はどう消費者と向き合うべきか。 ネクストノーマル時代の消費者行動の変化について、より注目が高まる「シェアリングエコノミー」という観点を軸に、様々な角度から探っていきます。

SHARE SUMMIT 2020 ~Co-Society~

2020/11/16 〜 2020/11/16
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • パネルディスカッション
  • 管理職

石山アンジュ

一般社団法人シェアリングエコノミー協会 事務局長

シェアという思想 〜ポストコロナの豊かさを再定義する〜

当たり前とされてきた社会の前提を失いつつある今、本当の豊かさとは何かを再定義する時がきている。シェアが広がった世界の文化・思想、生き方を紐解いていく。

働き方を考えるカンファレンス2021 「働くのこれから」 「働く」は変わったのか?働き方の未来をつくる

2021/02/24 〜 2021/02/24
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • パネルディスカッション
  • 管理職

石山アンジュ

シェアリングエコノミー協会 事務局長

働く場所や環境は変化したのか

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。