教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

小酒井正和

玉川大学工学部 教授

【iTeachers Talk LIVE!】 ICT導入で「学び方」「働き方」はどう変わる?

教育ICTの実践者チームiTeachersがお届けする特別トークセッション。1人1台端末の導入によって子どもたちの学びはどう変わったのか。教員の働き方はどう変わっていくのか。ICT導入の秘訣や注意点を「学び方」「働き方」の両面から探ります。MCとパネリストの掛け合いによるここでしか聞けないオフレコトークは必見です。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 管理職

片岡伸一

千葉県立市川工業高等学校 電気科 学科主任

【iTeachers Talk LIVE!】 ICT導入で「学び方」「働き方」はどう変わる?

教育ICTの実践者チームiTeachersがお届けする特別トークセッション。1人1台端末の導入によって子どもたちの学びはどう変わったのか。教員の働き方はどう変わっていくのか。ICT導入の秘訣や注意点を「学び方」「働き方」の両面から探ります。MCとパネリストの掛け合いによるここでしか聞けないオフレコトークは必見です。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • その他職名

榎本昇

森村学園初等部 教諭

【iTeachers Talk LIVE!】 ICT導入で「学び方」「働き方」はどう変わる?

教育ICTの実践者チームiTeachersがお届けする特別トークセッション。1人1台端末の導入によって子どもたちの学びはどう変わったのか。教員の働き方はどう変わっていくのか。ICT導入の秘訣や注意点を「学び方」「働き方」の両面から探ります。MCとパネリストの掛け合いによるここでしか聞けないオフレコトークは必見です。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • その他職名

ミラースチュアート

Google for Education マーケティング統括部長 アジア太平洋地域        

「Future of School」ひとり1台のその先へ ―世界中を教室に―

GIGAスクール構想の本格始動から1年以上が経過した。一人ひとりが目的に合わせて端末を使う姿が、学校の新しい日常になりつつあり、世界も日本の動向に注目をしている。1人1台端末でどのような学びの変化が実現したのか、未来を見据えた次の一歩は何なのか、一緒に考える機会にしましょう。
ピープルビジネスの変革組織戦略の最前線

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • 管理職

リヒティドミニク

Apple ワールドワイド教育ストラテジー部門ディレクター

これからの学びとApple

急速に変化する世界で子どもたちが将来に備えるために、私たちはいま、どのような学びを提供するべきなのだろうか。テクノロジーは、今日の世界のこのような変化をもたらしている原動力である。テクノロジーによって日常生活が変わり、世界中で社会の仕組みやビジネスが変わり、成功するために求められるスキルが変わっている。また、これまでにない新しい学びの機会も生み出した。講演では、こうした状況の中でこれからの学びの実現する4つの要素を解説し、それらの要素をさらに発展させるためにAppleが取り組んでいる内容を紹介する。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • その他職名

平井聡一郎

情報通信総合研究所

【iTeachers Talk LIVE!】 ICT導入で「学び方」「働き方」はどう変わる?

教育ICTの実践者チームiTeachersがお届けする特別トークセッション。1人1台端末の導入によって子どもたちの学びはどう変わったのか。教員の働き方はどう変わっていくのか。ICT導入の秘訣や注意点を「学び方」「働き方」の両面から探ります。MCとパネリストの掛け合いによるここでしか聞けないオフレコトークは必見です。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 管理職

品田健

聖徳学園中学・高等学校 Executive ICT Director

【iTeachers Talk LIVE!】 ICT導入で「学び方」「働き方」はどう変わる?

教育ICTの実践者チームiTeachersがお届けする特別トークセッション。1人1台端末の導入によって子どもたちの学びはどう変わったのか。教員の働き方はどう変わっていくのか。ICT導入の秘訣や注意点を「学び方」「働き方」の両面から探ります。MCとパネリストの掛け合いによるここでしか聞けないオフレコトークは必見です。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • その他職名

髙谷浩樹

デジタル庁 GIGAスクールアドバイザー

GIGAスクールの先へ、デジタル庁が示す教育データ利活用ロードマップと実現への課題

昨年発足したデジタル庁では、教育を準公共分野と位置づけて精力的に取り組み、今年初めにはデータ利活用ロードマップをとりまとめた。まず政府のデジタル庁を取り巻く動きを紹介したうえで、このロードマップの内容を説明し、さらにそれに沿った教育DXを進めるうえで見えてくる課題を指摘する。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • 管理職

小池幸司

NPO法人 iTeachers Academy 事務局長

【iTeachers Talk LIVE!】 ICT導入で「学び方」「働き方」はどう変わる?

教育ICTの実践者チームiTeachersがお届けする特別トークセッション。1人1台端末の導入によって子どもたちの学びはどう変わったのか。教員の働き方はどう変わっていくのか。ICT導入の秘訣や注意点を「学び方」「働き方」の両面から探ります。MCとパネリストの掛け合いによるここでしか聞けないオフレコトークは必見です。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

湯野川孝彦

(株)すららネット 代表取締役社長

学習データの利活用と個別最適化のNextStage

EdTech活用の次のステージとして、公立学校-学習塾-保護者間でのデータ利活用、探究学習や自己調整学習との連動、認知特性に応じた新しいアダプティブ機能や特別支援での活用等の検討や実践が進みつつある。 教育の「NextStage」のビジョンと先進的な取り組み例などを、現場に寄り添ったサポート事例とともにお伝えする。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

中井陽子

日本マイクロソフト(株) 執行役員 パブリックセクター事業本部 文教営業統括本部 統括本部長         

Microsoft Education が目指す児童生徒主体の学びと教育変革

GIGAスクール構想により一人一台端末が整備され、ICTの活用により授業や校務のあり方に大きな変化が起こり始めている。本講演では実際にMicrosoft Educationの教育クラウドを活用することで生徒の学び方、先生たちの働き方が変わった海外や日本の教育改革の事例をご紹介しながら、今後のICT教育が持つ可能性を広げる取り組みについてご紹介する。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

佐藤昌宏

デジタルハリウッド大学 教授 学長補佐

【エドテック対談】デジタルテクノロジーは教育に何をもたらすのか?

激変する世界。予測不能な未来で答えの無い問いと対峙する子供たち。変革を始めた日本の教育もデジタルテクノロジーとの関係性はさらに身近に、より重要なものになるだろう。そんな未来を生きる子供たちのために、今、私たちが考えるべきことをグローバル、テクノロジー、イノベーションの観点から分かりやすく議論する。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 管理職

伊藤穰一

千葉工業大学 変革センター センター長

【エドテック対談】デジタルテクノロジーは教育に何をもたらすのか?

激変する世界。予測不能な未来で答えの無い問いと対峙する子供たち。変革を始めた日本の教育もデジタルテクノロジーとの関係性はさらに身近に、より重要なものになるだろう。そんな未来を生きる子供たちのために、今、私たちが考えるべきことをグローバル、テクノロジー、イノベーションの観点から分かりやすく議論する。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • 教授

堀田龍也

東北大学 大学院情報科学研究科 教授

教育の情報化の最新動向と学校現場の課題

GIGAスクール構想によって児童生徒1人1台の情報端末が配備され、学習環境が大きく変化した。これは学習指導要領の円滑な実施のための学習のインフラである。この学習環境を十分に活用した授業づくりはどのように行えばよいか。デジタル教科書、教育データ利活用等の動向や、情報活用能力の育成と大学入学共通テストでの教科「情報」の導入など、数年先を意識した取り組みについて検討する。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

青木学聡

名古屋大学 情報戦略室 教授

研究データと研究DX – 大学の組織的支援の在り方

ITを駆使し、デジタルデータを活用する「研究DX」の推進は、より良い研究環境の創出を目指す学術機関共通の課題である。本パネルディスカッションでは、研究DXにおける重要な要素である、「研究データの取り扱い」を中心とし、機関が組織的に研究DXを進めるための方策について議論を深める。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • 管理職

水間玲

文部科学省 初等中等教育局 修学支援・教材課GIGAスクール推進チームリーダー (情報教育振興室長)

GIGAスクール構想による教育の質の向上

「GIGAスクール構想の実現」として全国の学校における児童生徒1人1台端末環境の整備等を進め、いよいよ今年度から学校現場における本格的な活用が始まっている。本講演では、「GIGAスクール構想」が始まった経緯やその進捗状況、GIGAスクール構想の今後の展開等について紹介する。
ピープルビジネスの変革組織戦略の最前線

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • 管理職

神山弘

文部科学省 総合教育政策局 生涯学習推進課 課長

リカレント教育(社会人の学び直し) ~今、大学・企業に求められるもの~

人生100年時代やSociety5.0の到来を見据え、誰もがいくつになっても必要な能力・スキルを身につけ、人生をより豊かにするための重要な手段として掲げられる「リカレント教育」。DX社会の進展や新型コロナウイルス感染症の拡大による雇用情勢への多大な影響が懸念される中で、その重要性はますます高まっており、本講演ではその最新動向等についてお伝えする。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

中島さち子

(株)steAm 代表取締役社長/大阪・関西万博テーマ事業プロデューサー

創造性の民主化時代 ー共創のハイブリッドSTEAMエコシステムをどう構築していくかー

21世紀は激動の時代であり、唯一解はなく問いそのものも大きく揺らぐ時代。あらゆる概念の本質に立ち戻る時代である。「誰もが芸術家・研究者・発明家」は、21世紀STEAM思想の根幹にある信念である。創造の喜びが爆発する時代を推進する社会・文化の共創エコシステムは具体的にどのようなものか・・・を模索する。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • 社長
  • 管理職

神野元基

(同)LINKALL 代表/学校法人 東明館学園 東明館中学校・高等学校 副校長/宮崎市 教育CIO/中央教育審議会 初中等部会臨時委員/産業構造審議会 教育イノベーション小委員会委員/(株)COMPASS ファウンダー

個別最適な学びと教育データ利活用

GIGAスクール構想が活用フェーズへと進む中、次なる課題となっている教育データの横断的な利活用。中央教育審議会、産業構造審議会の委員として制度等を考えていく立場と、実際の学校現場でそれらを実践していく両方の立場、さらに教材開発者としての視点も交え、「個別最適な学び」を実現するためのデータ利活用の未来について語る。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • 管理職

浅野大介

経済産業省 商務・サービスグループ サービス政策課長 教育産業室長・スポーツ産業室長

教育DXでつくる「未来の教室」

経済産業省「未来の教室ビジョン」で提唱した「1人1台端末環境」は「GIGAスクール構想」として実現し、EdTechを用いる学び方は「EdTech導入補助金」で7000超の学校に広がり始めた。生徒の「当事者性」を刺激し、自律調整型の学び(学びの個別最適化)、プロジェクト型・学際研究型の学び(学びのSTEAM化)を実現する「未来の教室」を、「DX」を通してどう創り上げますか?

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

一村信吾

早稲田大学 研究戦略センター 副所長・教授

研究データと研究DX – 大学の組織的支援の在り方

ITを駆使し、デジタルデータを活用する「研究DX」の推進は、より良い研究環境の創出を目指す学術機関共通の課題である。本パネルディスカッションでは、研究DXにおける重要な要素である、「研究データの取り扱い」を中心とし、機関が組織的に研究DXを進めるための方策について議論を深める。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

元木正和

東北大学 データシナジー創生機構 助教

研究データと研究DX – 大学の組織的支援の在り方

ITを駆使し、デジタルデータを活用する「研究DX」の推進は、より良い研究環境の創出を目指す学術機関共通の課題である。本パネルディスカッションでは、研究DXにおける重要な要素である、「研究データの取り扱い」を中心とし、機関が組織的に研究DXを進めるための方策について議論を深める。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

松原茂樹

名古屋大学 情報戦略室 教授

研究データと研究DX – 大学の組織的支援の在り方

ITを駆使し、デジタルデータを活用する「研究DX」の推進は、より良い研究環境の創出を目指す学術機関共通の課題である。本パネルディスカッションでは、研究DXにおける重要な要素である、「研究データの取り扱い」を中心とし、機関が組織的に研究DXを進めるための方策について議論を深める。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • 管理職

塩川達大

文部科学省 高等教育局 専門教育課長

ニューノーマル時代における高等教育DXのこれからの展開

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、経済・社会構造が劇的に変化する中、とりわけ急速に進展したデジタル化に対応できる人材の育成は喫緊の課題となっている。これからの高等教育におけるデジタル人材育成及びデジタルトランスフォーメーション(DX)推進の観点から、政府の取組みの概要を解説する。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • 基調講演
  • 管理職

阪本浩

青山学院大学 学長

改めて入試改革を考える ―私たちはどのような人間を育てたいのか―

青山学院大学は、2024年に大学開校75周年を迎えるにあたり、新たに策定した「中長期計画」の下、2022年4月、法学部に日本初のヒューマンライツ学科を開設する等新展開を進めている。中でも特に教育改革と連動した入試改革を推進し、「自ら考え、主体的に学ぶ」人間の育成に努める。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 他所属
  • 基調講演
  • 顧問

安西祐一郎

(独)日本学術振興会 顧問/内閣 AI戦略実行会議 座長

デジタル・トランスフォーメーション時代の教育方法論 ‐何をどのように教えるべきか‐

デジタル改革は教育の内容と方法を抜本的に転換する。知識、技能、思考力、判断力、表現力の意味、協調学習、アクティブ・ラーニングの意味、およびそれらの教育方法について、デジタル・トランスフォーメーション時代の考え方と実践のしかたを述べる。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • 基調講演
  • 教授

鈴木寛

東京大学/慶應義塾大学 教授(前 文部科学大臣補佐官)            

ウェルビーイング時代の教育のあり方とは

本講演の登壇者は元文部科学副大臣として様々な教育改革の主導的役割を担い、慶應大、東大教授などとして教育現場にも関わり続け、また教育改革に携わっている。今までの経験・研究をもとに、不確実な時代における幸福に関してや、影響を与える要素を解説した上で、それに関する教育のあり方について講義する。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • 教授

松原仁

東京大学 情報理工学系研究科 次世代知能科学研究センター 教授

AIは教育をどう変えるのか

2010年代からの第三次ブームによってAIは機械学習を中心として大きく発展し、領域によってはすでにAIが人間の能力を凌駕したところもある。今後は発展したAIを道具として人間がいかによりよい社会を構築していくかが問われることになる。そのような状況において教育はどう変わっていくべきなのかをAIの立場から考える。
ピープルビジネスの変革組織戦略の最前線

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

小池義則

(株)コドモン 代表取締役

供給超過を迎える保育業界の変化を支えるICT活用  ~地域に必要とされる施設であり続けるために~

利用園児数が2025年にピークを迎えるといわれている保育業界。これまでの旺盛な需要に対応する時代から、供給過多の時代に移行するなかで、保育施設は地域の子育て拠点として「なくてはならない存在」へと役割を転換する時期を迎えている。本セミナーでは、ICTを活用したこれからの保育現場の在り方について紹介する。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • ディスカッション
  • 管理職

新井亮裕

前 鴻巣市教育部 教育総務課 主任

GIGAスクール活用 3自治体パネルディスカッション

児童・生徒の1人1台端末を活用する3自治体の教育委員会がどのように1人1台端末を実践しているのか、授業活用、ネットワーク、教職員研修、ICT支援員活用など生の声を届ける。3OS(iPad、Chromebook、Windows)それぞれの導入を代表する東日本各地域のパネリストがその秘訣を語り合う。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • ディスカッション
  • 管理職

井元章二

世田谷区教育委員会 教育政策部 副参事

GIGAスクール活用 3自治体パネルディスカッション

児童・生徒の1人1台端末を活用する3自治体の教育委員会がどのように1人1台端末を実践しているのか、授業活用、ネットワーク、教職員研修、ICT支援員活用など生の声を届ける。3OS(iPad、Chromebook、Windows)それぞれの導入を代表する東日本各地域のパネリストがその秘訣を語り合う。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • ディスカッション
  • 管理職

山主公彦

甲府市教育委員会 学校教育課 情報化推進係・教育指導係 指導主事

GIGAスクール活用 3自治体パネルディスカッション

児童・生徒の1人1台端末を活用する3自治体の教育委員会がどのように1人1台端末を実践しているのか、授業活用、ネットワーク、教職員研修、ICT支援員活用など生の声を届ける。3OS(iPad、Chromebook、Windows)それぞれの導入を代表する東日本各地域のパネリストがその秘訣を語り合う。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授
  • 理事

東原義訓

信州大学 名誉教授 / (一社)教育情報化推進機構 理事長

GIGAスクール活用 3自治体パネルディスカッション

児童・生徒の1人1台端末を活用する3自治体の教育委員会がどのように1人1台端末を実践しているのか、授業活用、ネットワーク、教職員研修、ICT支援員活用など生の声を届ける。3OS(iPad、Chromebook、Windows)それぞれの導入を代表する東日本各地域のパネリストがその秘訣を語り合う。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • ディスカッション
  • その他職名

井崎義治

流山市長

教育先進自治体 首長パネルディスカッション

1人1台端末活用など教育ICT化を先進的に活用する3自治体の市長が登壇。各自治体の教育、ICTについてのビジョン、教育によって各自治体が何を目指すのかなど、自治体トップである市長自ら生の声を語っていただだきます(本講演前半では文部科学省によるGIGAスクール最新動向の講演を予定しています。詳細は決定次第、本ページに掲載いたします)。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • ディスカッション
  • その他職名

福田紀彦

川崎市長

教育先進自治体 首長パネルディスカッション

1人1台端末活用など教育ICT化を先進的に活用する3自治体の市長が登壇。各自治体の教育、ICTについてのビジョン、教育によって各自治体が何を目指すのかなど、自治体トップである市長自ら生の声を語っていただだきます(本講演前半では文部科学省によるGIGAスクール最新動向の講演を予定しています。詳細は決定次第、本ページに掲載いたします)。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • ディスカッション
  • その他職名

竹上真人

松阪市長

教育先進自治体 首長パネルディスカッション

1人1台端末活用など教育ICT化を先進的に活用する3自治体の市長が登壇。各自治体の教育、ICTについてのビジョン、教育によって各自治体が何を目指すのかなど、自治体トップである市長自ら生の声を語っていただだきます(本講演前半では文部科学省によるGIGAスクール最新動向の講演を予定しています。詳細は決定次第、本ページに掲載いたします)。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授
  • 理事

東原義訓

信州大学 名誉教授/(一社)教育情報化推進機構 理事長

教育先進自治体 首長パネルディスカッション

1人1台端末活用など教育ICT化を先進的に活用する3自治体の市長が登壇。各自治体の教育、ICTについてのビジョン、教育によって各自治体が何を目指すのかなど、自治体トップである市長自ら生の声を語っていただだきます(本講演前半では文部科学省によるGIGAスクール最新動向の講演を予定しています。詳細は決定次第、本ページに掲載いたします)。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

松沢剛

富士通(株) ビジネスマネジメント本部 人材開発部 シニアマネージャー

DX企業への「人材」の変革

「DXビジネスをドライブするための経営資源である「人」の育成を通じて、社会のイノベーションに貢献する」ことをテーマに、社員の自律的なキャリア形成や成長を支援する施策の企画設計に取り組んでいる。潜在的スキルを引き出し、発揮させることで社会課題解決に貢献できる人材育成の方向性と取り組みを共有する。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • 管理職

山田哲也

文部科学省 初等中等教育局 修学支援・教材課長

GIGAスクール(1人1台端末活用)の最新動向

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 管理職

新保雄希

社会福祉法人 日本保育協会 青年部 部長/泉の台幼稚舎

『次代への分岐点』 ~私たちの保育は何処へ向かうのか~

保育の「今とこれから」を考える時、私たち大人が忘れてはいけないことは「子ども」という存在がいつもその真ん中にあること。日本保育協会青年部より、保育の質向上と業務改善・再構築の実践や今後の展望を共有し、「子ども」の最善の利益へとつなげる、これからの保育のあり方を考える。 (企画協力:日本保育協会研修部)
ピープルビジネスの変革組織戦略の最前線

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 管理職

清水淳一郎

社会福祉法人 日本保育協会 青年部 副部長/ひよこ第3保育園

『次代への分岐点』 ~私たちの保育は何処へ向かうのか~

保育の「今とこれから」を考える時、私たち大人が忘れてはいけないことは「子ども」という存在がいつもその真ん中にあること。日本保育協会青年部より、保育の質向上と業務改善・再構築の実践や今後の展望を共有し、「子ども」の最善の利益へとつなげる、これからの保育のあり方を考える。 (企画協力:日本保育協会研修部)

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 管理職

菊地幹

社会福祉法人 日本保育協会 青年部 副部長/なかのまるのなか保育園 大きなおうち

『次代への分岐点』 ~私たちの保育は何処へ向かうのか~

保育の「今とこれから」を考える時、私たち大人が忘れてはいけないことは「子ども」という存在がいつもその真ん中にあること。日本保育協会青年部より、保育の質向上と業務改善・再構築の実践や今後の展望を共有し、「子ども」の最善の利益へとつなげる、これからの保育のあり方を考える。 (企画協力:日本保育協会研修部)

教育 総合展 EDIXセミナー 2022

2022/05/11 〜 2022/05/13
  • 国内講演者
  • 他所属
  • その他職名

葉一

教育YouTube クリエイター

YouTube で広がる学びの世界                         ~「とある男が授業をしてみた」の葉一が目指す教育とは~

コロナ禍による突然の休校措置の中でにわかに脚光を浴びた映像授業。その可能性を信じ、約10年前からYouTubeへ授業動画の投稿を続けている教育YouTuberの葉一が、講師として登壇。登録者170万人超えのYouTubeチャンネル「とある男が授業をしてみた」にかける想いや、授業動画制作へのこだわりを語り尽くす。

21世紀幼児教育カンファレンス2022

2021/11/06 〜 2021/11/06
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • その他職名

工藤勇一

横浜創英中学・高等学校 校長、麹町中学校 前校長 『麹町中学校の型破り校長 非常識な教え』『麹町中校長が教える子どもが生きる力をつけるために親ができること』『学校の「当たり前」をやめた』著者

学校の「当たり前」をやめた。 ~公立名門中学校長の改革~

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

21世紀幼児教育カンファレンス2022

2021/11/06 〜 2021/11/06
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • 理事
  • 管理職

山内祐平

東京大学大学院 情報学環 学環長・学際情報学府 学府長 NPO法人エデューステクノロジーズ 代表理事

VUCA(不安定・不確実・複雑・曖昧)な時代の幼児教育とは ~カンファレンスのまとめ

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

21世紀幼児教育カンファレンス2022

2021/11/06 〜 2021/11/06
  • 国内講演者
  • 他所属
  • 基調講演
  • その他職名

堀江貴文

『多動力』『時間革命』『120歳まで生きたいので、最先端医療を取材してみた』著者

基調講演 ホリエモンロケット ~宇宙産業で世界一を目指す~

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

21世紀幼児教育カンファレンス2022

2021/11/06 〜 2021/11/06
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • 理事

横井司朗

学校法人修立幼稚園・学校法人鶏鳴学園 理事長

地方からの教育改革 ~学校創りを通じて~

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

21世紀幼児教育カンファレンス2022

2021/11/06 〜 2021/11/06
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

池谷大吾

(株)スマートエデュケーション代表取締役

コロナで問われたICT活用力 ~「おうちえん ドキュメンテーション」開発秘話~

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

未来の先生フォーラム2021

2021/08/21 〜 2021/08/22
  • 国内講演者
  • 他所属
  • その他職名

鈴木大裕

教育研究者

先生が先生になれない世の中で:公教育に迫る危機と未来

学校改革や教師の働き方改革など、学校現場は絶えず改革や変革が行われています。そのような中で、心の病で教師の休職最多という報道や、教員のなり手不足が問題になっています。教師の魅力が過去に比べて低下してしまっているといえるのではないでしょうか。  なぜ、このような現状になってしまったのでしょうか。『崩壊するアメリカの公教育: 日本への警告』というご著書など、日本の公教育への警鐘を鳴らし続ける鈴木大裕氏をお招きし、未来の先生フォーラム2021実行委員会が主催する特別プログラムを開催します。教師の魅力低下にある背景など、教師を取り巻く諸問題についてや、教師の本来的役割、そしてこの現状を打破する施策について考えます。

未来の先生フォーラム2021

2021/08/21 〜 2021/08/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

炭谷俊樹

ラーンネット・グローバルスクール 代表、神戸情報大学院大学学長

未来の学校

新型コロナウイルスの蔓延によって、私たちの生活様式が大きく変わり、様々な問い直しに直面しています。学校においても、同様です。学校とは何をするところなのか、教師の役割とは何なのか等、様々な根本的な問い直しが起こっています。 そのような中で、「未来の学校」とはどのようなものなのでしょうか。異業種から学校に関わるお二人をお招きし、「未来の学校」について、今までの延長ではない形の学校を考える対談を開催します。

未来の先生フォーラム2021

2021/08/21 〜 2021/08/22
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 管理職

平川理恵

広島県教育委員会 教育長

ニュー・ノーマルの学校教育

感染予防・防止を念頭に置いた生活などを送るようになって、1年以上も経過しています。コロナ禍におけるかつてとは異なる生活に徐々に順応してきて、かつての生活が遠い昔のことのように感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 私たちの生活様式が変わるのと並行して、社会も大きく変わっていっています。コロナ禍における生活・社会に慣れてきた私たちが、かつての生活・社会に戻ることはないでしょう。いわゆる「ニュー・ノーマル(新しい常態)」の生活・社会になることはよく言われています。 この変化は教育も例外ではありません。コロナ禍における生活・社会の変化は学校の在り方や指導などの教育活動についても大いに根本的な議論をもたらしたことでしょう。また、様々な創意工夫によって新たな教育実践も生み出されてきています。 では、「ニュー・ノーマル(新しい常態)の教育」とは、どのようなものなのでしょうか?教育界におけるキーパーソンをお招きし、「ニュー・ノーマル(新しい常態)の教育」を描き出す対談を開催します。

未来の先生フォーラム2021

2021/08/21 〜 2021/08/22
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 理事

荒瀬克己

独立行政法人 教職員支援機構 理事長

ニュー・ノーマルの学校教育

感染予防・防止を念頭に置いた生活などを送るようになって、1年以上も経過しています。コロナ禍におけるかつてとは異なる生活に徐々に順応してきて、かつての生活が遠い昔のことのように感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 私たちの生活様式が変わるのと並行して、社会も大きく変わっていっています。コロナ禍における生活・社会に慣れてきた私たちが、かつての生活・社会に戻ることはないでしょう。いわゆる「ニュー・ノーマル(新しい常態)」の生活・社会になることはよく言われています。 この変化は教育も例外ではありません。コロナ禍における生活・社会の変化は学校の在り方や指導などの教育活動についても大いに根本的な議論をもたらしたことでしょう。また、様々な創意工夫によって新たな教育実践も生み出されてきています。 では、「ニュー・ノーマル(新しい常態)の教育」とは、どのようなものなのでしょうか?教育界におけるキーパーソンをお招きし、「ニュー・ノーマル(新しい常態)の教育」を描き出す対談を開催します。
ピープルビジネスの変革組織戦略の最前線

未来の先生フォーラム2021

2021/08/21 〜 2021/08/22
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

本間正人

京都芸術大学 教授ほか

ニュー・ノーマルの学校教育

感染予防・防止を念頭に置いた生活などを送るようになって、1年以上も経過しています。コロナ禍におけるかつてとは異なる生活に徐々に順応してきて、かつての生活が遠い昔のことのように感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 私たちの生活様式が変わるのと並行して、社会も大きく変わっていっています。コロナ禍における生活・社会に慣れてきた私たちが、かつての生活・社会に戻ることはないでしょう。いわゆる「ニュー・ノーマル(新しい常態)」の生活・社会になることはよく言われています。 この変化は教育も例外ではありません。コロナ禍における生活・社会の変化は学校の在り方や指導などの教育活動についても大いに根本的な議論をもたらしたことでしょう。また、様々な創意工夫によって新たな教育実践も生み出されてきています。 では、「ニュー・ノーマル(新しい常態)の教育」とは、どのようなものなのでしょうか?教育界におけるキーパーソンをお招きし、「ニュー・ノーマル(新しい常態)の教育」を描き出す対談を開催します。

未来の先生フォーラム2021

2021/08/21 〜 2021/08/22
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • 管理職

木村泰子

大阪市立大空小学校 初代校長

子どもを主語にする学校づくり

昨今の社会変化によって、学校や教師の在り方が問われています。そのような中で、”「令和の日本型学校教育」の構築を目指して~全ての子供たちの可能性を引き出す,個別最適な学びと,協働的な学びの実現~”という答申が発表されました。「全ての子供たちの可能性を引き出す,個別最適な学びと,協働的な学びの実現」のために、学校や教師はどのような取り組みを行っていくのでしょうか。  大阪市立大空小学校 初代校長の木村泰子先生をお招きし、「子どもを主語にする学校づくり」をテーマにご講演を開催します。大阪市立大空小学校において木村先生は、「対話を中心とした学校組織づくり」・「自分が作る自分の学校」など、様々な取り組みを実践されました。木村先生のご実践から「全ての子供たちの可能性を引き出す,個別最適な学びと,協働的な学びの実現」を描く、未来の先生フォーラム実行委員会が主催する特別プログラムです。

未来の先生フォーラム2021

2021/08/21 〜 2021/08/22
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • 教授

本間正人

京都芸術大学 教授ほか

教師は最新学習歴を更新するロールモデルになろう!

最新学習歴を更新するロールモデルとして、自分の行き方を開示し、子ども達に範を示すことは、時間と空間を共有する現場の教師しかできないことです。子ども達が、それぞれの未来に向けてアクティブラーナーとしての人生を切り拓いていくために、教師一人ひとりに何ができるのか、どうあるべきなのか、一緒に考えていきましょう。

未来の先生フォーラム2021

2021/08/21 〜 2021/08/22
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

本間正人

京都芸術大学 教授ほか

生徒の心に灯をともす教育

令和2年10月7日に中央教育審議会初等中等教育分科会によって発表された「令和の日本型学校教育」の構築を目指して(中間まとめ)~全ての子供たちの可能性を引き出す,個別最適な学びと,協働的な学びの実現~において、「一人一人の児童生徒が,自分のよさや可能性を認識するとともに,あらゆる他者を価値のある存在として尊重し,多様な人々と協働しながら様々な社会的変化を乗り越え,豊かな人生を切り拓き,持続可能な社会の創り手となることができるようにすることが必要」と記載されています。 不確実な社会において豊かな人生を切り拓く教育とは、どのようなものなのでしょうか?学校現場では、探究学習などが実践されるようになり、子どもが自発的に学ぶきっかけづくりが進められています。自らの学びや人生をデザインする力を伸ばす教育が求められています。つまり、「生徒の心に灯を灯す教育」です。本プログラムは、探究×コーチング×トーチングという3つの領域から第一人者の専門家をお招きし、「生徒の心に灯をともす教育」について考えます。

未来の先生フォーラム2021

2021/08/21 〜 2021/08/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

寺田親弘

Sansan株式会社 代表取締役社長

未来の学校

新型コロナウイルスの蔓延によって、私たちの生活様式が大きく変わり、様々な問い直しに直面しています。学校においても、同様です。学校とは何をするところなのか、教師の役割とは何なのか等、様々な根本的な問い直しが起こっています。 そのような中で、「未来の学校」とはどのようなものなのでしょうか。異業種から学校に関わるお二人をお招きし、「未来の学校」について、今までの延長ではない形の学校を考える対談を開催します。

未来の先生フォーラム2021

2021/08/21 〜 2021/08/22
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授
  • 管理職

神武直彦

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 教授、慶應義塾横浜初等部 部長

未来の学校

新型コロナウイルスの蔓延によって、私たちの生活様式が大きく変わり、様々な問い直しに直面しています。学校においても、同様です。学校とは何をするところなのか、教師の役割とは何なのか等、様々な根本的な問い直しが起こっています。 そのような中で、「未来の学校」とはどのようなものなのでしょうか。異業種から学校に関わるお二人をお招きし、「未来の学校」について、今までの延長ではない形の学校を考える対談を開催します。

未来の先生フォーラム2021

2021/08/21 〜 2021/08/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

神保拓也

株式会社トーチリレー 代表取締役

生徒の心に灯をともす教育

令和2年10月7日に中央教育審議会初等中等教育分科会によって発表された「令和の日本型学校教育」の構築を目指して(中間まとめ)~全ての子供たちの可能性を引き出す,個別最適な学びと,協働的な学びの実現~において、「一人一人の児童生徒が,自分のよさや可能性を認識するとともに,あらゆる他者を価値のある存在として尊重し,多様な人々と協働しながら様々な社会的変化を乗り越え,豊かな人生を切り拓き,持続可能な社会の創り手となることができるようにすることが必要」と記載されています。 不確実な社会において豊かな人生を切り拓く教育とは、どのようなものなのでしょうか?学校現場では、探究学習などが実践されるようになり、子どもが自発的に学ぶきっかけづくりが進められています。自らの学びや人生をデザインする力を伸ばす教育が求められています。つまり、「生徒の心に灯を灯す教育」です。本プログラムは、探究×コーチング×トーチングという3つの領域から第一人者の専門家をお招きし、「生徒の心に灯をともす教育」について考えます。

未来の先生フォーラム2021

2021/08/21 〜 2021/08/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

炭谷俊樹

ラーンネット・グローバルスクール 代表、神戸情報大学院大学学長

生徒の心に灯をともす教育

令和2年10月7日に中央教育審議会初等中等教育分科会によって発表された「令和の日本型学校教育」の構築を目指して(中間まとめ)~全ての子供たちの可能性を引き出す,個別最適な学びと,協働的な学びの実現~において、「一人一人の児童生徒が,自分のよさや可能性を認識するとともに,あらゆる他者を価値のある存在として尊重し,多様な人々と協働しながら様々な社会的変化を乗り越え,豊かな人生を切り拓き,持続可能な社会の創り手となることができるようにすることが必要」と記載されています。 不確実な社会において豊かな人生を切り拓く教育とは、どのようなものなのでしょうか?学校現場では、探究学習などが実践されるようになり、子どもが自発的に学ぶきっかけづくりが進められています。自らの学びや人生をデザインする力を伸ばす教育が求められています。つまり、「生徒の心に灯を灯す教育」です。本プログラムは、探究×コーチング×トーチングという3つの領域から第一人者の専門家をお招きし、「生徒の心に灯をともす教育」について考えます。