楠木建

一橋ビジネススクール教授

専攻は競争戦略。企業が持続的な競争優位を構築する論理について研究している。 大学院での講義科目はStrategy。一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。一橋大学商学部専任講師(1992)、同大学同学部助教授(1996)、ボッコーニ大学経営大学院(イタリア・ミラノ)客員教授、一橋大学大学院国際企業戦略研究科助教授(2000)を経て、2010年から現職。1964年東京都目黒区生まれ。 『逆・タイムマシン経営論』(2020、日経BP、杉浦泰との共著)、『「仕事ができる」とはどういうことか?』(2019、宝島社、山口周との共著)、『ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件』(2010、東洋経済新報社)など著書多数。

brother オンラインカンファレンス 「変化の時代」を乗りこなそう

2021/02/26 〜 2021/02/26
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

楠木建

一橋ビジネススクール教授

これが出来ないと、これからの変化の時代を生きられない⁉ 「失敗からイノベーションを生み出す必須条件」

日々テクノロジーにより進化する今のビジネス環境では、これまで以上に多くの失敗をしながら、迅速かつ柔軟に新しいことを生み出すことができなければ生き抜くことは難しいといわれます。では、その「失敗」から新しい価値を生み出す方法論はあるのでしょうか? その問いに対して、各業界の失敗と成功を知るフロントランナーと、これまで多くの事業開発を成功させてきたブラザー工業の開発部門責任者が激論を交わします。

PERSOL CONFERENCE 2021 ONLINE いま、考えるべき人と組織・はたらき方

2021/02/03 〜 2021/03/01
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • 基調講演
  • 教授

楠木建

一橋ビジネススクール教授

逆・タイムマシン経営論: マネジメントの本質を見極める

「タイムマシン経営」という言葉がある。すでに「未来」を実現している国や地域に注目し、日本に持ってくるという発想だ。「逆・タイムマシン経営論」はこの逆を行く。「近過去」に遡って当時のメディアの言説を振り返ると、さまざまな再発見がある。同時代のノイズがきれいさっぱり洗い流されて、本質的な論理が姿を現す。「新聞・雑誌は寝かせて読め」。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」による古くて新しい知的鍛錬の方法を提案する。

2030年に向けたAI活用の最先端を発信する ExaForum2021

2021/05/18 〜 2021/05/19
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • 教授

楠木建

一橋ビジネススクール教授

人口減少期にすべきこと、すべきでないこと

少子高齢化に伴う人口減少が諸悪の根源のように言われていますが、少し前までは人口増加が諸悪の根源とみなされていました。つまり、いい悪いはない。人口減少は先進国として避けられない事実。大事なのは、コントロールできることとできないことを見分けて進むことだと、楠木建氏は主張されています。

日本の人事部 HRカンファレンス 2021 春 ~ Let's Grow up 史上最多のセッション数! HRの最高峰とつながろう ~

2021/05/18 〜 2021/05/26
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • 基調講演
  • 教授

楠木建

一橋大学大学院 経営管理研究科 教授

逆・タイムマシン経営論:遠近歪曲の罠

「タイムマシン経営」という言葉がある。すでに「未来」を実現している国や地域に注目し、日本に持ってくるという発想だ。「逆・タイムマシン経営論」はこの逆を行く。「近過去」に遡って当時のメディアの言説を振り返ると、さまざまな再発見がある。同時代のノイズがきれいさっぱり洗い流されて、本質的な論理が姿を現す。「新聞・雑誌は寝かせて読め」。メディアが一斉に取り上げるような言説には必ずと言っていいほどその時代特有のバイアスが入り込んでくる。「遠いものほど良く見え、近いものほど粗が目立つ」という人間の認識と思考におけるバイアスに注目して、本質を見抜くセンスと大局観を獲得するための思考様式を提案する。

Chatwork Business Day 会社を強くする。組織を強くする。 「元気な中小企業」が働くを楽しくする。

2021/05/26 〜 2021/05/27
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • 基調講演
  • 教授

楠木建

一橋ビジネススクール教授

逆・タイムマシン経営論

すでに「未来」を実現している国や地域に注目し、日本に持ってくるという「タイムマシン経営」に対して、その逆の発想となるのが「逆・タイムマシン経営論」です。「近過去」に遡って当時の新聞・雑誌の言説を振り返ると、さまざまな再発見があります。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」による古くて新しい知的鍛錬の方法を提案します。一貫して変わらない「本質」を見極め、戦略思考と経営センスに磨きをかける「古くて新しい方法論」をお伝えします。

オンラインイベント 経営×採用STRUCT サミット2021

2021/06/01 〜 2021/06/01
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • 教授

楠木建

一橋大学大学院 経営管理研究科 教授

人事がもつべき経営視点、ストーリーとしての競争戦略

「戦略人事」という言葉が生まれて時が経ちますが、果たして人事がもつべき戦略視点の要諦とは、何なのでしょうか?働く個人が選択肢をもつ時代に、優秀な人材から選ばれるかは他社との「競争」です。本セッションでは、競争戦略の第一人者である一橋大学大学院の楠木建教授に、人事のみなさまに大きなヒントとなるメッセージをいただきます。

DX推進のプロが真髄を語る「DX人材育成」

2021/06/24 〜 2021/06/24
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • 基調講演
  • 教授

楠木建

一橋大学ビジネススクール 国際企業戦略専攻教授

逆・タイムマシン経営論:飛び道具トラップを回避する

今日ではDXは「飛び道具」の感があるが、それだけに本質を見抜くセンスと大局観が必要になる。これまでも数多くの「飛び道具」が注目を集めては消えていった。「近過去」に遡って当時のメディアの言説を振り返ると、さまざまな再発見がある。同時代のノイズがきれいさっぱり洗い流されて、本質的な論理が姿を現す。「飛び道具トラップ」を回避するための視点と論点を示す。

科学的人事フォーラム2021

2021/06/25 〜 2021/06/25
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • 基調講演
  • 教授

楠木建

一橋大学ビジネススクール 教授

人材価値の最大化は、新たな成長ドライバーを生み出すか?

テクノロジーを活用した人材価値の最大化は、本当の意味で企業の成長に寄与するのか。組織マネジメントの変革を、既存・新規の事業成長につなげるには?そして、人事の役割はどのように変化していくべきなのか。経営と人事を適切につなげるために必要となる「新たな組織マネジメント戦略」について、理論と実践の両面から明らかにする。

Forbes Japan DX SUMMIT 2021

2021/09/29 〜 2021/09/29
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • 教授

楠木建

一橋ビジネススクール教授

Post Innovationとブランド戦略

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。