第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • 管理職

堺井啓公

2025年日本国際博覧会協会 企画局長 兼 広報戦略局長

大阪・関西万博セッション 「いのちを響き合わせる」

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 海外講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 管理職

AldenLai

New York University, Assistant Professor/Advisor Wellbeing for Planet Earth Foundation

GDW指標セッション

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

JoeDaly

Gallup, Senior Partner

GDW指標セッション

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

鈴木寛

東京大学公共政策大学院教授 兼 慶應義塾大学政策・メディア研究科教授

GDW指標セッション

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

JenniferWallace

Carnegie UK Trust, Head of Policy

GDW指標セッション

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

篠田真貴子

エール 取締役

Well-being経営セッション <人財>

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

前野隆司

慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授

Well-being経営セッション <人財>

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 海外講演者
  • 教育・研究機関
  • 基調講演
  • 教授

LordRichardLayard

London School of Economics, Emeritus Professor of Economics

「Can we be happier? Evidence and ethics」

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

渋澤健

シブサワ・アンド・カンパニー 代表取締役

Well-being投資セッション

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

佐藤広章

みさき投資 マネージャー

Well-being投資セッション

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

松原稔

りそなアセットマネジメント 執行役員 責任投資部長

Well-being投資セッション

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

キャシー松井

MPower Partners ゼネラル・パートナー

Well-being投資セッション

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

小平龍四郎

日本経済新聞社 論説委員兼編集委員

Well-being投資セッション

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

西井孝明

味の素 代表執行役社長

Well-being経営セッション <先進企業事例>

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

稲垣精二

第一生命ホールディングス/第一生命保険 代表取締役社長

Well-being経営セッション <先進企業事例>

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

青井浩

丸井グループ 代表取締役社長

Well-being経営セッション <先進企業事例>

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • 理事

南雲岳彦

一般社団法人スマートシティ・インスティテュート 理事

官民データ連携セッション

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • ディスカッション
  • 管理職

高橋葉夏

東京都 デジタルサービス局 データ利活用担当部長

官民データ連携セッション

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

白坂成功

慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授

官民データ連携セッション

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 理事

奥井規晶

データ社会推進協議会 代表理事・理事長

官民データ連携セッション

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • 理事

南雲岳彦

一般社団法人スマートシティ・インスティテュート 理事

スマートシティセッション (地域のWell-being)

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

前野隆司

慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授

スマートシティセッション (地域のWell-being)

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

内田由紀子

京都大学 こころの未来研究センター 教授

スマートシティセッション (地域のWell-being)

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • ディスカッション
  • その他職名

松尾崇

鎌倉市 市長

スマートシティセッション (地域のWell-being)

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • 理事

関治之

コード・フォー・ジャパン 代表理事

スマートシティセッション (地域のWell-being)

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員
  • 社長

岡島悦子

プロノバ 代表取締役社長/ユーグレナ 取締役CHRO

Well-being経営セッション <先進企業事例>

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

井谷太

三井住友トラスト・ホールディングス 執行役専務/三井住友信託銀行 取締役専務執行役員

企業講演

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 管理職

伊藤邦雄

一橋大学 CFO 教育研究センター長

Well-being経営 <人事変革とサステナビリティ>

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

三好敏也

キリンホールディングス 取締役常務執行役員

Well-being経営 <人事変革とサステナビリティ>

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • ディスカッション
  • 管理職

呉村益生

経済産業省 経済産業政策局 産業資金課 課長

Well-being経営 <人事変革とサステナビリティ>

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • ディスカッション
  • 管理職

島津裕紀

経済産業省 経済産業政策局 産業人材課 課長

Well-being経営 <人事変革とサステナビリティ>

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • その他職名

酒井耕一

日経ESG発行人

Well-being経営 <人事変革とサステナビリティ>

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 海外講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • その他職名

パトリック・ハーラン

タレント/東京工業大学 非常勤講師

政/官セッション

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 海外講演者
  • 国・地方公共団体
  • 管理職

JenniferHeigham

UK Department for Work and Pensions and Department of Health and Social Care,Head of Delivery and Strategy, Work and Health Unit

グローバル

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

有山俊朗

富士通 理事 ソーシャルデザイン事業本部長

企業講演

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 海外講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

ドミニク・チェン

早稲田大学 文学学術院 表象メディア論系 准教授

アカデミア鼎談 (テクノロジーとWell-being)

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

矢野和男

ハピネスプラネット 代表取締役CEO/日立製作所フェロー

アカデミア鼎談 (テクノロジーとWell-being)

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 専門職

渡邊淳司

日本電信電話 コミュニケーション科学基礎研究所 人間情報研究部 上席特別研究員

アカデミア鼎談 (テクノロジーとWell-being)

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

BOXIL EXPO 第3回 営業・マーケティング展

2021/10/20 〜 2021/10/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

鈴木徹

株式会社アイランド・ブレイン 代表取締役社長

現状のBtoBの営業環境と問い合わせフォーム営業の有効性について

2020年に発生した新型コロナウィルスの影響により、BtoBの営業環境には大きな変化がありました。電話を活用した営業活動の効率低下が顕著にある中で、問い合わせフォーム営業などの新たな手段の現状と有効性などをお伝え致します。

BOXIL EXPO 第3回 営業・マーケティング展

2021/10/20 〜 2021/10/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

生田啓

株式会社ビービット フィールドセールス 副責任者

簡単に始めるUX改善 – ウェブ・アプリのデータを有効活用した取り組み方法

UX改善というと「インタビューや行動観察など特別なことが必要でハードルが高い」というイメージを持たれている方も多いと思います。 本セミナーでは、20年間に渡り多く企業のUX改善を支援してきたビービットの知見をもとに、 お持ちのWEBやアプリのデータをもとに「今すぐ」「かんたんに」始められ、売上やLTVなどのビジネス成果につながるUX改善の取り組み方を具体的な事例や手法とともにご紹介します。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • ディスカッション
  • 政治家
  • 管理職

上野通子

自由民主党 参議院議員/日本Well-being計画推進特命委員会 委員長

政/官セッション

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

柳川範之

東京大学 大学院 経済学研究科 教授

政/官セッション

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

第1回 日経Well-beingシンポジウム SDGsの先 豊かさ実感へ英知集結

2021/09/21 〜 2021/09/22
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

鈴木寛

東京大学 公共政策大学院教授 兼 慶應義塾大学 政策・メディア研究科 教授

政/官セッション

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

BOXIL EXPO 第3回 営業・マーケティング展

2021/10/20 〜 2021/10/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

西脇純平

株式会社ユーザベース FORCAS事業 マーケティング&ブランディングチーム マネージャー

オンラインセールス時代の新規開拓のはじめ方 – 確実に成果を生み出す仮説検証サイクル –

法人営業領域でもオンラインシフトの波が大きく、新規開拓に悩む企業さまが増えています。訪問やお電話で情報を掴むことが難しくなった今、どのように効率よくお客様を捉え、営業方針を描けばよいのでしょうか。当セッションでは、新規開拓に重要な企業ターゲティングの考え方と、仮説検証サイクルをまわして確実に成果を生み出すステップを事例を交えてお伝えします。

BOXIL EXPO 第3回 営業・マーケティング展

2021/10/20 〜 2021/10/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

石田正樹

UPWARD株式会社 営業本部 本部長 CSO

徹底的に営業現場に寄り添いDXを実現!働き方改革を叶え、売上を伸ばすUPWARD

モバイルSFA「UPWARD」は、セールスパーソンのあらゆる顧客接点データを負荷なく蓄積し、企業の資産に変えるDXツールです。顧客情報と位置情報/電話の活動記録をシームレスに連携し、企業にとって重要なお客様の情報をタイムリーに取得。再現性のある営業組織づくりに貢献します。また適切なターゲティングを支援し、「攻め」と「守り」営業の両立を実現します。

BOXIL EXPO 第3回 営業・マーケティング展

2021/10/20 〜 2021/10/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

虻川稜太

アドビ株式会社 DXマーケティング本部 マーケティングスペシャリスト

アドビのB2Bマーケティングで実践する、MAを活用した施策と効果測定

顧客行動がデジタルに移動したことで、営業活動を支えるマーケティングの重要性がますます高まっています。限られたリソースの中で成果を最大化するためには、ビジネス状況を把握し、受注や商談につながる施策を把握した上で、戦略立案や施策の実行が欠かせません。そこで本セミナーでは、アドビのB2BマーケティングでMAを活用して実際に取り組んでいる、効果測定とマーケティング活動のプランニングについてご紹介します。

BOXIL EXPO 第3回 営業・マーケティング展

2021/10/20 〜 2021/10/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

鈴木哉

日本マイクロソフト株式会社 Microsoft 365 ビジネス本部 エグゼクティブ プロダクトマーケティングマネージャー

業務変革・リモートワーク攻略ツール「Microsoft 365」とは

Microsoft 365 は、世界で 約 2.6 億人が利用し常に最新版の Word、Excel などの Office アプリも利用できる国内シェア No.1 のグループウェアです。日経 225 の 94% が利用するTeams は、Web 会議、チャット、ファイル共有、電話機能を 1 つのアプリ上で利用することができ、今話題のハイブリッドワークが 1 つのツールで実現可能になります。

BOXIL EXPO 第3回 営業・マーケティング展

2021/10/20 〜 2021/10/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

嶋田光敏

BizteX株式会社 代表取締役社長

労働時間の20%を占める無駄な「登録・転記」作業をなくす!!!

当社ではバラバラに管理されている複数のクラウドサービスのデータを統合し、プログラミング不要で複数のシステムを連携する「BizteX Connect」をご提供しています。本セミナーではiPaaSの概要から、MAやSFA、チャットボット等の連携でマーケ・営業の業務を円滑にするための方法について簡単なデモと事例をもとにご紹介いたします。

BOXIL EXPO 第3回 営業・マーケティング展

2021/10/20 〜 2021/10/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

塚田康太

株式会社DearOne 事業開発部 エンタープライズセールス ユニットリーダー

DearOneだけが可能な「伴走型アプリ開発」とその成功例を公開!

近年、公式アプリの普及率が高まり、既に飲食・小売業を中心としたOMOの分野ではかなり多くの企業が公式アプリを所持するまでになりました。これは、企業公式アプリは所持する時代から、運用・グロース(成長)する時代へ変化したことを意味しています。多くのユーザーに継続的に利用され、店舗やECへの送客により収益に貢献するために当社のサービスはどのようなことが実現できるのか具体的に解説いたします。

BOXIL EXPO 第3回 営業・マーケティング展

2021/10/20 〜 2021/10/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

竹中龍聖

株式会社オンリーストーリー セールスマーケティング統括マネージャー

営業効率を上げる商談獲得術

決裁者のマッチングを行う「チラCEO」では、決裁者との商談機会の創出を通じて、 成約率の向上、リードタイムの削減を行い、営業生産性を上げることができます。 また、様々な企業の決裁者とのマッチングを通して、営業課題のみならず、経営課題の解決につながるマッチングも提供しております。

BOXIL EXPO 第3回 営業・マーケティング展

2021/10/20 〜 2021/10/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 会長

長田順三

ソフトブレーン株式会社 上席執行役員

DX化って本当に進んでる?本当に課題は解決してる? 成果に繋げるDX推進とは?

DX推進は貴社内で本当に進んでいますか? DXで解決される予定の課題は解決できていますか? 我々の答えはNOです。全てが「No」ではないですがこの1年で約500社様から推進状況や課題を伺いました。 約7割が「何をしたらよいか分からない」という状態でしたが中には着実に前進している企業様もいらっしゃいます。そのような企業様はどのような取組みをしているのかを事例を交えて解説いたします。

BOXIL EXPO 第3回 営業・マーケティング展

2021/10/20 〜 2021/10/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

佐藤誠

株式会社RevComm Sales SDRリーダー

AIで電話営業を可視化し、商談化率UPを実現するIP電話とは!

音声認識AIが通話内容をリアルタイムで録音・解析、文字起こしし、電話応対の品質向上や、電話営業の成約率、アポイント獲得率を向上させることができます。 固定電話機は不要となりハードウェアコストや通信料の削減にも寄与します。いつ、誰が、何をどのように話したかが定量的に可視化され、教育工数も削減。教育目的、生産性向上目的など、幅広い業界でご活用いただいております。

BOXIL EXPO 第3回 営業・マーケティング展

2021/10/20 〜 2021/10/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

谷宏行

ターゲットメディア株式会社 マーケティングBPO事業部 シニアコンサルタント

案件創出の「最初のハードル」を解決! BtoBマーケティングを”機能”させる勘所

BtoBマーケティングを始めたときに陥りがちな2大落とし穴があります。「①サイト流入数などの施策KPIは改善できているけれど、案件創造できない」、「②役割、施策、マーケティングリソースの連動ができず、案件創出ができない」の2つです。この課題に陥らないためのBtoBマーケティングの実践方法を解説いたします。

BOXIL EXPO 第3回 営業・マーケティング展

2021/10/20 〜 2021/10/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

奥村達也

株式会社Asobica BizDev

継続率50%改善!ファンの数3倍を実現した企業の取り組みの秘訣とは??

カスタマーサクセスの重要性が叫ばれる昨今、BtoB、BtoCの両方で注目されるファンの存在。今回は「熱狂するファン」がどのように圧倒的な事業インパクトを出すのかをBtoB、BtoCの事例を踏まえお話します。熱狂するファンはBtoCはもちろん、実はBtoBにも明確に存在します。そんなファンの存在がサービスの利用継続率、購入継続率、満足度向上、売上インパクトに与える影響と関係性を紐解きます。

BOXIL EXPO 第3回 営業・マーケティング展

2021/10/20 〜 2021/10/22
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

岩熊勇斗

コミューン株式会社 カスタマーサクセス部長

LTV向上を叶えるキーワード!“カスタマーサクセス”と“コミュニティ”とは

新規顧客の獲得だけではなく既存顧客との良好な関係構築が必要とされる中、顧客に寄り添い成功を後押しする「カスタマーサクセス」に注目が集まっています。 LTV向上を担うカスタマーサクセスの効果を上げていくためには、改めてカスタマーサクセスの役割を明確にすることとオンライン施策の掛け合わせが重要です。今回は、LTV向上を実現するコミュニティを活用したカスタマーサクセスについてご紹介いたします。

デーブ・スペクター氏が見る! グローバルな視点から見た2025年の日本の行方とは Smarter Business Management leads to Smarter Society 〜次世代の企業経営者におくる特別対談企画 〜

2021/10/01 〜 2021/10/01
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • その他職名

デーブ・スペクター

放送プロデューサー / コメンテーター タレント / 放送作家

デーブ・スペクター氏が見る! 2025年の日本の行方とは?

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

デーブ・スペクター氏が見る! グローバルな視点から見た2025年の日本の行方とは Smarter Business Management leads to Smarter Society 〜次世代の企業経営者におくる特別対談企画 〜

2021/10/01 〜 2021/10/01
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

ジョン・ロボトム

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ合同会社 代表取締役社長

デーブ・スペクター氏が見る! 2025年の日本の行方とは?

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

デーブ・スペクター氏が見る! グローバルな視点から見た2025年の日本の行方とは Smarter Business Management leads to Smarter Society 〜次世代の企業経営者におくる特別対談企画 〜

2021/10/01 〜 2021/10/01
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

筒井昭夫

ニュータニックスジャパン合同会社 パートナービジネス事業本部 シニアマネージャー

コロナ禍で進めるべき 企業のIT戦略の具体的な一歩

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

デーブ・スペクター氏が見る! グローバルな視点から見た2025年の日本の行方とは Smarter Business Management leads to Smarter Society 〜次世代の企業経営者におくる特別対談企画 〜

2021/10/01 〜 2021/10/01
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

早川哲郎

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ合同会社 ソリューション推進本部 本部長

コロナ禍で進めるべき 企業のIT戦略の具体的な一歩

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

BOXIL EXPO 第3回 営業・マーケティング展

2021/10/20 〜 2021/10/22
  • 海外講演者
  • 教育・研究機関
  • 基調講演
  • 教授

フィリップ・コトラー(Dr.PhilipKotler)

ノースウエスタン大学 ケロッグビジネススクール教授

Marketing 5.0 - 新時代のマーケティング –

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • 理事

永井陽右

NPO法人アクセプト・インターナショナル代表理事 国連人間居住計画CVE(暴力的過激主義対策)メンター 国連人間居住計画 若者に関する専門家会議(EGM)メンバー 国連移民と暴力的過激主義対策作業部会(MPCVE TWG)メンバー

Peace begins with YOU ~若者が考える、分断を超えてつくる未来〜

GDP3位の経済大国。加害と被害の過去の歴史を抱えながらも、世界で唯一の被爆国として「戦争放棄」と明記をした憲法9条がある国、日本。2021年現在、 SDG16は各国比較しても極めて高い、平和な国、日本。一方で、未来を担う子どもの相対的貧困率はOECD平均を上回り、上昇傾向にある。自分で国や社会を変えられると思うか、という9カ国を対象とした若者の国際世論調査でYESと答えた日本の若者は各国中最低で、割合はわずか18.3%。このような矛盾した社会を生きながら、若者は「平和」をどのように捉え、日本で、世界で、何ができるだろうか。本セッションではこの問いを原点として、社会課題、特に平和構築分野で強い課題意識を持ち活動する若者がパネラーとして登壇。活動を通して彼ら/彼女らが考えるそれぞれの「平和」、そして「分断」への向き合い方についての議論を通し、若者一人ひとりが自分にとっての平和を捉え直し、多様な視点・価値観を内包する「これからの平和」へ向けて行動を起こすインスピレーションを創出する場としたい。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • その他職名

佐々木彩乃

Global Shapers Community 福岡ハブ Vice-Curator 一般社団法人One Young World Japan Committee Japan Ambassador

Peace begins with YOU ~若者が考える、分断を超えてつくる未来〜

GDP3位の経済大国。加害と被害の過去の歴史を抱えながらも、世界で唯一の被爆国として「戦争放棄」と明記をした憲法9条がある国、日本。2021年現在、 SDG16は各国比較しても極めて高い、平和な国、日本。一方で、未来を担う子どもの相対的貧困率はOECD平均を上回り、上昇傾向にある。自分で国や社会を変えられると思うか、という9カ国を対象とした若者の国際世論調査でYESと答えた日本の若者は各国中最低で、割合はわずか18.3%。このような矛盾した社会を生きながら、若者は「平和」をどのように捉え、日本で、世界で、何ができるだろうか。本セッションではこの問いを原点として、社会課題、特に平和構築分野で強い課題意識を持ち活動する若者がパネラーとして登壇。活動を通して彼ら/彼女らが考えるそれぞれの「平和」、そして「分断」への向き合い方についての議論を通し、若者一人ひとりが自分にとっての平和を捉え直し、多様な視点・価値観を内包する「これからの平和」へ向けて行動を起こすインスピレーションを創出する場としたい。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • その他職名

田村洋祐

一般社団法人One Young World Japan Committee Japan Coordinating Ambassador

Peace begins with YOU ~若者が考える、分断を超えてつくる未来〜

GDP3位の経済大国。加害と被害の過去の歴史を抱えながらも、世界で唯一の被爆国として「戦争放棄」と明記をした憲法9条がある国、日本。2021年現在、 SDG16は各国比較しても極めて高い、平和な国、日本。一方で、未来を担う子どもの相対的貧困率はOECD平均を上回り、上昇傾向にある。自分で国や社会を変えられると思うか、という9カ国を対象とした若者の国際世論調査でYESと答えた日本の若者は各国中最低で、割合はわずか18.3%。このような矛盾した社会を生きながら、若者は「平和」をどのように捉え、日本で、世界で、何ができるだろうか。本セッションではこの問いを原点として、社会課題、特に平和構築分野で強い課題意識を持ち活動する若者がパネラーとして登壇。活動を通して彼ら/彼女らが考えるそれぞれの「平和」、そして「分断」への向き合い方についての議論を通し、若者一人ひとりが自分にとっての平和を捉え直し、多様な視点・価値観を内包する「これからの平和」へ向けて行動を起こすインスピレーションを創出する場としたい。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • 基調講演
  • その他職名

湯崎英彦

広島県知事

基調対談

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 基調講演
  • その他職名

若林理紗

デロイト トーマツ コンサルティング Deloitte Digital スペシャリスト

基調対談

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名
  • 会長

加治慶光

シナモンAI 取締役会長兼CSDO(チーフ・サステナブル・デベロプメント・オフィサー) 鎌倉市スーパーシティ・アーキテクト 日立製作所 Lumada Innovation Hub シニア・プリンシパル

イントロダクション

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 理事
  • 社長

羽生田慶介

株式会社オウルズコンサルティンググループ代表取締役CEO 経済産業省大臣官房臨時専門アドバイザー 認定NPO法人フェアトレード・ラベル・ジャパン 理事

紛争とサプライチェーン ~公正な取引を踏まえて~

途上国を中心に起こる紛争と、私たちの日常生活で購入する物品は意外なところで繋がっているケースがある。たとえば貴金属・宝石は、紛争の片方の勢力の資金源になったり、それが子どもの労働により掘り出されている場合がある。また紛争には繋がらずとも、途上国においてはコーヒーなどの嗜好品や農作物が異常に安い労働力により生産され、それらの輸入品を日本で購入した場合、途上国の農業者にフェアな賃金が支払われず、大きな中間搾取が行われていることがある。輸入品をただ単に「少しでも安く」、「便利だから」という理由のみで購入することが、実は地球的規模では紛争を助長したり、生産国の住民を搾取する結果になることは多い。世界は物とお金で繋がっており、この点で、サプライチェーンは「平和」とも繋がっているのである。したがって、いわゆるエシカル・フェアトレードを先進国の日本で推進することは、途上国の平和構築に大きな影響を及ぼすことになる。この観点から、エシカル・フェアトレードを私たちの身近な日常に溶け込ませるために私たちには何ができるか。消費者としての個人と、供給者としての企業それぞれの立場から議論したい。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

出雲充

株式会社ユーグレナ代表取締役社長

グリーン・リカバリー経済へ ~気候変動と生物多様性の危機に挑む~

新型コロナウイルスは人類に様々な被害をもたらしたが、一方で、複雑な顔を持つ自然への畏敬と、自然に対する人間の存在の小ささを感じさせた。近年は、気候変動を原因とする大規模風水害の激甚化・頻発化により、私たちの生活や経済が大きな打撃を受ける機会が増え、私たちの基盤が、自然環境に大きく依拠していることを度々思い出させる。さらに気候変動は、私たちの食糧や生活圏の選択等の基礎である地球の生態系を支える生物多様性にも大きな影響を与えている。生物多様性の喪失は、生態系の脆弱化へと繋がり、私たち人類の食糧や生活圏の選択に大きな制約を及ぼしかねない。自然環境の悪化は、大きなコストとなって私たちに跳ね返ってくるのである。「グリーン・リカバリー」とは、コロナ危機で停滞した経済・社会を、気候変動を抑え、生態系を守りながら再構築しよう、という考えであるが、その取り組みの一例として、再生可能エネルギーの選択、持続可能な形で生産された木材や紙製品の利用、使い捨てプラスチック製品の利用を減らす、等の取り組みがある。しかしこれらの取り組みが始まって既に久しいが、まだまだ日本経済のメイン・ストリームにはなっていない。効果的な「グリーン・リカバリー経済」の構築のために、私たちには何ができるのか。個人と企業の行動、それぞれのレベルで議論したい。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

吉高まり

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 経営企画部副部長 プリンシパル・サステナビリティ・ストラテジスト

グリーン・リカバリー経済へ ~気候変動と生物多様性の危機に挑む~

新型コロナウイルスは人類に様々な被害をもたらしたが、一方で、複雑な顔を持つ自然への畏敬と、自然に対する人間の存在の小ささを感じさせた。近年は、気候変動を原因とする大規模風水害の激甚化・頻発化により、私たちの生活や経済が大きな打撃を受ける機会が増え、私たちの基盤が、自然環境に大きく依拠していることを度々思い出させる。さらに気候変動は、私たちの食糧や生活圏の選択等の基礎である地球の生態系を支える生物多様性にも大きな影響を与えている。生物多様性の喪失は、生態系の脆弱化へと繋がり、私たち人類の食糧や生活圏の選択に大きな制約を及ぼしかねない。自然環境の悪化は、大きなコストとなって私たちに跳ね返ってくるのである。「グリーン・リカバリー」とは、コロナ危機で停滞した経済・社会を、気候変動を抑え、生態系を守りながら再構築しよう、という考えであるが、その取り組みの一例として、再生可能エネルギーの選択、持続可能な形で生産された木材や紙製品の利用、使い捨てプラスチック製品の利用を減らす、等の取り組みがある。しかしこれらの取り組みが始まって既に久しいが、まだまだ日本経済のメイン・ストリームにはなっていない。効果的な「グリーン・リカバリー経済」の構築のために、私たちには何ができるのか。個人と企業の行動、それぞれのレベルで議論したい。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

松本裕子

日本経済新聞社 金融・市場ユニット ESGエディター

グリーン・リカバリー経済へ ~気候変動と生物多様性の危機に挑む~

新型コロナウイルスは人類に様々な被害をもたらしたが、一方で、複雑な顔を持つ自然への畏敬と、自然に対する人間の存在の小ささを感じさせた。近年は、気候変動を原因とする大規模風水害の激甚化・頻発化により、私たちの生活や経済が大きな打撃を受ける機会が増え、私たちの基盤が、自然環境に大きく依拠していることを度々思い出させる。さらに気候変動は、私たちの食糧や生活圏の選択等の基礎である地球の生態系を支える生物多様性にも大きな影響を与えている。生物多様性の喪失は、生態系の脆弱化へと繋がり、私たち人類の食糧や生活圏の選択に大きな制約を及ぼしかねない。自然環境の悪化は、大きなコストとなって私たちに跳ね返ってくるのである。「グリーン・リカバリー」とは、コロナ危機で停滞した経済・社会を、気候変動を抑え、生態系を守りながら再構築しよう、という考えであるが、その取り組みの一例として、再生可能エネルギーの選択、持続可能な形で生産された木材や紙製品の利用、使い捨てプラスチック製品の利用を減らす、等の取り組みがある。しかしこれらの取り組みが始まって既に久しいが、まだまだ日本経済のメイン・ストリームにはなっていない。効果的な「グリーン・リカバリー経済」の構築のために、私たちには何ができるのか。個人と企業の行動、それぞれのレベルで議論したい。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • その他職名

小谷真生子

経済キャスター

グリーン・リカバリー経済へ ~気候変動と生物多様性の危機に挑む~

新型コロナウイルスは人類に様々な被害をもたらしたが、一方で、複雑な顔を持つ自然への畏敬と、自然に対する人間の存在の小ささを感じさせた。近年は、気候変動を原因とする大規模風水害の激甚化・頻発化により、私たちの生活や経済が大きな打撃を受ける機会が増え、私たちの基盤が、自然環境に大きく依拠していることを度々思い出させる。さらに気候変動は、私たちの食糧や生活圏の選択等の基礎である地球の生態系を支える生物多様性にも大きな影響を与えている。生物多様性の喪失は、生態系の脆弱化へと繋がり、私たち人類の食糧や生活圏の選択に大きな制約を及ぼしかねない。自然環境の悪化は、大きなコストとなって私たちに跳ね返ってくるのである。「グリーン・リカバリー」とは、コロナ危機で停滞した経済・社会を、気候変動を抑え、生態系を守りながら再構築しよう、という考えであるが、その取り組みの一例として、再生可能エネルギーの選択、持続可能な形で生産された木材や紙製品の利用、使い捨てプラスチック製品の利用を減らす、等の取り組みがある。しかしこれらの取り組みが始まって既に久しいが、まだまだ日本経済のメイン・ストリームにはなっていない。効果的な「グリーン・リカバリー経済」の構築のために、私たちには何ができるのか。個人と企業の行動、それぞれのレベルで議論したい。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • その他職名
  • 理事

長川美里

一般社団法人One Young World Japan Committee アンバサダー Global Shapers Community, Community Champion for Northeast Asia, Wake Up Japan 理事

Peace begins with YOU ~若者が考える、分断を超えてつくる未来〜

GDP3位の経済大国。加害と被害の過去の歴史を抱えながらも、世界で唯一の被爆国として「戦争放棄」と明記をした憲法9条がある国、日本。2021年現在、 SDG16は各国比較しても極めて高い、平和な国、日本。一方で、未来を担う子どもの相対的貧困率はOECD平均を上回り、上昇傾向にある。自分で国や社会を変えられると思うか、という9カ国を対象とした若者の国際世論調査でYESと答えた日本の若者は各国中最低で、割合はわずか18.3%。このような矛盾した社会を生きながら、若者は「平和」をどのように捉え、日本で、世界で、何ができるだろうか。本セッションではこの問いを原点として、社会課題、特に平和構築分野で強い課題意識を持ち活動する若者がパネラーとして登壇。活動を通して彼ら/彼女らが考えるそれぞれの「平和」、そして「分断」への向き合い方についての議論を通し、若者一人ひとりが自分にとっての平和を捉え直し、多様な視点・価値観を内包する「これからの平和」へ向けて行動を起こすインスピレーションを創出する場としたい。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名
  • 社長

島田久仁彦

株式会社KS International Strategies代表取締役社長 国際交渉人/紛争調停官/地政学リスクアドバイザー/危機管理コンサルタント/Executive Negotiation Coach/元国連紛争調停官・日本政府気候変動交渉官

経済安全保障から平和を考える

いま日本では、新型コロナウイルスの蔓延の初期段階において、生産の多くを他国に依存していたマスクや、重要な医療機器の確保に支障があったことから、感染症に関連する必要物品のサプライチェーンの見直しが進んでいる。また5Gや次世代移動体通信網等の研究・開発、半導体を含む機微な電子機器のうち、軍事転用可能な物品の生産・研究を国内回帰したり、自由で民主的な国々の間での連携を強化しようという調整も急速に進んでいる。その中で、日本の最大の貿易相手国である中国との関係のあり方については様々な議論を呼んでいる。経済安全保障は、国家安全保障の延長としての議論であり、安全保障上、国と国との経済関係をどのように整理すべきかについては、極めて繊細かつ慎重な議論が求められる。民主的で自由なビジネスを行うには、「平和」を前提とすることから、この点は避けて通れない議論でもある。一方、すでに経済的な相互依存の進んだ関係については、国だけでなく、それぞれの国民一人ひとり、そして企業等のビジネスプレイヤーの選択と行動も大きな意味を持つ。「平和」を保ちながら、双方が経済的に裨益する関係を維持・発展させる方策について、率直に議論したい。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • 社長
  • 管理職

塩野誠

経営共創基盤(IGPI)共同経営者/マネージングディレクター JBIC IG Partners(国際協力銀行とIGPIの合弁会社)代表取締役CIO(投資責任者)

経済安全保障から平和を考える

いま日本では、新型コロナウイルスの蔓延の初期段階において、生産の多くを他国に依存していたマスクや、重要な医療機器の確保に支障があったことから、感染症に関連する必要物品のサプライチェーンの見直しが進んでいる。また5Gや次世代移動体通信網等の研究・開発、半導体を含む機微な電子機器のうち、軍事転用可能な物品の生産・研究を国内回帰したり、自由で民主的な国々の間での連携を強化しようという調整も急速に進んでいる。その中で、日本の最大の貿易相手国である中国との関係のあり方については様々な議論を呼んでいる。経済安全保障は、国家安全保障の延長としての議論であり、安全保障上、国と国との経済関係をどのように整理すべきかについては、極めて繊細かつ慎重な議論が求められる。民主的で自由なビジネスを行うには、「平和」を前提とすることから、この点は避けて通れない議論でもある。一方、すでに経済的な相互依存の進んだ関係については、国だけでなく、それぞれの国民一人ひとり、そして企業等のビジネスプレイヤーの選択と行動も大きな意味を持つ。「平和」を保ちながら、双方が経済的に裨益する関係を維持・発展させる方策について、率直に議論したい。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • 管理職

隈元美穂子

国連訓練調査研究所(ユニタール)持続可能な繫栄局長兼広島事務所長

紛争とサプライチェーン ~公正な取引を踏まえて~

途上国を中心に起こる紛争と、私たちの日常生活で購入する物品は意外なところで繋がっているケースがある。たとえば貴金属・宝石は、紛争の片方の勢力の資金源になったり、それが子どもの労働により掘り出されている場合がある。また紛争には繋がらずとも、途上国においてはコーヒーなどの嗜好品や農作物が異常に安い労働力により生産され、それらの輸入品を日本で購入した場合、途上国の農業者にフェアな賃金が支払われず、大きな中間搾取が行われていることがある。輸入品をただ単に「少しでも安く」、「便利だから」という理由のみで購入することが、実は地球的規模では紛争を助長したり、生産国の住民を搾取する結果になることは多い。世界は物とお金で繋がっており、この点で、サプライチェーンは「平和」とも繋がっているのである。したがって、いわゆるエシカル・フェアトレードを先進国の日本で推進することは、途上国の平和構築に大きな影響を及ぼすことになる。この観点から、エシカル・フェアトレードを私たちの身近な日常に溶け込ませるために私たちには何ができるか。消費者としての個人と、供給者としての企業それぞれの立場から議論したい。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

星まり

R Jewels Japan株式会社 代表取締役

紛争とサプライチェーン ~公正な取引を踏まえて~

途上国を中心に起こる紛争と、私たちの日常生活で購入する物品は意外なところで繋がっているケースがある。たとえば貴金属・宝石は、紛争の片方の勢力の資金源になったり、それが子どもの労働により掘り出されている場合がある。また紛争には繋がらずとも、途上国においてはコーヒーなどの嗜好品や農作物が異常に安い労働力により生産され、それらの輸入品を日本で購入した場合、途上国の農業者にフェアな賃金が支払われず、大きな中間搾取が行われていることがある。輸入品をただ単に「少しでも安く」、「便利だから」という理由のみで購入することが、実は地球的規模では紛争を助長したり、生産国の住民を搾取する結果になることは多い。世界は物とお金で繋がっており、この点で、サプライチェーンは「平和」とも繋がっているのである。したがって、いわゆるエシカル・フェアトレードを先進国の日本で推進することは、途上国の平和構築に大きな影響を及ぼすことになる。この観点から、エシカル・フェアトレードを私たちの身近な日常に溶け込ませるために私たちには何ができるか。消費者としての個人と、供給者としての企業それぞれの立場から議論したい。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

小木曽麻里

SDGインパクトジャパン共同代表

紛争とサプライチェーン ~公正な取引を踏まえて~

途上国を中心に起こる紛争と、私たちの日常生活で購入する物品は意外なところで繋がっているケースがある。たとえば貴金属・宝石は、紛争の片方の勢力の資金源になったり、それが子どもの労働により掘り出されている場合がある。また紛争には繋がらずとも、途上国においてはコーヒーなどの嗜好品や農作物が異常に安い労働力により生産され、それらの輸入品を日本で購入した場合、途上国の農業者にフェアな賃金が支払われず、大きな中間搾取が行われていることがある。輸入品をただ単に「少しでも安く」、「便利だから」という理由のみで購入することが、実は地球的規模では紛争を助長したり、生産国の住民を搾取する結果になることは多い。世界は物とお金で繋がっており、この点で、サプライチェーンは「平和」とも繋がっているのである。したがって、いわゆるエシカル・フェアトレードを先進国の日本で推進することは、途上国の平和構築に大きな影響を及ぼすことになる。この観点から、エシカル・フェアトレードを私たちの身近な日常に溶け込ませるために私たちには何ができるか。消費者としての個人と、供給者としての企業それぞれの立場から議論したい。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

藤井宏一郎

マカイラ株式会社代表取締役

東京オリンピック・パラリンピックから考える ~日本のスポーツ業界の現代化の必要性と未来~

2021年夏、「全員が自己ベスト」「多様性と調和」「未来への継承」という基本コンセプトを掲げた東京オリンピック2020が開催された。パンデミックによる様々な制約の中で開催した大会であったが、東京五輪は皮肉にも「いかに日本が多様性を欠く国であるか」、そして「未来に継承してはならない課題」を逆説的に炙り出した。パンデミック下での大会実施の是非、大会組織委員会のガバナンスと運営課題、いじめや障害者差別とジェンダー認識の課題、炎天下での競技実施や大会中の酒類提供の是非、競技者に向けた誹謗中傷など、さまざまな論議を呼ぶ“アジェンダ”が多く示された大会であった。スポーツは本来、国境と人種を超えて心を一つにすることにより、平和に貢献するものである。オリンピック・パラリンピックやW杯といった国際競技大会はその最たるものだが、スポーツがこのように国際平和にこれからも役立っていくためには、今大会で示されたアジェンダについて真剣に考え、健全な理念に基づき、スポーツが娯楽として、ビジネスとして健全に発展していくことが必要である。今大会を単に「スポーツを通じて、世界中の人々に日本の国力と日本らしさを示す機会」として捉えるのではなく、「社会や人の生き方を変化させるきっかけ・はじまり」として捉え、「誰のでもなかった問題」を「私たちの問題」にしなくてはならない。示された多くのオリンピックアジェンダを元に、多様な視点から課題を見つめ直し、日本のスポーツ界の健全な発展、ひいては競技者個人の平和実現と国際平和への貢献実現に向け、ビジネスを通じていかに解決していくかを議論したい。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • その他職名

岩澤史文

動画クリエイター/スケーター

東京オリンピック・パラリンピックから考える ~日本のスポーツ業界の現代化の必要性と未来~

2021年夏、「全員が自己ベスト」「多様性と調和」「未来への継承」という基本コンセプトを掲げた東京オリンピック2020が開催された。パンデミックによる様々な制約の中で開催した大会であったが、東京五輪は皮肉にも「いかに日本が多様性を欠く国であるか」、そして「未来に継承してはならない課題」を逆説的に炙り出した。パンデミック下での大会実施の是非、大会組織委員会のガバナンスと運営課題、いじめや障害者差別とジェンダー認識の課題、炎天下での競技実施や大会中の酒類提供の是非、競技者に向けた誹謗中傷など、さまざまな論議を呼ぶ“アジェンダ”が多く示された大会であった。スポーツは本来、国境と人種を超えて心を一つにすることにより、平和に貢献するものである。オリンピック・パラリンピックやW杯といった国際競技大会はその最たるものだが、スポーツがこのように国際平和にこれからも役立っていくためには、今大会で示されたアジェンダについて真剣に考え、健全な理念に基づき、スポーツが娯楽として、ビジネスとして健全に発展していくことが必要である。今大会を単に「スポーツを通じて、世界中の人々に日本の国力と日本らしさを示す機会」として捉えるのではなく、「社会や人の生き方を変化させるきっかけ・はじまり」として捉え、「誰のでもなかった問題」を「私たちの問題」にしなくてはならない。示された多くのオリンピックアジェンダを元に、多様な視点から課題を見つめ直し、日本のスポーツ界の健全な発展、ひいては競技者個人の平和実現と国際平和への貢献実現に向け、ビジネスを通じていかに解決していくかを議論したい。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • 理事

長田新子

一般社団法人渋谷未来デザイン 理事・事務局次長

東京オリンピック・パラリンピックから考える ~日本のスポーツ業界の現代化の必要性と未来~

2021年夏、「全員が自己ベスト」「多様性と調和」「未来への継承」という基本コンセプトを掲げた東京オリンピック2020が開催された。パンデミックによる様々な制約の中で開催した大会であったが、東京五輪は皮肉にも「いかに日本が多様性を欠く国であるか」、そして「未来に継承してはならない課題」を逆説的に炙り出した。パンデミック下での大会実施の是非、大会組織委員会のガバナンスと運営課題、いじめや障害者差別とジェンダー認識の課題、炎天下での競技実施や大会中の酒類提供の是非、競技者に向けた誹謗中傷など、さまざまな論議を呼ぶ“アジェンダ”が多く示された大会であった。スポーツは本来、国境と人種を超えて心を一つにすることにより、平和に貢献するものである。オリンピック・パラリンピックやW杯といった国際競技大会はその最たるものだが、スポーツがこのように国際平和にこれからも役立っていくためには、今大会で示されたアジェンダについて真剣に考え、健全な理念に基づき、スポーツが娯楽として、ビジネスとして健全に発展していくことが必要である。今大会を単に「スポーツを通じて、世界中の人々に日本の国力と日本らしさを示す機会」として捉えるのではなく、「社会や人の生き方を変化させるきっかけ・はじまり」として捉え、「誰のでもなかった問題」を「私たちの問題」にしなくてはならない。示された多くのオリンピックアジェンダを元に、多様な視点から課題を見つめ直し、日本のスポーツ界の健全な発展、ひいては競技者個人の平和実現と国際平和への貢献実現に向け、ビジネスを通じていかに解決していくかを議論したい。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 国・地方公共団体
  • ディスカッション
  • 政治家

山尾志桜里

衆議院議員

東京オリンピック・パラリンピックから考える ~日本のスポーツ業界の現代化の必要性と未来~

2021年夏、「全員が自己ベスト」「多様性と調和」「未来への継承」という基本コンセプトを掲げた東京オリンピック2020が開催された。パンデミックによる様々な制約の中で開催した大会であったが、東京五輪は皮肉にも「いかに日本が多様性を欠く国であるか」、そして「未来に継承してはならない課題」を逆説的に炙り出した。パンデミック下での大会実施の是非、大会組織委員会のガバナンスと運営課題、いじめや障害者差別とジェンダー認識の課題、炎天下での競技実施や大会中の酒類提供の是非、競技者に向けた誹謗中傷など、さまざまな論議を呼ぶ“アジェンダ”が多く示された大会であった。スポーツは本来、国境と人種を超えて心を一つにすることにより、平和に貢献するものである。オリンピック・パラリンピックやW杯といった国際競技大会はその最たるものだが、スポーツがこのように国際平和にこれからも役立っていくためには、今大会で示されたアジェンダについて真剣に考え、健全な理念に基づき、スポーツが娯楽として、ビジネスとして健全に発展していくことが必要である。今大会を単に「スポーツを通じて、世界中の人々に日本の国力と日本らしさを示す機会」として捉えるのではなく、「社会や人の生き方を変化させるきっかけ・はじまり」として捉え、「誰のでもなかった問題」を「私たちの問題」にしなくてはならない。示された多くのオリンピックアジェンダを元に、多様な視点から課題を見つめ直し、日本のスポーツ界の健全な発展、ひいては競技者個人の平和実現と国際平和への貢献実現に向け、ビジネスを通じていかに解決していくかを議論したい。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • その他職名
  • 教授

平尾剛

神戸親和女子大学教授 元ラグビー日本代表

東京オリンピック・パラリンピックから考える ~日本のスポーツ業界の現代化の必要性と未来~

2021年夏、「全員が自己ベスト」「多様性と調和」「未来への継承」という基本コンセプトを掲げた東京オリンピック2020が開催された。パンデミックによる様々な制約の中で開催した大会であったが、東京五輪は皮肉にも「いかに日本が多様性を欠く国であるか」、そして「未来に継承してはならない課題」を逆説的に炙り出した。パンデミック下での大会実施の是非、大会組織委員会のガバナンスと運営課題、いじめや障害者差別とジェンダー認識の課題、炎天下での競技実施や大会中の酒類提供の是非、競技者に向けた誹謗中傷など、さまざまな論議を呼ぶ“アジェンダ”が多く示された大会であった。スポーツは本来、国境と人種を超えて心を一つにすることにより、平和に貢献するものである。オリンピック・パラリンピックやW杯といった国際競技大会はその最たるものだが、スポーツがこのように国際平和にこれからも役立っていくためには、今大会で示されたアジェンダについて真剣に考え、健全な理念に基づき、スポーツが娯楽として、ビジネスとして健全に発展していくことが必要である。今大会を単に「スポーツを通じて、世界中の人々に日本の国力と日本らしさを示す機会」として捉えるのではなく、「社会や人の生き方を変化させるきっかけ・はじまり」として捉え、「誰のでもなかった問題」を「私たちの問題」にしなくてはならない。示された多くのオリンピックアジェンダを元に、多様な視点から課題を見つめ直し、日本のスポーツ界の健全な発展、ひいては競技者個人の平和実現と国際平和への貢献実現に向け、ビジネスを通じていかに解決していくかを議論したい。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 管理職

吉富愛望アビガイル

多摩大学ルール形成戦略研究所 細胞農業研究会 事務局広報委員長

経済安全保障から平和を考える

いま日本では、新型コロナウイルスの蔓延の初期段階において、生産の多くを他国に依存していたマスクや、重要な医療機器の確保に支障があったことから、感染症に関連する必要物品のサプライチェーンの見直しが進んでいる。また5Gや次世代移動体通信網等の研究・開発、半導体を含む機微な電子機器のうち、軍事転用可能な物品の生産・研究を国内回帰したり、自由で民主的な国々の間での連携を強化しようという調整も急速に進んでいる。その中で、日本の最大の貿易相手国である中国との関係のあり方については様々な議論を呼んでいる。経済安全保障は、国家安全保障の延長としての議論であり、安全保障上、国と国との経済関係をどのように整理すべきかについては、極めて繊細かつ慎重な議論が求められる。民主的で自由なビジネスを行うには、「平和」を前提とすることから、この点は避けて通れない議論でもある。一方、すでに経済的な相互依存の進んだ関係については、国だけでなく、それぞれの国民一人ひとり、そして企業等のビジネスプレイヤーの選択と行動も大きな意味を持つ。「平和」を保ちながら、双方が経済的に裨益する関係を維持・発展させる方策について、率直に議論したい。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • 管理職

石川雅恵

UN Women(国連女性機関)日本事務所 所長

多様性と包摂性ある経済をつくる ~Diversity & Inclusionを原動力に~

「分断」の対極にある概念は、「包摂」である。異なる背景を持つ者同士が平和な関係性を構築するには、多様性の包摂が欠かせない。しかし現代の日本は、まだ「多様性を包摂する社会」であるとは言いがたい。日本では男女雇用機会均等法や女性活躍推進法が施行されてきたが、例えば男女の働き方にはまだギャップが存在し、経営層や国会議員に占める女性の割合は著しく低い。またLGBTの方々への制度的・社会的な理解は十分とは言えず、外国人の住みやすさや仕事環境には課題が多い。障がい者の方々の活躍の機会もまだまだ多くはない。経済格差をはじめ、教育、地域、世代などの格差により、自らの潜在力を社会の中で発揮し切れていない方々も多い。しかし、多様性と包摂性のない社会は単一思考に陥りやすく、社会の創造性が引き出されなくなる。経済のエコシスエムにおける単一思考は、経済成長の機会を著しく奪うことになる。一人ひとりには創造性があり、多様な個人が集まれば社会の創造性は飛躍的に増す。ラベリングを外し、多様性の中で個として力を発揮できる社会の構築が、経済のさらなる発展には欠かせない。日本経済に「多様性の包摂」を定着させるとともに、格差や分断を修復して活力と創造性をもたらすにはどう取り組んだらよいか。一人ひとりの「マインド・チェンジ」にも焦点を当てながら、その方策を考える。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • その他職名

本田桂子

米国コロンビア大学国際公共政策大学院の Adjunct Professor and Adjunct Senior Research Scholar

多様性と包摂性ある経済をつくる ~Diversity & Inclusionを原動力に~

「分断」の対極にある概念は、「包摂」である。異なる背景を持つ者同士が平和な関係性を構築するには、多様性の包摂が欠かせない。しかし現代の日本は、まだ「多様性を包摂する社会」であるとは言いがたい。日本では男女雇用機会均等法や女性活躍推進法が施行されてきたが、例えば男女の働き方にはまだギャップが存在し、経営層や国会議員に占める女性の割合は著しく低い。またLGBTの方々への制度的・社会的な理解は十分とは言えず、外国人の住みやすさや仕事環境には課題が多い。障がい者の方々の活躍の機会もまだまだ多くはない。経済格差をはじめ、教育、地域、世代などの格差により、自らの潜在力を社会の中で発揮し切れていない方々も多い。しかし、多様性と包摂性のない社会は単一思考に陥りやすく、社会の創造性が引き出されなくなる。経済のエコシスエムにおける単一思考は、経済成長の機会を著しく奪うことになる。一人ひとりには創造性があり、多様な個人が集まれば社会の創造性は飛躍的に増す。ラベリングを外し、多様性の中で個として力を発揮できる社会の構築が、経済のさらなる発展には欠かせない。日本経済に「多様性の包摂」を定着させるとともに、格差や分断を修復して活力と創造性をもたらすにはどう取り組んだらよいか。一人ひとりの「マインド・チェンジ」にも焦点を当てながら、その方策を考える。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • その他職名

安川新一郎

グレートジャーニー合同会社 代表社員

多様性と包摂性ある経済をつくる ~Diversity & Inclusionを原動力に~

「分断」の対極にある概念は、「包摂」である。異なる背景を持つ者同士が平和な関係性を構築するには、多様性の包摂が欠かせない。しかし現代の日本は、まだ「多様性を包摂する社会」であるとは言いがたい。日本では男女雇用機会均等法や女性活躍推進法が施行されてきたが、例えば男女の働き方にはまだギャップが存在し、経営層や国会議員に占める女性の割合は著しく低い。またLGBTの方々への制度的・社会的な理解は十分とは言えず、外国人の住みやすさや仕事環境には課題が多い。障がい者の方々の活躍の機会もまだまだ多くはない。経済格差をはじめ、教育、地域、世代などの格差により、自らの潜在力を社会の中で発揮し切れていない方々も多い。しかし、多様性と包摂性のない社会は単一思考に陥りやすく、社会の創造性が引き出されなくなる。経済のエコシスエムにおける単一思考は、経済成長の機会を著しく奪うことになる。一人ひとりには創造性があり、多様な個人が集まれば社会の創造性は飛躍的に増す。ラベリングを外し、多様性の中で個として力を発揮できる社会の構築が、経済のさらなる発展には欠かせない。日本経済に「多様性の包摂」を定着させるとともに、格差や分断を修復して活力と創造性をもたらすにはどう取り組んだらよいか。一人ひとりの「マインド・チェンジ」にも焦点を当てながら、その方策を考える。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

宇井吉美

株式会社aba 代表取締役

多様性と包摂性ある経済をつくる ~Diversity & Inclusionを原動力に~

「分断」の対極にある概念は、「包摂」である。異なる背景を持つ者同士が平和な関係性を構築するには、多様性の包摂が欠かせない。しかし現代の日本は、まだ「多様性を包摂する社会」であるとは言いがたい。日本では男女雇用機会均等法や女性活躍推進法が施行されてきたが、例えば男女の働き方にはまだギャップが存在し、経営層や国会議員に占める女性の割合は著しく低い。またLGBTの方々への制度的・社会的な理解は十分とは言えず、外国人の住みやすさや仕事環境には課題が多い。障がい者の方々の活躍の機会もまだまだ多くはない。経済格差をはじめ、教育、地域、世代などの格差により、自らの潜在力を社会の中で発揮し切れていない方々も多い。しかし、多様性と包摂性のない社会は単一思考に陥りやすく、社会の創造性が引き出されなくなる。経済のエコシスエムにおける単一思考は、経済成長の機会を著しく奪うことになる。一人ひとりには創造性があり、多様な個人が集まれば社会の創造性は飛躍的に増す。ラベリングを外し、多様性の中で個として力を発揮できる社会の構築が、経済のさらなる発展には欠かせない。日本経済に「多様性の包摂」を定着させるとともに、格差や分断を修復して活力と創造性をもたらすにはどう取り組んだらよいか。一人ひとりの「マインド・チェンジ」にも焦点を当てながら、その方策を考える。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員
  • 社長

高橋祥子

株式会社ジーンクエスト 代表取締役 株式会社ユーグレナ 執行役員バイオインフォマティクス事業担当

多様性と包摂性ある経済をつくる ~Diversity & Inclusionを原動力に~

「分断」の対極にある概念は、「包摂」である。異なる背景を持つ者同士が平和な関係性を構築するには、多様性の包摂が欠かせない。しかし現代の日本は、まだ「多様性を包摂する社会」であるとは言いがたい。日本では男女雇用機会均等法や女性活躍推進法が施行されてきたが、例えば男女の働き方にはまだギャップが存在し、経営層や国会議員に占める女性の割合は著しく低い。またLGBTの方々への制度的・社会的な理解は十分とは言えず、外国人の住みやすさや仕事環境には課題が多い。障がい者の方々の活躍の機会もまだまだ多くはない。経済格差をはじめ、教育、地域、世代などの格差により、自らの潜在力を社会の中で発揮し切れていない方々も多い。しかし、多様性と包摂性のない社会は単一思考に陥りやすく、社会の創造性が引き出されなくなる。経済のエコシスエムにおける単一思考は、経済成長の機会を著しく奪うことになる。一人ひとりには創造性があり、多様な個人が集まれば社会の創造性は飛躍的に増す。ラベリングを外し、多様性の中で個として力を発揮できる社会の構築が、経済のさらなる発展には欠かせない。日本経済に「多様性の包摂」を定着させるとともに、格差や分断を修復して活力と創造性をもたらすにはどう取り組んだらよいか。一人ひとりの「マインド・チェンジ」にも焦点を当てながら、その方策を考える。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

安川新一郎

グレートジャーニー合同会社 代表社員

多様性と包摂性ある経済をつくる ~Diversity & Inclusionを原動力に~

「分断」の対極にある概念は、「包摂」である。異なる背景を持つ者同士が平和な関係性を構築するには、多様性の包摂が欠かせない。しかし現代の日本は、まだ「多様性を包摂する社会」であるとは言いがたい。日本では男女雇用機会均等法や女性活躍推進法が施行されてきたが、例えば男女の働き方にはまだギャップが存在し、経営層や国会議員に占める女性の割合は著しく低い。またLGBTの方々への制度的・社会的な理解は十分とは言えず、外国人の住みやすさや仕事環境には課題が多い。障がい者の方々の活躍の機会もまだまだ多くはない。経済格差をはじめ、教育、地域、世代などの格差により、自らの潜在力を社会の中で発揮し切れていない方々も多い。しかし、多様性と包摂性のない社会は単一思考に陥りやすく、社会の創造性が引き出されなくなる。経済のエコシスエムにおける単一思考は、経済成長の機会を著しく奪うことになる。一人ひとりには創造性があり、多様な個人が集まれば社会の創造性は飛躍的に増す。ラベリングを外し、多様性の中で個として力を発揮できる社会の構築が、経済のさらなる発展には欠かせない。日本経済に「多様性の包摂」を定着させるとともに、格差や分断を修復して活力と創造性をもたらすにはどう取り組んだらよいか。一人ひとりの「マインド・チェンジ」にも焦点を当てながら、その方策を考える。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

安田クリスチーナ

Microsoft Corp. アイデンティティ規格アーキテクト

新たな経済・社会の構築 〜「グレート・リセット」〜

「グレート・リセット」とは、私たちの経済・社会システムを一度リセットして、新しく時代に適合したシステムの構築を目指すことである。ダボス会議でもメインテーマに取り上げられ、主催者のクラウス・シュワブ氏は、①市場アウトカムの公正化、②ESG投資等を通じた投資の平等性と持続性の確保、③第四次産業革命の成果の公益利用、を課題に挙げた。2020年の新型コロナウイルス・パンデミックは社会の課題を浮き彫りにしたが、実はすでにその前から、富の偏在の拡大や、気候変動に効果的に対応できないなど、国際社会の経済・社会システムにはひずみが見られていた。そこに、SNS等の利用拡大や、AI、IoT、量子コンピューター等によるDX、ビッグデータ活用、ゲノムやiPS等による生命工学の飛躍的な発展などの新たな変革が次々と加わっている。これらは人間の生活に新たな豊かさをもたらす一方、経済、健康、医療等の点で新たな「格差」や「分断」を生みかねない。新たな時代に適合したシステムやルールの構築にあたっては、「格差」や「分断」を生まないための要素をビルト・インすることが求められている。日本でも、意欲的なカーボンニュートラル目標の設定や、ESG投資のルール作り、デジタル規制などの、新たな経済・社会のシステム作りが進んでいるが、変わりゆく社会に適合し、かつ「平和」で持続可能なシステムのあり方とはどのようなものか。東京セッションの冒頭にあたり、俯瞰的に議論したい。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

秋池玲子

ボストンコンサルティンググループ 日本共同代表

新たな経済・社会の構築 〜「グレート・リセット」〜

「グレート・リセット」とは、私たちの経済・社会システムを一度リセットして、新しく時代に適合したシステムの構築を目指すことである。ダボス会議でもメインテーマに取り上げられ、主催者のクラウス・シュワブ氏は、①市場アウトカムの公正化、②ESG投資等を通じた投資の平等性と持続性の確保、③第四次産業革命の成果の公益利用、を課題に挙げた。2020年の新型コロナウイルス・パンデミックは社会の課題を浮き彫りにしたが、実はすでにその前から、富の偏在の拡大や、気候変動に効果的に対応できないなど、国際社会の経済・社会システムにはひずみが見られていた。そこに、SNS等の利用拡大や、AI、IoT、量子コンピューター等によるDX、ビッグデータ活用、ゲノムやiPS等による生命工学の飛躍的な発展などの新たな変革が次々と加わっている。これらは人間の生活に新たな豊かさをもたらす一方、経済、健康、医療等の点で新たな「格差」や「分断」を生みかねない。新たな時代に適合したシステムやルールの構築にあたっては、「格差」や「分断」を生まないための要素をビルト・インすることが求められている。日本でも、意欲的なカーボンニュートラル目標の設定や、ESG投資のルール作り、デジタル規制などの、新たな経済・社会のシステム作りが進んでいるが、変わりゆく社会に適合し、かつ「平和」で持続可能なシステムのあり方とはどのようなものか。東京セッションの冒頭にあたり、俯瞰的に議論したい。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

島田由香

ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役 人事総務本部長

目的としてのウェルビーイング ~幸福を経済活動の指標へ~

Well-beingとは、心身と社会的な健康を意味し、満足した生活を送れている状態、多面的に幸せな状態を指し、瞬間的な幸せを表すHappinessとは異なる考え方と言われている。平和を「個人の尊厳が守られること」と捉えた場合、それはこのWell-beingにとても近い状態ともいえるのではないか。(Well-being≒「平和」な状態)OECD は 2011年から「良い暮らしイニシアティブ」を開始し、Well-being指標として11の分野(住宅、所得と富、雇用と収入、社会とのつながり、教育と技能、環境の質、市民生活とガバナンス、健康状態、主観的幸福、個人の安全、仕事と生活のバランス)で、国際比較を行えるようにしている。また、日本でも長年GDP に替わる、もしくは補完する指標が模索される中で、GDW(Gross Domestic Well-being)という指標が提唱されるなど、関心が高まっている。Well-beingを個人や企業にとっての「目的」と位置づけ、経済活動の一部として評価することで積極的にWell-beingを推奨するなど、日本でも今後様々な取り組みが必要ではないか。個人や経営者の立場から、Well-being(≒「平和」な状態)をどの様に広げていけるのかを議論したい。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 他所属
  • ディスカッション
  • その他職名

杉山実優

官民若手イノベーション論ELPIS 発起人

目的としてのウェルビーイング ~幸福を経済活動の指標へ~

Well-beingとは、心身と社会的な健康を意味し、満足した生活を送れている状態、多面的に幸せな状態を指し、瞬間的な幸せを表すHappinessとは異なる考え方と言われている。平和を「個人の尊厳が守られること」と捉えた場合、それはこのWell-beingにとても近い状態ともいえるのではないか。(Well-being≒「平和」な状態)OECD は 2011年から「良い暮らしイニシアティブ」を開始し、Well-being指標として11の分野(住宅、所得と富、雇用と収入、社会とのつながり、教育と技能、環境の質、市民生活とガバナンス、健康状態、主観的幸福、個人の安全、仕事と生活のバランス)で、国際比較を行えるようにしている。また、日本でも長年GDP に替わる、もしくは補完する指標が模索される中で、GDW(Gross Domestic Well-being)という指標が提唱されるなど、関心が高まっている。Well-beingを個人や企業にとっての「目的」と位置づけ、経済活動の一部として評価することで積極的にWell-beingを推奨するなど、日本でも今後様々な取り組みが必要ではないか。個人や経営者の立場から、Well-being(≒「平和」な状態)をどの様に広げていけるのかを議論したい。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

丹羽真理

Ideal Leaders株式会社 共同創業者 CHO (Chief Happiness Officer)

目的としてのウェルビーイング ~幸福を経済活動の指標へ~

Well-beingとは、心身と社会的な健康を意味し、満足した生活を送れている状態、多面的に幸せな状態を指し、瞬間的な幸せを表すHappinessとは異なる考え方と言われている。平和を「個人の尊厳が守られること」と捉えた場合、それはこのWell-beingにとても近い状態ともいえるのではないか。(Well-being≒「平和」な状態)OECD は 2011年から「良い暮らしイニシアティブ」を開始し、Well-being指標として11の分野(住宅、所得と富、雇用と収入、社会とのつながり、教育と技能、環境の質、市民生活とガバナンス、健康状態、主観的幸福、個人の安全、仕事と生活のバランス)で、国際比較を行えるようにしている。また、日本でも長年GDP に替わる、もしくは補完する指標が模索される中で、GDW(Gross Domestic Well-being)という指標が提唱されるなど、関心が高まっている。Well-beingを個人や企業にとっての「目的」と位置づけ、経済活動の一部として評価することで積極的にWell-beingを推奨するなど、日本でも今後様々な取り組みが必要ではないか。個人や経営者の立場から、Well-being(≒「平和」な状態)をどの様に広げていけるのかを議論したい。

2021世界平和経済人会議ひろしま 東京セッション 分断を癒し、乗り越える行動とは ~対話、共感、ソフトパワーによる平和への貢献が変える経済、社会、そして世界~

2021/10/08 〜 2021/10/08
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • ディスカッション
  • 教授

保井俊之

叡啓大学ソーシャルシステムデザイン学部学部長・教授 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(慶應SDM)特別招聘教授

目的としてのウェルビーイング ~幸福を経済活動の指標へ~

Well-beingとは、心身と社会的な健康を意味し、満足した生活を送れている状態、多面的に幸せな状態を指し、瞬間的な幸せを表すHappinessとは異なる考え方と言われている。平和を「個人の尊厳が守られること」と捉えた場合、それはこのWell-beingにとても近い状態ともいえるのではないか。(Well-being≒「平和」な状態)OECD は 2011年から「良い暮らしイニシアティブ」を開始し、Well-being指標として11の分野(住宅、所得と富、雇用と収入、社会とのつながり、教育と技能、環境の質、市民生活とガバナンス、健康状態、主観的幸福、個人の安全、仕事と生活のバランス)で、国際比較を行えるようにしている。また、日本でも長年GDP に替わる、もしくは補完する指標が模索される中で、GDW(Gross Domestic Well-being)という指標が提唱されるなど、関心が高まっている。Well-beingを個人や企業にとっての「目的」と位置づけ、経済活動の一部として評価することで積極的にWell-beingを推奨するなど、日本でも今後様々な取り組みが必要ではないか。個人や経営者の立場から、Well-being(≒「平和」な状態)をどの様に広げていけるのかを議論したい。

SoftBank World 2021

2021/09/15 〜 2021/09/17
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

水島梨沙

日本マイクロソフト株式会社 モダンワーク & セキュリティ本部 モダンワークビジネス部 プロダクトマーケティングマネージャー

Teams電話で実現する、ハイブリットワーク時代の新しいコミュニケーション

全世界で一か月に2.5億人を超える利用者数を抱える「Microsoft Teams」は、ビデオ会議だけではなく、ビジネスプラットフォームとして、多くの企業で活用されています。本セッションでは特に進化を続ける電話機能を中心に、Teams電話やUniTalkを有効活用した導入事例や付加価値をご紹介いたします。

SoftBank World 2021

2021/09/15 〜 2021/09/17
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

深堀菜生

ソフトバンク株式会社 法人プロダクト&事業戦略本部 クラウドビジネス企画/推進部 部長

Teams電話で実現する、ハイブリットワーク時代の新しいコミュニケーション

全世界で一か月に2.5億人を超える利用者数を抱える「Microsoft Teams」は、ビデオ会議だけではなく、ビジネスプラットフォームとして、多くの企業で活用されています。本セッションでは特に進化を続ける電話機能を中心に、Teams電話やUniTalkを有効活用した導入事例や付加価値をご紹介いたします。

SoftBank World 2021

2021/09/15 〜 2021/09/17
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

高橋優子

日本航空株式会社 IT企画本部 IT推進企画部 一般管理グループ グループ長

日本航空のLumApps導入から学ぶ社内ポータルのDX

本セッションでは、現在 LumApps ソーシャルイントラネットをご利用いただいております日本航空株式会社IT推進企画部高橋様にお話を伺います。約36,000名のグループ社員に社内情報を浸透させるためにどのように運用されているのか?導入に至るまでの経緯から現在の活用状況までコロナ禍を生き抜くための社内コミュニケーションのあり方をお話いただきます。

SoftBank World 2021

2021/09/15 〜 2021/09/17
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

松下真子

LumApps 株式会社 マーケティング部 マーケティングマネージャー

日本航空のLumApps導入から学ぶ社内ポータルのDX

本セッションでは、現在 LumApps ソーシャルイントラネットをご利用いただいております日本航空株式会社IT推進企画部高橋様にお話を伺います。約36,000名のグループ社員に社内情報を浸透させるためにどのように運用されているのか?導入に至るまでの経緯から現在の活用状況までコロナ禍を生き抜くための社内コミュニケーションのあり方をお話いただきます。

SoftBank World 2021

2021/09/15 〜 2021/09/17
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

山下祐作

BMW Group Technology Office Japan Technology Scouting

グローバルに展開する宇宙・成層圏通信 × BMW Group

当社が展開する宇宙空間や成層圏から通信を提供するNon-Terrestrial Network構想についてご説明します。 通信ソリューションとして、宇宙空間からは静止軌道衛星のSkylo、低軌道衛星のOneweb、成層圏プラットフォームのHAPSをご紹介し、実際のユースケースとして、本構想のパートナーであるBMW Groupにも登壇いただき、自動車業界における活用事例について考えていきます。