TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/23 〜 2022/06/24
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

伊藤孝司

コニカミノルタ株式会社 上席 執行役員 生産・調達本部 本部長 兼 SCM 担当

起点は”現場の困りごと” コニカミノルタの製造現場のデジタル変革 ~現場力とデジタル化の融合~

コニカミノルタは、ビジネス現場で働くお客様の課題を共に解決し、新たな価値を創出し続ける企業を目指している。これからも多くの外部環境変化は必然であり、モノづくり現場としてその変化に対応しつづけなければならない。その為に、デジタル化とモノづくり変革のベースにある現場力との融合がいかに重要かについて、当社の考えや取組みについて語る。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/23 〜 2022/06/24
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

瀧俊雄

株式会社マネーフォワード 執行役員 サステナビリティ担当 CoPA (Chief of Public Affairs) Fintech研究所長

金融データが行動を変える

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/23 〜 2022/06/24
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

宮本雅己

株式会社セールスフォース・ジャパン エンタープライズ営業第二本部 第二営業部 シニア アカウントエグゼクティブ

ものづくりを支える左脳システムと右脳システムのデータ統合

不確実な時代を生き抜く手段として、企業のデジタル変革が加速しています。しかし、トライアンドエラーを繰り返しながら敏捷性を持って経営判断を行うには、データの分断と欠如の問題を解決しなくてはなりません。 本セッションではこれからの時代に必要なデータと情報基盤を、人間の「脳」になぞらえて易しくご説明します。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/23 〜 2022/06/24
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

松下壮一

株式会社セールスフォース・ジャパン ソリューション・エンジニアリング統括本部 シニア・マネージャー

ものづくりを支える左脳システムと右脳システムのデータ統合

不確実な時代を生き抜く手段として、企業のデジタル変革が加速しています。しかし、トライアンドエラーを繰り返しながら敏捷性を持って経営判断を行うには、データの分断と欠如の問題を解決しなくてはなりません。 本セッションではこれからの時代に必要なデータと情報基盤を、人間の「脳」になぞらえて易しくご説明します。
ピープルビジネスの変革組織戦略の最前線

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/23 〜 2022/06/24
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

山川聡

株式会社ゼンリンデータコム IoT第二事業部 マネージャー

ロケーションデータ活用による顧客管理の効率化とCX向上施策

前半はゼンリンが整備する高精度な住所情報を活用した顧客管理効率化ソリューションについて、後半はGoogle Maps Platformの膨大なPlacesデータを活用したデジタルバンク等のアプリ向けCX向上施策について、二部構成にてロケーションデータの活用ノウハウをご紹介いたします。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/23 〜 2022/06/24
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

打田卓未

株式会社ゼンリンデータコム IoT第二事業部 リーダー

ロケーションデータ活用による顧客管理の効率化とCX向上施策

前半はゼンリンが整備する高精度な住所情報を活用した顧客管理効率化ソリューションについて、後半はGoogle Maps Platformの膨大なPlacesデータを活用したデジタルバンク等のアプリ向けCX向上施策について、二部構成にてロケーションデータの活用ノウハウをご紹介いたします。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/23 〜 2022/06/24
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

堀康佑

SATORI株式会社 営業部 部長

営業DXは「デジタル新規開拓」から! ~製造業におけるMA活用実践例~

昨今、より一層注目が集まるデジタルトランスフォーメーション(DX)。 各業界において、ものづくりのデジタル化から営業プロセスのデジタル化まで、幅広い変革が求められています。本セッションでは、営業プロセスにおける課題解決をMA活用でどのように実現するか、製造業事例を中心にご紹介いたします。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/23 〜 2022/06/24
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

岡本智史

データブリックス・ジャパン株式会社 マーケティング本部 本部長

データ&AIを活用した「真のDX」実現のためのレイクハウス・プラットフォーム

データ&AIをフル活用した競争力の強化やイノベーションの実現には、データ基盤の次世代化とドメイン知識と技術知識の双方を兼ね備えた、データ&AI人材の育成が急務となっております。これらの課題を解決するために、スターバックス、アウディ、アスラゼネカ、シェル、HSBCなど、業界のリーディング企業が、なぜレイクハウス・プラットフォームを採用したのかを説明いたします。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/23 〜 2022/06/24
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

油野達也

株式会社データビークル 代表取締役 CEO

「偽データドリブン経営とは?」~貴社のソレは本物ですか?~

データで意思決定をするのがDXだと言われている昨今、勘と経験をグラフで裏付けることをデータ分析だと勘違いする企業が増えています。前年同月対比表が3Dグラフになったところで売上は増えないし製品の歩留まりも変わりません。本講では真のデータドリブン経営と実現方法について事例を交えてお話します。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/23 〜 2022/06/24
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

今林広樹

EAGLYS株式会社 代表取締役社長 / CEO

秘密計算によるAI強化とデータコラボレーション〜業界別データ活用事例紹介〜

昨今、各企業では様々なデータ利活用やAI活用が進んでいますが、1社だけのデータでは思ったような分析精度がでず、費用対効果が伴わないといった声も多く聞くようになりました。その様ななかアメリカやイスラエルといったIT先進国で注目されているのが”秘密計算”です。本セッションでは、秘密計算について解説するとともに、この技術を利用したAI強化とデータコラボレーション事例についてご紹介いたします。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/23 〜 2022/06/24
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

臺卓治

株式会社SUBARU 専務執行役員 CIO (最高情報責任者) IT戦略本部長 兼 経営企画本部副本部長

SUBARU×デジタル「大きな変化の中でSUBARUが目指すDX」

現在自動車業界はカーボンニュートラルに向けての取り組み、車両の外部接続とサービスの多様化等過去にない変化の時代を迎えています。このような大きな変化のうねりの中で、SUBARUがどのように乗り越えようとしているのか、またIT部門としてデジタルやデータをどのように活用していこうとしているのか、試行錯誤も含めてリアルな取り組みについて紹介をしたいと思います。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/23 〜 2022/06/24
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

谷崎勝教

株式会社三井住友フィナンシャルグループ 執行役専務 グループCDIO

SMBCグループのデータ戦略とイノベーションが生まれやすい仕組みづくり

新型コロナによる社会全体の急激なデジタル化、様々な規制見直し、顧客の行動パターンの変化など、金融機関を取り巻く環境は大きく変わりました。SMBCグループでは、デジタルを積極的に活用してサービスを向上させることによって顧客との接点を増加し、そこから得られたデータを活用してより良いサービスにつなげるデータ戦略を進めています。データ戦略を活用したSMBCグループのデジタライゼーションの取り組みに加え、新サービスやイノベーションが生まれやすい仕組みづくりについてご紹介します。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/23 〜 2022/06/24
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

ウィリアム・ホン

Dataiku 日本・韓国地域営業統括

皆をAI活用人材へ!これを実現するためのステップとは

AI人材の採用や育成は多くの企業にとって課題です。しかしまず必要なのは、高度な機械学習の教育よりも、多くの社員がデータを探索し洞察を得られることで、これにより製造業のさまざまな業務で効率性や生産性を向上できます。 貴社の人材を、自分自身でAIを活用できる人材へと育成するためのステップをご紹介します。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/23 〜 2022/06/24
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

秋光茂行

マイクロストラテジー・ジャパン株式会社 シニア アカウントエグゼクティブ

データドリブン経営のためのデータ活用~導入成功事例と失敗事例~

本来は迅速な経営判断を促すために導入したデータ活用が、データを見るだけで終わっていませんか?データの正しい活用が意思決定を迅速化し、企業競争力を高めます。ツールは導入したが何故成果が上がらないのか?上げるには何が足りないのか?企業価値を高めた事例を交えながら、あるべきデータ利活用をご紹介します。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/23 〜 2022/06/24
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

AbhinandanKumar

H2O.ai inc. Senior Vice President アジアパシフィック統括

全世界で2万以上の企業・組織での導入実績をもつ H2O.aiが描くAutoMLの未来

DX改革のコアとなるAIモデルの作成をエキスパートがいなくても実施できるAutoML(自動機械学習)への期待は高まるばかりです。AIモデル作成の先駆者として全世界で2万以上の企業・組織で導入実績のあるH2O.aiがAutoMLの現在と未来について解説します。パートナーであるSCSK株式会社との取り組みについてもご紹介いたします。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/23 〜 2022/06/24
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

柿崎修

H2O.ai inc 日本法人営業統括部長

全世界で2万以上の企業・組織での導入実績をもつ H2O.aiが描くAutoMLの未来

DX改革のコアとなるAIモデルの作成をエキスパートがいなくても実施できるAutoML(自動機械学習)への期待は高まるばかりです。AIモデル作成の先駆者として全世界で2万以上の企業・組織で導入実績のあるH2O.aiがAutoMLの現在と未来について解説します。パートナーであるSCSK株式会社との取り組みについてもご紹介いたします。
ピープルビジネスの変革組織戦略の最前線

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/23 〜 2022/06/24
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

飯塚力哉

デル・テクノロジーズ株式会社 CTO/最高技術責任者

DX時代に求められるデータマネジメント

DX実現のキーとなるデータマネジメント(真のデータ利活用)、その実現を阻む様々な課題を解決するためにもデータ基盤の整理&再構築が必要です。デル・テクノロジーズでは、多岐にわたるプロセスやテクノロジーを統合するエコシステムの重要性を社内を含む実例を交えご紹介し、次世代のデータドリブン経営をご提案します。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/23 〜 2022/06/24
  • 国内講演者
  • 他所属
  • 基調講演
  • その他職名

茂木健一郎

脳科学者

脳から考える偶有性を活かす経営戦略

データというのは一種の飛躍台であり、それが高くなればなるほど、遠くを見渡した飛躍も可能となる。しかし、世の実態は偶有性に満ちている。予測できることとできないことを認識してマネージすることに経営の本質がある。全てを引き受けかつ統合することが脳の命題であり、今後の経営戦略を考察するヒントになるはずである。

TECH+ EXPO 2022 Summer for データ活用 データから導く次の一手

2022/06/23 〜 2022/06/24
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

山本光穂

DataRobot, Inc. データサイエンティスト

製造業におけるAIプロジェクトの持続的運用・活用を支えるMLOpsについて

昨今、製造業分野ではR&Dから設計開発、製造等様々な領域でAIモデルが活用されています。一方で開発されたAIモデルが持続的運用・活用を前提としてないため、予想外の問題が発生するケースが多発しています。 本講演ではAIモデルの管理手法であるMLOpsの重要性についてご説明します。

Data Analytics Conference 2022

2022/06/15 〜 2022/06/15
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

相良周平

九州旅客鉄道株式会社 総合企画本部 IT推進部担当部長

九州旅客鉄道株式会社様インタビューセッション

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Data Analytics Conference 2022

2022/06/15 〜 2022/06/15
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

坂本唯史

株式会社データフォーシーズ 取締役副社長

ビジネスステージを高めるD4Cソリューション

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Data Analytics Conference 2022

2022/06/15 〜 2022/06/15
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

齋藤淳

D4cグループ営業統括責任者

データフォーシーズよりご挨拶

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Data Analytics Conference 2022

2022/06/15 〜 2022/06/15
  • 国内講演者
  • 教育・研究機関
  • 教授

宮田裕章

慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室 教授

DX(Digital Transformation)の先にある未来社会のビジョン  ~データ解析で世の中を変える~

データサイエンスなどの科学を駆使して社会変革に挑戦し、現実をより良くするための貢献を軸に研究活動を行う。専門医制度と連携し5000病院が参加するNational Clinical Database、LINEと厚労省の新型コロナ全国調査など、医学領域以外も含む様々な実践に取り組むと同時に、経団連や世界経済フォーラムと連携して新しい社会ビジョンを描く。宮田が共創する社会ビジョンの1つは、いのちを響き合わせて多様な社会を創り、その世界を共に体験する中で一人ひとりが輝くという“共鳴する社会”である。

Data Analytics Conference 2022

2022/06/15 〜 2022/06/15
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 管理職

山本隆広

KDDI株式会社 パーソナル事業本部サービス統括本部 データマネジメント部 部長

KDDI株式会社 ご講演

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

Data Analytics Conference 2022

2022/06/15 〜 2022/06/15
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

柿内憲人

株式会社データフォーシーズ 執行役員

データドリブン経営の実際とビジネスインパクト~グローバルSPA企業に学ぶ~

講演者の登壇内容は、下部の「登壇イベントはこちら」からご覧ください。

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

小島英揮

株式会社primeNumber 社外取締役 Still Day One合同会社 代表

トップクラウドインテグレーターが語る。Build with SaaS で実現するデータ活用

豊富な導入事例と最新クラウド活用スキルを有するトップクラウドインテグレーターの両社に、近年、重要度が増しているデータ活用プロジェクトの潮流を伺います。最近注目される Build with SaaS という環境構築手法は、これまでのアプローチとどう異なるのか。どんなメリットがあり、顧客はどう評価しているのか、両社の事例に触れながらリアルにお話し頂きます。

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

鈴木健太

株式会社primeNumber 取締役執行役員CTO エンジニアリング本部長

trocco®プログラミングETL機能が実現する柔軟なシステム間データ連携事例について

データ分析基盤の環境構築が、ユースケースとして最も多いtrocco®のご利用目的ですが、本セッションでは、trocco®のプログラミングETL機能を活用し、システム間データインターフェースを柔軟に一元管理されている事例を紹介します。MaaSビジネスを展開するSmartDrive社で処理される膨大な量のデータマネジメントを、trocco®を通してどう実現していったのか、どういった成果をもたらしたのか、同社をお迎えしお話しを伺います。

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

小林寛和

株式会社primeNumber 取締役執行役員CPO

trocco® Product Update & Roadmaps

trocco®はリリース以後、ETL/ELTやワークフローなど「データ統合」に関するサポート機能を充実させてきました。しかしながらデータエンジニア・分析基盤に求められる役割はどんどん複雑化しています。そうした情勢を踏まえ、trocco®は「データマネジメント」全般をサポートするプラットフォームに進化していきます。本セッションでは新機能「データカタログ」を始めとする直近のアップデートや、2022年の開発ロードマップを公開します。
ピープルビジネスの変革組織戦略の最前線

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

横田聡

クラスメソッド株式会社 代表取締役社長

トップクラウドインテグレーターが語る。Build with SaaS で実現するデータ活用

豊富な導入事例と最新クラウド活用スキルを有するトップクラウドインテグレーターの両社に、近年、重要度が増しているデータ活用プロジェクトの潮流を伺います。最近注目される Build with SaaS という環境構築手法は、これまでのアプローチとどう異なるのか。どんなメリットがあり、顧客はどう評価しているのか、両社の事例に触れながらリアルにお話し頂きます。

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 会長

吉積礼敏

クラウドエース株式会社 取締役会長

トップクラウドインテグレーターが語る。Build with SaaS で実現するデータ活用

豊富な導入事例と最新クラウド活用スキルを有するトップクラウドインテグレーターの両社に、近年、重要度が増しているデータ活用プロジェクトの潮流を伺います。最近注目される Build with SaaS という環境構築手法は、これまでのアプローチとどう異なるのか。どんなメリットがあり、顧客はどう評価しているのか、両社の事例に触れながらリアルにお話し頂きます。

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

山本剛央

株式会社スマートドライブ Mobility Data Consultant

trocco®プログラミングETL機能が実現する柔軟なシステム間データ連携事例について

データ分析基盤の環境構築が、ユースケースとして最も多いtrocco®のご利用目的ですが、本セッションでは、trocco®のプログラミングETL機能を活用し、システム間データインターフェースを柔軟に一元管理されている事例を紹介します。MaaSビジネスを展開するSmartDrive社で処理される膨大な量のデータマネジメントを、trocco®を通してどう実現していったのか、どういった成果をもたらしたのか、同社をお迎えしお話しを伺います。

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

新井崇志

株式会社primeNumber 執行役員COO カスタマーサクセス本部長

Salesforceとtrocco®によるデータ活用がビジネスユーザにもたらす価値

Salesforceとtrocco®を組み合わせることにより、Salesforceの様々なユーザに価値を提供します。セールスやカスタマーサクセス等の領域において、データ活用をすることのメリットやその具体的な内容について、現状寄せられるお客様の声と共にお話しします。 また、この度のSalesforce Venturesからの出資に際し、浅田様からその意図とSalesforceとの連携強化への期待についてもお話しいただきます。

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

松尾祐太郎

エン・ジャパン株式会社 デジタルプロダクト開発本部 デジタルマーケティング部 BIグループ マネージャー

全ての職種で求められる "データエンジニアリング力" とは

組織や働き方は目まぐるしく変化し、導入されるSaaSやアプリを利用する社員はエンジニアだけではありません。業務や処理の自動化が進み、並行して増大していくデータを操り・使いこなし、そしてインサイトを得ていくことは不可欠とも言えます。こうしたビジネス環境の中で求められる “ビジネスパーソンにとってのデータ活用力”とは何か、primeNumber のデータエンジニアリングワークショップを通して知見を深められ、具体的な取り組みへの着手に至ったエン・ジャパン様をお招きし、現状から将来展望まで含めお話し頂きます。

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

岩田匠

株式会社primeNumber Head of Solution Architect

全ての職種で求められる "データエンジニアリング力" とは

組織や働き方は目まぐるしく変化し、導入されるSaaSやアプリを利用する社員はエンジニアだけではありません。業務や処理の自動化が進み、並行して増大していくデータを操り・使いこなし、そしてインサイトを得ていくことは不可欠とも言えます。こうしたビジネス環境の中で求められる “ビジネスパーソンにとってのデータ活用力”とは何か、primeNumber のデータエンジニアリングワークショップを通して知見を深められ、具体的な取り組みへの着手に至ったエン・ジャパン様をお招きし、現状から将来展望まで含めお話し頂きます。

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

吉田範孝

株式会社SHIFT 情報システム部 基幹システム推進・統合グループ

troccer宣言 ~私trocco®️で幸せになりました~

trocco®はリリースから約3年半が経過し、数多くの企業様にご利用頂いてきた一方で、そのご利用内容や状況・ユースケースを、primeNumber社を介さず忖度なしに情報交換する機会を設けることができておりませんでした。そこで、今回はユーザー様一同にお集まり頂き、trocco®ご利用によって生じたメリット/デメリットや、身近なところでは自らのお仕事ぶりの変化等々、異なる企業ではありながら近しい職務にあたる方々で語り合う場を設けさせて頂きました。 本セッションは、発表者から司会者まで全て、troccerを自認するtroccoユーザーの皆様にお任せすることで、trocco®に対するリアルな感想を公開させて頂く機会とさせて頂きます。

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

横山翔

Data Engineering Study

Data Engineering Study を一年分振り返る

2020年7月に立ち上げられたオンラインコミュニティ「Data Engineering Study」は、これまで11回の開催を通し、のべ約1万人の方々にご参加頂いてきました。本セッションは、コミュニティをgrooves社と共同主催するprimeNumberのCPOでイベントオーガナイザーでもある小林をホストに、著名なデータエンジニアであり且つ同コミュニティのモデレーターででもある yuzutas0氏を迎え、立上げからの1年強の全セッションを振り返ります。

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

小林寛和

株式会社primeNumber 取締役執行役員CPO

Data Engineering Study を一年分振り返る

2020年7月に立ち上げられたオンラインコミュニティ「Data Engineering Study」は、これまで11回の開催を通し、のべ約1万人の方々にご参加頂いてきました。本セッションは、コミュニティをgrooves社と共同主催するprimeNumberのCPOでイベントオーガナイザーでもある小林をホストに、著名なデータエンジニアであり且つ同コミュニティのモデレーターででもある yuzutas0氏を迎え、立上げからの1年強の全セッションを振り返ります。

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

植松隆

株式会社セールスフォース・ジャパン 執行役員 コマーシャル営業 第1営業本部 本部

Salesforceとtrocco®によるデータ活用がビジネスユーザにもたらす価値

Salesforceとtrocco®を組み合わせることにより、Salesforceの様々なユーザに価値を提供します。セールスやカスタマーサクセス等の領域において、データ活用をすることのメリットやその具体的な内容について、現状寄せられるお客様の声と共にお話しします。 また、この度のSalesforce Venturesからの出資に際し、浅田様からその意図とSalesforceとの連携強化への期待についてもお話しいただきます。

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

浅田賢

株式会社セールスフォース・ジャパン 常務執行役員 Salesforce Ventures 日本代表・パートナー

Salesforceとtrocco®によるデータ活用がビジネスユーザにもたらす価値

Salesforceとtrocco®を組み合わせることにより、Salesforceの様々なユーザに価値を提供します。セールスやカスタマーサクセス等の領域において、データ活用をすることのメリットやその具体的な内容について、現状寄せられるお客様の声と共にお話しします。 また、この度のSalesforce Venturesからの出資に際し、浅田様からその意図とSalesforceとの連携強化への期待についてもお話しいただきます。

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

香村貴之

株式会社オープンエイト

troccer宣言 ~私trocco®️で幸せになりました~

trocco®はリリースから約3年半が経過し、数多くの企業様にご利用頂いてきた一方で、そのご利用内容や状況・ユースケースを、primeNumber社を介さず忖度なしに情報交換する機会を設けることができておりませんでした。そこで、今回はユーザー様一同にお集まり頂き、trocco®ご利用によって生じたメリット/デメリットや、身近なところでは自らのお仕事ぶりの変化等々、異なる企業ではありながら近しい職務にあたる方々で語り合う場を設けさせて頂きました。 本セッションは、発表者から司会者まで全て、troccerを自認するtroccoユーザーの皆様にお任せすることで、trocco®に対するリアルな感想を公開させて頂く機会とさせて頂きます。
ピープルビジネスの変革組織戦略の最前線

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

阿部昌利

株式会社ヤプリ プロダクト開発本部 技術戦略室 データサイエンティスト

troccer宣言 ~私trocco®️で幸せになりました~

trocco®はリリースから約3年半が経過し、数多くの企業様にご利用頂いてきた一方で、そのご利用内容や状況・ユースケースを、primeNumber社を介さず忖度なしに情報交換する機会を設けることができておりませんでした。そこで、今回はユーザー様一同にお集まり頂き、trocco®ご利用によって生じたメリット/デメリットや、身近なところでは自らのお仕事ぶりの変化等々、異なる企業ではありながら近しい職務にあたる方々で語り合う場を設けさせて頂きました。 本セッションは、発表者から司会者まで全て、troccerを自認するtroccoユーザーの皆様にお任せすることで、trocco®に対するリアルな感想を公開させて頂く機会とさせて頂きます。

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

土川稔生

株式会社タイミー DREチーム

troccer宣言 ~私trocco®️で幸せになりました~

trocco®はリリースから約3年半が経過し、数多くの企業様にご利用頂いてきた一方で、そのご利用内容や状況・ユースケースを、primeNumber社を介さず忖度なしに情報交換する機会を設けることができておりませんでした。そこで、今回はユーザー様一同にお集まり頂き、trocco®ご利用によって生じたメリット/デメリットや、身近なところでは自らのお仕事ぶりの変化等々、異なる企業ではありながら近しい職務にあたる方々で語り合う場を設けさせて頂きました。 本セッションは、発表者から司会者まで全て、troccerを自認するtroccoユーザーの皆様にお任せすることで、trocco®に対するリアルな感想を公開させて頂く機会とさせて頂きます。

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

金澤岳

ピップ株式会社 商品開発事業本部 広報宣伝部データサイエンス課

非IT企業のエンジニア不在組織で、ゼロからデータ基盤を構築した話

P!のロゴや「ピップエレキバン」でご存知のピップ株式会社様。非IT企業であり、卸事業・メーカー事業を中心としたビジネスを展開されている同社のデータ活用事例をご紹介します。DXも掛け声先行でエンジニアもいない組織の中、他部署との連携も多岐に渡る大企業のデータ活用をどういったプロセスで着手されていったのか、どういったポイントで苦労されたのか、オンラインとオフラインのデータ統合を視野に入れた今後の展開とビジネスへの意義を含め、赤裸々にお話し頂きます。

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

中山浩平

株式会社primeNumber カスタマーサクセス本部 Head of Customer Development

非IT企業のエンジニア不在組織で、ゼロからデータ基盤を構築した話

P!のロゴや「ピップエレキバン」でご存知のピップ株式会社様。非IT企業であり、卸事業・メーカー事業を中心としたビジネスを展開されている同社のデータ活用事例をご紹介します。DXも掛け声先行でエンジニアもいない組織の中、他部署との連携も多岐に渡る大企業のデータ活用をどういったプロセスで着手されていったのか、どういったポイントで苦労されたのか、オンラインとオフラインのデータ統合を視野に入れた今後の展開とビジネスへの意義を含め、赤裸々にお話し頂きます。

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

前側将

株式会社オープンエイト CS企画部データ戦略G GroupManager

troccer宣言 ~私trocco®️で幸せになりました~

trocco®はリリースから約3年半が経過し、数多くの企業様にご利用頂いてきた一方で、そのご利用内容や状況・ユースケースを、primeNumber社を介さず忖度なしに情報交換する機会を設けることができておりませんでした。そこで、今回はユーザー様一同にお集まり頂き、trocco®ご利用によって生じたメリット/デメリットや、身近なところでは自らのお仕事ぶりの変化等々、異なる企業ではありながら近しい職務にあたる方々で語り合う場を設けさせて頂きました。 本セッションは、発表者から司会者まで全て、troccerを自認するtroccoユーザーの皆様にお任せすることで、trocco®に対するリアルな感想を公開させて頂く機会とさせて頂きます。

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

中村祐太

株式会社primeNumber カスタマーサクセス本部 Head of Customer Success

Sansanの事業を推進する分析データ統合インフラにおけるtrocco®️の役割

法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」をはじめ、「Bill One」「Seminar One」等の新規事業展開が進むSansan社をお迎えし、事業の分析データ統合インフラとしていかにtrocco®を活用し、新規事業への環境適応など様々な課題を解決されていったのか、お話しを伺います。導入効果へのQ&Aや今後の事業クロス分析への展望を交えながら進行しますが、特に、新規事業の企画から営業・マーケティング展開を担う方には必見のセッションです。

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

山本健太

株式会社primeNumber 取締役執行役員CIO

データエンジニアの工数を最小化!自社データ基盤の構築最前線

社内データの活用に悩むエンジニアや情報システム担当者の方々に、マネージドサービスを活用し、クイックにデータ基盤を構築するステップについて、クラウドベンダーであるGoogleの知見も交えながら紹介します。また、「弁護士ドットコム」や「クラウドサイン」など複数事業を展開する弁護士ドットコム株式会社を迎え、より具体的なデータ分析基盤の構築運用事例を紹介します。同社の課題解決のため、trocco®︎ ご利用の判断に至った検討プロセスや導入までの背景、ご苦労、そして導入後にどのような効果があったのか、担当者様の声を頂きます。

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

竹内香澄

Sansan株式会社 ビジネス統括本部マーケティング部リードストラテジーグループマネジャー

Sansanの事業を推進する分析データ統合インフラにおけるtrocco®️の役割

法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」をはじめ、「Bill One」「Seminar One」等の新規事業展開が進むSansan社をお迎えし、事業の分析データ統合インフラとしていかにtrocco®を活用し、新規事業への環境適応など様々な課題を解決されていったのか、お話しを伺います。導入効果へのQ&Aや今後の事業クロス分析への展望を交えながら進行しますが、特に、新規事業の企画から営業・マーケティング展開を担う方には必見のセッションです。

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

松澤遼

Sansan株式会社 ビジネス統括本部 マーケティング部 リードストラテジーグループ

Sansanの事業を推進する分析データ統合インフラにおけるtrocco®️の役割

法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」をはじめ、「Bill One」「Seminar One」等の新規事業展開が進むSansan社をお迎えし、事業の分析データ統合インフラとしていかにtrocco®を活用し、新規事業への環境適応など様々な課題を解決されていったのか、お話しを伺います。導入効果へのQ&Aや今後の事業クロス分析への展望を交えながら進行しますが、特に、新規事業の企画から営業・マーケティング展開を担う方には必見のセッションです。

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

喜多羅滋夫

喜多羅株式会社 Chief Evangelist

企業のデータ活用とSaaS利用の合理的な意義

「企業のデータ活用というテーマは、情報システムに関わる方々がより経営に携われる仕事である」と、国内外の大手メーカーにて情報システム部門を統括されてきた喜多羅氏は考えます。基幹システムやそのインフラを安定稼働させることと同様に、企業の情報システム領域ではもはや前提となったこの技術テーマに、情報システムに関わる方々が、企業・事業の浮沈のカギを握るメンバーとして積極的なチャレンジされることを応援すべく、メッセージ頂きます。

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

田邊雄樹

株式会社primeNumber 代表取締役CEO

企業のデータ活用とSaaS利用の合理的な意義

「企業のデータ活用というテーマは、情報システムに関わる方々がより経営に携われる仕事である」と、国内外の大手メーカーにて情報システム部門を統括されてきた喜多羅氏は考えます。基幹システムやそのインフラを安定稼働させることと同様に、企業の情報システム領域ではもはや前提となったこの技術テーマに、情報システムに関わる方々が、企業・事業の浮沈のカギを握るメンバーとして積極的なチャレンジされることを応援すべく、メッセージ頂きます。

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

小田島拓

弁護士ドットコム株式会社 SRE室

データエンジニアの工数を最小化!自社データ基盤の構築最前線

社内データの活用に悩むエンジニアや情報システム担当者の方々に、マネージドサービスを活用し、クイックにデータ基盤を構築するステップについて、クラウドベンダーであるGoogleの知見も交えながら紹介します。また、「弁護士ドットコム」や「クラウドサイン」など複数事業を展開する弁護士ドットコム株式会社を迎え、より具体的なデータ分析基盤の構築運用事例を紹介します。同社の課題解決のため、trocco®︎ ご利用の判断に至った検討プロセスや導入までの背景、ご苦労、そして導入後にどのような効果があったのか、担当者様の声を頂きます。
ピープルビジネスの変革組織戦略の最前線

zeroONE

2022/03/03 〜 2022/03/03
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

長谷川一平

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 SMB 事業本部長

データエンジニアの工数を最小化!自社データ基盤の構築最前線

社内データの活用に悩むエンジニアや情報システム担当者の方々に、マネージドサービスを活用し、クイックにデータ基盤を構築するステップについて、クラウドベンダーであるGoogleの知見も交えながら紹介します。また、「弁護士ドットコム」や「クラウドサイン」など複数事業を展開する弁護士ドットコム株式会社を迎え、より具体的なデータ分析基盤の構築運用事例を紹介します。同社の課題解決のため、trocco®︎ ご利用の判断に至った検討プロセスや導入までの背景、ご苦労、そして導入後にどのような効果があったのか、担当者様の声を頂きます。

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

原田一樹

株式会社DATAFLUCT CTO

データドリブンなDX推進を実現するノーコード機械学習プラットフォーム「Comler(コムラー)」

データに基づく仮説検証やデータドリブンな意思決定は、DXを推進する上で欠かせない要素です。しかし、機械学習/AIを活用したプロジェクトが本番運用フェーズに辿りつける確率は4%程度だといわれています。本セッションでは、機械学習/AIプロジェクトの進め方について解説し、専門家に頼らなくてもデータドリブンなDXの推進を実現するための方法として、ノーコード機械学習プラットフォーム「Comler」をご紹介します。

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

若山直樹

株式会社DATAFLUCT プラットフォーム事業部

生産性とWell-beingを最大化させる、これからのリモート組織のあり方

コロナ禍で急速に拡大し、今や働き方の常識となったリモートワーク。働く個人にとって、リモートワークは幸福な生活(=Well-being)を実現する土台になりつつあります。一方で、対面でのコミュニケーションが制限されることで、30分刻みに絶え間なく不必要なWeb会議が設定されたり、組織の“繋がり”の意識が薄くなってしまったりと、情報共有について非常に多くの課題が山積しています。本セッションでは、「非同期ワークスペース」の活用によってリモートワークの課題を解決し、Well-beingと生産性を両立させた新たな働き方を実現する方法についてお話します。

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 社長

久米村隼人

株式会社DATAFLUCT 代表取締役

DATAFLUCTで実現するサステナブルでハイパフォーマンスな働き方

DATAFLUCTは、各自のパフォーマンスを最大化する仕組みとして「Flat & Free」をベースに自律分散型の組織体制を採用しています。 このセッションでは、DATAFLUCTで働いているメンバーが登壇し、その多様な働き方やそれを支える文化や制度についてお伝えします。

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

吉岡詩織

株式会社DATAFLUCT インパクトテック事業部

消費者の行動変容にデータとビジネスで挑む、DATAFLUCT の脱炭素事業

2050年のカーボンニュートラルに向けて各国のルール整備や各業界での新規事業が加速する一方で、日本では海外と比較して最終消費者の意識改革や行動変容が進んでいないと言われています。本セッションでは、DATAFLUCTの提携パートナーであるDoconomyからゲストをお迎えし、カーボンプライシングやカーボンクレジットといった脱炭素業界の最新動向、そしてどのように消費者を巻き込み、データとビジネスの力で気候変動を自分ごと化するかについて、その手がかりを探ります。

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

原田一樹

株式会社DATAFLUCT CTO

DX推進を支える、DATAFLUCTの確かな技術力と組織力

DXの実現に向けて急速に世の中が変化する中、新たな未来をいち早く創っていくために、先進的な知見と確かな技術力の重要性がより高まっています。本セッションでは、これまでのDATAFLUCTの様々なデータ活用に関する取り組みについてご紹介し、どのようにして創造性高く新しいプロダクトを生み出し、DXの実現を支えているのかについて、技術力と組織力にフォーカスしながらお話します。

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

渡邊飛雄馬

株式会社DATAFLUCT VPoE/PdM

DX推進を支える、DATAFLUCTの確かな技術力と組織力

DXの実現に向けて急速に世の中が変化する中、新たな未来をいち早く創っていくために、先進的な知見と確かな技術力の重要性がより高まっています。本セッションでは、これまでのDATAFLUCTの様々なデータ活用に関する取り組みについてご紹介し、どのようにして創造性高く新しいプロダクトを生み出し、DXの実現を支えているのかについて、技術力と組織力にフォーカスしながらお話します。

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

杉井雄汰

株式会社DATAFLUCT プラットフォーム事業部

DX推進を支える、DATAFLUCTの確かな技術力と組織力

DXの実現に向けて急速に世の中が変化する中、新たな未来をいち早く創っていくために、先進的な知見と確かな技術力の重要性がより高まっています。本セッションでは、これまでのDATAFLUCTの様々なデータ活用に関する取り組みについてご紹介し、どのようにして創造性高く新しいプロダクトを生み出し、DXの実現を支えているのかについて、技術力と組織力にフォーカスしながらお話します。

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

上大迫真隆

株式会社DATAFLUCT プラットフォーム事業部

最適な仕入額や生産数を機械学習であぶりだす、サステナブル時代のサプライチェーンマネジメント最適解

顧客ニーズの多様化と急激な変化に呼応するように、商品のライフサイクルはますます短くなってきています。その結果、企業における新製品の販売数が増加し、同時に受発注担当者の勘や経験、古典的な統計に依存した無駄な発注作業が発生しています。本セッションでは、そのムダ・ムリ・ムラを天気や気温、新型コロナウィルス感染者の動向などの外部要因データと機械学習を使い最適化し、欠品・余剰・在庫回転率を改善させるサプライチェーンマネジメントについて解説します。

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

吉川尚宏

A.T. カーニー シニアパートナー 株式会社DATAFLUCT アドバイザー

消費者の行動変容にデータとビジネスで挑む、DATAFLUCT の脱炭素事業

2050年のカーボンニュートラルに向けて各国のルール整備や各業界での新規事業が加速する一方で、日本では海外と比較して最終消費者の意識改革や行動変容が進んでいないと言われています。本セッションでは、DATAFLUCTの提携パートナーであるDoconomyからゲストをお迎えし、カーボンプライシングやカーボンクレジットといった脱炭素業界の最新動向、そしてどのように消費者を巻き込み、データとビジネスの力で気候変動を自分ごと化するかについて、その手がかりを探ります。

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

久米村隼人

株式会社DATAFLUCT 代表取締役

DX先進企業“ANA”と“JR東日本”から学ぶ  大企業のビジネスを変革する「内製DX」実現のカギ

IT人材不足やコストの壁に阻まれてAI・データ活用が進まない企業が多数ある一方で、DX先進企業とされる一部の企業はDXの「内製化」に取り組み始めています。自社の事業を深く理解したデータ活用やスピーディーな動きが可能という点で注目される「内製DX」の成功のポイントはどこにあるのでしょうか。 経済産業省と東京証券取引所による「DX銘柄」「DX注目企業」に連続で選定されているDX先進企業、ANAホールディングスとJR東日本からゲストを迎え、両社の内製DXの取り組みの紹介を通じて、大企業がデータドリブンな組織に生まれ変わるためのヒントを探ります。

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

FlorentObesse

Doconomy AB Client Executive/Technical Sales

消費者の行動変容にデータとビジネスで挑む、DATAFLUCT の脱炭素事業

2050年のカーボンニュートラルに向けて各国のルール整備や各業界での新規事業が加速する一方で、日本では海外と比較して最終消費者の意識改革や行動変容が進んでいないと言われています。本セッションでは、DATAFLUCTの提携パートナーであるDoconomyからゲストをお迎えし、カーボンプライシングやカーボンクレジットといった脱炭素業界の最新動向、そしてどのように消費者を巻き込み、データとビジネスの力で気候変動を自分ごと化するかについて、その手がかりを探ります。
ピープルビジネスの変革組織戦略の最前線

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

野口竜司

日本ディープラーニング協会 人材育成委員

AI時代のマネージャーの条件とは? DX人材・AI人材が育つ組織の作り方

AIを使いこなすスキルは、エンジニアのみならず非エンジニアにも必要です。いまやExcelが必須スキルになっているのと同様に、AIを駆使するスキルが管理職にも求められる時代はすぐそこまで来ています。AI時代を迎えつつある中、AIを組織全体で活用するために、マネージャーはどのようマインドでスキルを磨き、ツールを使い、成長する環境を整備すればよいのでしょうか。『文系AI人材になる』『管理職はいらない AI時代のシン・キャリア』著者の野口竜司氏と“データ活用の民主化“を推進するDATAFLUCT代表の久米村が、AI専門Webメディア『AINOW』編集長として多くの企業の取り組みを取材してきた小澤健祐氏をモデレーターに迎え、DX・AI人材が育つ組織を作るには何が必要かを探ります。

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

小澤健祐

AINOW 編集長

AI時代のマネージャーの条件とは? DX人材・AI人材が育つ組織の作り方

AIを使いこなすスキルは、エンジニアのみならず非エンジニアにも必要です。いまやExcelが必須スキルになっているのと同様に、AIを駆使するスキルが管理職にも求められる時代はすぐそこまで来ています。AI時代を迎えつつある中、AIを組織全体で活用するために、マネージャーはどのようマインドでスキルを磨き、ツールを使い、成長する環境を整備すればよいのでしょうか。『文系AI人材になる』『管理職はいらない AI時代のシン・キャリア』著者の野口竜司氏と“データ活用の民主化“を推進するDATAFLUCT代表の久米村が、AI専門Webメディア『AINOW』編集長として多くの企業の取り組みを取材してきた小澤健祐氏をモデレーターに迎え、DX・AI人材が育つ組織を作るには何が必要かを探ります。

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

久米村隼人

株式会社DATAFLUCT 代表取締役

AI時代のマネージャーの条件とは? DX人材・AI人材が育つ組織の作り方

AIを使いこなすスキルは、エンジニアのみならず非エンジニアにも必要です。いまやExcelが必須スキルになっているのと同様に、AIを駆使するスキルが管理職にも求められる時代はすぐそこまで来ています。AI時代を迎えつつある中、AIを組織全体で活用するために、マネージャーはどのようマインドでスキルを磨き、ツールを使い、成長する環境を整備すればよいのでしょうか。『文系AI人材になる』『管理職はいらない AI時代のシン・キャリア』著者の野口竜司氏と“データ活用の民主化“を推進するDATAFLUCT代表の久米村が、AI専門Webメディア『AINOW』編集長として多くの企業の取り組みを取材してきた小澤健祐氏をモデレーターに迎え、DX・AI人材が育つ組織を作るには何が必要かを探ります。

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

西郷彰

全日本空輸株式会社 デジタル変革室 イノベーション推進部 担当部長

DX先進企業“ANA”と“JR東日本”から学ぶ  大企業のビジネスを変革する「内製DX」実現のカギ

IT人材不足やコストの壁に阻まれてAI・データ活用が進まない企業が多数ある一方で、DX先進企業とされる一部の企業はDXの「内製化」に取り組み始めています。自社の事業を深く理解したデータ活用やスピーディーな動きが可能という点で注目される「内製DX」の成功のポイントはどこにあるのでしょうか。 経済産業省と東京証券取引所による「DX銘柄」「DX注目企業」に連続で選定されているDX先進企業、ANAホールディングスとJR東日本からゲストを迎え、両社の内製DXの取り組みの紹介を通じて、大企業がデータドリブンな組織に生まれ変わるためのヒントを探ります。

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

渋谷直正

東日本旅客鉄道株式会社 MaaS・Suica推進本部 データマーケティング部門担当部長

DX先進企業“ANA”と“JR東日本”から学ぶ  大企業のビジネスを変革する「内製DX」実現のカギ

IT人材不足やコストの壁に阻まれてAI・データ活用が進まない企業が多数ある一方で、DX先進企業とされる一部の企業はDXの「内製化」に取り組み始めています。自社の事業を深く理解したデータ活用やスピーディーな動きが可能という点で注目される「内製DX」の成功のポイントはどこにあるのでしょうか。 経済産業省と東京証券取引所による「DX銘柄」「DX注目企業」に連続で選定されているDX先進企業、ANAホールディングスとJR東日本からゲストを迎え、両社の内製DXの取り組みの紹介を通じて、大企業がデータドリブンな組織に生まれ変わるためのヒントを探ります。

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

石田和也

株式会社DATAFLUCT プラットフォーム事業部

ビッグデータ・IoTデータの活用で変革をもたらしたDX事例から考える正しいデータの扱い方

IoTの発展や新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う急速なオンライン化を背景に、企業内のデータは日々ビッグデータ化しています。DXの成功にはそれらのデータに基づいた戦略が重要であるものの、多種多様な形式のデータを取り扱うには専門的な知見や仕組みが必要です。より複雑化するデータ活用環境を乗り越えるために今後必要となるデータの取り扱い方やデータ基盤戦略について、東芝デジタルソリューションズ社と共に昨今のDX事例を参考にしながらご紹介します。

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

原田一樹

株式会社DATAFLUCT CTO

ビッグデータ・IoTデータの活用で変革をもたらしたDX事例から考える正しいデータの扱い方

IoTの発展や新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う急速なオンライン化を背景に、企業内のデータは日々ビッグデータ化しています。DXの成功にはそれらのデータに基づいた戦略が重要であるものの、多種多様な形式のデータを取り扱うには専門的な知見や仕組みが必要です。より複雑化するデータ活用環境を乗り越えるために今後必要となるデータの取り扱い方やデータ基盤戦略について、東芝デジタルソリューションズ社と共に昨今のDX事例を参考にしながらご紹介します。

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

石田和也

株式会社DATAFLUCT プラットフォーム事業部

DXの鍵は「非構造化データの活用」。 非構造化データを使いこなすために検討すべきデータ基盤戦略とは。

データ活用の中でも現在とくに注目されているものが、画像や動画、音声、テキストなどの「非構造化データ」です。企業内のデータの約8割を占めているといわれている非構造化データは、新たな示唆の獲得や業務の新たな仕組みづくりの材料としての利用価値に期待が集まっています。しかし、それらのデータはそのままの状態では活用できません。IT人材でなくても、非構造化データを簡単に利用できるようなデータ基盤戦略について解説します。

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

マスクド・アナライズ

意識低い系DXコンサルタント

データサイエンスのウソとホント 〜変革を阻む8つの壁〜

データ活用に注目が集まる中、日本企業の全社AI導入率はわずか1.9%で、米国と比較すると10倍以上の差がついています。なぜ、日本ではデータ活用が進まないのでしょうか。本セッションでは、データサイエンスの現状についてたっぷりの愛情とちょっぴりの毒を持ってSNSで発信されているマスクド・アナライズ氏と当社代表 久米村との対談を通じて、「データサイエンスのウソとホント」を解剖します。

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

久米村隼人

株式会社DATAFLUCT 代表取締役

データサイエンスのウソとホント 〜変革を阻む8つの壁〜

データ活用に注目が集まる中、日本企業の全社AI導入率はわずか1.9%で、米国と比較すると10倍以上の差がついています。なぜ、日本ではデータ活用が進まないのでしょうか。本セッションでは、データサイエンスの現状についてたっぷりの愛情とちょっぴりの毒を持ってSNSで発信されているマスクド・アナライズ氏と当社代表 久米村との対談を通じて、「データサイエンスのウソとホント」を解剖します。

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

久米村隼人

株式会社DATAFLUCT 代表取締役

データ基盤による利益最大化と初期構築プロセス

データ活用において、「必要なデータが入力されていない」「データ品質が高くない」「データ連携の方法がわからない」といった課題に直面する企業は多く、プロジェクトの利益最大化においてデータ基盤の構築が肝となります。 本セッションでは、データ活用によって億単位の利益を創出してきた登壇者が、データ基盤をこれから構築する方に向けて、費用対効果を最大化するための初期構築プロセスを紹介します。

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

原田一樹

株式会社DATAFLUCT CTO

データ基盤による利益最大化と初期構築プロセス

データ活用において、「必要なデータが入力されていない」「データ品質が高くない」「データ連携の方法がわからない」といった課題に直面する企業は多く、プロジェクトの利益最大化においてデータ基盤の構築が肝となります。 本セッションでは、データ活用によって億単位の利益を創出してきた登壇者が、データ基盤をこれから構築する方に向けて、費用対効果を最大化するための初期構築プロセスを紹介します。
ピープルビジネスの変革組織戦略の最前線

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

杉井雄汰

株式会社DATAFLUCT プラットフォーム事業部

AIとの対話によるノーコード検索で誰もがデータ分析人材へ ~拡張対話BI「Thryving(スライビング)」~

近年、顧客のニーズや行動の多様化により、企業活動の打ち手は複雑化の一途を辿っています。複雑化する状況を打破するためデータドリブン経営に向けてBIツールを導入したものの、およそ7割のユーザーが活用まで至らずに挫折すると言われています。本セッションでは、データベースからSQLを介してデータを抽出する必要なしに、自然言語でAIと対話するだけで必要なデータを動的にグラフに描画し、必要な情報やインサイトを迅速に可視化できる対話型BIツール「Thryving」をご紹介します。

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

望月進一郎

東芝デジタルソリューションズ株式会社 新規事業開発部 シニアエキスパート

ビッグデータ・IoTデータの活用で変革をもたらしたDX事例から考える正しいデータの扱い方

IoTの発展や新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う急速なオンライン化を背景に、企業内のデータは日々ビッグデータ化しています。DXの成功にはそれらのデータに基づいた戦略が重要であるものの、多種多様な形式のデータを取り扱うには専門的な知見や仕組みが必要です。より複雑化するデータ活用環境を乗り越えるために今後必要となるデータの取り扱い方やデータ基盤戦略について、東芝デジタルソリューションズ社と共に昨今のDX事例を参考にしながらご紹介します。

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

ゆずたそ

合同会社風音屋 代表

データ基盤による利益最大化と初期構築プロセス

データ活用において、「必要なデータが入力されていない」「データ品質が高くない」「データ連携の方法がわからない」といった課題に直面する企業は多く、プロジェクトの利益最大化においてデータ基盤の構築が肝となります。 本セッションでは、データ活用によって億単位の利益を創出してきた登壇者が、データ基盤をこれから構築する方に向けて、費用対効果を最大化するための初期構築プロセスを紹介します。

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 役員

堀田創

株式会社シナモン 執行役員 / フューチャリスト

データ× AIのダブルハーベスト戦略 〜データ×AIを活用した、競争優位性のある新規事業の作り方〜

DXを推進する新規事業を作るには、今やデータとAIの活用が欠かせません。では、それらを活用した競合優位性のある新規事業を作るにはどのようにすればよいでしょうか。AI戦略を説いた書籍『ダブルハーベスト』の著者・堀田創氏と、データを活用した20以上もの新規事業を開発してきたDATAFLUCT代表の久米村が、データ×AIのダブルハーベスト戦略を徹底解説します。

Data Cross Conferenc

2022/02/09 〜 2022/02/10
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 社長

久米村隼人

株式会社DATAFLUCT 代表取締役

データ× AIのダブルハーベスト戦略 〜データ×AIを活用した、競争優位性のある新規事業の作り方〜

DXを推進する新規事業を作るには、今やデータとAIの活用が欠かせません。では、それらを活用した競合優位性のある新規事業を作るにはどのようにすればよいでしょうか。AI戦略を説いた書籍『ダブルハーベスト』の著者・堀田創氏と、データを活用した20以上もの新規事業を開発してきたDATAFLUCT代表の久米村が、データ×AIのダブルハーベスト戦略を徹底解説します。

db tech showcase 2021

2021/11/17 〜 2021/11/19
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

廣瀬真輝

株式会社ZOZO アーキテクト部 テックリード

トラブルの原因特定率を劇的に向上させるSQL Serverロギングの仕組み作り

SQL Serverにおいて、CPU使用率などの各種サーバーメトリックだけではトラブルが起きていたことは分かっても、原因特定は困難です。 そこで弊社では、動的管理ビュー(DMV)と拡張イベントを活用したSQL Serverロギングの仕組み作りに取り組んでいます。使用しているクエリはOSSとして公開中です。 本セッションをご覧いただくことで、SQL Serverにおいて詳細な後追い調査を実施するために整理しておくと良い情報収集の仕組みについて、具体的な実装イメージを掴んでいただけると思います。

db tech showcase 2021

2021/11/17 〜 2021/11/19
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

川原将太郎

株式会社インサイトテクノロジー プロダクト開発本部

RDS Oracleの監査方法

RDS OracleはPISOが行っている従来のエージェント型の監査が出来ないため対応するためはに別の監査方法を求められる事になりました。 RDS Oracleの監査は標準監査データを使用しますが、監査ログの取得方法にどのような種類があるか、標準監査データの構造からどのように解析していくのかを説明します。 追加として、標準監査は21cから非推奨となったので、将来的にどのような監査データで、取得方法は何か説明します。

db tech showcase 2021

2021/11/17 〜 2021/11/19
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

長谷川誠

株式会社サイバーエージェント CIU

クラウドネイティブな DB を使ってみよう!Kubernetes で TiDB を構築・運用する際のポイントを紹介

TiDBは水平方向のスケーラビリティと強力な一貫性、そしてMySQLとの互換性による高い可用性を備えた、クラウドネイティブの分散型SQLデータベースプラットフォームです。Kubernetes との相性も大変良く、運用者はコストをかけずに構築・運用することが可能です。本セッションでは TiDB を Kubernetes 上に展開する方法や運用する際のポイントをご紹介いたします。

db tech showcase 2021

2021/11/17 〜 2021/11/19
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

粕谷朋寛

株式会社インサイトテクノロジー DBアプライアンス開発本部

意外と知らない?オンプレの仮想基盤にあるOracleライセンスのお悩みを解決するための秘策

オンプレで仮想基盤を利用されている環境は多いと思います。VMwareやNutanix等でOracleを利用したいんだけど、そのライセンスに悩まれてませんか?! Oracleのライセンス問題を解決しつつ仮想マシンの利便性の高さを利用できるHCI(InsightQube)+Oracle Linux KVMでハードパーティショニングを活用する方法についてご紹介します。 管理GUIもシンプルで自然と操作出来ることをデモします。VMwareからの仮想マシンの移行(V2V)もGUIで操作出来ます。

db tech showcase 2021

2021/11/17 〜 2021/11/19
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

東直之

株式会社インサイトテクノロジー DBアプライアンス開発本部

意外と知らない?オンプレの仮想基盤にあるOracleライセンスのお悩みを解決するための秘策

オンプレで仮想基盤を利用されている環境は多いと思います。VMwareやNutanix等でOracleを利用したいんだけど、そのライセンスに悩まれてませんか?! Oracleのライセンス問題を解決しつつ仮想マシンの利便性の高さを利用できるHCI(InsightQube)+Oracle Linux KVMでハードパーティショニングを活用する方法についてご紹介します。 管理GUIもシンプルで自然と操作出来ることをデモします。VMwareからの仮想マシンの移行(V2V)もGUIで操作出来ます。

db tech showcase 2021

2021/11/17 〜 2021/11/19
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • その他職名

ReneAntunez

Eclipsys Solutions Senior Cloud Architect

DBAのためのDevOPS : 有力な自動化ツールを知りましょう!

Terraformは、HashiCorp社より作成されたオープンソースのInfrastructure as Codeソフトウェアツールで、2014年にリリースされ、自動化環境で有力な製品になります。さて、あなたはTerraformやAnsibleをご存知でしょうか?変化し続けるITの世界で、もしDBAとしてこれらの技術を知らないとしたら、もう遅れをとっています。本セッションを通じて、TerraformとAnsibleがどのようなものか、どのように連携するのか、また、これらの新ツールがどのようにハイブリッドクラウドの力を引き出すのに役立つのかを理解することができます。

db tech showcase 2021

2021/11/17 〜 2021/11/19
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

神林飛志

株式会社ノーチラス・テクノロジーズ 代表取締役会長

Tsurugiの基礎:MVCCの本当の理解のための第一歩

来年度にα版のリリースが行われる予定のTsurugi(劔)は、メニーコア・大容量メモリーを想定している次世代RDBです。今後のRDBの一つの指針となる(と思われる)Timestampベース/Epoch CC/MVCCのアーキテクチャが採用されています。この中で、特に必須とされるMVCCは、その理解が極めて困難であることが知られており、DBの専門家ですら覚束ないのが現状です。今回はそのMVCCを真面目にちゃんと理解できるように説明します。
ピープルビジネスの変革組織戦略の最前線

db tech showcase 2021

2021/11/17 〜 2021/11/19
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

植野有哉

株式会社インサイトテクノロジー コンサルティング本部

あなたの推しDBは?若手DBエンジニアのDR機能解説

RDBMS比較、今年は、各DBの災害対策機能を比較します。 ※対象DB : Oracle,SQL Server,MySQL,PostgreSQL <過去の関連セッション> 2016年:カリカリにチューニングして、Redshiftより速くしてみた 2017年:バックアップくらべてみました 2018年:データベース、壊します 2019年:DB監査比べてみました 2020年:データベースの選択は? RDBMSは、今でも主流です

db tech showcase 2021

2021/11/17 〜 2021/11/19
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

高塚遥

SRA OSS, Inc. 日本支社 OSS事業本部 技術部 データベース技術グループ スペシャリスト

PostgreSQL 14 新機能検証結果報告

OSSのRDBMSでエンタープライズシステムへの利用が進んでいる PostgreSQL の新バージョンである PostgreSQL 14 の新機能および検証結果を紹介します。 PostgreSQL 14では、頻繁に更新されるカラムの B-tree インデックスのオーバーヘッド削減ほか、lz4による高速なデータ圧縮格納の実現など、エンタープライズシステムで有用な、痒い所に手が届く機能が多数実装されています。 PostgreSQL の新バージョン情報を入手したい方、PostgreSQL を提案中・提案検討中で最新動向を把握したい方むけに PostgreSQL スペシャリストが解説します。 PostgreSQL 14 の代表的な新機能 ・Btreeインデックス肥大化防止 ・高速なデータ圧縮格納 ・ロジカルレプリケーションのストリーミング対応 ・グラフデータに使える再帰問い合わせ新機能 ・参照専用システムロール

db tech showcase 2021

2021/11/17 〜 2021/11/19
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

平岡迪子

NEC ソリューションイノベータ株式会社 第一PFソフトウェア事業部 / プロフェッショナル

成功事例から学ぶOracleから移行するポイントとは?!

モダナイゼーションへの取り組みの一つとして、Oracle から SQL Server および Azure SQL Database への移行を検討されているお客様が増えています。 本セッションでは、実際の事例で出会った移行時の困りごとをもとに、Oracle からの移行で気を付けるべきポイントをご紹介いたします。

db tech showcase 2021

2021/11/17 〜 2021/11/19
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • 役員

宮地敬史

株式会社インサイトテクノロジー CTO(最高技術責任者)

仮想と物理でどう違う? データウェアハウスの課題と選択肢

データ分析用データウェアハウスのアーキテクチャとして"仮想モデル"が提唱され始めてから10年と少し経ちました。 仮想データウェアハウス製品の雄であるDenodoをベースに、仮想モデルと物理モデルの違い、それぞれの使いどころについて、データインテグレーションの観点も含めて解説します。

db tech showcase 2021

2021/11/17 〜 2021/11/19
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

藤田慎一

東芝デジタルソリューションズ 株式会社 ソフトウェアシステム技術開発センターソフトウェア開発部 エキスパート

遂に登場! GridDBからデータベースサービス GridDB Cloud ~その設計思想と運用の原則~

GridDB Cloud は、GridDBを中心とするオープンソースをコアとして、東芝デジタルソリューションズが100%開発・運用・サポートするIoTシステムに最適化したデータベースサービス(DBaaS)です。 高頻度・大量に発生する時系列データの蓄積とリアルタイムな活用を実現するデータベースGridDBの特長を継承しつつマネージドサービスを実現するGridDB Cloudの設計思想と運用の原則などについてお伝えします。

db tech showcase 2021

2021/11/17 〜 2021/11/19
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

髙橋僚平

株式会社インサイトテクノロジー コンサルティング本部

あなたの推しDBは?若手DBエンジニアのDR機能解説

RDBMS比較、今年は、各DBの災害対策機能を比較します。 ※対象DB : Oracle,SQL Server,MySQL,PostgreSQL <過去の関連セッション> 2016年:カリカリにチューニングして、Redshiftより速くしてみた 2017年:バックアップくらべてみました 2018年:データベース、壊します 2019年:DB監査比べてみました 2020年:データベースの選択は? RDBMSは、今でも主流です

db tech showcase 2021

2021/11/17 〜 2021/11/19
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • 管理職

熊本真子

株式会社アイ・アイ・エム LUiNa本部 部長

AI予兆検知サービス「LUiNa」のこれまでの活用事例と更なる進化~工場設備・IoTセンサーデータの異常検知の取り組み~

2019年1月にインサイトテクノロジーのAI「InsightAD」を実装して誕生したIIMのAI予兆検知サービス「LUiNa」。LUiNaはITやIoTなど様々な分野で活用事例が増え、LUiNaだからできることの特長も見えてきた。今回はLUiNaの特長をこれまでの活用事例と共に説明し、またお客様からのご要望も多い工場設備・IoTセンサーデータの異常検知について最近の取り組みを紹介する。

db tech showcase 2021

2021/11/17 〜 2021/11/19
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

堤勇人

アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 Snr Solutions Architect

DynamoDB ecosystem ~DynamoDBとサービス連携の最新情報と実用例

AWSの特長の一つとしてその豊富なサービス郡を組み合わせてシステムを構築する「building blocks」が挙げられます。 Amazon DynamoDBも同様に様々なサービスと連携しており、特に最近のアップデートではシステムを構築するのに役立つ機能が次々と実装されています。 本セッションではDynamoDBでシステムを構築している方や、これから検討していこうという方に向けて、DynamoDBと周辺のサービスの連携機能に着目し、それらの最新情報と使い所、実用例について紹介していきます。

db tech showcase 2021

2021/11/17 〜 2021/11/19
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

佐々木洋平

日本電気株式会社 シニアエキスパート

先進技術とデータベースの融合による画像データ分析基盤

NECでは映像解析技術の研究開発を推進しています。市街地等で防犯カメラの導入が進む中、犯罪の未然防止や観光客へのおもてなし等幅広い領域での活用が期待されています。本講演では画像認識技術とデータベース技術を融合させることで大量データかつ多様なパターンに対応する映像解析により新たな産業応用を実現するソリューションをご紹介いたします。

db tech showcase 2021

2021/11/17 〜 2021/11/19
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • ディスカッション
  • その他職名

藤田将大

株式会社インサイトテクノロジー コンサルティング本部

あなたの推しDBは?若手DBエンジニアのDR機能解説

RDBMS比較、今年は、各DBの災害対策機能を比較します。 ※対象DB : Oracle,SQL Server,MySQL,PostgreSQL <過去の関連セッション> 2016年:カリカリにチューニングして、Redshiftより速くしてみた 2017年:バックアップくらべてみました 2018年:データベース、壊します 2019年:DB監査比べてみました 2020年:データベースの選択は? RDBMSは、今でも主流です

db tech showcase 2021

2021/11/17 〜 2021/11/19
  • 海外講演者
  • 民間企業
  • その他職名

ダミアンコントレラ

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 データ アナリティクス スペシャリスト

A bridge to BigQuery: BigQuery に移行するためのさらにシンプルな方法

データの移行プロセスには少なくともソースからのデータ抽出、移行元と移行先の違いがある場合データの変換、そしてロードといったステップが含まれます。 Google Cloud ではニーズに合わせた様々なソリューションを展開し、最適かつ簡単にプロセスを構築できるようにしています。このセッションでは、どのような場面で何を使えばよいのかについて解説します。

db tech showcase 2021

2021/11/17 〜 2021/11/19
  • 国内講演者
  • 民間企業
  • その他職名

中嶋翔

クリックテック・ジャパン株式会社 ソリューション技術部 ソリューションアーキテクト

Qlikで構築する​エンドツーエンドの​アジャイルデータ分析基盤

ビジネスの世界において、リアルタイムの意思決定はさらに重要になっています。あなたの組織では、組織内に点在するデータベースから最新かつ正確なデータを抽出し、分析のためにすぐ利用することができますか? Qlikの「アクティブインテリジェンス」ソリューションは、あらゆるデータをニアリアルタイムに抽出し、データウェアハウス構築を自動化し、さらにワールドクラスの分析ツールでデータと洞察への容易なアクセスを可能します。